2021最新 松山英樹 ポロシャツ

療養中のウッズ、ツイッターで松山称え「日本の誇りになった。おめでとう」

※回答数合計260件。上位20位までのランキングとなっています。

松山 ガッツポーズなしに「余裕なかった」勝利の意味「日本人ができるということが分かったと思う」

悲願のメジャータイトルは、実に1344日ぶりの勝利でもある。14年の米ツアー初優勝から17年8月までに5勝を挙げたが、そこから勝利が遠かった。今年はトップ10が一度もなし。「先週まで1回もトップ10にも入っていなかったですし、優勝争いもしていなかったので。期待はしてなかった」が松山の本音だった。
苦しい時期が続いた。ここ数年はスイング面で「どこを直したらいいのか分からない」と話すほど悩みが深くなった。懸命の修正を重ねる中、18年には「一生ゴルフができない怖さ」という左手親指付け根のケガにも見舞われた。「どうしたらいいんだろう」。これまで見たことのなかった自身のアマチュア時代のスイング映像を見返し、きっかけをつかもうと必死だった。
勝利への思いは募るばかり。ロイヤルバークデールGCで行われた17年の全英オープン。チームのメンバーや先輩プロと食事に出掛けた時、気を許す仲間と話をしているうちにこらえ切れず突然涙を流したこともあった。結果を出せない自身へのふがいなさ、周囲からの期待やプレッシャー。そんな思いを胸に抱え込んで、戦い続けた4年間だった。
「勝つこと以外ない」とテーマを掲げた21年。これまでは必要な時に助言を受ける形だったスタイルを変えた。日本では数少ないTPIレベル3というレッスンプロ資格を持つ目沢秀憲氏(30)と自身初のコーチ契約した。それでも、目沢氏は「当初は私と松山選手本人の理想とズレがあった」と振り返る。
特に最近2カ月は、ショットデータや映像を見ながら2人で話し合う日々を送った。「いろんなことを一つ一つ解決してきたことが、今回の優勝につながった」と目沢氏。松山も「自分1人でやって、自分が正しいと思い過ぎていた。客観的な目を持ってもらい、正しい方向に進んでいる」と言った。一人で抱え込んでいた技術面の課題を共有できたことが、優勝争いの最中にミスをしても笑顔を見せられる精神面の強さにもつながった。
目標としていたマスターズ制覇。この1勝は確かに節目ではあるが、決してここがゴールではない。これからも変わらず貪欲に、勝利を追い求めていく。

松山は4番で3mのパーパットを沈めてしのいだ後、5番、6番とチャンスにつけながらスコアを伸ばせない展開。7番で4mを入れて、最初のバーディを奪った。

機能性重視のオールラウンドゴルフウェア
第8位のアンダーアーマーは、体にぴったりフィットするインナーウェアの先駆けとなったスポーツウェアブランド。ポロシャツのスタイルはタイト過ぎずゆったりとしていて、高い伸縮性があります。スイングのしやすさにとことんこだわった、機能性重視のゴルフウェアです。デザインとしてはポロシャツ、パンツ、キャップはいずれも単色が多く、シンプルなデザインが特徴。若いゴルファーが着れば落ち着いた雰囲気を、中高年ゴルファーが着れば若々しさが溢れるオールラウンドなゴルフウェアです。

33度を超える気温。松山のティショットは左のラフ、2打目でグリーンをとらえた。2パットでパーとした。

メダルをかけた戦いはサンデーバックナインに入った。松山英樹は前半を2バーディ、1ボギーの「35」(パー36)でプレーし、通算14アンダーで折り返した。現時点で4位タイ。

サングラスと合わせてワイルドに決める
5位はオークリーです。ロゴは頭文字の「O」をモチーフとしたシンプルなデザイン。迷彩柄のアウターやガイコツがデザインされたスカルモデルなど、ワイルドな雰囲気のゴルフウェアが印象的です。オークリーのゴルフウェアを選ぶのであれば、ぜひ一緒に購入しておきたいのがサングラス。おすすめは松山英樹プロも愛用するオークリーの「レーダーロック」で、陸上競技などでも使用されるほど高機能でカッコいいデザインとなっています。

次に重視されていたのは、見た目の好みやカラーといった「デザイン」で17%でした。
ゴルフのウェアはとてもバリエーションが豊富で、たとえばポロシャツ1つをとっても色あいであったり襟の形であったり、ボタンの数、シルエットがタイトめなのかゆったりめなのかなど、好みは人によって様々です。
既に持っているウェアと組み合わせたら似合うかどうかなど、思いを巡らせながらウェア選びをするのもゴルフの楽しみと言えるでしょう。

ゴルフウェア選びで重視する項目として、価格、サイズ、その他を合わせた割合は全体の5%でした。
ゴルフウェアの相場は、ポロシャツでだいたい5,000円から15,000円くらい、冬用のブルゾンやセーターなどは10,000円以上するものがほとんどです。また、どのウェアも標準的なサイズを取り揃えているので、サイズについてもあまり気にならないようです。

祝!松山マスターズ制覇 元相棒・進藤キャディー、よぎる眼光に「絶対勝てると信じてきた」

シンプルなカラーが生み出すすっきりとしたデザイン
第6位には、2020年にSIMドライバーが爆発的ヒットとなったテーラーメイドが入りました。「TAILORED FOR YOU」をコンセプトとして、一人ひとりにあった多様なゴルフウェアを展開しています。2018年にはレディースモデルの販売も開始。赤、黄、青というシンプルなカラーをメインに、単色ですっきりとしたスタイルに見せているのが特徴です。ボトムは腰回りがシャープに見えるノータックパンツやスコートなどが合わせやすいでしょう。

最終組のザンダー・シャウフェレ(米国)が通算18アンダー首位。14番を終えたロリー・サバティーニ(スロバキア)が16アンダー。最終組のポール・ケーシー(英国)が15アンダー。4位に松山のほか、ロリー・マキロイ(アイルランド、10ホール終了)、11ホールを終了したセップ・ストラカ(オーストリア)とキャメロン・スミス(オーストラリア)が並んでいる。

アフターゴルフを楽しむスタイリッシュな大人のゴルフウェア
J.リンドバーグは「ファッションとスポーツの融合」をテーマに掲げるゴルフウェアブランドです。ポロシャツやパンツの他、JとLのロゴをバックルにあしらったベルトも人気アイテム。また、ワイシャツやジャケットなど普段着として使えるウェアもラインナップされています。ラウンド後にお風呂で汗を流したら、スタイリッシュなJ.リンドバーグのシャツとジャケットに着替え、クラブハウスの食堂でコーヒータイムを過ごすという大人のゴルフにピッタリのブランドです。