何人

2021最新 ウルフアロン 何人

2021最新 ウルフアロン 何人

ウルフは「練習量という部分だけは誰にも負けない自信があった。接戦になればなるほど僕の持ち味が出てくると信じて戦った。僕は泥臭い柔道なので、最後まで貫いて勝つことができてよかった」と語った。

東京オリンピック(五輪)は29日、柔道男子100キロ級でウルフ・アロンが金メダル。この階級の優勝は2000年シドニー五輪の井上康生(現日本代表男子監督)以来、21年ぶり。

ウルフは東京都葛飾区出身の25歳。6歳のときに母方の祖父に勧められ、講道館の少年部(春日柔道クラブ)で柔道を始めた。高校時代に全国高校選手権、金鷲旗高校柔道大会、インターハイを制して3冠を達成した。

17年世界選手権優勝のウルフは、初戦の2回戦でムハマトカリム・フラモフ(ウズベキスタン)に浮き技で一本勝ち。準々決勝ではペテル・パルチク(イスラエル)から大内刈りで技ありを奪い優勢勝ちした。

2021最新 内村航平 子供 何人

2021最新 内村航平 子供 何人

体操男子個人金メダリスト内村航平選手の母として、また、ご自身もシニア大会で体操選手として現在も活躍。また、体操クラブ経営、指導とともにクラシックバレエの指導も。心理学を学ぶために大学へ通うなど、とにかくパワフルで元気でポジティブ!
講演では、ご自身の体験談や内村航平選手の秘話も交え、いつも元気でいる秘訣を講話いたします。軽快で元気溢れるお話にパワーをもらえます。

体操レジェンドの内村航平選手。

アスリートや応援する人にとっては不安な状況ですが、両親は言葉を詰まらせながら、念願の舞台に立つ内村 選手を少しでも近くで見守ることができたらと語りました。

内村 周子 さん 「どうなろうが受け入れるしかない、覚悟がある。そのときに選手たちをどう励まし、あきらめさせるか、今後の夢を叶えさせるか、そちらに専念する覚悟でいる」

後輩たちに寄り添った内村が望むのは「超える」より「つくる」