インタビュー

2021最新 古川高晴 インタビュー

2021最新 古川高晴 インタビュー

「昨年のリオデジャネイロ・オリンピックのときの決勝では、韓国選手とは準決勝まで当たらない組み合わせだったんです。予選が終わったときにそれがわかって、ラッキーって感じだったんですね。そのとき、アーチェリーの組織委員会からインタビューを受けたんですけど、僕が“韓国の選手と当たらなくてよかった”ってしゃべったら、エーッと言われて(笑)。その人は、強い選手と戦って倒したいというのが普通だと思っていたんでしょうね。でも、これは確率の問題で、倒して上に行けるなら当然いいんですけど、なかなかそうはいかないですからね」

東京2020オリンピックのアーチェリー個人で銅メダルを獲得し、団体と合わせて2つの銅メダルを獲得した古川高晴選手。個人戦から一夜明けてインタビューに応じ、試合を終えた今の気持ちと、今後への思いを語りました。

古川は現在34歳だが、日本ではトップの座を守っている。力も必要だが、それ以上に技術や経験が重要になるこの競技では、古川の年齢の積み重ねは、プラスに働くのだ。ということで、古川の今の目標も2年後に迫った東京オリンピックなのである。

現在、古川は近畿大学に所属しながら、大学の洋弓部の部員とともに練習を行っている。どのような日々を送っているのであろう。

的を射る楽しさを覚えてからは、もう夢中になった。性格は負けず嫌い、努力家でもあったので自然と実力は上がっていった。高校2年のときにインターハイ出場を果たし、3年には国体で優勝までしてしまう。

「いや、大きかったですね。これまでにオリンピックと世界選手権ではメダルを獲ったことはありますが、アジア大会では初めてで、しかも金メダルですから。それに今、世界でのナンバーワンは韓国なので、彼らが出場する大会で勝てたということもうれしい。たとえば、僕が韓国国内の順位に組み込まれたとしたら、調子がよいときで20位、悪いときは30位ぐらいでしょう。実際に個人でも団体でも、韓国と日本が戦ったら、10回のうち1回しか勝てないぐらいの差がある。今回のアジア大会では韓国が先に負けていたので、彼らと当たらないで済んだ。当たったら、負けた可能性も大きい。僕もこれまでに何度となく対戦しましたが、勝ったのは数回ですから」

アーチェリーはトーナメント制なのだが、古川は常に韓国選手とできるだけ当たらないような組み合わせを願っている。1回戦、2回戦で当たってしまうと、なかなか上位へと食い込めない現実があるのだ。

古川は2004年のアテネ・オリンピックから、4大会連続でオリンピックに出場している日本の第一人者で、12年のロンドン・オリンピックでは銀メダルを獲得した。そして、今年8月に行われたアジア大会の、混合リカーブという種目で杉本智美とペアを組み、優勝を果たしたのである。

もちろん、古川もただ手をこまねいているばかりではない。自分と韓国選手との差がわかっているからこそ、しっかりとした目標を立てられるし、そのための練習も淡々とこなしていけるのだ。

選手から的までの距離は、70m(オリンピックの場合)。的は同心円状に黒、青、赤、黄などに塗り分けられている。中心部にある一番小さな円の直径は12.2cm。CDの大きさと、ほぼ同じである。実際にフィールドで、選手と同じ位置に立ってみる。目を凝らしているのだが、一番小さな円はまったく見えない。古川高晴はニヤッと笑った。

4大会連続でオリンピックに出場したアーチェリーの日本のトップ・古川高晴選手は、400~450本の矢を、毎日淡々と射続けることで、より再現性の高いフォームを手に入れようとしている。

2021最新 五十嵐カノア インタビュー

2021最新 五十嵐カノア インタビュー

東京オリンピックは27日、ソフトボール決勝があり、日本が2-0でアメリカに勝って金メダルを獲得した。2008年北京五輪に続けて、2大会連続で強豪アメリカを破って優勝した。

