キャスト

2021年令和3年 桜の塔 キャスト

2021年令和3年 桜の塔 キャスト

・とうろく君の部屋 ・・・ あぶくま高原道路PRキャラクター「とうろく君」のページです。

口を揃えて「撮影が楽しい」といい、少年のようにはしゃぐ3人の部長キャスト陣。さらに、その様子を微笑ましそうに見守っていた玉木が、もうひとり少年のようなキャストについて暴露する一幕も。

犯人VS警察の構図を主軸に描かれることが多かった刑事ドラマに、常識を180度覆す衝撃作。桜の代紋を掲げる警察で巻き起こる“大乱”を描出し、警視庁を舞台に、その頂点=警視総監を目指し巻き起こる、組織内のパワーゲームを描きながら、野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマが描かれます。

累計発行部数400万部を突破する同名コミックを実写化したシーズン2。ソロキャンプが趣味の女子高校生・リン(福原遥)は、なでしこ(大原優乃)との出会いをきっかけに、野外活動サークルメンバーとのにぎやかなキャンプの楽しさを知る。シーズン1を経たリンとなでしこらの関係の変化や、“ゆるいキャンプ”の様子を描く。

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(2019年)など衝撃作を次々と手掛けてきた今最も旬な脚本家・武藤将吾が紡ぐオリジナルストーリーをもとに、桜の代紋を掲げる“警視庁の頂点・警視総監の座をめぐる激しい出世バトル”と“壮絶な人間ドラマ”を描く『桜の塔』。

“権力”と“警視総監の座”を手に入れるため…どんなに汚い仕事も遂行し野望の階段を駆け上がっていく警視庁捜査共助課の理事官・上條漣を演じる主演・玉木宏を中心に、広末涼子、岡田健史、仲里依紗、森崎ウィン、橋本じゅん、高岡早紀、光石研、吉田鋼太郎、椎名桔平ら豪華キャストが集結した本作に、数々の演劇賞を受賞してきた名俳優・段田安則が出演することが決定した。

広末涼子さん、仲里依紗さん、森崎ウィンさん、橋本じゅんさん、高岡早紀さん、光石研さん、吉田鋼太郎さん、椎名桔平さんの豪華キャストによる壮絶な芝居合戦も展開されます。

そのキャストとは広末。「まぁとにかく広末涼子が明るい! いきなり側転したり、壁を見つけたら逆立ちしたり、少年のような動きをたくさんする!! すごい元気をもらっています」と玉木。

泉里香がドラマ初主演を務めるラブコメディー。原作は、ムラタコウジの同名漫画。会社では「高嶺の花」として一目置かれているバリキャリOL・ハナ(泉) は、年下の駄目社員・弱木に恋をするが、ハナの恋愛スキルは小学5年生レベルのため二人は擦れ違ってしまう。そんな不器用なハナの恋模様を描く。

個性的な部下たちを配下に、清濁併せもつ食えない性格の荒牧。不気味なまでの圧倒的存在感を放ちながら“桜の塔”のトップに君臨する男を、段田はどう表現するのか。その佇まいと油断ならない動向に注目だ。

俳優の玉木宏が主演するドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の初回放送日が4月15日に決定。併せて、声優の関智一が捜査一課長役で出演することがわかった。関は出演決定の報を聞いて「ドッキリかと思いました」とコメントした。
【写真】ドラマ『桜の塔』に捜査一課長役で出演する関智一
本作は、警視庁を舞台に、その頂点=警視総監を目指し巻き起こる組織内のパワーゲームと、野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマ。幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった主人公の警視庁捜査共助課の理事官・上條漣を玉木が演じ、そのほか、広末涼子、岡田健史、仲里依紗、光石研、吉田鋼太郎、椎名桔平、森崎ウィン、橋本じゅん、高岡早紀、段田安則らが共演する。
そんな本作に、アニメ『ドラえもん』のスネ夫や、『鬼滅の刃』の不死川実弥、『呪術廻戦』のパンダなどの声を担当する人気声優・関の出演が決定。関は、広末演じる水樹爽や、岡田演じる富樫遊馬らが所属する警視庁刑事部捜査一課のトップ=捜査一課長・牧園隆文役を演じる。
「ドッキリかと思いました(笑)」と出演が決まったときの驚きを打ち明けた関は、ドラマの現場について「正直かなり緊張して初日を迎えましたが、スタッフの皆さん、共演の俳優さん方にとても優しく接していただけたので、ありがたかったです」と語る。
そして、「実際の捜査一課長の就任会見もたくさん見たりして(笑)、いろいろ調べました」と並々ならぬ熱意をもって撮影現場に入ったことを披露しつつ、「声に関しては、間違ってもスネ夫にならないように注意しています(笑)」とコメントし、視聴者へは「驚きの展開が次から次へと続きます。毎回ハラハラ、ドキドキ。最高にエキサイティングなドラマになっていると思います。僕も慣れないドラマにハラハラ、ドキドキです。どちらも併せてお楽しみください!」とメッセージを寄せた。
ドラマ『桜の塔』はテレビ朝日系にて4月15日より毎週木曜21時放送。

