2021最新 松山英樹 ドライバー シャフト

松山英樹選手のドライバーは、2017年も引き続き
キャロウェイ グレートビッグバーサの2016年モデルを使っています。

ヘッドの体積は445ccと現在から考えたら小ぶりになっておりますが、このドライバーの特徴は、重心距離が45.1mmと長く、重心深度が45.3mmもあるのが、テーラーメイド「M3 440」と比べて大きな違いとなっております。

松山英樹選手のドライバーの打ち方について、芹沢プロがボールの位置から右足の壁、バックスイング、トップ、インパクト、フォロースルーといったポイントを解説してくれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

*20:: From 52 to 60 it appears that Hideki has multiple angles ground into his clubs. Can you explain each nuance and what purpose it serves?

使用しているシャフトですがツアーAD DI-8(TX)を使用しています。
これも以前から変わらずですね。

松山英樹選手が「ピンは横が少ない」という発言もありましたので、曲がりにくさを求める方に向いているかもしれません。

3Wは、色々試していますがテーラーメイドM2を使うことが多いですね。
シャフトは、ツアーAD DI-9(TX)です。

© 2019-2021 FUNQ / PEACS Inc.

今、国産のドライバーがおもしろい。オーソドックスなものを好む日本人プロゴルファーの傾向から斬新なモデルが生まれにくい状況が続いたが、松山選手の活躍で風向きは一変。プロの感性を満足させつつも、よく飛び、芯を外しても飛距離が落ちにくい、独創的なドライバーが目立ってきた。

当時はキャロウェイの大人気ドライバー「Epic」や「Rogue」といったものもありましたが、松山英樹選手が選んだのはこの新作の「XR SPEED」でした。先ほど「一目惚れ」という表現をしましたが、おそらくフィーリングが松山英樹選手とマッチしたことだと思います。

プロ転向以来スリクソンのクラブを愛用していたが、2016年頃から4年間ドライバーは他社製品を使っていた。そんな彼を振り向かせたのが『ZX5』。初速を上げる最新技術により、他ブランドに引けを取らない飛距離性能を実現した。

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

2018年ウェルズファーゴ選手権で使用したドライバーです。このドライバーは、タイガーウッズも使用していた「M3」シリーズのヘッドが小さい方になります。ちなみにタイガーウッズはヘッド大きい方の「M3 460」です。

最新ギアから中古ギアまで生の声が集まるゴルフ用品クチコミサイト。内容の濃いクチコミはギア購入時に役立つこと間違いなし。ドライバーからボール、シャフト、グリップ、シューズ、距離計測器と幅広く取り扱っています。また、新製品情報、Q&A、ツアーニュースなどの情報も発信中。

ゴルフの4大メジャー大会のひとつ「マスターズ2021」で松山英樹選手が日本人初戴冠。その活躍を支えたのはやはりハイテクギアだった。