プレースタイル

2021最新 上田綺世 プレースタイル

2021最新 上田綺世 プレースタイル

大学生というと、プレーレベルに疑問符も付く人も多いと思いますが、身体能力の高さと正確無比なシュート力を誇る上田選手は別格です。

中学時に所属していたクラブであり、地元の茨城県のチームでもあります。上田自身もユースに昇格できなかったときから、いつか鹿島に入ることを目標に頑張ってきました。

思い起こせば、今から20年前の2001年。鹿島のレジェンド・柳沢敦(現ユース監督)はイタリア相手に強烈な一撃をお見舞いし、セリエA移籍を勝ち取った。果たして上田綺世は偉大な先輩と同じようなキャリアを辿れるのか…。自身の人生を左右する灼熱の夏は間近に迫っている。

憧れだった2選手と同じようにペナルティーエリア付近で能力を発揮するボックスストライカーであり、逆に上田はペナルティーエリア内のプレーであれば誰にも負けない自信を持っているようです。

ケガをしたときから本大会に出るという強い意志に変わりはないことを強調した上田。東京五輪本大会に向けて改めて責任を口にした。

U-24日本代表FW上田綺世が15日、オンラインでの取材に応じて負傷の状況について語った。

チームの勝利を第一に考え、貢献したいと話す上田選手。地元、茨城県出身として幼いころから憧れてきたアントラーズはことしで創設30周年を迎えます。この節目の年に優勝に貢献する。

今後上田もまずは特別指定選手としてJリーグデビューを目指していくと思われます。

反面、本人も中盤の組み立てに参加したり、ゲームを作るプレーは苦手と口にしています。

そして、意外なプレーを重ねて先発入りを訴え続けました。

法政大2年の上田綺世が鹿島アントラーズに内定したとの報道が2019年2月10日にありました。近いうちに鹿島から正式発表があるようです。大学2年生での内定はクラブでの大学生最速内定だそうです。

鹿島アントラーズの上田綺世(うえだあやせ)選手の活躍が話題になっていますね!

アントラーズに2021シーズン加入内定の上田綺世選手、U-22日本代表に選出されました!

脚の付け根付近の肉離れによってリハビリを続けていた上田。現在の状況については「目標に向かって順調に進んでいる」とコメント。さらに、「焦りはない」と続けた。

2021最新 長谷川唯 プレースタイル

2021最新 長谷川唯 プレースタイル

サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)は11日、パナマとの国際親善試合(東京・国立競技場)に7―0で大勝した。今年1月にイタリアに渡った24歳のMF長谷川唯(ACミラン)が技ありのループシュートやチャンスメークで大量得点に導いた。

長谷川選手のゴール前へのボールにペナルティエリアに走り込んで受けると、詰め寄ってきたGKステファニ・ラベ選手に倒されてPKを獲得。田中選手自らキッカーを務めたが、GKラベ選手にブロックされて、同点の機会を逃した。

2人のコンビネーションは、今大会でも日本の武器になるだろう。昨年から、長谷川のプレーはスケールアップした。ドリブルや周囲とのコンビネーションで相手の裏を取るプレーが増えた。また、フィジカルトレーニングに力を入れ、1対1に強くなった。今年、大学を卒業し、ベレーザでチームメートのDF清水梨紗とともにプロ契約選手になった。サッカーに集中できる時間が増え、パフォーマンスのさらなる向上が期待される。

そして、年代別代表でも着実に頭角をあらわしていった。12年のU-17女子W杯(ベスト8)で、長谷川はMVP3位に当たるブロンズボールを受賞し、優勝した14年のU-17女子W杯では準MVPに当たるシルバーボールを受賞した。3位になった16年のU-20女子W杯でも中心選手として活躍。国内リーグでは13年、16歳の時にベレーザで試合に起用されるようになり、15年からはリーグ4連覇の原動力になった。クラブと年代別代表で10年以上ともにプレーしてきたMF籾木結花とは、時々、想像もできないようなコンビネーションから点を取る。

優勝した2011年ドイツ大会、準優勝だった15年カナダ大会で一時代を築いたチームが一つのサイクルを終え、16年に新監督に就任した高倉麻子監督は、多くの選手に機会を与えて競争を促し、その中で世代交代を進めてきた。今大会で選ばれた23名の平均年齢は約23.9歳(メンバー発表時)で、全24カ国中2番目に若い。

元なでしこ永里優季が男子チームへ「男子クラブでプレーする初の女子プロ選手として歴史を作る」

必死に詰めてきた相手GK、さらには3人のDFの頭上をふわりと越した。2―0で迎えた前半32分、ゴール前でFW菅沢が競り、相手GKからこぼれたところに反応したMF長谷川は「選手が3、4人見えて、上しか空いていなかった。ゴールにパスをする感覚で打った」と、左足で鮮やかなループシュートを決めた。

FW前田大然(23)といえば、攻守に走り続ける献身的なプレースタイルが持ち味。備わったのは山梨学院高時代だ。2010年の全国高校選手権優勝に憧れて13年に入学したが、1年生の冬頃、チームの輪を乱しかねない行動を取ったことにより謹慎処分を受けた。

また、「よく聞き、よく考えてプレーする」という日頃からの心掛けも、今日の活躍を支える大事な要素だという。スポーツをする上で、当たり前のようにも思えることだが、指導者からの厳しく、高い要求に対して、他人と自分を相対的に評価するのではなく、課題をひとつずつ、着実にクリアしていくことは、想像以上に地道な作業だっただろう。

決戦へコンディションを上げるポーランド戦控え組(16枚) 7月2日の決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦する日本代表は30日午前、ベースキャンプ地のカザンで練習を行った。★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!2018W杯ロシア大会特集ペー…

カナダは2012年大会、2016年大会と2大会連続で銅メダルを獲得した強豪で、シンクレア選手をはじめ、代表戦出場数が50試合以上という国際経験豊富なメンバーが22人中15人という顔ぶれを揃えてきた。

報道されていないだけで実際には彼氏がいる可能性ももちろんありますが、どうやら今は長谷川唯選手もサッカーが恋人といった感じなのかもしれませんね!

今年1月、長谷川唯は12年間在籍したチームを離れて海を渡った。向かった先はイタリア・ミラノ。リーグ屈指の強豪、ACミランに入団した。イタリア語を学び始めたのは渡伊が決まってからで、言葉の壁は確かにあるが、サッカーという共通言語があれば問題ないと笑う。「やることは今までと変わらないと思います。楽しみながら、突き詰めるところをしっかりと。豊富な運動量と泥臭さは、プレースタイルの一つとして大事にしていくつもりです。チームのことを知り、私のことも知ってもらえるように、今は受け入れる・伝えるのバランスを意識しています」デビュー戦では後半22分に登場し、攻撃の起点として光るプレーを見せた。中でも広い視野から繰り出すパスは硬さを感じさせず、堂々たる船出を印象づけた。評価も上々だ。「海外でのプレーは長く思い描いていた夢でした。どんな状況でもチャレンジできることを証明したいです」

自身の性格について聞かれたときの長谷川の返答には、その強靭なメンタルがよく表れていた。

続いて、話は長谷川選手の高校時代へ。