バイデン

2020年令和2年 バイデン 小児

2020年令和2年 バイデン 小児

ハリス氏は、「この選挙はジョー・バイデンや私のことより、はるかに大きいものです。アメリカの魂と、そのために闘おうというみんなの意欲のための選挙でした。これからやるべきことはたくさんあります。さあ始めましょう」とツイートした。

バイデン氏が当選確実となったことを受け、各国首脳が相次いで祝福のメッセージを寄せた。

またトランプ氏はバイデン氏が当選確実になる前、すべて大文字で「自分がこの選挙に大勝した!」とツイートしていた。

アイルランドのミホル・マーティン首相はツイッターで、バイデン氏を同国の「真の友人」と呼んだ。「アメリカの次期大統領を祝福したい。ジョー・バイデンさんは生涯を通じてこの国の真の友人であり、今後数年間、彼と一緒に仕事ができるのが楽しみです。事情が許せば、彼をアイルランドに喜んで迎え入れたい」。

接戦のジョージア、アリゾナ、ノースカロライナ、アラスカの各州では開票が続いており、まだ勝者が予想されていない。しかし、仮にトランプ氏がこれら全ての州で勝利しても、獲得する選挙人でバイデン氏に及ばない。

バイデン氏は、失言が多いことでも知られていて、外国を批判する内容から、大統領選挙への立候補を表明する前から「選挙戦を戦っている」とうっかり述べたものまで、さまざま。

バイデン氏の得票数はすでに、バラク・オバマ氏が2008年に記録を作った得票数6940万票を上回り、過去最多の7400万票を超えている。トランプ氏のこれまでの得票数は約7000万票超とされる。全国的な得票率は日本時間8日未明現在でバイデン氏50.6%、トランプ氏47.7%という。

BBCは、開票が終了した州の非公式の結果と、開票が続いている州の結果予想を総合して、バイデン氏が当選確実になったと判断した。

バイデン氏は2008年にも大統領選に出馬したが、早い段階で撤退した。民主党候補になることが決まったバラク・オバマ氏は同年8月23日、バイデン氏を副大統領候補に指名した。

バイデン氏が副大統領を務めたときの大統領だったバラク・オバマ氏も、ツイッターで祝福。「次期大統領のジョー・バイデンと次期ファーストレディのジル・バイデンにおめでうと言う。これほど誇らしいことはありません。そして、カマラが次期大統領に画期的な形で当選したことについて、カマラ・ハリスとダグ・エムホフにおめでとうと言う。これほど誇らしいことはありません」とコメントし、「経験したことのない状況での今回の選挙で、アメリカ人はかつてないほどの規模で投票した。すべての票を数えた時点で、バイデン次期大統領とハリス次期大統領は歴史的で決定的な勝利を収めることになる」とした。

バイデン氏は黒人層からの支持が厚いことでも知られているが、5月に、黒人の若者たちを中心に人気があるラジオ番組のインタビューで、「私とトランプのどちらを支持するか迷うようでは黒人ではない」と発言し、人種差別的だと批判された。
2019年8月には、アジア系とヒスパニック系の有権者が主催したアイオワ州での集会で、「貧しい家の子どもたちも白人の子どもたちのように輝いているし、才能を持っている」と発言し、差別的な発言だと批判を受けた。

バイデン氏にとって、今回の大統領選は3度目の挑戦だった。

バイデン氏当選確実を各社が伝えた時点で、トランプ氏はワシントン近郊のゴルフ場にいたという。

今回の大統領選は、米国内で新型コロナウイルスの感染者と死者が増え続ける中で開かれた。トランプ氏は、バイデン政権になればロックダウンが実施され、経済が落ち込むと主張。一方、バイデン氏は、現政権の感染対策が不十分なため流行が拡大したとトランプ氏を非難した。