そんなカノアにWSLがイベント直前にインタビュー。
彼にとってUS Openがどれだけ重要なのかが伝わってくる内容だ。

東京オリンピックは27日、新競技サーフィンの決勝があり、男子はイタロ・フェレイラ(ブラジル)が、女子はカリッサ・ムーア(アメリカ)が初代の金メダリストになった。男子の五十嵐カノアは銀メダル、女子の都筑有夢路も銅メダルを勝ち取った。

北朝鮮と韓国は27日午前、昨年6月から途絶えていた通信ホットラインを再開させた。韓国大統領府が発表した。

五十嵐カノアは、今年も早くからノース入りをし、2021年シーズン開幕を前に今シーズンの抱負を語った。

「オフシーズンが長引いたことで、やりたかった練習もたくさんできて、準備は万端です。そんな自分のサーフィンをファンの皆さんに見てもらえたらと思います。2020年が本当は凄く忙しい一年になるはずだったんですが、2021年にフォーカスを切り替えていきます。今年は金メダルを取ることとWSLで世界チャンピオンになることを目標に頑張ります。応援よろしくお願いします。」とカノアは語った。

US Openではサーファーがロックスターになれる。
ハンティントンビーチでのこのイベントはそんな素晴らしい舞台なんだ。
ポイントや賞金ではなく、ギャラリーが全てと言えるほど。
それが力なり、モチベーションになる。
更に今はとても良い感じなんだ。
サーフィンの調子が最高で、J-bayも良かったし、絶好調さ。

ここで育った五十嵐カノアは2015年に大原洋人が優勝した年と翌年に3位に入り、2017年には念願の初優勝を成し遂げた。

「今年は、サーフィンはたくさんできたけど、試合ができない一年だったので、試合の再開を本当に楽しみにしています。今回パイプライン・マスターズも50周年ということで、自分の背番号も50で何か繋がりがあると感じがしています。笑」

昨年の会場は2010年のブレット・シンプソン以来のローカルの優勝に熱狂に包まれ、インタビューでは「人生最高の日」と話し、いつもはクールな彼が別人のように興奮していた。

2021年のWSL:ワールドサーフリーグCT:チャンピオンシップツアーがいよいよ開幕する。世界最高峰のサーファー達がオアフ島のノースショアに集結!

ブレット・シンプソンだね。
2009年、2010年に彼が優勝したのを見て育った。
まだ自分が10歳の頃だったよ。

BBCのジェイン・ウェイクフィールド記者が、どこか不明瞭で、だがもうかるという、個人情報販売の世界を探った。

ノースショアでは主流!?となっているドローンを使用しての波チェックや映像チェックの後、ハレイワにあるWSLオフィスを訪問。日本語と英語でインタビューに答えた。

日産とルノーの元会長カルロス・ゴーン被告がBBCの独占取材に応じ、2019年末の逃亡劇について詳細を語った。

2021最新 内村航平 インタビュー リオデジャネイロ

2021最新 内村航平 インタビュー リオデジャネイロ

個人枠で日本から出場するのは、鉄棒の内村航平とあん馬の亀山耕平だ。

編集者・ライター。水道橋の編集プロダクション「やじろべえ」代表。「SUUMO」をはじめとする住まい・暮らし系のメディア、グルメ、旅行、ビジネス、マネー系の取材記事・インタビュー記事などを手掛けます。

三宅は2012年ロンドンの銀、2019年リオデジャネイロの銅に続く3大会連続のメダル獲得を目指し、父・義行さんと二人三脚で競技を続けてきた。義行さんは1968年メキシコ大会の銅メダリスト。

史上最高の体操選手とされる内村は演技中、鉄棒から手が離れて落下した。

萱と同級生にあたる谷川航。弟の翔と切磋琢磨しながら「五輪に出場してメダル獲得」を目標としてきた。リオデジャネイロ五輪後は、萱とともに代表に定着してきた。練習熱心で努力家という一面を持つ。跳躍の高さと着地の正確性を武器に、若きチームを支えていく。

