リンガーハット

2021最新 内村航平 スポンサー リンガーハット

2021最新 内村航平 スポンサー リンガーハット

団体総合、個人総合、種目別の決勝進出を懸けた男子予選の種目別鉄棒に臨んだ内村航平(ジョイカル)は落下が響いて13・866点にとどまり、8位までの決勝進出を逃した。内村の専属コーチを務める佐藤寛朗…

東京五輪第2日体操男子予選(24日・有明体操競技場)体操男子の予選で個人総合で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ五輪を連覇し、今回は種目別鉄棒に絞って金メダルを目指す内村航平(ジョイカル…

外食チェーンのリンガーハット(長崎市)は12日、体操男子個人総合で五輪2連覇中の内村航平(32)=長崎県諫早市出身=との所属契約を2020年12月末で終了したと発表した。契約は21年末までだったが、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化のため継続を断念した。

体操の男子予選で内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早市出身=が鉄棒で落下して20位に終わり、種目別決勝に進めなかった…

新型コロナウイルスの経済的影響がキングを直撃した。体操男子の内村航平(32)と所属契約を結んでいた外食大手の「リンガーハット」は12日、20年12月31日で契約継続を断念したと発表。同社は「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化」を理由に挙げ、「苦渋の決断」としている。本来は21年12月末までの契約だった。

読売新聞社はスポーツを通じて日本を元気にする「元気、ニッポン!」プロジェクトを始めます。

◆東京オリンピック(五輪)ソフトボール1次リーグ米国2x-1日本(26日、横浜)日本がサヨナラ負け。27日の決勝でも対戦する米国との直接対決に敗れ、4勝1敗の2位で1次リーグを終えた。ともに4戦…

長崎出身の内村はプロ転向後の17年3月、長崎創業のリンガーハットと契約。サポートを受けて競技生活を送ってきたが、同社が昨年10月に発表した20年3~8月期の連結決算では、新型コロナウイルスの影響で69億8400万円の赤字。内村は種目別の鉄棒で東京五輪を目指しているが、巨額の赤字が契約継続を許さなかった。
内村はフェイスブックの公式アカウントで「2021年からはリンガーハットの所属ではなくなります」とし、「リンガーハットさんには、プロ転向してから4年間サポートしていただき、本当に感謝しています」とコメント。五輪代表国内選考会となる4月の全日本選手権(高崎アリーナ)に間に合うよう、新たな所属先を模索するという。
コロナの感染拡大は止まらず、首都圏に緊急事態宣言が再発令された。企業経営に追い打ちをかけ東京五輪開催への逆風も増している。個人総合で五輪連覇の内村ですら、本来の契約期間を全うできないという厳しい現実は、他のアスリートの契約にも影響を与える可能性が出てきた。

スポニチ本紙連載
カトパン突撃!!

内村は16年リオデジャネイロ五輪後に日本体操界初のプロ選手に転向し、17年3月に出身地の長崎県で創業したリンガーハットと契約を結んだ。同社は「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断ながら、継続を断念した」と説明した。

内村は16年リオデジャネイロ五輪後にプロ活動を始め、17年3月に出身地の長崎県で創業した同社と契約を結んだ。コロナ禍で同社は20年8月中間連結決算が69億8400万円の最終赤字に沈み、公式ホームページ上で「想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断」と説明。活動の支援だけでなく、東京や地元の長崎で内村が参加する体操教室を主催していただけに、「内村航平選手の想いの実現と、日本のみならず世界の舞台でのさらなるご活躍を、心よりお祈り申し上げます」と祈念した。

◆東京オリンピック(五輪)ソフトボール1次リーグ米国2x-1日本(26日、横浜)日本がサヨナラ負け。27日の決勝でも対戦する米国との直接対決に敗れ、4勝1敗の2位で1次リーグを終えた。先発の藤田…

2021最新 内村航平 リンガーハット

2021最新 内村航平 リンガーハット

2021年1月12日現在では、まだまだ体操に取り組む姿勢を示していて、「引退」の言葉はありませんが引退は近くなっていることは考えられます。

内村選手の今後について知りたいですよね。

ところで、東京オリンピックの出場はどうなるのか気になり、調べました。

同社はホームページにて「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断ながら、2020年12月31日をもって継続を断念したことをお知らせいたします」と説明。内村と同社は、2017年3月1日に所属契約を締結した。

