2020年令和2年 二宮和也奥さん

櫻井、二宮のそれぞれから、嵐のメンバーに向けたメッセージを年賀状に載せて披露。櫻井は「この4人でないと見られない景色がある。何度目かわからないありがとうを。これからも何度も言えますように」との言葉を伝え、「これだけ一緒にいる人たちだから、何回『ありがとう』言ったんだろうな、これからもたくさん言えるといいな」と話した。

それを受けた二宮が「ありがとう」と応じると、櫻井は「そうそうこれ、これが欲しかった。またひとつ増えました」と笑みを浮かべた。

二宮は「撮影の途中で昼飯を食ってるときに『あー令和ってなるんだ』って見てました。撮っている時代が平成で、公開されるのは令和でというタイミングが意図せず切り替わって、嵐の活動としてもそうですが、新しいものに挑戦しているなと思いましたね」と当時の心境を語った。

Aさんは地方局のアナウンサーを経て上京後、フリーに転身。華やかなビジュアルで、地方局時代から全国にファンがいたという美人アナだ。二宮はそんなAさんと、ほとんど人目に触れることなく、静かに愛を育んできた。

もともとゲームが大好きで、インドア派の二宮だけに、デートはもっぱら自宅マンション。国民的アイドルという立場上、当然のことながら交際をオープンにできない中、2016年7月に本誌がお泊まり愛を報じ、交際が明るみに出た。Aさんの知人は当時のことをこう話す。

嵐は今年いっぱいでグループでの活動を休止する。5人はゴールに向かって全力で走り続けているが、二宮和也は特に精力を注いでいる。


二宮とAさんの出会いは2014年、Aさんがキャスターを務めていたニュース番組に、二宮がゲスト出演したことがきっかけだった。その後、ふたりはほかの番組でも顔を合わせるなどし意気投合。そのまま交際に発展した。

「彼女はずっと二宮さんとの交際を隠していた。“誰とは言えないけど有名な大物俳優とつきあっているの”などとうれしそうに話していました」

「一言が、愛になる」という2020年年賀状のキャッチフレーズについては、櫻井が「ある種、年賀状ならではなのかなと。たった2文字の『元気?』とか『久しぶり』とかだけでも心温まるのは、年賀状の温かさなのかなと思いますね」とコメント。二宮は「字を書くことで、人柄も出てくるし、文字だけじゃないなにかが伝わるのは年賀状ならではかなと。ちゃんと丁寧に書いてるひともいれば、『こいつめちゃくちゃ速く書いたんだろうな』っていうのも人柄が出ますよね」と笑いを誘った。

一方の二宮は「20年の感謝と共に、21年目も歩いて行こう!」との言葉を伝え、「一周してめちゃくちゃシンプルになりました。20年おなじ時間を共有して、その後もちゃんと一緒に行こうという思いですね」と説明。櫻井は「要するに言ってること一緒。振り返って、これからを考えると同じことになるんですよね」とほほえんだ。

イベント後に二宮は、11月12日に発表した自身の結婚について言及。「今回の結婚に関して、こういう報告ってどうしても突然になってしまうから、ファンの方には心配をかけてしまったし、他の4人のメンバーにも、もちろん前からちゃんと伝えていますけど、こういう決断をすることで色々と余波もあるだろうし、迷惑をかけてしまったことは申し訳なく思っています。ただ、これからも活動を続けていくわけで、そこは変わらず頑張っていこうという思いもあります」と心境を告白した。

嵐の二宮和也(36才)が結婚を発表した。相手は、かねてから交際が報じられていた元フリーアナウンサーのAさん(38才)で、約5年の交際期間を実らせてのゴールインとなった。