令和3年

2021年令和3年 杉咲花 性格

2021年令和3年 杉咲花 性格

映画「青くて痛くて脆い」で主演を演じられた杉咲花さん。

市川ヒロシの同名漫画を伊原六花主演で実写化。伊原は、育ちが良く真面目で高飛車な性格の委員長を、小西詠斗が問題児だが料理の才能は抜群の吉田を演じる。委員長は、これまでどんぶり飯を食べたことがなかったが、吉田が作った親子丼をきっかけにどんぶり飯の魅力に目覚め、吉田に引かれていく。脚本は池田テツヒロが手掛ける。

静岡県静岡市の出身で、所属事務所は『研音』(おちょやん出演・杉咲花さんらが所属)です。

【役柄】テルヲは、千代(杉咲花)の父親。

看板女優の千代(杉咲花)を慕う灯子ですが、やがて、座長の一平(成田凌)とただならぬ関係に・・・。

鈴を転がすような声で気持ちの良い大阪言葉が響いてくる。朝から気分が晴れやかになる声の主は、NHKの連続テレビ小説『おちょやん』で主人公・千代を演じる杉咲花だ。『おちょやん』は上方女優の浪花千栄子をモデルに、貧しい家に生まれたヒロインが女優を志し、芝居の世界に足を踏み入れる様子を描く。

【役柄】ヨシヲは千代(杉咲花)の2歳下の弟。

女優になったヒロイン・千代(杉咲花)と恋に落ち、二人は結婚します。

【役柄】
富士子は、千代(杉咲花)の先輩で、お茶子頭です。

女中奉公に来た千代(杉咲花)に、掃除・洗濯などを厳しくたたきこみます。

そんな杉咲にとって大きな転機となったのが、『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)での連続ドラマ初主演だろう。人気ドラマ『花より男子』シリーズの続編にあたる『花のち晴れ』は、当時、多くの視聴者の注目を集めた。杉咲は貧乏暮らしをバネに頑張る女子高生役を演じていたことから、逆境をパワーに代える役はすでに経験済みなのだ。そして杉咲にはこの頃から、はっきりとした物言いで竹を割ったような性格のキャラクターが実によく似合っていた。

【役柄】栗子は、千代(杉咲花)のまま母。

杉咲さんは、子役時代を経て2011年から本格的に女優活動をスタートしました。

父親ゆずりの実直で真面目な性格の西川さんは、きよしさん同様に多くの人々に愛されています。

負けん気が強い性格で、年齢が近い富士子と頻繁に言い合いをします。

2021年令和3年 杉咲花 出身

2021年令和3年 杉咲花 出身

終戦から3年、千代(杉咲花)たちは、地方で公演を続けていた。そんなとき、鶴亀の社長、大山鶴蔵(中村鴈治郎)から、道頓堀に戻ってこい、という連絡がくる。一平(成田凌)は、鶴蔵がどうして、万太郎一座ではなく、自分たちに声をかけたのか不信に思う。実は、須賀廼家万太郎(板尾創路)は、病で声を失っていた。そのことを知った、須賀廼家千之助(星田英利)は、万太郎最後の公演に助っ人として参加することにする。

同じく、「おちょやん」で、杉咲さん演じる千代と共に京都のカフェ「キネマ」に住み込みで働いている宇野真理を演じているのが吉川愛さん。

とてもかわいらしいです! ワンレンロングヘアーの杉咲花さん。

一平(成田凌)が突然、一人で暮らし始めた。そんなとき、社長の大山鶴蔵(中村鴈治郎)がやって来て、父の名前を継ぎ、二代目天海を襲名するように伝える。一平はそれを断るが、これは社命だと言う。一平が襲名をしたくない理由には、父親への恨みがあった。千代(杉咲花)は、一平の母、夕に会い、襲名を説得してもらおうと、千之助(星田英利)から居場所を聞き出す。そして、一平を連れ出し、京都に向かう。