体操男子で鉄棒に専念し、東京五輪出場を目指す内村航平(32)と、リンガーハットとの所属契約が終了したことが12日、明らかとなった。同社が発表した。

体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平(32)と所属契約を結んでいた外食チェーンのリンガーハットは12日、新型コロナウイルスの影響による業績悪化を受け、2021年末までだった契約を昨年12月末で終了したと発表した。

体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平と所属契約を結んでいた外食チェーンのリンガーハットは12日、新型コロナウイルスの影響による業績悪化を受け、2021年末までだった契約を昨年12月末で終了したと発表した。
内村は16年リオデジャネイロ五輪後に日本体操界初のプロ選手に転向し、17年3月に出身地の長崎県で創業したリンガーハットと契約を結んだ。同社は「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断ながら、継続を断念した」と説明した。
32歳の内村は故障の影響などから、種目別鉄棒に絞って東京五輪代表を目指している。

内村は16年リオデジャネイロ五輪後に日本体操界初のプロ選手に転向し、17年3月に出身地の長崎県で創業したリンガーハットと契約を結んだ。同社は「コロナ禍における想定をはるかに上回る業績悪化により、苦渋の決断ながら、継続を断念した」と説明。契約金は5年総額4億円とも報じられていた。

ですが、まだ内村航平選手は32歳です。

オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。

内村は故障の影響などから、種目別鉄棒に絞って東京五輪代表を目指している。自身のフェイスブックに「プロ転向してから今までの4年間サポートしていただき、本当に感謝しています」とつづった。

【お知らせ】新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。この度リンガーハットとの所属契約が終了し、2021年からはリンガーハットの所属ではなくなります。リンガーハットさんには、プロ転向してから今までの4年間サ…

体操選手の内村航平選手所属のリンガーハットが内村選手との契約継続を断念しました。

内村は自身のSNSで、リンガーハットに「プロ転向してから今までの4年間サポートしていただき、本当に感謝しています」と謝辞を述べ、「現在コロナの状況はとても厳しいですが、引き続き感染対策をしながら体操を頑張ってまいります」と決意を述べた。

2021最新 内村航平 リンガーハット なぜ

2021最新 内村航平 リンガーハット なぜ

<取材後記> プロは幾ら稼げるかに1つの価値がある。プロ転向した内村の取材を通じ、まず驚いたのは推定2億円以上とされる年間のスポンサー料だった。

内村はSNSで「プロ転向から今までの4年間サポートしていただき、本当に感謝している。コロナの状況はとても厳しいが、引き続き感染対策をしながら体操を頑張っていく」とコメントした。
2016年リオデジャネイロ五輪の後、内村は日本体操界初のプロ選手となり、17年3月にリンガーハットと契約。大会では同社のロゴをつけて演技していた。

リンガーハットは3月6日、プロ体操選手の内村航平選手と所属契約を締結した。

コナミを退社し、いよいよ「プロ体操選手」となった。SCJとの協議を重ねた日本協会も、サポート体制のため規約を変更して支えた。12月3日の理事会では「全面的に支援。協会とエージェント、内村選手との3者で細心の注意を払い活動を推進」という基本方針、ナショナルトレーニングセンターの全日使用許可を特例として承認した。

トークショーを終えた内村は、ほほ笑みながらプロの日々を振り返り言った。東京五輪後も続くキングの先駆者としての闘いはまだ途上。ただ、確信はある。

外食大手のリンガーハットは12日、体操男子で五輪2大会連続金メダルの内村航平(32)との所属契約を昨年限りで終了したと発表した。契約は今年末まで残っていたが、新型コロナウイルスの影響により、同社は「想定をはるかに上回る業績悪化」があったことを理由としている。

リンガーハット、株主優待を変更! 100株以上〜300 株未満の保有でもらえる優待券の額面が従来の1.5倍に なり、配当+優待利回りが1.38%⇒1.82%にアップ!

