テスラ社

2021年令和3年 テスラ社 電気自動車 価格

2021年令和3年 テスラ社 電気自動車 価格

こうしたカメラ式のドアミラーの設定一つをとっても、アウトバーンで運転することを前提としたドイツ車らしい取り組みだと思う。技術にこだわるアウディらしいEVといえるクルマだった。今年からは、一般仕様車の発売も始まるとのことで、価格も下がることだろう。

EVで世界を牽引しているのは米国のテスラです。このテスラが9月に開催した投資家向け説明会、「バッテリーディ」で電池単価を約6割引き下げると宣言しました。一般に、電池はEVの車両価格の3割を占めるといわれています。したがって、6割値下げできたら車両価格を2割下げられる余地が生まれます。
テスラは、この電池単価の引き下げを単純にサプライヤーに値下げを要求するのではなく、高価なコバルトを使わない、ニッケルとマンガンだけの正極材料を使ったり、電池のサイズを大きくしたり、電池の構造や製造プロセスを見直したりして、合わせ技で達成するとしています。
テスラに電池を供給しているのは、日本のパナソニック、韓国のLG化学、そして、中国のCATLの3社ですが、この新型電池の開発について、テスラがパナソニックに協力を要請したと報道されています。
この報道が事実なら、テスラはパナソニックの電池についての知見を高く評価しているということであり、パナソニック本体、そして、パナソニックに材料を供給する住友金属鉱山や昭和電工マテリアルズなど素材メーカーにとって好材料といえます。

2021年1月より、欧州では現行の燃費規制が一段と厳しくなり罰則が強化されます。新たな欧州の燃費規制は、販売する全新車の二酸化炭素(CO2)排出量の平均が1km当たり95gに制限されます。2020年12月までは同130gであり、3割以上厳しくなります。
【写真14枚】最低でも3000万円! フェラーリ、ランボルギーニ、ベントレーの最新プレミアム車を見る
未達成の場合は、自動車メーカーに巨額の罰金が課せられます。CO2排出量が基準値の95gより1gオーバーするごとに95ユーロと域内販売台数を乗じた金額が罰金として徴収されます。
例えば、EU域内の新車販売台数が100万台で10gオーバーすると約1200億円(1ユーロ=約124円)を支払わなければなりません。ドイツを代表する自動車メーカー、フォルクスワーゲンなどは、5000億円以上の罰金を支払う必要があると言われています。
欧州の制度の罰則の厳しさは群を抜きますが、今後、世界的に環境規制が厳しくなります。ここにきて自動車メーカー各社が排気ガスゼロ車の代表である電気自動車(EV)へのシフトを加速させているのはこのためです。
EV市場が数年前の想定を大きく上回るペースで拡大することは間違いなく、2030年には年間2000万台以上の規模に達する、という強気な見方が主流になりつつあります。2019年のEVの新車販売台数は200万台を下回ったので、今後10年で10倍以上に拡大することになります。
こうしたEV市場の急成長は、主要部品であるリチウム2次電池とEV駆動システム、そして積層セラミックコンデンサなど周辺部材にとっても大きなビジネスチャンスです。

菅首相と永守会長は脱炭素で歩調を合わせている。菅首相は10月26日の所信表明演説で「経済と環境の好循環」を成長戦略の柱に掲げた。温暖化対策として50年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする脱炭素社会の実現を目指すと述べた。これを受けて経済産業省は30年代半ばに、国内の新車販売は電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などガソリン車以外にする目標の設定に向けた議論を始めた。

今後、素材の需要が上がり、供給逼迫による価格の高騰も懸念されるため、使用量の低減、原料資源の確保、原材料価格の安定化が必要となってきます。

そのため、蓄電池のコストダウンについては、大量生産、集積度の向上による大幅なコストダウンが可能な半導体等とは異なります。蓄電池に関しても、設備稼働率の向上による一定の低減効果はあるものの、一方で生産量の大幅拡大による材料資源価格の高騰が、コスト低減の制約となる可能性があります。