かつて、「梶浦花」の芸名で子役として活動していた杉咲さんですが、2011年から研音に所属し、現在の芸名に。味の素「Cook Do」のCMでホイコーローを食べる少女を演じて話題になり、以降、ドラマ「夜行観覧車」(TBS系)に出演。映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016年)での演技が高く評価され、「日本アカデミー賞」の他、各映画賞で助演女優賞を受賞しました。

竹井千代(杉咲花)が出演するラジオドラマ「お父さんはお人好し」は、果物屋を営む夫婦とその十二人の子どもたちが巻き起こすホームドラマで、千代と漫才師の花車当郎(塚地武雅)が夫婦役だった。第1回の放送は大好評で、見事に女優、竹井千代は復活を遂げた。「お父さんはお人好し」の人気は上々で、千代は大家族のお母ちゃんとして人気者になっていく。一方、天海一平(成田凌)は、脚本が思うように書けず、苦しんでいた。

竹井千代(杉咲花)と天海一平(成田凌)が別れて2年が経った。一平はついに、鶴亀新喜劇で「初代桂春団治」を上演し、大成功をおさめた。しかし、二人はお互いに、再び会おうとはしなかった。そんなとき、鶴亀株式会社の熊田(西川忠志)が、千代の家にやってくる。熊田は千代に、一日だけ鶴亀新喜劇の舞台に上がってくれないかと相談する。もう一度、千代に道頓堀の舞台に上がってほしい、という熊田の願いからだった。

昭和3年、千代(杉咲花)は新しい喜劇の一座に参加するため、4年ぶりに道頓堀に戻ってきた。そこには、旧天海一座の面々や歌舞伎、新派、歌劇団などさまざまなジャンルから来た役者が集まっていた。座長に指名されたのは一平(成田凌)だった。しかし、一番の実力者である、千之助(星田英利)が参加しないことがわかると、不安を覚えた役者たちが次々と辞めると言い出す。千代は千之助を訪ね、一座に参加してくれるように頼む。

鶴亀家庭劇の初興行は大盛況のうちに幕を閉じ、次の公演はひと月後と決まった。その頃、シズ(篠原涼子)のひとり娘、みつえ(東野絢香)に縁談話が持ち上がる。千代(杉咲花)は、みつえはきっと一平(成田凌)のことを好きに違いないと思い込んでいたが、意外なことに、みつえが好きなのは福助(井上拓哉)だった。しかし、二人の母親であるシズと菊(いしのようこ)の仲の悪さは、先代からの因縁もあり、非常に根の深いものだった。

千代(杉咲花)が道頓堀からいなくなってから、1年が過ぎた。その頃、NHK大阪では、「お父さんはお人好し」というラジオドラマの企画会議が開かれていた。脚本家の長澤(生瀬勝久)は、お母さん役に全国的に有名な女優にやってもらいたいと考えていた。しかし、お父さん役の花車当郎(塚地武雅)が、竹井千代に自分の相手役をやってほしいと強く主張していた。そのため、NHK大阪のスタッフは千代を捜索することにする。

千代(杉咲花)と一平(成田凌)が参加する、鶴亀家庭劇が船出をした。しかし、それは喜劇、新派、歌舞伎、歌劇団など役者の寄せ集めだったため、それぞれの思いがバラバラのまま、初日を迎える。喜劇の経験のない役者たちで演じる芝居では、なかなか笑いがとれない。それを見ていた千之助(星田英利)は、突然段取りのないアドリブを連発し始める。そのことに、強く反発したのが、新派出身のルリ子(明日海りお)だった。

千代(杉咲花)の父、テルヲ(トータス松本)がボロボロの姿で芝居茶屋「岡安」に現れる。テルヲは千代にこれまでのことを謝りたいと言うが、千代はそれを冷たく拒絶する。それでも、テルヲは千代と一平(成田凌)の家に押しかける。そんな時、テルヲは急な腹痛に苦しむ宗助(名倉潤)を助け、病院に運び込む。シズ(篠原涼子)は、テルヲに道頓堀から出て行ってほしいと頼むが、テルヲが病で命がもう長くはないことを知ってしまう。

