タイム

2021最新 岩崎恭子 タイム

2021最新 岩崎恭子 タイム

結果は、まず4日の100メートルバタフライで優勝。そのタイムは400メートルメドレーリレーの派遣標準記録を突破して、リレーメンバーでのオリンピック代表に内定しました。8日の100メートル自由形も優勝し、400メートルフリーリレーの代表にも内定。大会最終日には、50メートル自由形と、50メートルバタフライでも優勝し、大会4冠を達成しました。

金メダルという途轍もない光がもたらした色濃い影を知る岩崎。若い彼女は、オリンピックという舞台に、その壮大さと残酷さを教えられた。

ゲストはシドニーオリンピック競泳400mメドレーリレー銅メダル田中雅美さんとバルセロナオリンピック競泳200m平泳ぎ金メダル岩崎恭子さん。プロとの対決で勝利なるか!

それにしても、そのときの100メートルバタフライの記録が、59秒44。日本選手権での優勝タイムが57秒77なので、わずか1カ月あまりで、1秒67もタイムを縮めたことになります。これは競泳選手からしたら、驚くような数字です。

岩崎さんはバルセロナ大会競泳女子200メートル平泳ぎで14歳6日で金メダルを獲得。五輪メダリストとしての日本史上最年少記録を保持していたが、この日、西矢が13歳10カ月で金メダル獲得し、その記録を更新した。

1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダルの岩崎恭子氏(43)が、競泳女子の大橋悠依(25=イトマン東進)にさらなる期待を寄せた。
大橋は25日の400メートル個人メドレーで金メダルを獲得すると、28日の200メートル個人メドレーでも接戦を制した。夏季五輪の日本女子選手として初めて2冠を達成し「競泳は個人で何種目も出られる競技なので、チャンスがあるのはありがたいなと思います。ただ、史上初という実感がないのでビックリしています」と神妙に語っていた。
歴史に名を刻んだ大橋の泳ぎについて、岩崎氏は「本人も話していましたが、400(メートル個人メドレー)で勝ったことですごく余裕があったと思う。あとは作戦を立てる上で、非常に平井(伯昌)先生もしっかりとアドバイスしたと思うし、作戦はすごく当たっていた」と振り返った。
競泳女子界の歴史に新たなページを刻んだ大橋。来年5月には世界選手権(福岡)を控えていることから「追いかけられる立場になったと思うが、そこでもう一度2冠を達成してもらうと、またさらに強さを見せられるんじゃないかな」とエールを送った。

2019年2月に白血病を公表して闘病生活に入って以降、体重は最大で15キロ減って、退院後の筋力トレーニングでは、腕立て伏せを1回するのがやっとだった、と聞いています。それを考えると、まさに信じられないような復活劇です。

現実をしっかり見て、自分にはまだ足りないところがあって、世界とは差があることを理解していた。だからこそ、2018年のパンパシフィック選手権やアジア大会で金メダルを量産したとき、「東京五輪ではメダルを狙えるかも」と思ったのです。

7月23日に開会式を終え、本格的に競技がスタートした東京五輪。24日には競泳が初日を迎え、各種目に多くの日本人選手が登場した。女子400メートルリレー予選では、白血病を克服して五輪の舞台に立った池江璃花子(ルネサンス)が第2泳者として出場。しかし、惜しくも全体の9位となり決勝進出を逃した。
大橋悠依(イトマン東進)が女子400メートル個人メドレー決勝に、武良竜也(ミキハウス)が男子100メートル平泳ぎ準決勝に進出を果たすなか、メダル獲得を期待されていた瀬戸大也(TEAMDAIYA)は得意の男子400メートル個人メドレーでまさかの予選敗退。幕開けから大波乱が起こった。
そんな初日を、1992年バルセロナ五輪の金メダリストで、現在は競泳の指導者・解説者として活動する岩崎恭子さんに振り返ってもらった。

大阪出身で13歳の西矢椛(にしや・もみじ)が、スケートボード女子ストリートで、オリンピック史上初の金メダルを獲得した。これは、1992年バルセロナ大会の「競泳女子200メートル平泳ぎ」で優勝した岩崎恭子(当時14歳)を抜く、日本最年少のオリンピック王者だ。