日本国内では、2020年春ごろより上陸した、テスラの家庭用蓄電池のパワーウォールが注目を集めています。スタイリッシュなデザインで13.5kWhという大容量に、99万円プラス工事費用の低価格が最大のウリ。スマホとも連携し、ソフトウェアの更新で自動に機能がアップデートし続けるのだとか。V2Hとは異なりますが、同社の環境に優しい、持続可能なエネルギー開発への率先的な取り組みは、環境への意識を高めるきっかけを私たちに与えてくれそうです。

V2Hを使用するには自宅近辺に駐車場のスペースが必要です。また、自宅と電気自動車の間にパワーコンディショナーを設置しなくてはならないため、どちらも設置できるような広さを確保しなくてはなりません。

BNEFの調査によると、電気自動車の蓄電池コストについては、2016年のセル+電池パックコストが273ドル/kWh となりました。2010年の価格は1000ドル/kWhであったため、6年間で約1/4となる大幅なコストダウンが実現しています(図1)。

ヨーロッパ地域で電気自動車充電機器をリードするWallbox。同社が提供するV2H双方向充電器「クエーサー」が、2020年エディソン賞のエネルギーと持続可能性部門を受賞しました。同社のCEOであるEnric Asuncion氏は、「Wallboxは化石燃料ではなく再生可能エネルギーに社会が頼れる未来を見据えています。私たちはより多くの人が電気自動車を使えるよう、充電をできる限りシンプルにするよう尽力しています」と語っています。

現在、性能やコスト面で主流となっている「三元系リチウムイオンバッテリー」の正極材として用いられる、リチウム、コバルト、ニッケルといった原料の総コストは、現状のスポット価格ベースで約30ドル/kWh程度です。2016年の電池パックコストは272ドル/kWhのため、約12%程度の割合を占めることとなります。

1964年生まれ。理学部化学科(お茶の水女子大)、工学系修士(東京工業大)のリケジョのち科学技術記者(企業担当も少々)。04年の国立大学法人化を機に創設された「大学・産学連携担当」にハマって抜けなくなる。産学官連携をテーマに社会人入学をして博士号(学術、東京農工大)。取材先にも読者にもすり寄らない記者特性“どっちつかず”から、「産と学」「科技と大学」をフラフラする。文部科学省記者クラブ常駐。東工大、電気通信大などで非常勤講師。著書は「研究費が増やせるメディア活用術」「理系のための就活ガイド」。

クエーサーは住宅用双方向で充電可能なV2H機器で、電気自動車の充電だけでなく、電気を電力網に戻したり、自宅で使ったりすることができます。iOSやAndroid、エネルギー管理プラットフォームと連動して動く設計になっており、利用者が充電器を簡単にコントロールできるのがポイント。また、クエーサーは顔認証システムとジェスチャー操作システムを搭載し、友人や近所の人たちの間でアカウントをシェアできるようにしている、次世代のイノベーション機器なのです。

V2Hを利用するには、V2Hに対応した電気自動車とEV用のパワーコンディショナーが必要です。このコンディショナーには太陽光発電システムの有無、発電した電力の使い道などによっていくつか種類がありますが、設置工事などの費用を含めると導入時に100万近くの費用がかかります。

出版社を経て2004年入社。科学技術部が長く、これまで半導体、情報通信、エレクトロニクス、脳科学、量子コンピュータ、AI、素粒子物理、電機・IT企業の研究開発などの取材を担当。理学部卒(物理)、大学院博士課程単位取得満期退学(科学技術史)。

2021年令和3年 テスラ社 自動運転 事故

2021年令和3年 テスラ社 自動運転 事故

また、大学生(私としては一般人ではないというところが重要なポイントと考えています)が購入、維持する車として、電気自動車(PHEVを除く)はガソリン車やハイブリッド車(PHEVを含む)と比べて、どの様な点でメリットがあり、デメリットがあるのか、ご助言を頂戴したいと思います。

現状では、ほとんどの普通の人は、ガソリンとディーゼルの自動車を見慣れているので、衝突したクルマから炎がチラチラしていれば、反射的に爆発を考えて警戒しますが、水没した車については、たぶん、危険性はまったく考えないと思います。