千代は(杉咲花)は鶴亀撮影所で映画女優の卵として再スタートした。撮影所で居場所のない千代を親切に見守ってくれていたのが、助監督の小暮(若葉竜也)だった。その頃、千代は撮影所で高城百合子(井川遥)と再会する。千代は女優としての役作りのため、小暮に仮の恋人役をしてもらえないかと頼む。しかし、なぜかその場に天海一平(成田凌)が現れる。そんなとき、百合子が相手役の俳優と一緒に失踪するという事件が起こる。

女優を目指す千代(杉咲花)は、山村千鳥(若村麻由美)の一座に入ったものの、お客の数は日に日に減っていた。清子(映美くらら)は子どもに人気の芝居をやろうと提案するが猛反対され、千鳥抜きでその芝居を行うことになる。しかし、公演直前に主役の清子が足を負傷。千代が急きょ、代役で出演することになる。千代はせりふを覚えていたものの、発声も芝居も全くだめだった。公演前日、それを見かねた千鳥が千代に演技指導を始める。

昭和20年3月13日深夜、大阪の街が大空襲に見舞われた。公演のため京都に来ていた千代(杉咲花)と一平(成田凌)は、そのことを聞き、急ぎ道頓堀に戻ってくる。そこで、福富の菊(いしのようこ)と夫の福松(岡嶋秀昭)が亡くなったことがわかる。千代と一平たちは、みつえ(東野絢香)たちと一緒に暮らすことにする。そんなとき、寛治(前田旺志郎)が突然、家庭劇を辞めて満州への慰問団に志願したいと言い出す。

2021年令和3年 杉咲花 身長

2021年令和3年 杉咲花 身長

年齢以上の活躍を見せるトップ女優・杉咲花の実年齢や出身、学歴、基本プロフィールについて見ていこう。

近頃の朝ドラのヒロインは、製作サイドから指名されるパターンが増えていて、それに選ばれたなら本物の女優といった感じにさえなってきていますが、そんな杉咲花でも、過去に朝ドラのヒロインになるためのオーディションを何度も受けたことがあるそうです。大きな期待を抱かせる小さな女優、杉咲花の横顔に迫ってみたいと思います。

母親の方はその後、女手ひとつで娘を立派に育て上げました。だから杉咲花には兄弟姉妹はいなくて、一人っ子だと早合点してしまいそうですが、実はそうではありません。

杉咲花(スギサキ ハナ) 女優。1997年10月2日生まれ、東京都出身。B型。CM『Cook Do』(味の素)に出演し、話題に。2016年に公開した映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で『第40回 日本アカデミー賞』『第41回 報知映画賞』『第59回 ブルーリボン賞』の助演女優賞をそれぞれ受賞。また、映画『無限の住人』、『メアリと魔女の花』(声の出演)でヒロインを務めたほか、映画・日本テレビ系ドラマ『妖怪人間ベム』シリーズ、映画・TBS系ドラマ『MOZU』シリーズ、映画『思い出のマーニー』、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』など映画・ドラマ・CMに多数出演している。

主人公は三姉妹の長女でしたが、その三女という大事な役どころで、物語に深く関わっていました。放映の時点でまだ18歳だった杉咲花ですが、テレビに映るその姿は、もうひとりのヒロインと思える程堂々たるものでした。

時として年齢を感じさせない妖艶な演技を見せる杉咲花。年齢的にも、実力的にも若手女優ではトップクラスの杉咲花だが、年齢を含めた基本情報は未だにベールに包まれている。

なぜならば、父親の方がまたしても再婚し、一般女性と3度目の結婚をして、その間に一男をもうけているからです。杉咲花にとって、木暮武彦は親権はないものの実の父親であることに変わりはなく、その息子は血の繋がる兄弟になるわけです。

近頃テレビドラマに映画にとひっきりなしに登場して、大忙しの杉咲花。早くも大女優の片鱗を垣間見せています。

1997年10月2日生まれの杉咲花。公式プロフィールの情報が正しいとすれば、杉咲花の年齢は現在23歳ということになる。

それで今回朝ドラの主人公に選ばれたと聞いた時は、喜びも一層大きかったとのことです。人気の出てきた若い女優が、過去に朝ドラのオーディションを何度も受けていたと話すのをよく耳にしますが、杉咲花でさえも朝ドラのヒロインになるのに強く憧れていたようで、自身今まで3度も朝ドラのオーディションを受けたことがあるそうです。