最初の種目(男子400メートル個人メドレー)で、瀬戸大也選手が決勝に残れないという予想もしていなかった事態が起きました。
レース展開をどう考えていたかは本人にしかわかりません。しかし、レース後のインタビューで語っていたように、予選で好記録を出したものの決勝では力を出し切れなかった前回のリオデジャネイロ大会のイメージがあったのでしょう。今回は、「予選で力をセーブして決勝に勝負を懸ける」という考えだったと思いますが、現実は勝負し切れず、その作戦ミスが命取りになりましたね。
本人いわく調子は悪くなかったようですし、実際にそういう印象を受けました。ただ、最後にペースを上げられなかったところを見ると絶好調ではなかった気はしますね。最後の自由形で追い上げられたときに、体が動けばそのまま逃げ切れる。だからやっぱり、「力を出し切れなかった」というのが正直なところだと思います。ラスト50メートルくらいまでは力をセーブしていたのが見ていてわかったので、「最終的に何がいけなかったのか」を本人も自問自答しているのではないでしょうか。
幸い、まだ2種目(200メートル個人メドレー、200メートルバタフライ)が残っています。過去に世界選手権でも似たような状況から優勝しているので、「切り替えができるタイプ」の選手です。起きてしまった結果は仕方がないですし、もう次を見据えるしかありません。私は彼のことを10代の頃から見てきましたが、「巻き返せる強さ」を持っている選手だと思っています。

1992年バルセロナ五輪200メートル平泳ぎ、競泳史上最年少14歳で金メダル獲得。名言として残るインタビューも相まって、一躍、時の人となった。引退後は児童の指導法を学ぶために米国へ留学し、水泳・着衣泳のレッスンやイベント出演を通して水泳の楽しさを伝える活動をしている。

2021最新 岩崎恭子 オリンピック タイム

2021最新 岩崎恭子 オリンピック タイム

7月23日に開幕した東京オリンピックは連日、日本勢が金メダルを獲得している。

アーティスティックスイミングは音楽に合わせてプールのなかでさまざまな動きや演技を披露し、技の完成度や一体感、構成、表現力などの得点で競う。2017年7月に国際水泳連盟が種目名を変更するまでは「シンクロナイズドスイミング」と呼ばれていた。オリンピックでは女子のみ実施され、2分20〜50秒の曲に決まった8つの動きを入れる「テクニカルルーティン」と、3〜4分の曲の中で自由に演技する「フリールーティン」が行われる。

1992年バルセロナ五輪200メートル平泳ぎ、競泳史上最年少14歳で金メダル獲得。名言として残るインタビューも相まって、一躍、時の人となった。引退後は児童の指導法を学ぶために米国へ留学し、水泳・着衣泳のレッスンやイベント出演を通して水泳の楽しさを伝える活動をしている。

西矢の13歳でのメダル獲得は、日本の最年少記録。これまでは、1992年バルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを取った、岩崎恭子の14歳が最年少だった。

なるほど、これが菅義偉政権の狙いなのだろう。菅首相はワクチン接種のスピードを上げることで新型コロナを収束に向かわせるとともに、東京オリンピック・パラリンピックを成功させ、その成功をテコに自民党総裁選と衆院総選挙に勝って首相を続投することを目指している。

7月23日に開会式を終え、本格的に競技がスタートした東京五輪。24日には競泳が初日を迎え、各種目に多くの日本人選手が登場した。女子400メートルリレー予選では、白血病を克服して五輪の舞台に立った池江璃花子(ルネサンス)が第2泳者として出場。しかし、惜しくも全体の9位となり決勝進出を逃した。
大橋悠依(イトマン東進)が女子400メートル個人メドレー決勝に、武良竜也(ミキハウス)が男子100メートル平泳ぎ準決勝に進出を果たすなか、メダル獲得を期待されていた瀬戸大也(TEAMDAIYA)は得意の男子400メートル個人メドレーでまさかの予選敗退。幕開けから大波乱が起こった。
そんな初日を、1992年バルセロナ五輪の金メダリストで、現在は競泳の指導者・解説者として活動する岩崎恭子さんに振り返ってもらった。