前にアメリカで盗難されたテスラが大事故を起こして、バッテリーが爆発して大変なことになった事がありましたね。その他にもEVの発火、爆発事故は起きています。

おそらくこれは感電事故防止が目的なんだろうとは思いますが実質土砂に埋まった車なので、保険的にも天災で全損扱いになるものと予想できます。

また、バッテリーは損傷すれば必ず発火します。現在最新の電気自動車に用いられているバッテリーは全てです。逆に、損傷していないバッテリーで、駐車中に勝手に発火することはほぼあり得ません。近い過去に下回りの事故があった可能性はあると思います。
いずれにしろきちんとした調査結果を見ないと分からないと思います。ガソリン車はガソリン漏れても分からず、下手するとすぐ爆発する可能性があることを思えば、電気自動車はぶつけてもすぐに火災になることはなく、今回のようなケースでも発煙から炎上まで45秒もあったことは認識して良いと思います。

ロサンゼルスで、時速160kmで走行中に他の車をぺしゃんこにして、さらに街灯などに車体中央部からぶつかった挙げ句、車体が真っ二つに分断され、後部は空を飛んで周辺の建物の壁に刺さった事故ですよね。確かに大変な事故ですが、実は乗員は病院に運び込まれ、最終的には亡くなりましたが、即死ではなかったのです。さらに、バッテリーは燃えたものの、爆発は小爆発で、小さな花火程度しか燃えていません。

これまでの自動車との違いやEVの持つ特性を正しく理解することが必要だと思います。
優位性にばかり注目しても正しく理解することはできません。

毎年1月6日は、東京消防庁の消防員が消火活動などを演習、披露する「東京消防庁出始め式」が行われます。ところで、消防車や救急車など特装車は、どこで作っているかご存知ですか? 特定の用途に使われる特装車は、メーカー系の特装会社か専門の特装業者が、自動車メーカーの完成車を改造して…

JRの駅では自動券売機とみどりの窓口で購入したが、いずれも西暦表記。私鉄の阪急電鉄や南海電気鉄道も西暦。最近まで公営だった大阪メトロの切符に望みをかけたが、これも西暦表記だった。

ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、そして電気自動車は、すべて高電圧バッテリーを搭載しています。そして、事故の衝撃がセンサーで検知されると、高電圧回路は自動的に切り離され、基本的には感電のリスクは「ほとんど」ありません。

ただし、例外もあります。レスキュー隊員が車両を切断しないといけない場合、そして、車両が原型をとどめないほどの強い衝突事故などでは、回路が切り離されていても、感電のリスクがあります。
車両を切断する場合、バッテリー部分を切断することはできません。ガソリンタンクと異なり、特に電気自動車ではバッテリーが大きく車両底面に配置されていることが多いため、切断できる部分とできない部分があります。電気自動車を販売する各社は、レスキューマニュアルを公開しており、レスキュー隊員などはこれらを読んでいるはずです。

2019年に話題を呼んだ日産のスカイラインやBMWの一部モデルに搭載された、高速道路での「手放し運転」機能ですが、今アメリカでは、自動運転中の『ながらスマホ 』による、ある死亡事故が話題になっています。事故の原因は「ドライバーとクルマのどちらにあるのか」について論争が起きているのです。

日本アイ・ビー・エム、マイクロソフトを経てイージャパンを起業、CTOに就く。2006年、技術者とコンサルタントが共に在籍し、高い水準のコンサルティングを提供したいという思いのもと、アユダンテ株式会社創業。プログラミングは中学時代から。テスラモデルX P100Dのオーナーでもある。

リンク先も拝見しました。
電気自動車が安全とは断言出来ないと書いてあります。
またその記事は上海での、駐車中のテスラの火災以前のものです。
また、燃焼時間が24時間にも及ぶなど電気自動車とガソリン自動車の違いが書いてあります。

電気自動車で事故を起こすと、エアバッグの展開と同時に高電圧回路が完全に遮断され、車は走行できなくなります。これはガソリン車などのエンジン車とは大きく異なる特性で、注意しておく必要があります。走行中に事故を起こした場合には、できる限り早く安全に路側に寄せることが重要なのです。
電気自動車のモーターは、高電圧回路からの電気の供給がないと走行できません。ではなぜ、高電圧回路は事故時に遮断されるのでしょうか?