小泉孝太郎主演で、富樫倫太郎の「生活安全課0係」シリーズを原作とした連続ドラマ第5弾。小泉演じるエリートキャリアで究極のKY刑事・冬彦と、松下由樹扮(ふん)する口の悪いベテラン刑事・寅三の“迷コンビ”が事件を解決に導く。「ゼロ係」のメンバーとして、安達祐実、戸塚純貴、片岡鶴太郎も続投する。

また、漣に徹底マークされる銀行強盗事件の被疑者・蒲生兼人には森崎ウィンさん、漣の情報屋として暗躍する刈谷銀次郎には橋本じゅんさん、漣を気にかける銀座の高級クラブのママ・小宮志歩には高岡早紀さんがキャスティングされています。

また、『桜の塔』の“野望の階段を上がる”というテーマにちなみ、キャスト陣がそれぞれ胸に秘めた“個人的な今年度の野望”も発表。すると…トップバッターの玉木から「小屋作り」という壮大な野望が飛び出すことに。

2021年春ドラマをリストアップして4月13日に掲載しましたが、4月15日(木)からは「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」脚本の武藤将吾氏が、玉木宏さん主演で警視総監の座を巡る出世バトルを描く「桜の塔」がスタートします。

2021年令和3年 ゆるキャンドラマ キャスト

2021年令和3年 ゆるキャンドラマ キャスト

ホーム > イベント情報 > アニメ「ゆるキャン△」コラボイベント「ゆるキャン△ 週末も山梨にいます。ゆるキャン△ペーン」

市川三郷町内の飲食店・商店・観光施設等で500円以上の飲食・お買い物・ご利用で限定オリジナルへやキャン△缶バッジをプレゼントします。

『ゆるキャン△』のモデル地となった山梨県内でのコラボ企画「週末も山梨にいます。ゆるキャンペーン△」を開催します。
キャンペーンではショートアニメ『へやキャン△』の中で主人公のなでしこ達が体験した『梨っ子スタンプラリー』のモデル地を巡るデジタルスタンプラリーをはじめ、今年3月末まで山梨県峡南地域5町(市川三郷町、富士川町、早川町、身延町、南部町)にて開催されていたオリジナルボイスドラマが聴ける地域イベント『梨っ子町めぐり』の期間限定再開催のほか、市川三郷町内の飲食店・商店で飲食・お買い物をすると非売品缶バッジが貰える市川三郷町「へやキャン△ 缶バッジプレゼントキャンペーン」に、県内のグリーン・ゾーン認証を受けた宿泊施設のご利用でもらえるノベルティプレゼント企画など、「ゆるキャン△」を通して山梨県内各地で「食べる・見る・体験する」を満喫していただく様々な企画を予定しております。
この機会にぜひ足をお運びください。

2021年令和3年 スラムダンク映画 2021 キャスト

2021年令和3年 スラムダンク映画 2021 キャスト

そのため、「声優が続投してくれたら嬉しいが、キャストが一新されるかもしれない」として、新たな声優陣を予想するツイートが見られる。記者が確認した限り、主人公「桜木花道」役に推されているのは、アニメ「鬼滅の刃」冨岡義勇役などで知られる櫻井孝宏さんや、 アニメ「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」東方仗助役を務めた小野友樹さんがいる。ほかにも細谷佳正さん、逢坂良太さん、小林親弘さんが名を連ねた。

長澤まさみや上白石萌音、森七菜に奈緒など…2021年カレンダーに見る各映画会社が推す顔は?