日本の最高成績は、1936年に行われたベルリン五輪の男子飛板飛込で柴原恒雄、女子高飛込で大沢礼子が記録した4位入賞だ。2016年のリオデジャネイロ五輪では、板橋美波が女子高飛込で8位入賞を果たした。2018年に行われたアジア競技大会の男子3メートルシンクロナイズドダイビングで銅メダルを獲得した寺内健・坂井丞ペアも力をつけてきている。東京五輪では、2008年北京五輪で全8種目中7種目を制した中国や、4回転半を飛ぶ欧米勢によるレベルの高い争いに食い込み、日本飛び込み界初のメダル獲得に期待が集まる。

© 2008-2021 PRESIDENT Inc. すべての画像・データについて無断転用・無断転載を禁じます。

周囲から心無い言葉を浴びせられることもあり、金メダルを獲った事を後悔したこともあったという岩崎さん。番組では、そんな「金メダルの光と影」を追うとともに、一児の母として仕事と育児を両立させる彼女の「今」に密着。苦しかった日々を乗り越え、笑顔と自信の大切さに気付いた岩崎さんの「生きる原動力」と「一番の幸せ」に迫ります。

驚いたのが、新種目のスケートボード女子ストリートでの日本史上最年少の金メダル。記者会見で「(ご褒美は)焼き肉です」と笑顔を見せた中学1年の西矢椛は、13歳10カ月26日での金メダル獲得だった。1992年のバルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎを14歳6日で金メダルを獲得した岩崎恭子を抜いた。

1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎ金メダルの岩崎恭子氏(43)が、競泳女子の大橋悠依(25=イトマン東進)にさらなる期待を寄せた。
大橋は25日の400メートル個人メドレーで金メダルを獲得すると、28日の200メートル個人メドレーでも接戦を制した。夏季五輪の日本女子選手として初めて2冠を達成し「競泳は個人で何種目も出られる競技なので、チャンスがあるのはありがたいなと思います。ただ、史上初という実感がないのでビックリしています」と神妙に語っていた。
歴史に名を刻んだ大橋の泳ぎについて、岩崎氏は「本人も話していましたが、400(メートル個人メドレー)で勝ったことですごく余裕があったと思う。あとは作戦を立てる上で、非常に平井(伯昌)先生もしっかりとアドバイスしたと思うし、作戦はすごく当たっていた」と振り返った。
競泳女子界の歴史に新たなページを刻んだ大橋。来年5月には世界選手権(福岡)を控えていることから「追いかけられる立場になったと思うが、そこでもう一度2冠を達成してもらうと、またさらに強さを見せられるんじゃないかな」とエールを送った。

最初の種目(男子400メートル個人メドレー)で、瀬戸大也選手が決勝に残れないという予想もしていなかった事態が起きました。
レース展開をどう考えていたかは本人にしかわかりません。しかし、レース後のインタビューで語っていたように、予選で好記録を出したものの決勝では力を出し切れなかった前回のリオデジャネイロ大会のイメージがあったのでしょう。今回は、「予選で力をセーブして決勝に勝負を懸ける」という考えだったと思いますが、現実は勝負し切れず、その作戦ミスが命取りになりましたね。
本人いわく調子は悪くなかったようですし、実際にそういう印象を受けました。ただ、最後にペースを上げられなかったところを見ると絶好調ではなかった気はしますね。最後の自由形で追い上げられたときに、体が動けばそのまま逃げ切れる。だからやっぱり、「力を出し切れなかった」というのが正直なところだと思います。ラスト50メートルくらいまでは力をセーブしていたのが見ていてわかったので、「最終的に何がいけなかったのか」を本人も自問自答しているのではないでしょうか。
幸い、まだ2種目(200メートル個人メドレー、200メートルバタフライ)が残っています。過去に世界選手権でも似たような状況から優勝しているので、「切り替えができるタイプ」の選手です。起きてしまった結果は仕方がないですし、もう次を見据えるしかありません。私は彼のことを10代の頃から見てきましたが、「巻き返せる強さ」を持っている選手だと思っています。