内村は、閉会後の取材対応で「(五輪を開催するかどうかについて直接は)何もできないけど、東京五輪に向けて世界にアピールする試合という機会があったので、この場で言わないと、多分届かないだろうなと思いました。僕がSNSとかで言っても(書いても)見ないと思う。こういう場を借りて、いろいろなところに発信する方が届くのかなと思った。(スピーチは)率直に、この2、3カ月で思っていたことを話しました」と、アスリートとファンが一堂に会する競技会という舞台で直接訴えた背景を明かした。
内村は、自身が感じている競技会の価値を、言葉だけでなく、アスリートらしく競技パフォーマンスでも示した。開会セレモニーで「お客さんを入れて体操をできることに喜びを感じます。さまざまな制限の中での生活は困難ですが、その中でもスポーツの試合で皆さんに夢や希望を与えることが僕たちの使命だと思っています。声を出して応援することはできないかもしれませんが、皆さんが立ち上がって歓声を上げたいくらいの演技ができれば良いと思っています」と意気込みを語ると、東京五輪出場を目指し種目別で専念している鉄棒で、H難度の大技「ブレットシュナイダー」を成功。昨年の世界選手権でアルトゥール・マリアーノ(ブラジル)が金メダル獲得時に出した14.900点を超える15.200点をマークする有言実行のパフォーマンスで観客を楽しませた。

東京五輪と言えば、国民の関心事は「開催か中止か」だが、その議論の中で置き去りにされた大事なことを訴えたのが、閉会セレモニーにおける内村のスピーチだった。内村は、大会関係者への感謝、久々の国際大会で演技ができたことの喜びを語った後、国民に向けてメッセージを送った。
「国民の皆さんが(一部ニュースによると)五輪は(開催)できないんじゃないかという気持ちが80%を超えている、というのは、少し残念に思っています。『できない』じゃなくて『どうやったらできるか』をみんなで考えて、どうにかできるように、そういう方向に考えを変えてほしいと思います。非常に大変なことであるというのは承知の上で言っていますが、国民の皆さんとアスリートが、同じ気持ちでないと、大会はできないのかなと思う。どうにかできる、なんとかできる(という)やり方は必ずあると思うので、どうか『できない』と思わないでほしいと思います」
世界が注目する大舞台で、いくつもの不可能を可能にしてきた男の言葉は、力強かった。難度の高い技を、誰もできない完成度に仕上げて披露するだけでなく、16年リオデジャネイロ五輪の男子個人総合では最終種目で大逆転の金メダルを獲得するなど、タフなメンタルも示してきた。その男の思考には、難しいから夢を諦めるという選択はないのだとあらためて知るとともに、五輪という競技会の魅力を思い出すべきだと思わされた。
選手は、世界の頂点を目指す。ライバルに勝つための高いパフォーマンスを発揮するために、日々鍛錬する。その努力の過程と結果に、見る者が刺激を受け、喝采や声援という反応となり、それがまたアスリートの気持ちを奮い立たせる。多くの競技が同時に行われることで、刺激の循環は大きく膨らみ、共有される。
この大会を欲しているのは、本来、アスリートであり、ファンである。五輪は、政治のために必要なのではない。政治とビジネスの色が濃くなる中、本来の主役であるアスリートとファンが主体性を失っているからこそ、内村の言葉は響く。どこかの政治家がやるとかやらないとか言っている、という話ではなく、スポーツが好きだから、五輪が開催されることを願い、そのために行動しようという呼びかけだ。

日本で6軒だけ! 『リンガーハット』の「myちゃんぽん」システムで超豪華な皿うどんを作ってきた!

同時に、日程面から最大何社が可能かを探る作業も進めた。契約メリットを上げるために内村を何日拘束できるかが重要。練習時間を確保し、試合1カ月前からはイベントは入れないように調整すると、日数は限られた。「私たちの仕事の一番はパフォーマンスを下げないこと。プロになって成績が落ちたらとんでもない」。ウエアも含めた検討後、5社ほどが適当となった。

普及の観点から見れば、内村の意識は全く変わった。サッカー選手はプロになり立てにメディア研修を受ける。発信力のある立場として、距離感を学ぶ。体操選手には機会はなかった。どうメディアと付き合うかも普及には重要。西塚の助言も受け、安易に答えない、避けないことを心がけた。「ちゃんと答えられていますか?」と取材後には聞くなど、メディアの活用を思案するようになった。

