ネタバレ

2021年令和3年 桜の塔 ネタバレ

2021年令和3年 桜の塔 ネタバレ

ひょんなことから出会った吉岡里帆さん演じる久遠あいこ(くおんあいこ)に漫画のネタのために疑似恋愛をさせることに。

舞台は「桜の塔」こと警視庁。そのトップに君臨する警視総監は荒牧雄彦(段田安則~紀本平八@半沢直樹)ですが、同期でもある3人の部長たちがその後釜を狙って派閥争いを繰り広げています。

【ネタばれ】『ウォーキング・デッド』救世主たちの原点がスピンオフで描かれる!?

同名コミックスが原作のハートフルラブコメディー。鈴木亮平演じる恋愛下手な少女漫画家・刈部清一郎と、“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子・久遠あいこの関係を描く。清一郎は弟の葬儀で出会ったあいこに、漫画のネタのために疑似恋愛を依頼。あいこは疑似恋愛相手と淡い恋などを展開する。

【ネタバレ】『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』シーズン22でついにステイブラーが復活!

2021年令和3年 スライム倒して300年 ネタバレ

2021年令和3年 スライム倒して300年 ネタバレ

原作第1巻にて、リナがマジックアイテムを作る描写がありましたが、そういう物語に一切関係のない魔法のちょいネタがとても楽しくて仕方がありません。こういうちょっとしたネタが、世界観をとても身近に感じさせてくれるんですよね。

森田季節先生原作のTVアニメ「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました (スライム倒して300年)」は、2021年4月10日よりAT-X / TOKYO MX / BS11 / サンテレビ / KBS京都で放送!

AFTER「「ヨルの鍵」感想 大きすぎる罪を背負った主人公 あらすじ・ネタバレ注意【ジャンプ+で無料で読める】」

さらに、本日18時より、ライカ役の本渡 楓、ファルファ役の千本木彩花による約1分のラジオ番組「スライム倒して300分、知らないうちに300分話してました」が配信スタート!

BEFORE「漫画「バスタード」はサイコパス父以上に扇の可愛さから目が離せない!ネタバレ注意【XOYで無料連載】」

2021年令和3年 ブルーピリオド 8巻 ネタバレ

2021年令和3年 ブルーピリオド 8巻 ネタバレ

実際その場面はコメディタッチで描かれていてネタ感全開です。だからこそページをめくった後にある画像のシーンが胸に迫ります。私自身も今読みながら泣きそうになってます笑。

第1巻の冒頭でピカソについて触れていて、あるコマの背景にも「青の時代」、「大ピカソ展」と描かれてるからブルーピリオドというタイトルはおそらくピカソの「青の時代」からでしょう。

ピカソの「青の時代」の絵画には、純粋さ、静けさ、あるいは憂鬱など、さまざまなイメージを喚起する「青=ブルー」が巧みにもちいられています。

ブルーピリオドのはじまりといっても過言ではない場面ですね…絶対に外せないです。ここまでは絵の道に進むかどうかの葛藤があった八虎ですが、そんな八虎がようやく家庭の経済状況など頭によぎる様々な邪念を振り切り絵の道に一歩踏み出す場面です。

とにかく山口先生の、登場人物の、関わっているスタッフや協力して絵を提供してくれている方々の熱を感じて欲しいです。この記事を通してブルーピリオドを読んで、突き動かされてくれる人が現れたら本望です。

そうなった時に相対的に価値を持ち始めるのが「強度」です。宮台氏は「強度」こそがこれからの社会における生の充実の鍵になると指摘していますが、ブルーピリオドというマンガの登場人物、特に主人公の八虎はまさに「意味」や「物語」から「強度」へと向き合おうとしているキャラクターであり、それはこの漫画の姿勢そのものであるとも言えます。

さて、このブルーピリオドにおいてはどこに置かれているのか、私は「主人公(ハ虎)」「ヒロイン的存在(龍二)」「天才(世田助)」と並べて、完全に並走関係にあると考えています。

少なくとも作者である山口先生なら意識的にやっていてもおかしくないし、そうやって読むとまた深みが出てきて面白いかなあと思います。どれくらいブルーピリオドが続くかはわかりませんが、「タバコ」はキーアイテムとしてこれからも是非注目していきたいです!