たとえ東京五輪でメダル獲得が続いても決して忘れてはならない。東京オリンピックの開催中も新型コロナの感染は増え続け、緊急事態宣言下であることに変わりはない。金メダル獲得を喜ぶ声が上る一方で、重症化して苦しむ患者や、軽症で隔離状態となる感染者は多い。なかには運悪く死亡する人もいる。医療の逼迫ひっぱくも懸念される。

表彰台に上がった3人の平均年齢は14歳191日で、五輪史上最年少となった。最も若い金メダリストは、1936年ベルリン大会の飛板飛込のマージョリー・ゲストリング(13歳267日)で、西矢より63日先んじている。レアウが優勝していれば、13歳203日で最年少記録の更新だった。

水球は1860年代のイギリスで発祥した。プールで行われる唯一の球技種目で、男子は1900年のパリ五輪から、女子は2000年のシドニー五輪から実施されている。1チーム7人で、水深2メートル以上のプール内につくられた縦30メートル、横20メートルのコートで2チームがゴールにボールを投げ入れ合って得点を競う。ボールを持つ選手に対しては、激しいコンタクトプレーも認められており、「水中の格闘技」と称されるほど激しいスポーツでもある。スピーディーな試合展開や多彩な戦術も見どころの一つだ。

2021最新 瀬戸大也 200m個人メドレー タイム

2021最新 瀬戸大也 200m個人メドレー タイム

「伸びしろしかない」と自身でも言うようにさらなるタイムの更新も期待できる池江が4種目にエントリーされている「競泳ジャパンオープン2021」には、五輪直前ということもあり多くの五輪内定選手が参戦予定だ。2019年の「世界水泳」で200mと400mの個人メドレー2冠と日本選手権の200mバタフライの結果により、3種目での五輪内定が決まっている日本のエース・瀬戸大也をはじめ、その瀬戸に日本選手権の200m個人メドレーで0.02秒及ばなかったものの五輪内定を決めたライバル・萩野公介、女子選手では2019年「世界水泳」の400m個人メドレーで銅メダルを獲得している大橋悠依といった注目選手が続々登場する。

東京五輪の開催を控え、各競技で次々と五輪代表内定選手が決まっている。その選手たちの中でも特にドラマティックな復活で内定を掴み、注目を集めたのが競泳の池江璃花子だろう。レースの度に調子を上げているだけに、6月3日(木)〜6日(日)にテレ朝チャンネルで生中継&当日録画放送される「競泳ジャパンオープン2021」での泳ぎにも期待が集まっている。

女子200m背泳ぎ。100m背泳ぎで代表権を獲得している小西杏奈選手がセンターレーンを泳ぎます。待ったをかけるのは、200mを得意とする古林毬菜選手と、赤瀬紗也香選手、400mリレーで代表権を獲得している酒井夏海選手が出場します!派遣標準記録を突破し、上位2名は誰になるのか。目が離せません!!

その後も2017年に日本選手権で女子初となる5冠を達成し、2018年のアジア選手権では6冠を達成。世界の壁が厚いとされる自由形、バタフライの種目で世界と対等に戦える選手として東京五輪での活躍も大きく期待された。そんな伸び盛りの最中だったが、2019年にオーストラリアでの合宿で体調を崩すと白血病が発覚。将来有望な選手に訪れた悲劇は、日本のみならず海外でもニュースとして取り上げられるなど衝撃を与えた。

さて、本日の見立てです。女子200m自由形ですが、個人種目での代表入りはやや厳しいですが、リレーでの代表権獲得は大混戦が予想されます。五十嵐千尋選手、大学生となった池本凪沙選手、昨年末に開催されたこの種目の日本選手権獲得者である白井璃緒選手、我が母校法政大学の後輩にあたる青木智美選手、既に400m自由形で内定している小堀倭加選手と注目選手が出場します。リオデジャネイロオリンピックを経験している五十嵐選手、青木選手が意地を見せるのか。はたまたニューフェイスが勝ち取るのか注目です。

〝お迎え前不倫〟で窮地の瀬戸大也 スポンサー全滅は免れるか。日本水泳連盟は12日、倫理委員会を開催して不倫スキャンダルを起こした競泳の東京五輪代表・瀬戸大也(26)の事情聴取を行った。瀬戸から一連の騒動の説明を受けた水連は「同委員会での報告は明日(13日)開催…

