ファイトマネー

2021年令和3年 メイウェザー パッキャオ ファイトマネー

2021年令和3年 メイウェザー パッキャオ ファイトマネー

マニー・パッキャオは、37歳の世界的スーパースター。現役復帰戦がラスベガスで行われたのは、現地時間11月5日で、対戦相手に選ばれたWBO世界ウェルター級王者ジェシー・バルガスを判定で破り、貫録勝ちしました。10歳下の相手をものともせず、見事に世界王座返り咲きを果たしての現役復帰を飾ったマニー・パッキャオ。

中には、「近々現役復帰する」と予測する向きもあったほどです。すると、それから半年経たないうちに、電撃復帰のニュースが全世界を駆け巡り、現役復帰予想の確かさを証明する結果となりました。マニー・パッキャオが現役復帰に踏み切った理由は、どこにあるのでしょうか?

パッキャオの次戦で1番芯食った相手ってマイキー・ガルシアだよな。

コンテンツを選んで視聴する課金制のペイパービュー(PPV)放送の売り上げも、途方もないものになることが確実だ。近年のビッグファイトのPPVの価格は60~75ドルくらいが相場だったが、この試合では過去最高の89.95ドル前後、ハイビジョン(HD)では約100ドルになると予想されている。それほどの高額もファンの購買意欲を妨げるとは思えず、入場料収入と同様、PPV売り上げも過去最高(07年のメイウェザー対デラホーヤ戦の約244万件)を更新するのは間違いない。

注目される両選手のファイトマネーがいくらになるかは、このPPVの結果次第だ。通常はPPV売上高のうち10%をテレビ局が受け取り(今回は共同で番組をつくる2局が折半)、45%はプロバイダーとなるケーブルネットワーク企業に流れる。残った45%に入場料収入、海外の放映権、グッズ売り上げなどが加えられ、そこから前座ファイト料やもろもろの経費を差し引いた金額がメーンイベントに関わる人たちの取り分になる。

しかし、会見の壇上に立ったメイウェザーは驚くほど冷静に見えた。「長い道のりだったけれど、僕たちはここにたどり着いた。5月2日は世紀の一戦だ。パッキャオは現代最高のファイターの一人。ベストとベストの戦いだよ」

「パッキャオはまさにレジェンド、称賛しなければいけない存在だよ」というジェシー・バルガスのコメントには、対戦相手へのリスペクトすら漂っています。貧しい農家に生まれ育ち、ボクサーとしては小柄。しかし、ボクシングの本場アメリカでも、トップクラスのボクサーとして巨額のファイトマネーを稼ぐまでに上り詰めたマニー・パッキャオのサクセスストーリーは特筆に値します。

もちろん、「ボクシングは自分にとっての情熱。ジムやリングでやっていたことが恋しくなった」と、マニー・パッキャオは、ボクシングへの情熱も理由として挙げています。どんな理由があるにせよ、「パックマン」の現役復帰はファンには歓迎すべきところです。

引退後も稼ぐためのビジネスチャンスも見据え、ほかの多くの元スター選手と同様に、プロモーターとしての活動を本格化する線は十分にある。パッキャオはすでに「MPプロモーションズ」という自前の会社を経営しており、3月23日にマニラでの興行を成功させたばかりだ。

そして2015年に、彼は「世紀の戦い」でフィリピンのボクシングのメガスター、マニーパッキャオを破りました-スリルをほとんど満たすことができませんでした。

ジャカルタ-ボクシングの伝説フロイドメイウェザーは2021年2月に東京での戦いでリングに戻ります。しかし、誰が挑戦され、どのルールの下でまだ不明です。

メイウェザー・パッキャオの両者が、スーパースターひしめく中量級の熾烈なサバイマルマッチを勝ち抜く中で、「一体どちらが強いのだ?」という素朴な疑問が沸き上がりましたが、「世紀の一戦」のマッチメイクは報酬配分を巡って交渉が難航。ビッグマッチのプランは浮かんでは消えを繰り返しました。2010年3月のラスベガス開催プランが合意寸前までこぎつけたものの、メイウェザーが要求したドーピング検査を、試合前日の血液検査という手法を理由にパッキャオが拒否して交渉が決裂しています。
夢の対決は実現しないまま月日は流れ、その後、パッキャオがマルケスとの4度目の対戦で衝撃的なKO負けを喫するなど、両者がボクシングキャリアの晩年を迎える中、ついに実現したのが今回のタイトルマッチというわけです。2010年の直前の交渉決裂があったため、開催予定日が近づきながらも本当に実現するのか疑念がぬぐえない世界中のボクシングファンをやきもきさせながら、ついに2015年5月1日に調印式が行われ、両者が相まみえることになりました。

マニー・パッキャオ選手の次戦は6月、または7月とされています。対戦相手の候補としては、現WBC、IBF世界ウェルター級王者のエロール・スペンス・ジュニア選手、元WBC同級王者のダニー・ガルシア選手、元WBC、IBF同級王者のショーン・ポーター選手という3人が挙げられています。

豪邸で、家族や多くの使用人に囲まれた生活を送っており、さらに議員選挙でも多大な出費を重ねたとか。当然、フィリピンの上院議員としての給与オンリーでカバーできるとは考えられません。プロモーターにとっても金のなる木であり、決して手放したくない存在であることから、マニー・パッキャオの現役復帰が実現したのでしょう。