美術のことなんてさっぱりわからない男が書く感想です。
とりあえずネタバレは極力しないように漫画を読んで思ったことを簡単に。

調べたらそれっぽいのがありました。
ブルーピリオド=ピカソの青春期の陰鬱な作風の通称
でしょうか。

2021年令和3年 ブルーピリオド 7巻 ネタバレ

2021年令和3年 ブルーピリオド 7巻 ネタバレ

今回は、八虎の「受験編」が終わりいよいよ東京藝術大学での「大学編」が幕を開ける今超話題の美術マンガ『ブルーピリオド』、その第7巻の見どころ&感想記事です。

今年の大賞に選ばれたのは、山口つばさによる「月刊アフタヌーン」連載中の「ブルーピリオド」。成績優秀でスクール・カースト上位でありながら、どこか空虚な日々を送る高校生 矢口八虎が絵を描くことの楽しさに目覚め、美術大学への入学を目指すスポコン受験物語だ。

2021年令和3年 ブルーピリオド 4巻 ネタバレ

2021年令和3年 ブルーピリオド 4巻 ネタバレ

個人的な解説付きで、気になった登場人物を紹介していく。※ネタバレ含みます。

美術のことなんてさっぱりわからない男が書く感想です。
とりあえずネタバレは極力しないように漫画を読んで思ったことを簡単に。

第1巻の冒頭でピカソについて触れていて、あるコマの背景にも「青の時代」、「大ピカソ展」と描かれてるからブルーピリオドというタイトルはおそらくピカソの「青の時代」からでしょう。

調べたらそれっぽいのがありました。
ブルーピリオド=ピカソの青春期の陰鬱な作風の通称
でしょうか。

ブルーピリオドが!!!!アニメ化嬉しい!!!!!!!!!

東京都出身。東京藝術大学卒業後、2014年に月刊アフタヌーンの新人賞「四季賞」で受賞を果たし、増刊good!アフタヌーン2015年5号にて読み切り『ヌードモデル』でデビュー。2016年にアニメーション監督・新海誠氏の作品『彼女と彼女の猫』のコミカライズで初連載。『ブルーピリオド』は月刊アフタヌーン2017年8月号から連載開始。第1巻発売から注目を集め、 「マンガ大賞2019」第3位、「このマンガがすごい! 2019」(宝島社)オトコ編第4位、「みんなが喜ぶTSUTAYAコミック大賞2018ネクストブレイク部門」大賞、第2回「マンガ新聞大賞」第3位、「マンガ大賞2020」第1位、講談社漫画賞総合部門を受賞。電球が大好きでアクセサリーなど種々収集中。

ピカソの「青の時代」の絵画には、純粋さ、静けさ、あるいは憂鬱など、さまざまなイメージを喚起する「青=ブルー」が巧みにもちいられています。

隕石突撃に備えて惑星アストラに移住を決めた地球人たち。“人工ワームホール”で機材などを送り込めるため、インフラ整備なども順調にうまく進む。そんな中、地球で移住計画が全世界に発表された。人々は混乱し、移住先での領地の奪い合いの戦争を全世界が始めた。2052年からたった2ヶ月で全人類の半数が失われた。戦争を激化させたのは”人工ワームホール”。これを公表してしまったのが間違いだった。一瞬で別の場所でいけるのでテロも暗殺もやり放題である・・・。各所で小型品が作られた。