オンライン小説サイト「小説家になろう」発の『異世界はスマートフォンとともに。』がアニメ化され、2017年夏より放送されることが明らかになった。公式ティザーサイトがオープンし、キービジュアルやメインスタ…

iPad Pro 2021年モデル、サウンド回りを見直し?

「エヴァ」コスプレを厳選20連発!『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開でコスプレ人気も爆上げ?

1993年から1996年まで放送されたテレビアニメのスラムダンク、湘北高校がインターハイへ出発するところで終了しました。

2018年、全カバーイラスト描き下ろし、物語の節目ごとに巻を区切り直した新装再編版(全20巻)が刊行。2020年には、イラスト集「PLUS / SLAM DUNK ILLUSTRATIONS 2」が刊行され、連載開始から30周年を迎えた。

2006年には、若いバスケットボール選手を支援するための「スラムダンク奨学金」が設立。

TVアニメ『小林さんちのメイドラゴンS』2021年放送決定!さらにティザービジュアルも公開!

現時点(2021/1/8)時点では映画の内容は不明ですが、テレビアニメの続編を映画化するのでは?と予想します。

人気漫画「SLAM DUNK」が新たにアニメーション映画化する。2021年1月7日、同作の著者・井上雄彦さんがツイッターで発表すると、期待のツイートが数多く投じられた。一方、現時点では未発表の「声の出演」にまつわる懸念の声も上がっている。

2020年令和2年 十三人の刺客 nhk キャスト

2020年令和2年 十三人の刺客 nhk キャスト

1974年、群馬県渋川市出身。
「KEE」の名でモデルデビュー、98年の『ポルノスター』で映画初出演。その後、主な出演作に02年『火星のカノン』、03年『ナインソウルズ』、04年『ガールフレンド』、04年『せかいのおわりworld’ end girl friend』、06年『46億年の恋』、07年『キャプテントキオ』、09年『蘇りの血』、11年『惑星のかけら』、12年『Playback』、さらに14年『そして泥船はゆく』で初単独主演、その後主演作が続き15年『モーターズ』『お盆の弟』『アレノ』、16年『下衆の愛』、18年『神と人との間』『榎田貿易堂』、19年『半世界』、さらに同年、テレビドラマともに主演の『柴公園』、また、主演『狼煙が呼ぶ』が続いた。また、主な出演ドラマに、99年「悪いオンナ「プレイヤー」」、09年「外事警察」、12年「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜」、13年「空飛ぶ広報室」、14年「ペテロの葬列」、「461個のありがとう。〜愛情弁当が育んだ父と子の絆〜」、15年「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」、16年「この街の命に」、「ラヴソング」、17年Amazonプライム・ビデオ「東京ヴァンパイアホテル」、18年「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」、NHK大河ドラマ「西郷どん」、「ルームロンダリング」、19年「柴公園」(主演)、「盤上の向日葵」など。また、2020年は映画『37seconds』(2月公開)、主演『酔うと化け物になる父がつらい』(3月公開)が待機している。
【本作に向けたコメント】
石橋蓮司さんの息子役をやらせてもらった「半世界」に続き二度目の阪本組。
40半ばにさしかかった自分は、今や現場で年上になりつつある立場が増えてきましたが、今回の阪本組の現場では、自分が若輩者という立場でありがたく演らせて頂きました。石橋蓮司さんの背中をみて、生きてきた道、懐の深さを勝手に学ばさせてもらっています。