2021年令和3年 テスラ社 死亡事故

2021年令和3年 テスラ社 死亡事故

ここで米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA)が定義する自動運転車のレベル(0~4)を整理しておきましょう。2016年8月現在、現在市販されているのはレベル2まであって、レベル4(完全自動運転)の市場投入はまだ先です。

自動運転はクルマ社会が交通事故を大幅に減らし、高齢化社会を支える技術として待ち望まれている先進技術だ。ところが、先日Uberが公道での走行実験中に起こした死亡事故により、Uberはもちろんのことトヨタ、NVIDIAも公道での走行実験を中止した。今後、自動運転技術の開発や自動運転関連ビジネスの将来性はどうなっていくのか。自動運転が抱える問題点が改めて浮き彫りになってきた。

テスラとしては、EVベンチャーとしてこれまで培ってきた開発力に加えて、テスラというブランド力を最大限に発揮するマーケティング戦略を駆使しなければならない。

NTSBのクリストファー・オニール報道官は1日、「テスラが調査情報を公開したことにNTSBは不満だ」と述べ、死亡した運転手が自動運転支援機能「オートパイロットについて過去に示していた懸念を含め、NTSBはこの衝突事故をあらゆる側面から調べている」と説明した。NTSBは予備的な報告書を数週間以内に公表する計画。

以上のように、ジャーマン3と中国を中心に世界的な広がりをみせているEVブームにおいて、テスラが今後も持続的に成長するためにはどうすればいいのか?

投資家の間では、テスラの業績拡大をテコにした車載用電池の需要増がパナソニックの成長要因になると期待は高かった。だがテスラの業績改善に大きくつながるとみられている新型車の「モデル3」では量産の開始時期の先送りが続いている。QUICKファクトセットがまとめた市場予想では、2018年12月期のモデル3の生産台数は約15万台。昨年8月時点は22万台だっただけに期待値は下がっている。

死亡したウェイ・ファンさん(38)が運転していたスポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルX」は、同州マウンテンビュー近くのハイウエーで中央分離帯に衝突して引火した。テスラは3月30日遅くにブログ上で、回収されたコンピューターのログはファンさんが衝突前の6秒間、ハンドルを握っておらず、「約5秒、150メートルの間、何にも遮られずに」中央分離帯が見える状態にあったことを示したと明らかにした。

米運輸安全委員会(NTSB)の報道官は1日、3月23日にカリフォルニア州で起きたテスラ車両による死亡事故に関する調査情報を同社が先行して開示したことに不満を示した。

2016年5月7日、米テスラモーターズ社の自動運転機能(オートパイロット)を搭載した自動車「モデルS」の運転手が死亡する事故が起きました。

事故は5月7日に発生した。「車は、中央分離帯のある幹線道路を自動運転で走っていて、前方で交差点を左折しようとしていた大型トレーラーに衝突した」とテスラは説明している。「後方の空が明るく光っていて、白い色をしたトレーラーの側面をドライバーも自動運転機能も認識しなかった。そのため、ブレーキが作動しなかった」という。
(外部リンク)テスラの自動運転車で初の死亡事故。何が問題だった?

モデル3の生産遅れを受け、パナソニックは2月に車載用電池を含む事業の18年3月期の営業利益見通しを70億円下方修正していた。テスラ以外の自動車メーカーもEV生産を拡大させるとみられ、車載用電池で優位性を持つパナソニックは中長期的に業績改善の期待があるとの声はある。ただ、株式市場では「欧州や中国メーカーがEVを主力製品に据えるのは19年以降」(国内運用会社のファンドマネジャー)との見方が根強い。テスラを巡る不安がくすぶるなかでは、EV市場全体の将来性に賭ける買いは入りづらいようだ。

今回死亡事故が起きたテスラ社のモデルSはレベル2(アクセル・ハンドル・ブレーキの複数をシステムが行う)にあたり、完全自動運転ではありません(テスラジャパン公式)。テスラ社自身、モデルSの自動運転機能(オートパイロット)時にはハンドルに手から離さないよう求めており、運転手の注意義務は変わらず存在します。