オバマ氏とバイデン氏は正副大統領として2期8年間を務め、親しい間柄となった。バイデン氏はしばしばオバマ氏を「兄弟」と呼んでいる。

2020年令和2年 バイデン 中国

2020年令和2年 バイデン 中国

だが5日になって、トランプの再選が危うくなっていることが報じられる。AP通信は、大統領選の勝利に必要な選挙人270人のうち、バイデンが既に264人を獲得したと報道。米国内でバイデン優勢の報道が主流になったことを受けて、中国政府の姿勢にもやや変化が生じたようだ。

10月を地域別で見ると、「北海道・東北」は全店が前年同月比7.3%増で既存店が同6.6%増、「関東」は全店が同4.0%増で既存店が同3.2%増、「中部」は全店が同6.5%増で既存店が同4.4%増、「近畿」は全店が同1.7%増で既存店が同2.0%増、「中国・四国」は全店が同6.2%増で既存店が同4.2%増、「九州・沖縄」は全店が同2.7%増で既存店が同2.2%増で、全エリアで前年を上回った。9月は「九州・沖縄」のみ全店が同3.4%減、既存店が4.0%減で前年を下回っていた。

匿名のユーザーは、「バイデンが米大統領に選出されれば、中国とアメリカの関係は正常化すると確信する。北京はFor-Biden City(バイデン支持の街)だからだ」と書いていた。中国の歴代皇帝が暮らした宮殿(現在は博物館になっている)の「Forbidden City(紫禁城)」を「For-Biden City(バイデン支持の街)」ともじったシャレだ。

大統領選の前には、ある中国政府関係者も「トランプ氏の再選を願っている」と話していた。「中国に対して強硬に接することで、共産党の内部が割れ、変化が起こるかもしれない」。そんな期待を抱いていた。

J2復帰を目指す鹿児島ユナイテッド。スタジアムに行けない・・・そんな時はモバイルサイトで応援しよう!

中国政府の厳しい統制下にある中国国営メディアの編集者が11月5日、アメリカでドナルド・トランプ大統領と次期大統領の座を争うジョー・バイデン前副大統領に関するジョークをツイッターに投稿。中国政府がバイデン米大統領の誕生を期待していることを強く示唆した。

4日の時点では、中国政府は米大統領選について中立の立場を表明。中国外務省の汪文斌報道官は記者会見で、「米大統領選挙はアメリカの内政問題であり、この問題について中国としての立場はない」と述べていた。

ほかの主要メディアの編集長たちと同じように、胡もこれまで、中国の指導部が米大統領選でどちらの候補を支持しているかについては沈黙を貫いてきた。今回シェアしたツイートの主については、「頭のキレるネット民だ」と称している。

それを示す大きな動きがあった。中国共産党中央委員会が10月下旬に開いた第5回全体会議「五中全会」だ。

ただ、あらゆる異論を封じ、国を挙げて民族の優越性をあおる風潮から、「民族主義があまりに深刻」だと感じているという。いまの中国は民主主義を取り入れるどころか、「中国の特色ある社会主義」にこそ優位性がある、との自信を深めている。

中国の体制を変えて欲しいと主張する人は、この国では正直珍しい。この2人は決して反中国ではない。むしろ祖国への愛はかなり強い。

トランプが選挙当日に、民主党が「選挙を盗もうとしている」と主張して物議を醸した時には、胡はツイートで、米大統領選の投票をめぐる混乱は、中国政府にとって「ウィン・ウィン」だと示唆した。

中国が沈黙を貫くなか、有識者たちは習近平国家主席が本心ではどちらの候補を支持しているのかについて、憶測をめぐらせてきた。国際社会での影響力を増大させたい中国にとっては、支離滅裂なトランプ政権があと4年続いた方が有利だという主張もあれば、貿易や台湾をめぐる問題を考えれば、バイデンの方が融通が利くかもしれないという主張もある。

共産党機関紙人民日報系のタブロイド紙「環球時報」の胡錫進編集長は、あるツイッターユーザーの投稿のスクリーンショットをシェアした。バイデンならば、世界の2大経済大国である中国とアメリカの関係を「正常化」できる可能性がある、と指摘する内容だ。

この政府関係者はいう。「私のような考え方を持っている人は、ほとんどいない。中国人の95%は今の体制に全く疑問を持っていない。それが現実です」