2015年に発覚した東洋ゴム工業(現TOYOTIRE)の免震ゴムを巡るデータ改ざん問題で、国の性能基準を満たさない免震ゴムを使用していた福岡市中央区の賃貸タワーマンション…

1センチにも満たない小さな体で、一歩また一歩。幾多の危険も顧みず、なぜ、子ガエルたちは山を登るのか―。福岡県太宰府市と筑紫野市にまたがる宝満山(829メートル)。毎年5月…

五輪金メダリストが力強く誠実に訴えたスピーチは、心に突き刺さるものだった。体操競技の内村航平(リンガーハット)が、東京五輪開催への賛同を国民に訴えた。国際体操連盟が8日、国立代々木競技場・第一体育館で国際親善大会「Friendship and Solidarity Competition(友情と絆の大会)」を開催。中国、ロシア、米国の選手を招いて4カ国男女混合の2チームでオールスター戦を展開した。
この大会は、体操界に留まらない重要な意味を持っている。今春に新型コロナウイルスが世界的にまん延して以降、日本、それも東京における国際大会の開催は初めてだからだ。この日、会場近くのJR原宿駅で開催中止を求める抗議活動が行われていたが、世界各地で感染者数が再増加の傾向にあり、東京五輪は2021年への延期が発表された後も開催が不安視されている。コロナ対策を施した国際大会を東京で開催することは、五輪開催に向けた試金石となる。
開会セレモニーでは、トーマス・バッハIOC(国際オリンピック委員会)会長のビデオレターが放映され「今後の大会、特に東京五輪の準備に向けて自信を与えてくれるものになるでしょう」とのメッセージが届けられた。小池百合子東京都知事が来場し、東京2020組織委員会の森喜朗会長が閉会セレモニーであいさつを行うなど、政治色がやや強いイベントにもなった。

2021最新 内村航平 リンガーハット 契約金

2021最新 内村航平 リンガーハット 契約金

内村は、両肩痛などの影響で鉄棒に専念し、7月開幕の東京五輪を目指し、五輪選考を兼ねる全日本選手権(4月・高崎アリーナ)から新たな所属で挑むことになる。

オリンピックで最も多くのメダルを獲得した日本人選手は?

体操男子で16年リオ五輪団体&個人総合金メダリストの内村航平(32)が17日、都内で会見し、自動車販売などを手がける「ジョイカル」と所属契約を結んだことを発表した。期間は24年3月16日まで。内村は「これまで以上に体操を広げていく活動がともにできると思う。会社の皆様、日本中の皆様、応援して下さる皆様に演技で返していくしかない」と話した。

2016年リオデジャネイロ五輪のバドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した30歳の高橋礼華は五輪延期が決まり、引退を決意。松友美佐紀(日本ユニシス)との「タカマツ」ペアで東京五輪を狙っていたが、気持ちと体が限界を迎え、2020年夏限りでラケットを置く決断に至った。昨年末には金子祐樹(日本ユニシス)と結婚したことも報告した。
バレーボール女子の2012年ロンドン五輪銅メダリストで長らく日本代表を支えた30歳の新鍋理沙も引退を決断した一人だ。延期になった東京五輪の残り1年は「とても長く感じた」という。
身長175センチと大柄ではないが、経験豊富な守備力と高確率で決めるスパイクはいぶし銀の輝きがあった。極限の緊張感で現役を続けるアスリートにとって、不安定なコロナ禍でメンタル面を維持して五輪に再挑戦することは相当な覚悟が必要ということだろう。

バドミントンの男子シングルス世界ランキング1位で26歳の桃田賢斗(NTT東日本)は2020年1月、遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれる不運に見舞われた。
2月に入って右目の眼窩底骨折が判明して手術。五輪延期と交通事故との関連性はないが、1年延期は「目と心のケア」のためにも必要な時間だったかもしれない。仮に予定通り開催されれば万全の状態に仕上げられたかは微妙だった。
2020年12月の全日本総合選手権で346日ぶりの実戦復帰を果たし、3連覇を達成。2021年1月のタイ・オープンで約1年ぶりの国際大会に臨んで強化を本格化する予定だったが、遠征直前に成田空港で受けた新型コロナのPCR検査で陽性反応を示し、新年早々に波乱の展開で桃田以外の全選手の派遣中止にもつながった。