1980年生まれ。98年『なぞの高校生』で映画初出演。
01年『ウォーターボーイズ』で映画初主演を果たす。02年『SABU~さぶ~』『JUSTICE』、03年『さよなら、クロ』『ドラゴンヘッド』『ジョゼと虎と魚たち』、04年『きょうのできごと a day on the planet』『69 sixty nine』、05年『ローレライ』『春の雪』、06年『涙そうそう』、07年『どろろ』『憑神』など、主演映画の出演が続く。並行してテレビドラマ「ロング・ラブレター~漂流教室~」(02年)、「ウエディングプランナー SWEET デリバリー」「ランチの女王」(02年)などの話題作にも出演、03年「ブラックジャックによろしく」、04年「オレンジデイズ」、05年「スローダンス」で主演作が続き、09年にはNHK大河ドラマ「天地人」で主演・直江兼続役に抜擢、高視聴率を記録した。その後も、08年『ブタがいた教室』、09年『感染列島』『ノーボーイズ,ノークライ』、10年『悪人』、11年『マイ・バック・ページ』『スマグラー おまえの未来を運べ』、12年『愛と誠』『黄金を抱いて翔べ』、14年『ジャッジ!』『バンクーバーの朝日』、16年『ミュージアム』、17年『愚行録』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』19年『パラダイス・ネクスト』など、様々なジャンルの作品で、主演作含むバリエーション豊かな役柄として活躍。野田秀樹演出の舞台には「キル」「南へ」「エッグ」「贋作・桜の森の満開の下」など常連出演、ケラリーノ・サンドロビッチ演出「キネマと恋人」でも主演として出演する。20年には『Red』(2月)、『一度死んでみた』(3月)、『浅田家!』(10月)など話題必至作品の公開が控えている。阪本順治監督作は08年『闇の子供たち』以来2回目の出演。
【本作に向けたコメント】
約11年ぶりの阪本監督からのオファーに歓喜。石橋蓮司さんを始め、錚々たるメンバーの中に加えて頂けてとても幸せでした。どんな役にも愛情たっぷり命を吹き込んでくれる阪本監督に底知れぬ映画愛を感じました。ハードボイルドな石橋蓮司さんのたまに見せるキュートさが最高です。是非、劇場で観て頂きたいです。

東京都出身。03年公開作品「美しい夏キリシマ」で主演デビュー。
その後の主な出演作に05年『真夜中の弥次さん喜多さん』、『17歳の風景~少年は何を見たのか』、『疾走』、07年『子宮の記憶ここにあなたがいる』、07年『犯人に告ぐ』、13年『横道世之介』、『フィギュアなあなた』、15年『GONINサーガ』、17年『追憶』、18年『素敵なダイナマイトスキャンダル』、『きみの鳥はうたえる』、『ポルトの恋人たち-時の記憶-』と三本の主演映画が公開され第73回毎日映画コンクール男優主演賞、第92 回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞、第28回日本映画批評家大賞主演男優賞を受賞。
19年『居眠り磐音』、『アルキメデスの大戦』、『火口のふたり』がある。20年は主演ドラマ「心の傷を癒やすということ」や「知らなくていいコト」が放映中の他、公開待機作として映画『Red』、『痛くない死に方』がある。また4月2日からは舞台「もうがまんできない」作・演出/宮藤官九郎に出演。
阪本順治監督作品には「カメレオン」以来2度目の出演となる。
【本作に向けたコメント】
社長に相談したのは初めてのことです。何故って、超絶大好きな蓮司さんの主演作にワンカットも自分が出てないなんて悔し過ぎると思ったからです。しかも阪本組ですよっ。禁じ手を使い出させていただきました、、、しかし!出れて本当に嬉しかった!最高!

1966年、徳島県出身。
高校卒業後俳優を目指し、故・菅原文太の付き人を務めていたが、プロレスに傾倒。93年、みちのくプロレスでデビュー。お遍路さんのスタイルと、リング内外で言葉を発しないという特異なキャラクターで一躍注目を集める。翌年の日本プロレス大賞で新人賞を得とく。アメリカの最大手団体WWF(現WWE)にスカウトされて、95年より渡米。リングネームを「HAKUSHI」として全米にオリエンタルブームを巻き起こす。96年、グレート・ムタと死闘を演じ、遠征を終え、古巣となるみちのくプロレスに復帰。その後は全日本プロレス、新日本プロレス、FMWと団体の枠を超えて活躍。97年、阪本監督『傷だらけの天使』で俳優としても活躍。98年、全日本プロレスでジャイアント馬場と対戦。99年、日本プロレス最古のベルトであるアジアタッグで第65代王者となる。03年、みちのくプロレスの代表取締役社長に就任。09年、代表取締役社長退任後コミッショナーに就任。10年、「徳島ラーメン人生」をオープン。19年、「じんせい体操」の教室を開講しシニアの健康寿命を延ばす活動を開始する。
【本作に向けたコメント】
大物俳優ばかりで、まさに世界中の怪物レスラー達に囲まれたバトルロイヤルのような凄い現場でした。

57年前に公開された傑作時代劇「十三人の刺客」が豪華キャストで復活!