2021年令和3年 テスラ社 蓄電池

2021年令和3年 テスラ社 蓄電池

READ THE WINDユアエナジー
価格競争なしの蓄電池でも選ばれる!?
「海外安売り勢には”初期費用ゼロ” ”10年間寄添いサポート付メンテリース”提案で一蹴!」

加速するテスラのイノベーションに既存自動車メーカーが追いつき追い越すことは、ますます困難な仕事になっているようです。

テスラはイノベーションを加速することを最優先していて、既存の車両を改造するラインを設けるのは進化の速度を妨げる。テスラユーザーはそのことを理解するべき、ということです。ソフトウェアやハードウェアの変更ばかりでなく、車両価格の値下げ、自動運転オプションの値上げなどの価格変更も、予告なく臨機応変に行われることがテスラの特徴になっています。

電気自動車は高価な買い物。まるでスマートフォンのように1年で型落ちモデルとなってしまうのは辛いところではありますが、多くのユーザーが、ちょっと苦笑いしながらも(私がリアルにお会いした方々の場合、です)テスラのスタンスを理解しています。その苦笑いの表情は、イタリアの旧車好きな人が「またタイミングベルト切れちゃってさ」と愚痴をこぼしている様子にも似て、少し誇らしげだったりします。レストランで「口うるさいお客様」の要望に応えるよりも、より美味しい料理をより多くのお客様へ提供することに、テスラは全力で挑んでいるのです。

2021年令和3年 テスラ社 車

2021年令和3年 テスラ社 車

姉妹車の三菱アウトランダーは2021年中盤にも登場する。次期型エクストレイルより約半年早い世代交代となる。パワーユニットのPHEVは両モデル共用で引き続き三菱が主体に開発し、日産に供給される形を取る。

自動車産業は雇用や納税、経済面で高い波及力を持つ戦略産業だ。しかし、国内の自動車販売においては新型コロナウイルスの影響により、2020年上半期は22.6%の大幅減少となった。また、国内生産も11カ月連続で減少しており、先行きは不透明である。

マーチは2021年中盤あたりにビッグマイナーチェンジする見込み。内外装のデザイン変更が行われる。新型ノートに設定されない1.2LガソリンNAエンジン車需要をカバーする狙いもありそうだ。

テスラのCEOはイーロン・マスク氏。インターネット決済会社PayPalの前身となったX.comを創業し、eBayに売却した資金を元に、テスラの他にもロケットの開発や打ち上げを行う民間宇宙開発会社SpaceXを創業したり、いとこと共同で太陽光発電事業を手掛けるSolarCity(最近テスラが買収)を創立したり、真空に近いパイプの中をカプセルのような装置で、時速1200キロで移動する新型交通システムHyperloopを提唱したりと、スティーブ・ジョブスと並び称されるシリコンバレーの寵児です。

クルマとしての魅力はもちろんなのですが、テスラの、そして同社の作るクルマの何よりも一番の魅力は「みんなで一緒にテスラの目指す未来に参加している」気持ちになれるところなのではないかと思っています。

1998年5月22日生まれ。 大阪府出身。昨年に続いてサポートして頂けることとなり、とても嬉しく思っています。今年も日本とアメリカの2つのツアーを転戦することになります。日本では、フォルクスワーゲンの車に乗ってテンションを上げて試合に臨みたいと思います。優勝目指して頑張ります!

米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)は上海市のギガファクトリーで、標準モデル「スタンダードレンジプラス」と長航続距離モデル「ロングレンジ」の大量生産に続き、高性能モデル「モデル3パフォーマンス」の生産を開始するという。

そのマスク氏が2008年からCEOとして率いるテスラですが、会社もクルマも彼の経歴と同じくらいユニークで、ドラマに満ちています。

1992年8⽉16⽇⽣まれ。 東京都出⾝昨年は、試合への移動がいつもフォルクスワーゲンの車で疲れ知らずだったおかげで、プロになってから一番賞金を稼ぐことができました。今年もゴルフの移動に快適なフォルクスワーゲンの車で移動することができるので、目標であるシード権を獲得に向けてがんばります。