内村:所属先の社会人体操競技部の体育館が草加市にあったので、すぐ練習に行ける場所を第一条件に探しました。というか、僕の家探しの条件はずっとそれしかないんですよね。体育館まで車で15分以上かかるところは絶対に嫌です。移動している間に練習に臨む集中力が切れてしまいそうなので。ただ、高校のときもそうでしたが、結果的にどの街も暮らしやすかったと感じています。

うちむら こうへい 1989年生まれ。32歳。オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。プライベートでは8歳、5歳の女児の父。

団体2連覇を狙う上で、ライバルとなるのは中国とROC(ロシア・オリンピック委員会)だろう。2018年は中国、2019年はロシアが世界選手権団体を制し、日本はいずれも3位だった。

最後は北園丈琉。2018年に15歳で出場したユース五輪では個人総合、種目別のゆか、つり輪、平行棒、鉄棒を制して5冠を達成。日本男子体操史上初の快挙を達成し、次世代エースとして大きな期待が寄せられた。

思い出すのは、いつもあの街。総勢20名が語るそれぞれの東京。みうらじゅん、東村アキコ、鈴木敏夫、加藤一二三、赤江珠緒への上京インタビューも収録!

中国は正確な演技ができる肖若騰と「世界一美しい体操」と評価されている鄒敬園が中心。ROCはロシア国内で内村と同じく「キング」と呼ばれる、2018年世界選手権個人総合金メダルのアルトゥル・ダラロヤン、2019年世界選手権3冠のニキータ・ナゴルニーという2人の王者を揃えて、金メダルを狙う。

内村:もちろん、レベルが上がれば辛いことも増えていきます。今や楽しいことは1割しかなく、その1割のために9割我慢しているようなところもあります。ただ、おっしゃる通り子どものころに体育館で遊んでいた記憶だけはずっと残っていて、それがあるから続けられているのだと思います。

三宅は今大会を最後に現役引退を表明した。試合直後のNHKのインタビューでは、「少し自分の気持ちの弱さが出ちゃったなというのがあったんですけど、でも最後まで自分なりに一生懸命ベストを尽くせたと思う」と話した。

体操は24日、男子の予選が行われ、4大会連続出場の内村航平(ジョイカル)は鉄棒で落下が響いて13.866点で20位に終わり、上位8人で争う種目別決勝に進めなかった。内村はリオデジャネイロ五輪まで2大会連続金メダルだった個人総合には出場せず、東京五輪での演技は終了した。

内村:いい意味で、体操に対して「適当」に考えられるようになりましたね。それまでは考えすぎていたというか、神経質なくらい体操に全てを注ぎ込みすぎていました。全ての行動や時間を体操に結びつけないと、強くなれないんじゃないかって。
2012年には金メダルはとれたものの、僕のなかではもっとやれただろうという歯痒さがあった。それで、あまり考えすぎるのもよくないんじゃないかと思えるようになったんです。

2021最新 内村航平 リオ五輪 インタビュー

2021最新 内村航平 リオ五輪 インタビュー

◆17年10月 世界選手権(モントリオール)の個人総合予選の跳馬で左足を負傷し途中棄権。09年から続いた史上最多の連覇記録が「6」で止まる。国内外の大会を含め、連勝も「40」で止まる。

◆同9月 全日本シニア選手権で1年ぶりの再起戦に臨み、鉄棒で14・200点の6位。新技「ブレトシュナイダー」では連続技につなげられず。「悔しい気持ちが8割、1割はどうしてなんだろう、もう1割はしょうがないか、という気持ちですね」。

◆20年3月 創設した「KOHEI UCHIMURA CUP」(高崎アリーナ)がコロナ禍で中止に。

内村は2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪の個人総合金メダリスト。両肩痛などの影響で昨年、鉄棒に専念することを決断した。4大会連続の五輪出場を果たしたが、演技途中に落下した。「僕は競技が好き。引退することが終わり方の正解というのは違うかなと思う。引退宣言する必要があるのかなと最近思う」と持論を述べた。

同日夜にグリーンアリーナで行われた「体操ニッポン2016エキシビション」では、華麗な演技を披露した選手の皆さん。
2020年東京五輪に向けて、広島県でも応援していきましょう!

