2021最新 松山英樹 アドレス

LEXUS所属の松山英樹選手は、高い難易度を誇るオーガスタナショナルゴルフクラブで4月8日(木)~11日(日)に行われた2021年の「マスターズ・トーナメント」最終ラウンドで、初優勝いたしました。マスターズでの優勝は、日本人としては松山選手が初めて成し遂げた快挙です。LEXUSは、松山英樹選手の世界に挑戦し続けるその姿勢に共鳴し、これからも共に走り続けます。

↓↓↓とてもいいお手本になる松山選手のコントロールショットの解説はこちらです!

インパクトの瞬間スイングの遠心力で背中が少し丸まって見えますが、これが正しい形です。よくインパクトはアドレスと同じ形が理想といわれたりしますが、それは間違いです。インパクトの瞬間は背中が丸まります。しかし、軸自体は変わらずに同じ角度にあります。

フィニッシュの時に両足太腿が離れている時は、体重移動が上手くできなかった証拠です。松山英樹も、プロゴルファーのフィニッシュはみんな最後このカタチになります。

コチラの数値も当然ですが、各年度とも松山英樹は平均値を上回っています。パーオン率が高い選手はアイアンの精度が高いと言われています。

松山英樹のアイアンとシャフトの件、重さなど徹底調査しました。

松山英樹はフォロースルーでも顔が斜めを向いています。頭を残し、さすがに上体が浮いたりヘッドアップすることはありません。

松山英樹はフィニッシュもピッタシ安定しています。右足にかかっていた体重が左足にしっかり移動し、左の太ももに右の太ももがくっついています。スムーズな体重移動ができるとフィニッシュがこのカタチになります。

ですかね・・。そんな松山英樹のアイアンスイング!!について、いろいろ何が、どう、凄いのか??徹底調査したいと思います。

松山英樹のように、インパクトの瞬間というのは、背中が丸くなるそうです。わたしらはどうなっているのか、若いませんが、しかし体幹の軸は変わらず前傾を保って同じ角度になっています。

当たり前ですが、さすがプロゴルファー、松山英樹です。改めての徹底調査です。

❒松山英樹のアイアンスイング/超スーパースローですべての動きが見えます。(Youtube動画)アイアンスイングの後方動画ですが、先ほどの動画と同じイメージで見て下さい。バックスイングは飛球線後方にクラブヘッドを低く引く動作の延長線で、右肩、右腰を背中の方に引くイメージです。

マスターズ優勝、そしてメジャー制覇、本当におめでとうございます!最終ホールで優勝を決めた時、たくさんのギャラリーに拍手で迎えられる松山選手を見て、私も嬉しい気持ちが溢れてきました。松山選手は、ずっと「メジャーを狙う」という夢に向かい、挑戦を続けてこられました。ここまでの歩みは決して平坦なものではなかったと思いますが、それでもメジャー制覇への執念を持ち続け、ついに勝ち取られました。ホールアウト後、サポートスタッフの方々と喜びを分かち合われていましたね。その時の皆さんの笑顔がとても印象的でした。松山選手の夢は、いつの間にか多くの人の夢になっていたのだと思います。私たちもその一員でいられたことは、とても幸せなことでした。優勝コメントの「Thank you!」の一言に、松山選手の万感の思いが込められていると感じ、こちらも胸が熱くなりました。日本人初のマスターズ制覇と、どんな時も努力を続けられた姿に、心の底からお伝えしたいと思います。私たちこそ、「ありがとう!」本当におめでとうございます。

結果、ヘッドの入射角が浅めなので、ターフがあまり多く取れないのも松山英樹の特徴だそうです。そのためインパクトゾーンが長く、打球の打ち出し方向の正確さ!!にも貢献しています。

松山英樹の前傾姿勢の維持能力の高さが、両肩を縦回転させて右肩を下げながら目標へ伸ばすことを可能にしています。右肩を目標方向へ押し込むイメージの動きを行うことで、フォローで両腕が伸びる動きが可能となります。