2021年令和3年 ブルーピリオド 2巻 ネタバレ

2021年令和3年 ブルーピリオド 2巻 ネタバレ

ブルーピリオド7巻ようやく届いて一気読み。すばらしかった。
私がこの先ずっと、自分の感性で自分の行動を決めて生きていけますように。
他人の意見に日和らず自分を信じ続ける事ができますように。
すでに何度も立てたそんな道標を見失いかけたら、また読む。

「ブルーピリオド」7巻読んだ。
八虎のヒリヒリした感情が伝わって、読んでるこちらも緊張して力が入った。
それにしてもコマ割の妙とちりばめられる血の通ったセリフに、いちいち心臓つかまれる。
漫画だけど映画のよう。
次巻、新展開楽しみ。

そして気になるのは、“『ブルーピリオド』は令和最新で、「zip」や「rar」「pdf」などのサイトで無料で読破することができるのか”、ということ。

東京都出身。東京藝術大学卒業後、2014年に月刊アフタヌーンの新人賞「四季賞」で受賞を果たし、増刊good!アフタヌーン2015年5号にて読み切り『ヌードモデル』でデビュー。2016年にアニメーション監督・新海誠氏の作品『彼女と彼女の猫』のコミカライズで初連載。『ブルーピリオド』は月刊アフタヌーン2017年8月号から連載開始。第1巻発売から注目を集め、 「マンガ大賞2019」第3位、「このマンガがすごい! 2019」(宝島社)オトコ編第4位、「みんなが喜ぶTSUTAYAコミック大賞2018ネクストブレイク部門」大賞、第2回「マンガ新聞大賞」第3位、「マンガ大賞2020」第1位、講談社漫画賞総合部門を受賞。電球が大好きでアクセサリーなど種々収集中。

多くの方々に人気を誇っている漫画作品『ブルーピリオド』。

2021年令和3年 黒執事最新刊 ネタバレ

2021年令和3年 黒執事最新刊 ネタバレ

現代ではないイギリスの闇を描いた作品で印象的なのは由貴香織里先生の「伯爵カイン」シリーズでしょうが、伯爵カインが耽美×後味の悪いシリアス展開だとすると、「黒執事」はハチャメチャコメディ×耽美×後味の悪いシリアス展開で、黒執事をほとんど知らなかった人(私で~す!)はこのコメディ要素でけっこうびっくりすると思います。びっくりしました。

タイタニック×ゾンビという最高のおこさまランチみたいな詰め込み方で成立しているのが不思議だけどメッチャ楽しく読めます! 黒執事はけっこうサブキャラを描くのにロングパスがあるよなと思っており、エリザベスはそれを感じるひとりです。もとからあった設定なのか、長期連載になるにしたがって変えていったのか(どちらかというと後者かな? とも思う。中盤~後者のリジーは指輪を癇癪で壊したりしなそう)はわからないですが、読者からの「なんやねんこの子…」からの「ええやないか!!!」のギャップ好きの引き出し方がうまい。

ファントムハイヴ邸での殺人事件の犯人当て。ミステリーですよ! ここから私は「黒執事ってけっこうちゃんとミステリーなんだけどなんか変な読み味のミステリーだな…」という気持ちに翻弄されることになります。

ここでやはり面白いのは、黒執事のファンタジーラインの引き方と、読者と登場人物のズレです。悪魔も死神もいる世界なら、「呪い」は存在するのか? 「ゾンビ」を生み出すのは人外なのか人間なのか? というところが完全に開示されていないので、読者は「呪い」「感染病」「毒」の3パターンを考えます。が、主要登場人物は基本的に「呪い」の一本線で考えており(この話は視点人物が中盤から知識を奪われているサリヴァンに移るのであえて一本線で考えるようになり)、真相が明かされたタイミングで「化学毒だったのか!」と登場人物が気づきます(化学毒なのかもしれない…という検討がない)。このテンポがけっこうおもしろいです。

黒執事はずっとアクセルをかけ続けられている漫画で、女王御用達をもらうためにカレーバトルをするぞ!!スパイスを探求するのじゃあ!!!という展開と19世紀末のイギリスの闇事件が同じテンションで書かれているように感じます。流れるようにギャグに移り流れるようにシリアス(ブラック)に移るという…。