朝ドラ第103作目「おちょやん」のヒロインとして主役を演じる杉咲花も、やはり従来とは違うパターンと言えます。同じNHKの平成31/令和元(2019)年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」では、ほぼ一年を通して出演し続けて、主要な役を見事に演じていましたから、今度は朝ドラの顔として大いに頼りにされて、三顧の礼をもって迎え入れられたのかも知れません。

女優としてメキメキと頭角を現してきている杉咲花ですが、見た目は朝ドラのタイトルのように小さくて可愛らしい感じです。彼女の身長や体重はどれくらいなのでしょうか。

身長はやはり今時にしては、かなり小さいと言えますね。体重は非公開のようです。

小さな女中さんを意味する「おちょやん」。それを題した朝ドラのヒロインが杉咲花すぎさきはなです。

念願が叶ってよかったですね。おちょやんという言葉が、浪花千栄子という大女優を超えて、杉咲花の代名詞になるくらい、見応えのある作品に仕上がることを期待します。

2021年令和3年 杉咲花 リアルタイム

2021年令和3年 杉咲花 リアルタイム

おちょやんが今週で終わりなのを知らず大変動揺しながら最終回を見ましたよ 孤独と家族を描いた名作だと思うんだけど、視聴率は伸び悩んだようで残念。 人の縁の間を転がっていくように進むストーリー、描かれる複雑な心情、杉咲花ちゃんの絶妙な間、成田凌君の捉え所のなさ…素晴らしい作品でした。

最新鋭の監視システムを駆使して犯罪捜査に当たるKSBC(神奈川県警捜査分析センター)を舞台に、捜査官たちがリアルタイムで犯罪者を追跡するサイバークライムサスペンス。愛する人の命を奪われた元刑事・伏見響介(亀梨和也)と天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、科学捜査によって凶悪犯を追い詰める姿を描く。

雨瀬シオリの同名漫画を山田裕貴主演でドラマ化。ミステリアスでクールな謎多き倫理教師・高柳(山田)が自傷行為、深夜徘徊(はいかい)、いじめ、ドラッグなどシリアスな問題を抱える生徒たちに倫理と哲学の言葉を投げ掛けることで、問題に立ち向かう姿を描く。脚本はアニメ作品も手掛ける高羽彩が担当する。

からの 加護亜依 キングコング ロザン 大石昌良 テリアモン ロップモン スパガ 木村敦志 星原健太 遠藤保仁 丹羽大輝 東口順昭 オジェソク 米倉恒貴 金正也 アデミウソン 宮本恒靖 森勇人 松本翔 加藤弘堅 高橋愛 黒島結菜 健太郎 アキナ 小田さくら 杉咲花言いたいだけー。

杉咲花 成田凌との共演ラジオ最後に涙「寂しい」 最終回の「おちょやん」で夫婦役 news.yahoo.co.jp/articles/40f63… これでドラマ主演が増えるかな。

高校時代にバスケ部のキャプテンとして青春を懸けたという共通点を持つ3人の女性が、逆境を乗り越え新たな人生へと一歩踏み出していく姿を描く。山口紗弥加が主人公・香菜、財前直見がキャリアウーマンの優子、桜庭ななみがSNSの中の“キラキラ女子”茜を演じる。 高校バスケ部時代の恩師・安東役は伊武雅刀。

