パーカー

2021年令和3年 松本潤 私服 パーカー

2021年令和3年 松本潤 私服 パーカー

昨年11月にオファーを受け、当初は不安もあったという松本。’08年に『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCES』で時代劇に初挑戦した際、松本はこう吐露していた。

そんな松本を支えるのは頼れる“仲間たち”だ。

《初めに聞いた時はビックリしました。自分に大河のオファーが!? しかも誰もが知っている、あの家康を!?》
こうコメントを発表したのは、松本潤(37)。今年から嵐が活動休止に入り、各メンバーがソロとして活動するなか、メディアへの出演がなかった松本だが、驚きの吉報とともに“帰還”した。1月19日、’23年放送のNHK大河『どうする家康』で主演を務めることが発表されたのだ。

「近年、大河ドラマの視聴率が伸び悩んでいることもあって、NHKは、復活には若い世代の視聴者が必須と考えていました。そこで白羽の矢が立ったのが、『花より男子』や『99・9-刑事専門弁護士-』(ともにTBS系)といった多数の人気作に出演した松本さん。

2021年令和3年 西野七瀬 パーカー

2021年令和3年 西野七瀬 パーカー

『非売品☆元乃木坂46 西野七瀬 NHK BS 4k 8k パンフレット2種セット』は、458回の取引実績を持つlover 86 (基本火・金集中発送)さんから出品されました。アイドル/おもちゃ・ホビー・グッズの商品で、東京都から2~3日で発送されます。

この投稿にファンからは「次のバトンは誰だ!?気になる!?」「ドラマもイイ感じ」「次も見る」「ブログリレー待ってましたぁぁぁぁぁ~!」「しょうちゃんのブログ更新泣ける・・」「嬉しい!」「“頼りになるお兄さん”これからも頑張ってね」「奨之くんのブログ更新、めちゃくちゃ嬉しい!!」「感動っw」「一生懸命書いてくれてありがとう」「また更新してくれるの待ってます」「毎週金曜日に楽しみができたことが何より嬉しい!!」「緊張しながらもカッコつけちゃう奨之くんが好きです(笑)」「花魁姿の結実ちゃんもパーカー姿の奨之くんも可愛い」「“頼りになるお兄さん”・・・可愛すぎる」「頑張ってね♪」などの声が寄せられている。

客席が一体となった「乃木坂46!」コールを受けてスタートしたアンコールは「ハウス!」で幕を開け、トロッコでスタンドを周ったメンバーはそれぞれにファンとコミュニケーションをとる。1人パーカーを脱いだTシャツ姿の松井は「持ってるエネルギーを全部出したらめちゃくちゃ暑いんです!」と笑顔を弾けさせた。橋本はライブを振り返り「自分は神宮球場のライブに参加できなくて、こういう大きな規模のステージは初めてでした。一緒に神宮を越えられなかったことが遅れのように感じていたから、今日みんなと一緒に完走できてよかったです」と思いを語った。ここで数々のサプライズ発表が行われ、春に上演が予定されていた「16人のプリンシパル」が秋に延期されたこと、その代わりに乃木坂メンバー出演の新舞台の上演が決まったこと、研究生6人の正規メンバー昇格、“乃木坂46新プロジェクトメンバー1期生”の募集が行われることが明らかに。また先日卒業を発表した畠中清羅がマイクを握り「卒業発表はしましたが、私はずっと乃木坂が大好きです!」と挨拶した。アンコールも終盤に差し掛かり、新曲「命は美しい」が初披露される。センターの西野は「今回の楽曲はダンスが激しい。これからもライブではハンドマイクではなく、ヘッドセットを使って本気で踊ります」と話してキレのあるステージングを見せた。最後に歌われたのは1stシングル収録の「乃木坂の詩」。白昼に披露されたときは目立たなかった紫のペンライトの光が色濃く客席を染め上げる中、メンバーは温かなまなざしでファンを見つめて笑顔をこぼす。会場には大合唱の歌声が響き渡り、生駒は「1日ありがとう、お疲れ様! 大好きだー!!」と声を振り絞った。