メイウェザーは、パッキャオに勝ったポイントから約3億ドルを獲得したと考えられています。パッキャオは、歴史上最も儲かる戦いであり、6億ドル以上の収益を生み出しています。

2021年令和3年 メイウェザー ファイトマネー

2021年令和3年 メイウェザー ファイトマネー

年齢差21歳、さらにはグローブも2オンス差あったということで、本来であれば那須川に大きなアドバンテージがあるはずだったが、フロイド・メイウェザーの前ではほとんど何の意味も持たなかった。

9月12日、米ラスベガスでのボクシング世界ウエルター級タイトルマッチでアンドレ・ベルト(米国)に判定勝ちした後、無敗のボクシング5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)は公言していた通りに現役引退を発表した。デビュー以来無傷の49連勝。エキサイティングとはいえないディフェンス重視のスタイルに批判はあれど、歴史に残るボクサーであることに疑問の余地はない。輝かしい記録を残したメイウェザーは、本人が好んで使う愛称通り「史上最高のボクサー」だったのか。

ただ……。少なくとも試合直後の時点では、メイウェザーは本気でリングを離れようと心に決めているようにも思えた。

これらのチケットの大半はプロモーター、テレビ局、カジノ業者側に流れるため、一般のボクシングファンの購入はほとんど不可能に近い。著名人への「コンプリメンタリーチケット(無料券)」も今回に限っては「存在しない」と関係者が明言しており、文字通りの歴史的プラチナチケットになりそうな情勢である。

最終的なPPV売り上げは300万件以上、総興行収入は4億ドルに及ぶとの見方から、メイウェザーは1億2000万ドル、パッキャオは8000万ドル程度のファイトマネーを受け取ると予想されていた。しかし、試合決定以降の騒ぎを体感したトップランク社(パッキャオのプロモーター)のボブ・アラム氏や他の関係者は、「PPV売り上げは500万件に近づくかもしれない」と語り始めている。

「メイウェザーは史上最高の選手たちのグループには入る。しかし、ベストになるためにはモハメド・アリを乗り越えなければならない。アリこそが”スーパーナンバーワン”であり、他を引き離している」

本当にそうなった場合には、メイウェザーのファイトマネーは約1億8000万ドル、パッキャオは1億2000万ドルに達する計算になる。これらのとてつもなく巨大な数字にどれだけの現実性があるかは微妙だが、そんな概算がなされること自体、今回の試合のスケールの大きさを物語っているといえよう。

過去、5階級制覇はシュガー・レイ・レナード、トーマス・ハーンズ、6階級制覇はオスカー・デラホーヤ、マニー・パッキャオが成し遂げているが、無敗でキャリアを終えたのはメイウェザーだけ。メイウェザーは、デラホーヤとパッキャオには直接対決で勝利を収めている。

「それぞれ意見を持っているもので、誰かが間違いだなんて言うつもりはない。しかし、メイウェザーが史上最高だとは私は思わない。偉大な選手だとは思うし、おとしめようとするつもりはない。ただ、彼は多くの世界タイトルを勝ち取ったが、(挑戦に値する)すべての選手と戦うことはなかった」

米リング誌は2020年11月4日、パウンド・フォー・パウンド(PFP)のランキングを更新。WBSS(ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ)スーパー…

アントニオ・マルガリート、ポール・ウィリアムスといった難敵とは対戦せず、ミゲール・コット、シェーン・モズリーと戦ったのも彼らが全盛期を過ぎた頃。パッキャオとの「世紀の一戦」は相手が衰えた今年5月にようやく実現させ、先日のラストファイトでも過去3勝3敗と低迷していたベルトと拳を交えた。今年に入って2戦のマッチメークは、「リスク回避」がテーマだったメイウェザーのキャリア後半をある意味で象徴していたといってよい。

ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と対戦交渉が進んでいる村田諒太の次戦の噂が飛び込んできた。ソーシャル・メディア、ツイッターでエスキバ・ファルカ…

11日午前、ESPNの番組に出演したパッキャオがそんな刺激的なコメントを残していただけに、発表会見も荒れ気味になるかと思われた。パッキャオが名前を挙げたデラホーヤ、コットとはメイウェザーも対戦し、勝利を収めている。そうした選手たちと比べられて、プライドの高いメイウェザーは心中穏やかではなかったのでは……。

元世界ヘビー級王者イベンダー・ホリフィールド氏のそんな言葉は、アリ、ロビンソン、さらには他の歴史的強豪たちと、現代のスターであるメイウェザーの違いを分かりやすく指摘しているのだろう。

コンテンツを選んで視聴する課金制のペイパービュー(PPV)放送の売り上げも、途方もないものになることが確実だ。近年のビッグファイトのPPVの価格は60~75ドルくらいが相場だったが、この試合では過去最高の89.95ドル前後、ハイビジョン(HD)では約100ドルになると予想されている。それほどの高額もファンの購買意欲を妨げるとは思えず、入場料収入と同様、PPV売り上げも過去最高(07年のメイウェザー対デラホーヤ戦の約244万件)を更新するのは間違いない。