2021年令和3年 杉咲花 ルキア

2021年令和3年 杉咲花 ルキア

杉咲花の演技が光るこの作品。 実はこの作品、原案は漫画家の手塚治虫なのです。

宮田真衣(杉咲花)は、言葉がどちらかというと強気でドS的な女子高生なのですが、強い言葉の中の心にある本当の気持ちはとても弱くて優しい女の子なのです。

さて、咲花(杉咲花)なんですがなんとも表現豊かなお芝居をしていると思います。

杉咲花さんは人気女優として僕が一押しなのはもちろんのことですが、橋本環奈さんも言わずとしれた人気女優です。

最近では杉咲花出演映画作品もよく観ることが多くなってきました。

なので今回は、杉咲花出演映画作品をランキング形式で紹介ます。

一方の杉咲は、「原作があってもなくても、ひとつの作品に対する緊張感や思いは、自分のなかでは変わらないつもりです」と明かす。杉咲にとって重圧は“常に感じる”ものであり、その緊張感こそが芝居に力を付与しているという。ただ、アクションについては「今回のルキアは剣を握ることに慣れている役どころなので、もっと練習をしなければと思っていました」「一護とルキアの特訓シーンは本当に難しくて。『合うように調節しながらやってね』と言われるんですが、私は手順をやることに精一杯で、調節をどうすればいいかわからなくって……。何度も本気で、力づくでやってしまって、危なっかしかったです(笑)。とにかく慣れていなかったので、迷惑かけっぱなしで、何度福士さんを怪我させてしまうかと、ヒヤヒヤドキドキしっぱなしでした」といい、福士と笑顔を見合わせた。

パーフェクトワールド君といる奇跡は有賀リエによる日本のマンガです。 2018年に杉咲花主演で映画化されましたが咲花の映画初主演作となっています。

杉咲も「私もプレッシャーがありました。ルキアを演じさせてもらえる嬉しさもありましたが、それよりもドキドキのほうが大きかったです」と声をそろえる。“原作もの”を多く経験し、そのたびに一回り大きく成長し自身の糧にしてきた2人だが、今作の重圧には、やはり不安が多分に含まれる複雑な感情を抱かざるを得なかった。

そんな杉咲のひたむきな姿勢が、福士に与えた力は大きかったのだろう。福士は「『無限の住人』で共演する前から知っていましたし、共演もさせて頂きましたが、今回は一緒にいる時間がより長かったので、たくさん話して、たくさん笑いました」と話し、ほほ笑みながら慈愛に満ちた眼差しを向ける。杉咲が「いままでで一番話しましたね。私、福士さんとの共演が一番多いんです。5回くらい。でも、ここまで向き合う役は初めてでした。すごく優しくしていただいて、お世話になりました」と感謝すると、「こちらこそ。今までよりも深い話ができたし、お芝居を通じて感じる部分もありました」と応じていた。

霊が見える以外は普通の高校生・黒崎一護(福士)が、突然現れた「死神」朽木ルキア(杉咲)から「死神の力」を授けられ、人の魂を食う悪霊・虚(ホロウ)と戦うさまを描いたバトルアクション・エンタテインメント。福士は主演のオファーを受けた際を、こう振り返る。「驚きとプレッシャー。責任の重さがまずあって。でも、楽しみでした。一護という役は、それほど魅力的でした」。

杉咲「ずっと不安は抱えていましたが、スタッフさんたちも責任を背負って、私にたくさん教えてくださっていることもずっと感じていました。スタッフさんを信じ、委ねることを大事にしていくうちに、安心感が増えていきました。また、ルキアとしての感情をちゃんと理解できるか、というのも自分の課題でした。一護と過ごす時間で生まれてくるものを、全部見逃さないように。すべてのシーンを撮り終えた時に、『ちゃんと一護と向き合えていたのかな』と思うと、そこでホッとしたというか。ルキアとして過ごせてきたと感じ、不安はなくなっていました」

それもそのはず!この作品は、松永大司監督が手塚治虫の日記を参考に、「オリジナルストーリー」で脚本化されています。 手塚治虫の病床日記に着想を得たオリジナリティあるストーリーに、主演の「杉咲花」が最高に熱い演技をしているのを見ることができます。

