2021最新 丸岡いずみ ホリプロ

映画評論家の有村昆さんとフリーアナウンサーの丸岡いずみさん夫妻が7月29日、所属事務所の「ホリプロ」を通じて協議離婚に至ったことを発表しました。
2人は同日に離婚届を提出しており、「お互いの生き方を見つめ直すために別々の道を歩むこととなりました」と離婚に至った理由を説明。2018年1月に代理母出産で誕生した第1子男子については、「かけがえのない宝ですので、今後とも協力して子育てにあたっていく所存」であるとしています。
夫婦の“私的な事”で周囲に心配をかけてしまったことに理解を求めつつ、「今後とも温かく見守って頂けましたら幸いです」とコメント。なお、離婚に関する会見の予定はないとのことです。
2人は2012年8月に結婚。有村さんを巡っては、一部週刊誌が2021年5月に一般女性とのデートを報道。コロナ禍での軽率な行動を重く受け止めたホリプロが「当面の間の芸能活動自粛」を発表し、関係者に謝罪する事態となっていました。

丸岡 いずみ(まるおか いずみ、1971年8月6日 – )は、日本のニュースキャスター、フリーアナウンサー。

2022年1月1日に営業を終了するZeppTokyo 東京・青海のライブハウス・ZeppTokyoが、2022年1月1日をもって営業を終了することが21日、明らかになった。臨海副都心パレット協議会が発表した。1999年3月の開業から約23年の歴史に幕を下ろす。【写真】シンボルでもあるパレットタウン大観覧車も営業を終了 ZeppTokyoが入居する複合施設「パレットタウン」区域の開発事..

その後、2013年7月からは、ホリプロ所属となり芸能活動を再開しています。

映画コメンテーターの有村昆さんとフリーキャスターの丸岡いずみさんが協議離婚したことを
2人が所属するホリプロが発表した。

元放送局アナウンサー・報道記者[1]で、2013年よりホリプロ所属。

丸岡さんと有村は、2012年8月に結婚。程なくして自然妊娠したものの、10週目で流産してしまった。その後、体外受精による不妊治療を始め、受精卵を子宮内に戻したところ、再度妊娠したものの、やはり流産。子宮内膜が薄いことによる「不育症」の疑いが生じたため、投薬治療を続けていたが、副作用が強かったことなどから、代理母出産を考えるようになった。丸岡さんは結婚前に東日本大震災の現地取材で「震災うつ」を患っていたことを後に告白したが、治療時は、その時に近い体調だったという。

フリーキャスターの丸岡いずみさん(49)と、映画コメンテーターの有村昆さん(45)が29日、離婚したと所属事務所を通じ発表した。
2人は「お互いの生き方を見つめ直すために別々の道を歩むこととなりました」と連名でコメント。丸岡さんは日本テレビ系の番組「情報ライブ ミヤネ屋」などに出演していた。

『FLASH』7月6日発売号表紙を飾る芳根京子(C)光文社/週刊FLASH写真◎東京祐 女優の芳根京子(24)が、6日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社)の表紙&巻頭グラビアに登場。注目作に出演し続ける人気女優が、同誌初の撮り下ろしで圧倒的な輝きを見せた。【表紙カット】デコ出しヘアで『FLASH』表紙を飾った芳根京子 2016年のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロインを務めた..

馬場ふみか photo:RYUGOSAITO(C)oriconMEinc. モデルで女優の馬場ふみかが20日、自身のインスタグラムを更新。ランジェリー姿の美ボディショットを公開した。【写真】豊満美ボディなランジェリー姿で寝転ぶ馬場ふみか 馬場は、今年3月に『PEACHJOHN』の妹ブランド『GiRLSbyPEACHJOHN』の新ミューズに就任。この日は、同ブランドのボルドー..

当初は代理母出産が普及している米国での出産を計画したものの、代理母を見付けることができず、最終的にはロシアの代理母に依頼。16年冬に凍結保存した受精卵をロシアに運び、無事、出産となり、丸岡さんは現地で夫婦そろって赤ん坊と対面した。丸岡さんは「自分たちのDNAを引き継いだ子どもがどうしても欲しかった」といい、「子どもが成長する過程でどんな状況が待っていようと、しっかり向き合っていこうと思います」と話している。