現行モデルは商用車ベースであるが、ワゴンバージョンは3列シート7人乗りで両側スライドドア仕様である。エンジンは1.6LのNAガソリンエンジンを搭載しているのでシエンタやフリードと対抗する部分もある。

現在、テスラは高性能バージョン「モデル3」を中国工業情報化部(工信部)に登録・提出すると同時に、同モデルに使用される「Zero-G」ホイールと新型ヘッドライトも登録した。テスラ中国の公式サイトによると、中国産モデル3パフォーマンスは2021年第1四半期から納入を開始するとのこと。

これにより、クリープ状態でゆっくり走行する形になり、その間にブレーキを踏んだり車止めで停止することで暴走を回避することが期待される。

新型ノートはe-POWERの2WD車が先行して発売になったが、2020年12月には4WD車も設定される。2020年5月に発売したキックスも現行モデルでは2WD車のみのため、2021年中には設定されるに違いない。

乗り心地は、ドイツ車のようにやや硬めではあったが、最上級グレードのこのクルマに装着されたタイヤの扁平(へんぺい)率が35%とかなり低い値(扁平率が低いと、スポーツ走行には有利だが、路面の影響を大きく受けやすく、乗り心地は劣るようになる)であったことからすると、路面からの衝撃はうまく吸収しており、不快ではなかった。

1972年4月14日生まれ。 大阪府出身。ポロ、ゴルフ、パサート、ティグアンとプロゴルファーとしての活動の大半を共に過ごしてきた数々の名車。その産みの親、フォルクスワーゲンからサポートを受けることになり、この上ない喜びです。VW エンブレムの輝きに負けぬよう、精進いたします。

2021年令和3年 テスラ社 株価

2021年令和3年 テスラ社 株価

株価は14日までの1カ月間で一時2倍近くになった。その一因とされるのが指数採用の思惑だ。4~6月期の最終損益が黒字(前年同期は4億833万ドルの赤字)なら4四半期連続の黒字となり、米S&P500種株価指数の組み入れ条件をクリアするという。4~6月期の世界販売台数が市場予想を上回り、期待がにわかに高まった。ロイター通信によれば、仮にS&P500に採用されると指数連動運用ファンドは2500万株、金額で340億ドルのテスラ株を購入する必要が生じるという。

【ニューヨーク=後藤達也】米電気自動車(EV)テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の総資産が7日、1850億ドル(約19兆円)となり、世界最大の富豪に浮上した。米CNBCが伝えた。これまで首位だったのはアマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEO。マスク氏の保有するテスラ株が2020年以降に急騰し、資産は1年で7倍近くになった。

さらに、工場用地の確保については様々な候補が挙がる中、最終的には当時のアーノルド・シュワルツェネッガー知事が仲介役となり、北カリフォルニアのトヨタ工場をテスラに売却することが決まり、さらにトヨタからテスラへの投資や、同州ZEV法への対策として「RAV4 EV」開発をテスラに委託した。

テスラ株はEVの販売増などへの期待から、2020年に株価が8倍以上に上昇した。マスク氏の資産は20年に、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏やフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏らも次々と抜き去った。テスラ株は7日も大幅上昇し、時価総額は7700億㌦へと増加。フェイスブックを初めて上回り、米企業で5位に浮上した。

マスク氏は49歳。20歳代のころからソフト開発会社などを起業し、ネット決済のペイパルの前身となる企業も設立した。事業で得た資金をテスラなど新事業に投じ、資産を拡大してきた。宇宙船開発のスペースXのCEOとしても活躍し、20年には民間で初めて、有人宇宙船の打ち上げに成功した。

こうしてテスラは、アメリカ連邦政府から「次世代車ベンチャーの星」としてお墨付きを受けたことが、部品調達先の開拓などで大きな支えとなった。

発表翌日の株価騰落率を調べると、下落率最大は19年4~6月期の決算発表翌日(7月25日)の14%、上昇率最大は同7~9月期決算発表を受けた10月24日の18%。騰落率のばらつきを示す標準偏差(生起確率7割弱)は9%上昇から8%下落の範囲に分布した。アップルやマイクロソフトなどに比べ、ネガティブサプライズが起きたり、株価が下振れしたりする可能性が高いのが特徴だ。