2021年令和3年 杉咲花 両親

2021年令和3年 杉咲花 両親

2011年の中学2年生の時に、現所属事務所である研音に入所し現在の芸名である『杉咲花』で活動をはじめました。

このどちらかに通っているのではないかといわれていましたが、なんと杉咲さん本人が雑誌のインタビューにて堀越学園高校を卒業していると語っていました。

この梶浦花というのはスターダストプロモーションに所属していたときに名乗っていた芸名で、今の研音へ移ってから杉咲花という芸名に変えたのです。

母親の方はその後、女手ひとつで娘を立派に育て上げました。だから杉咲花には兄弟姉妹はいなくて、一人っ子だと早合点してしまいそうですが、実はそうではありません。

それで今回朝ドラの主人公に選ばれたと聞いた時は、喜びも一層大きかったとのことです。人気の出てきた若い女優が、過去に朝ドラのオーディションを何度も受けていたと話すのをよく耳にしますが、杉咲花でさえも朝ドラのヒロインになるのに強く憧れていたようで、自身今まで3度も朝ドラのオーディションを受けたことがあるそうです。

なぜならば、父親の方がまたしても再婚し、一般女性と3度目の結婚をして、その間に一男をもうけているからです。杉咲花にとって、木暮武彦は親権はないものの実の父親であることに変わりはなく、その息子は血の繋がる兄弟になるわけです。

そんな杉咲さんのご両親について、どちらも芸能界で活躍をする素晴らしい人だったのです。

杉咲花さんの本名について、公式では本名非公開となっています。

実は杉咲花は、過去にも朝ドラにレギュラー出演しています。それは平成26(2016)年前期放送の「とと姉ちゃん」です。

小さな女中さんを意味する「おちょやん」。それを題した朝ドラのヒロインが杉咲花すぎさきはなです。

近頃の朝ドラのヒロインは、製作サイドから指名されるパターンが増えていて、それに選ばれたなら本物の女優といった感じにさえなってきていますが、そんな杉咲花でも、過去に朝ドラのヒロインになるためのオーディションを何度も受けたことがあるそうです。大きな期待を抱かせる小さな女優、杉咲花の横顔に迫ってみたいと思います。

女優としてメキメキと頭角を現してきている杉咲花ですが、見た目は朝ドラのタイトルのように小さくて可愛らしい感じです。彼女の身長や体重はどれくらいなのでしょうか。

杉咲さんは身長152センチと小柄ですし、容姿がリスっぽいと感じてさんまさんは思わず笑い方にツッコミを入れたのかもしれませんね。

2013年に出演した『夜行観覧車』の演技が注目され、16年には朝の連続ドラマである『ととねえちゃん』で話題となった女優の杉咲花さん。

これから女優としてどんどん魅力的になること間違い無しの杉咲花さん。
両親を超える活躍を期待しています。

2021年令和3年 杉咲花 パスコ

2021年令和3年 杉咲花 パスコ

TOP > ニュース > 米・麦 > 2020 > 09 > 杉咲花さん出演CM「つれづれパン日記」シリーズ展開、敷島製パン「パスコ超熟」

発表会には杉咲さんも登場。放映開始の10月1日は「超熟の日(2018年制定。1998年10月1日が超熟の発売日)。その翌日の10月2日が杉咲さんの誕生日で、同社から超熟で作った誕生日ケーキが送られた。杉咲さんは「本当にすごく優しい世界観の、温かいCMに出演することができてうれしい気持ちでいっぱい。色々な食材のアレンジも楽しみ」とコメントした。

2021年令和3年 杉咲花 パーソナルカラー

2021年令和3年 杉咲花 パーソナルカラー

トレンドカラーは毎年変わりますが、毎日身につけるガジェットは自分に似合う色かどうかもコーディネートにおいては重要なポイントです。そのヒントになるのがパーソナルカラー診断。持って生まれた肌や瞳の色などから大きく「ブルーべース (=ブルベ) 」と「イエローベース (=イエベ) 」のどちらかに分類されます。

そんなあなたのために「ブルベ冬の芸能人の特徴」「ジャンル別のブルベ冬の芸能人100選」「パーソナルカラーの基本的な知識」などについてまとめました。

主人公のケイを演じる寺田を取り巻く妖怪役に杉咲花、大沢たかお安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大大島優子、赤楚衛二、SUMIREなど超豪華キャストが集結していることでも
話題の本作。