ミステリ作品は多くは読者と視点人物が謎の理解度の足並みをそろえていくという展開を見せますが、黒執事の場合は「読者はだいたいわかってるけど視点人物はわかってない前提で動く」という見せ方をしています(これがけっこう独特のズレです)。また、悪魔や死神という常識外の存在がいるにもかかわらず、わりと常識的なアリバイ整理などをやっており、その辺に不思議なおかしみがあります。

超速報!!!15年分の黒執事が無料で一気に読めるチャンスです!!

実を言うと私が持っていた黒執事のイメージは1~3巻(切り裂きジャック編)がメインで、(1)コミカルタッチから入るストーリーだが、最終的には主人シエルが残酷な真実に向き合う、(2)最強執事セバスチャンの活躍を楽しむ、(3)枢先生のメチャクチャ美麗な絵を楽しむ――というものでした。このメインのイメージは30巻読んだ今も変わっていないのですが、「コミカルタッチ」が予想以上にコミカルでひっくり返ったのがカレーバトル編でした。

突然始まるうたプリやキンプリ!!ここからシエルの真実編になだれこんでいきます。シエルの真実については伏線がずっと張られていたので、わりと一般的な真相開示だと思います。その一方で青の教団編の「青の教団の目的」と「キラキラの正体」の情報開示のタイミングは面白くて、これが黒執事のテンポだ~!と思います。

この情報開示タイミングのズレって読んでいると面白くて、何が面白いのかな? とうまく言語化できないところがあったのですが、あえて言うと「セバスチャンの格を落とさず、かつ事件を早く解決させすぎてしまわないため」の展開調整によるものなのかもしれないと感じました。例えば名探偵キャラが「な、なんだってー!」をやると格が落ちてしまうため、ワトソン役がなんだってーをやります。とはいえ、証拠を読者に提示するために出していくと、「名探偵なら早く解こうよ」となってしまいます。多くのミステリではさまざまな証拠をつなぐ最後の証拠が出てきて、そこから解決編になっていくわけですが、黒執事の場合は読者への情報を提示→(タイミング的にはセバスチャンとシエルはここで真相に気付き、計画を立てる)→話の軸や視点人物をずらし、すぐに解決編に持っていかない(もうひと盛り上がり作る)→真相が明かされる、という流れにすることで、シエルとセバスチャンの格を落とさず、読者にも予想と考察の楽しさ(焦らし)を与え、お話を盛り上げるというセンスなのかな…というのが、現時点で思ったところです。

2020年令和2年 10万分の1 ネタバレ

2020年令和2年 10万分の1 ネタバレ

撮影は10月と3月に分けて撮ったので、体の動き方や使い方、どんなスピードで歩いていたのかなどを覚えていないと時間の流れがつながらなくなるので、細かい動きにも気を配りました。

まだ10代という若さで、何が原因かも分からず、10万分の1の確率で発症する病気が「なんで自分なんだろう?」と、自分を責めてしまうこともあるんだろうなと思うけど、誰も悪くないんですよね。そういうやりきれない思いは、演じていても自分の精神もやられるというか、重すぎる役どころではありました 。

旅行から帰った後、莉乃は妊娠6週目であることが判明。そして慌ただしい日々の中、結婚式への準備が進んでいきます。エコーを見た莉乃も、蓮には内緒でとある準備をしていました。
結婚式当日莉乃は手作りした赤ちゃんの肌着を蓮に見せます。しかしそれは2枚ありました。彼女のお腹の中には双子が宿っていたのです。数カ月後莉乃は無事男女の双子を出産します。
最後のシーンは数年後。海を訪れた蓮と2人の子供、そして蓮の背中にはおぶわれた莉乃の姿がありました。蓮は莉乃に優しく話しかけますが、莉乃は身体を動かすことも話すことも出来ません。蓮は子供たちに呼びかけ、彼らが遊んでいるのを見守っています。
凛と礼太と呼ばれた双子の子供たちが四つ葉のクローバーを莉乃に飾ってあげると、莉乃もかすかに微笑み返すのでした。多くのものを失いながらも大切なものを手に入れたこと、身体が動かなくても心は自由だと、莉乃が心の中で語るシーンで『10万分の1』は幕を閉じます。

