2020年令和2年 リバプール スタメン

実は彼がリバプールに来る報道自体は前からジワジワと出ており、バイエルンというメガクラブから一流のMFが来るかもということでリバプールサポたちはまだかまだかと首を長くして待っていた。

リバプール加入から3シーズン続けてチーム最多得点をマークしたモハメド・サラー。新シーズンへの準備期間は短いが、今シーズンもエースとしての活躍が期待される。

守備の要フィルジル・ファン・ダイクが痛すぎる長期離脱。そのオランダ人DFの代役を担っていたファビーニョも負傷、ジョエル・マティプも怪我が多いなど、リバプールのセンターバック事情は苦しい。そんな中でブレイクが期待されているのが、この若きイングランド人DFである。

シュトゥットガルト戦では南野拓実が高パフォーマンスを見せ、ザルツブルク戦ではレンタルバックしたリアン・ブリュースターが2得点を挙げた。しかし、マネがいる限り、彼らが出場機会を掴むことは容易ではないだろう。

まあ、まだ20歳にもなってないしプレースタイルはなんとでも無限大の可能性があるよね。

つーかサンタクロースって12月24日の晩から25日の朝にかけて世界中の子供たちにプレゼントを届けて回るのは素直にすごいスタミナだよね。チームに1人は欲しいよね。

私もちょっと、コンディション的にも結構レスターがいくんじゃないかしらと思った部分もあったんですが、結果的には90分ずっとリバプールが支配していた形になりましたね。レスターが思っていた以上に前に出れなかったというか。リバプールに関しては苦しい状況ではありましたけど、したたかに勝てるようになっている辺りやっぱなんやかんや強ぇなぁという……。

アリソン(ブラジル代表/背番号1)
生年月日:1992年10月2日(28歳)
20/21リーグ戦成績:5試合出場/6失点【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】
2018年にローマから加入し、これまでチャンピオンズリーグやプレミアリーグ制覇に貢献してきたリバプール不動の存在だ。驚異的な反射神経などを生かしたセービング、判断力、足下のスキル、ビルドアップのすべてが高質と非の打ち所がない。まさに誰もが認める世界最高峰の守護神である。

リバプールとブラジルが誇る屈指の潰し屋。

アフロをバッサリとカットしてすっきりした状態でシーズンイン。今季開幕戦の対リーズ・ユナイテッドでいきなりハットトリックを達成するなど、申し分ない好スタートを切った。リーグ戦ではここまで7試合で7得点、チャンピオンズリーグでも3試合で2得点1アシストと、変わらず結果を残し続けている。

あと、今のリバプールで監督を務めるクロップが就任してから最初に獲得した選手らしい。ガンバレ。

ファン・ダイクとのコンビは鉄壁で、代表スタメンの座も現実味を帯びる。

リバプールはこのオフに、オリンピアコスでプレーしていたコスタス・ツィミカスを獲得した。しかし、アーセナル戦では2シーズン連続で2ケタアシストを記録したアンドリュー・ロバートソンがプレーするだろう。

ちなみにリバプールは前シーズンに見事リーグ優勝を決めたため、セレモニーをしたのだが。

リバプールの下部組織出身、純リバプール産期待の若手。