パーソナルカラーブルベ冬の芸能人を以下のジャンルごとにまとめました。

2021年令和3年 杉咲花 大阪弁

2021年令和3年 杉咲花 大阪弁

「あまちゃん」「スカーレット」がお気に入りだという杉咲は、「朝ドラはとてもさわやかな気持ちにさせてくれるものだと日々感じていましたので、私もがんばりたいなと思っています」とコメント。大阪での撮影の楽しみについて尋ねられると「ごはんがすごく好きなので、いろんなおいしいものを食べながら元気に撮影していこうと。好きな名物は串かつです!」と明るく答えていた。

オファーの経緯について櫻井は「まずこの企画が決まった段階で、女優さんを演じるには演技力が非常に大事だなと。杉咲さんは演技力の突出した方ですし、お芝居にチャーミングさと力強さを兼ね備えた稀有な方だと思いまして、今回ぜひにとオファーしました」と説明。過去3度ほどヒロインのオーディションを受けたという杉咲は、オファーに対する心境を「やったあ!と思いました(笑)」と素直に表現。またオファーを聞いた際には「打ち合わせにいつもは現れない“偉い人”がやって来ました」と回想。「えっ、なんだろうと思ってたら『朝ドラが決まりました』と……。早く撮影がしたいです!」と喜びたっぷりに述べた。

「おちょやん」は、上方女優の代名詞といえる存在で、「大阪のお母さん」として親しまれてきた女優の浪花千栄子さんの人生をモデルにしながらも、物語を大胆に再構築し、フィクションとして描く、103作目の朝ドラ。

「プレッシャーでびくびくしながら書いています」と笑いながら話した八津は、「どうせやるなら爪痕を残したいなと思い、『全話で1日の話にしたらどうですか? 舞台は2050年の未来都市とかどうですか?』と話してみたものの、朝ドラの歴史の壁の前にもろくも打ち砕かれました」と驚きの候補案を明かした。「紆余曲折ありましたが、喜劇女優の一代記という王道の形になりました」「書き出してからは、王道だからこそ逆にいろいろチャレンジできることがあるなと思い始めています。朝ドラは会話シーンを楽しむものだと感じていますので、杉咲さんの明るいチャーミングな話し方をイメージして書いています」と話す。

「とと姉ちゃん」での朝ドラ出演を振り返った杉咲は「高畑充希さんとはもちろん比べものにはならないのですが、セリフの量が多くて苦戦することもありました。朝ドラは大変なものなんだなと思わされましたね」と述懐。続けて「ただそれ以上にやっぱり楽しさを感じていました。これだけ長い時間、共演者の方々やスタッフの皆さんとご一緒できる機会はないと思いますので、とにかく楽しい時間を過ごしたいです」と意気込みを語り、「パワーをお届けできるような作品にしたいです」と笑顔を見せる。

NHK連続テレビ小説103作目となる「おちょやん」は、松竹新喜劇などに参加した女優・浪花千栄子を主人公のモデルにしたドラマ。本作では杉咲演じる竹井千代が、大正から昭和の戦後までの大阪で芸の道をひた走っていく姿が描かれる。脚本はドラマ「半沢直樹」「陸王」で知られる八津が担当し、演出には梛川善郎、盆子原誠らが名を連ねた。なおタイトル「おちょやん」は、茶屋や料亭などで働く“小さい女中さん”を意味する大阪弁から取られている。

杉咲花が朝ドラ「おちょやん」撮影に参加「心を込めて頑張っていきたい」

番組では、トータス松本さんのインタビュー映像も流され、トータス松本さんは杉咲さんとのメッセージのやり取りを“暴露”。東京出身の杉咲さんは、トータス松本さんとメッセージのやり取りをするときは大阪弁になるということが明かされた。トータス松本さんは、「絶対大阪弁なんですね。しゃれをきかせている感じがオシャレ」と話していた。

「第13週『一人やあらへん』は、月曜(3月1日)に番組で唯一のイケメン成田凌がヒロイン杉咲花にプロポーズするという、2人のための週でした。18・9%を記録した金曜(5日)は、成田が父の名跡を継ぐ決意をし、2代目天海天海の襲名公演でした。まさに成田の晴れ舞台。その公演では、結婚の報告までして盛り上がりました」