さて、男子200m平泳ぎです。渡辺一平選手、佐藤翔馬選手の勝負に注目が集まります!佐藤選手は100mで優勝していますが、当日祝福のメールを送ったところ返信では「200mでは個人で必ず派遣標準記録を突破します!明日から200mの泳ぎにシフトチェンジします!」と力強いコメントをもらいました。渡辺選手と佐藤選手の一騎打ちとなるのか?それともセンターレーン(準決勝1位通過)を泳ぐ、武良竜也選手が割って入ってくるのか?世界新記録もでるのか?軍配は誰にあがるのか?注目しましょう!

続いて、男子200m背泳ぎですが、やはりこの人『入江陵介選手』です。筋力トレーニング(ウェイトトレーニング)を導入して、ひとかきで進む力が増しました。入江選手らしい美しい泳ぎと力強いひとかきに注目してご覧ください!2位に食い込んでくると予想するのが、得意とする200mバタフライで予選落ちしてしまったが、この種目でも才能を発揮している坂井聖人選手!背泳ぎも泳げるのか。と思った方もいるとは思いますが、実は彼背泳ぎも得意なのです。器用な選手ですね!坂井選手がバタフライではなく、背泳ぎでの代表権獲得に期待しましょう!もう1人注目する選手がいます。背泳ぎと個人メドレーを得意としている砂間敬太選手です。200m個人メドレーを回避してこの種目に賭けています。100m背泳ぎが終わった時の表情をみても充実している顔つきだったので、どのようなレースをしてくれるか楽しみです。

また、男子200mバタフライでは本多灯(ともる)選手が初優勝し、瀬戸大也選手は2位となりました。(両者、派遣標準記録突破)瀬戸選手は200m、400m個人メドレーに続き、3種目目での内定です。

男子200mバタフライは、準決勝で4人派遣標準記録を突破している種目でもあります。予選ではリオデジャネイロオリンピックで銀メダルを獲得した坂井聖人選手が予選落ちという波乱が起こりました。この種目は毎年レベルが高くなっている種目です。既に個人メドレー2種目で内定をしている瀬戸大也選手が3種目目の代表を狙います。立ちはだかるのは、準決勝トップ通過で好調の本多灯(ともる)選手。同郷(群馬県)である田中大貴選手も虎視眈々と狙っています。

【東京五輪】競泳・瀬戸大也「いろんなことがあったけど…自分一人ではここに来られなかった」

「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです」とSNSで明かすほどの辛く長い闘病生活を乗り越えると、昨年8月に「東京都特別水泳大会」で594日ぶりに競技会に復帰。最初の目標としていた「インカレ水泳2020」では50m自由形で4位に入賞すると、今年の2月に行われた「ジャパンオープン2020」では、50m自由形で学生新となる記録で2位に入り、復帰後初の表彰台に上った。さらに同月の「東京都OPEN水泳競技大会2021」では、最も筋力が必要とされるバタフライにも復帰。50m、100mのレースに出場すると50mでは学生新記録で復帰後初優勝、100mでも3位と着実に前進していることを結果で示してきた。

「夏の五輪本番でどういうレースをしたいか、ということを考えて取り組んでいますから、今大会もテーパー(調整)はせずに臨みました。高いスピードを出したとき、自分がどこまで耐えられるのかの確認をしたかった。そういったなかで、このタイムで泳げたことは自分が目指す五輪での金メダルへの手応えを感じられる結果でした」

「400mの個人メドレーは、今まで出場してきた日本選手権のなかでいちばん速いタイムだった。これは正直、かなり自信になりました。五輪に向けて、今後の自分に向けても、すごくワクワクできるような結果だったと思います」

女子200m個人メドレーでは、400m個人メドレーで内定をしている大橋悠依選手と谷川亜華葉選手が登場。準決勝2位通過で社会人一年目の大本里佳選手の積極的なレース展開も見ものです。また、リオデジャネイロオリンピックにこの種目で出場した寺村美穂選手の泳ぎにも注目です。寺村選手は、課題の背泳ぎで大橋選手、大本選手から遅れを取らないよう泳ぐことが重要です。この勝負も最後まで目が離せません!