このトヨタ効果こそが、テスラ大化けのきっかけだった。

2021年令和3年 テスラ社

2021年令和3年 テスラ社

[東京 3日] -2021年の日米欧中銀による金融政策は、新型コロナウイルスに効くワクチンの接種拡大で年後半に経済が持ち直しても、現在の強力な金融緩和政策が維持される見通しで一致している。ただ、緩和効果が強いだけに米欧では資産価格が急上昇して副作用が顕在化した場合、残された政策手段で景気を腰折れさせずに対応できるのかがポイントの1つになりそうだ。

[東京 5日] -コロナ戦時下で迎えた2021年(令和3年)の幕開けは、正月三が日が海外市場も休日だったため、「日本人だけが休んでいるスキに為替が荒れる」という心配は無用だった。しかし、新春のドル円相場の展望について、結論から先に述べれば、しばらくの間は円高警戒色の強い状況が続くだろう。

20年11月に予定していた愛知県豊田市などとアプリを使った実証実験は、新型コロナウイルス感染症の広がりを受け中止にした。そのため豊田市は「規模を縮小するなどして21年3月までに実施したい」考えだ。

このトヨタ効果こそが、テスラ大化けのきっかけだった。

[ロンドン/ニューヨーク 31日 BREAKINGVIEWS] -2021年は中央銀行にとって、昨年生み出した債務という名の「怪獣」を手なずける年になるだろう。コロナ禍を契機とした市場の暴落に対応し、米連邦準備理事会(FRB)は初めて社債購入に踏み切り、欧州中央銀行(ECB)は1兆8500億ユーロという未曽有の規模の債券購入計画を打ち出した。しかしこうした危機対応は、次の危機の種をまくことになった。

トヨタは全国のトヨタ販売店とともに、地域自治体と給電支援ネットワークの構築も進める。20年11月時点で約60の自治体と災害時の支援を含む包括連携協定を締結した。豊田市やトヨタホーム(名古屋市東区)などと連携して外部給電の普及拡大を目指す「SAKURAプロジェクト」にも参画している。さまざまな関係者を巻き込みながら、いわば“全方位”の活動で外部給電機能の有用性をアピールし、普及拡大の成果に結びつける。

出版社を経て2004年入社。科学技術部が長く、これまで半導体、情報通信、エレクトロニクス、脳科学、量子コンピュータ、AI、素粒子物理、電機・IT企業の研究開発などの取材を担当。理学部卒(物理)、大学院博士課程単位取得満期退学(科学技術史)。

政府が7日に緊急事態宣言の発令を決める方向になった。首都圏1都3県に限定されるが、国内経済への影響は相応に発生し、今年1─3月期の国内総生産(GDP)がマイナス成長になる可能性も出てきた。政府が編成した2021年度予算案では、ポストコロナ前提で予備費は5兆円しかなく、新たな打撃に「窮屈」な対応を余儀なくされる。10万円の特別定額給付金の再交付は、予算の組み替えなしにはできない。

また、米電気自動車最大手のテスラ社にリチウムイオン電池を供給しているのがパナソニック(6752)で、足元ではリチウムイオン電池の増産や次世代電池の開発など、前向きな動きが目立っているように見受けられます。この他、EV(電気自動車)関連株としては、自動車全体の電子制御で強みをもつデンソー(6902)、車載用モーターコア(モーターを構成するローターやステーターの鉄心部分)でシェア7割の三井ハイテック(6966)、自動車向けに幅広く半導体を供給するローム(6963)、高級EVで積層セラミックスの搭載増加が期待される村田製作所(6981)なども活躍が期待されます。

トヨタは災害時のニーズを受け、車両の外部給電機能の拡充を進めている。新型ミライだけではなく、20年7月に一部改良したハイブリッド車(HV)「プリウス」やプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」で外部給電機能を標準装備した。デンヨーと開発した燃料電池(FC)電源車や、ホンダと共同開発したFCバスを使う給電システム「ムービングイー」での実証にも取り組む考えだ。