辛坊)いまの記事(の部分)だけではなくて、いかにこの杉咲花がすごいかと、歴代のNHKの連続テレビ小説の主人公と比べて、記事が出来上がっているので、ぜひお読みいただければ。読めば読むほど杉咲花ってすごいのねっていう、そんな感じです。

放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」でヒロイン・千代を演じている杉咲花さんが、5月7日放送の同局の朝の情報番組「あさイチ」(総合、月~金曜午前8時15分)の「プレミアムトーク」にゲスト出演。杉咲さんは、撮影現場で、千代の父・テルヲを演じたトータス松本さんからたくさんのビー玉をもらったエピソードを披露。杉咲さんは、「これはトータスさんの“裏エピソード”みたいなんです」と明かし、現場ではいつももらったビー玉を1個だけお守りとして持ち続けていたという。

また撮影現場では、杉咲さんとトータス松本さんはタメ口で会話し合うことにしていたこともインタビュー映像で明かされた。トータス松本さんは、「会うたびに『お父ちゃん』って(杉咲さんが)言っていて。『今日な、どうのこうのでな』とか話したり」と現場でのやり取りを語った。

2021年令和3年 杉咲花 おちょやん

2021年令和3年 杉咲花 おちょやん

杉咲花より以下のコメントも到着。

また、穂乃果の劇中衣裳を身にまとった杉咲花の写真も解禁。これまでシルエットとなっていたヴィジュアルも塗り替わり、松本、香川との3ショット・ヴィジュアルも解禁となった。新たなヒロインが加わり、さらにパワーアップした「チーム99.9」が、この冬、日本中を笑顔にする最高に痛快な作品を届ける。

杉咲花 おちょやんから弁護士へ 劇場版「99.9」でヒロイン役「元々拝見していた好きな作品」

「99.9」は松本潤(37)主演でTBSで2度にわたり放送された人気シリーズ。松本と香川照之(55)の名コンビによる、刑事事件を専門に扱う弁護士を題材とした物語。杉咲は司法修習を終えたばかりの新米弁護士役。16年の榮倉奈々(33)、18年の木村文乃(33)に続く3代目ヒロインとなる。
「おちょやん」では離婚を経験しどん底に落ちるも、ラジオドラマへの出演をきっかけに大阪で愛される喜劇女優を熱演。登場人物や作中キーワードがツイッターのトレンド入りを果たすなど、多くの反響を呼んでいる。
「99.9」は松本演じる超型破りな弁護士に翻弄(ほんろう)される役どころで、ビシッとスーツを着こなす超真面目なキャラクターだ。弁護士役も初挑戦。現在撮影中で、関係者によると、長年組んでいる制作チームの中へ飛び込むことに当初は緊張感もあったようだが、現場で松本が杉咲を気遣うように要所でリードすることもあるという。
出演にあたり「元々、拝見していた好きな作品で、私も現場に参加してみたいなという思いがあったので、今回お話を頂けて凄くうれしかった」と振り返る。「面白いシーンばかりで、次の展開が早く見たくなるような作品になっていると思いますので、楽しみにしていただけたら」と呼び掛けた。

杉咲自身は本作で初の弁護士役に挑戦。松本とは映画初共演、香川とは『劇場版 MOZU』以来の共演。これまでドラマでも松本演じる深山とヒロインとの絶妙な掛け合いが話題となっており、映画では果たしてどのような掛け合いが生まれるのか。そして穂乃果は斑目法律事務所にどのような影響をもたらすのか。今後発表されるストーリーからも目が離せない。

女優杉咲花(23)が今冬公開の映画「99.9―刑事専門弁護士―THE MOVIE」(監督木村ひさし)でヒロインを務めることになった。今年4月に主演のNHK連続テレビ小説「おちょやん」がクランクアップしてから今作が演技の初仕事。「おちょやん」は14日の最終回へ向け、10日からいよいよ最終週に突入したばかり。「大阪のお母さん」が令和の弁護士に“転身”する。

杉咲花 (C)ORICON NewS inc.

おちまさと氏 東京五輪の遅すぎる開催可否決定に「6月に言われてもそれは単なるご報告である」