今回のゲストは、2人のリオオリンピック・メダリスト。それぞれが過ごしてきた3年間とは?

試合では動じることなく堂々とした演技を見せる選手たちも、多くの記者に囲まれて少々緊張気味のようすでしたが、知事からリオ五輪の感想を聞かれた内村選手は「五輪出場は3回目でしたが、遠かったので2回目はあまり行きたくない」と笑いを誘う場面もありました。

ワールドカップバレー2019開幕直前SP女子日本代表のエース3人揃ってのインタビュー!プレーから素顔まで、余すところなく魅力をお伝えします!!

県職員から熱烈な歓迎を受けたのは、体操男子団体総合で金メダルを獲得した内村航平選手、白井健三選手をはじめ、女子体操、新体操、トランポリンの日本代表17選手。
内村選手から知事に体操ニッポンの記念Tシャツと全選手のサイン色紙がプレゼントされ、最後は全員で記念撮影を行いました。

◆同7月 写真投稿サイト「インスタグラム」の国際オリンピック委員会(IOC)の公式アカウントで開かれた1年前企画で、ライブ中継に登場。「このまま6種目をやってても、五輪が現実味を帯びてこないなと。鉄棒なら確実に五輪を目指せる自信があった。痛みなく五輪にいけるほうがいいかなと思って決断しました」と説明。

2021最新 長谷川唯 インタビュー

2021最新 長谷川唯 インタビュー

最大限の感謝をつづった長谷川は「自分の夢だったヨーロッパでのプレーを楽しむこと、ベレーザというチームの価値を証明できるように頑張ってきます!!」と誓った。最後にイタリア語で「Grazie mille!!!Ciao(本当にどうもありがとう!バイバイ)」の挨拶と、ハートの絵文字で結んでいる。

園田競馬の予想をデイリースポーツオンラインで公開。全レースSP指数付き!

五輪前最後の対外試合オーストラリア戦へ…長谷川唯「良い方向のエラーを出したい」

18日、来月の『第32回オリンピック競技大会』および『MS&ADカップ2021』へ臨むなでしこジャパン(サッカー日本女子代表)に選出されたMF長谷川唯(ミラン/イタリア)が自身のSNSを更新した。

過去、日本人選手では、熊谷紗希選手、安藤梢選手、永里優季選手、大滝麻未選手がUEFA女子チャンピオンズリーグの優勝を経験しています。また、2020−2021シーズンのセリエAでは、長谷川唯選手が所属するACミランが、来シーズンのUEFA女子チャンピオンズリーグ出場圏内となる2位でフィニッシュ。欧州の大舞台で活躍する長谷川唯選手を、日本からDAZNやYouTubeで見られるかもしれません。

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のMFで、イタリア1部リーグのACミランに移籍した長谷川唯が27日、アウェーでのバーリ戦で初先発し、イタリア移籍後初ゴールを含む2得点を挙げた。13日のイタ …

メンバー選出を受け、長谷川は「東京オリンピックのメンバーに選出されました。このような難しい状況の中、サッカーが出来ることへの感謝の気持ちを忘れず、たくさんの人の想いを背負って戦います」とメッセージを投稿。自身初となるオリンピックの舞台へ意気込みを示した。

現在24歳の長谷川は、これまで2018AFC女子アジアカップや2019FIFA女子ワールドカップにメンバー入りを果たすなど、ここまで国際Aマッチ45試合9得点を記録。今年の1月に日テレ・東京ヴェルディベレーザからミランへ完全移籍すると、ここまでセリエAで9試合に出場し3得点を記録する活躍を見せている。