2020年令和2年 モノリスソフト

モノリスソフトの売上高は、2006年2月期高が25億8900万円、2007年2月期が6億4900万円となっている。

▲モノリスソフトに今年新卒で入社したデザイナーが描いたイラストです。

1999年10月に産声をあげたモノリスソフトは、この度、20周年を迎えることができました。これもひとえに、協力会社や外部クリエイターなどさまざまな形でご協力・ご支援いただいている関係者の皆さま、また、共にゲームづくりに情熱を注いできた当社スタッフと彼らを日頃から支えてくださっているご家族の皆さん、そして何よりも、私たちがこれまでに送り出してきたゲームをプレイし、楽しんでくださったユーザーの皆さまのおかげと感謝しております。モノリスソフトを代表して心より御礼申し上げます。

20年前、高橋(現 取締役 高橋 哲哉)、本根(現 取締役 本根 康之)、私の3人で立ち上げたモノリスソフトも今では200人を超え、設立当初には想像もしていなかった規模にまで成長を遂げました。しかし、20年という数字は結果的に積み重なったものであり、決してそれ自体を目標としていたわけではありません。私たちが20年間変わらずに、常に目標としてきたもの、それは「もっと新しいゲームを世に送り出したい」という真っ直ぐな想いです。

おかげさまでこの度、モノリスソフトは設立20周年を迎える事が出来ました。
杉浦、本根と3人で新会社設立に奔走していたあの頃は、まさか自分達の会社が20年後にも変わりなく、むしろより大きな成長を目指して活動出来ているなどとは、夢にも思いませんでした。
これもひとえに関係各社の皆様と、設立1作目の頃からモノリスソフトを支え続けてくれたコアメンバー、その後に集ってくれた現在のスタッフ達、そしてなにより20年間、モノリスソフト作品を支え続けてくれたお客様あっての物であり、感謝に堪えません。
次の区切りは25周年…と言わず30周年を目指して、日々の物作りに励んでいきたいと思います。