次第に身体の自由が奪われ、やがて命が失われていく難病と立ち向かう莉乃と彼女を支える蓮の純愛を描いた『10万分の1』は、涙なしには読めない泣ける作品です。2人の心情が丁寧に描かれており、その心の交流は読者に大切なものを気づかせてくれるでしょう。
2020年11月27日には実写映画版が公開されます。原作では最後まで病気と向き合い、その事実を受け止めながらも、幸せを諦めない莉乃の芯ある強さが貫かれていたのが印象的でした。
映画ではどんなエンディングが莉乃と蓮を待っているのでしょうか。実写映画ならではの表現やリアリティに注目したい作品です。

卒業式を迎えクラスメイトに教室で結婚式を開いてもらった莉乃と蓮は、その後婚姻届を提出。正式に夫婦となります。それから莉乃と蓮、千紘、祥は卒業旅行で長野へ向かうことに。ホテルでは入浴の介助を蓮にしてもらい、莉乃は恥ずかしがりながらも今ある幸せを感じるのでした。
旅行の中で莉乃は自分の未来と何度となく向き合います。以前は蓮との別れを選ぼうとしたり、誰の迷惑にもならずに死んでいくことを考えていた彼女でしたが、夫となった蓮や親友たちの優しさに触れ、10年後も生きていたいと強く願うのでした。
翌日タイムカプセルを埋めた場所へ向かう4人。そこには去年莉乃と蓮が埋めたひまわりが花を咲かせていました。季節外れのひまわりを見た蓮は、花がまるで莉乃を応援しているようだと言います。
それから4人は未来の自分に向けたボイスメッセージを録音して埋めることに。莉乃は大好きなみんなと一緒に生きていくという誓いを録音するのでした。

山寺は今回、ポケモン映画に23年連続で出演。そんな山寺について、矢嶋監督は「ネタバレになっちゃうかなと思うんですが……ポケモン史上最大の◯◯だと思います。ぜひ本編を観てください」とアピールする。中川にも「令和に入って初めて聞いたかも!みたいなパワーワードでした」と言及され、山寺は「気持ちを込めてやりました。これで駄目だったら来年ないと思うので……(笑)」と冗談交じりに笑顔を見せた。さらに中川は今回初めて山寺と同時にアフレコを行ったと言い、「山寺さんの、声を発するたびに稲妻が走るようなお芝居を受けられてうれしかった」と当時を思い返した。また本来であれば、7月10日に封切りを予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて公開延期となっていた今作。矢嶋監督は「(映画は)今日の朝やっと完成しました。かなり粘らせていただいたので、ぜひ観ていただけたらと思います」とコメントし、中川は「(監督の)ポケモン愛がすごい。(公開時期が)夏から冬になっても時間がある限り作るわけですね」と感嘆した。

実写版『10万分の1』は2020年11月27日公開予定。蓮役の白濱亜嵐(しらはまあらん)と莉乃役の平祐奈(たいらゆうな)のW主演で、友人の千紘(ちひろ)役を優希美青(ゆうきみお)、その恋人の祥(しょう)役を白洲迅(しらすじん)が演じます。
実写版の公式サイトでは、2人が運命を動かしていくと書かれていますが、その結末は一体どうなるのでしょうか。原作では奇跡は起きませんでしたが、穏やかなハッピーエンドとなっていました。
この実写版では原作通りのストーリーとなるのか、それともオリジナル展開となるのか気になるところ。悲しい結末だけは避けて欲しいですね。