2021最新 しくじり先生 内村航平母

内村千穂(上谷千穂)さんは、個人総合で16位という結果でした。結果としてはいまいちな気がしますが、翌年の第64回全日本学生体操競技選手権大会で開花します!

なんと内村千穂(上谷千穂)さんは、この大会で女子個人総合で3位に入賞します!前回と比べると相当努力されたのではないでしょうか?

内村千穂さんが通っていた高校は、福井県にある鯖江高校に進学され、そこの体操部に在籍されていました。さらに鯖江体操スクールという体操の名門塾にも通っていたそうですね。

その姿勢が内村千穂さんの体操への本気具合をうかがえますね!

2015年11月2日のしくじり先生。

おさげ姿がとにかく印象的な、内村航平の母・内村周子。何かこだわりがあってこの髪型をキープしているのでしょう。

そして同時期にネットに「内村航平の嫁」画像が3枚出てきました。まずは1枚目。

さらに、個人種目別や、団体での金メダルというプレッシャーも内村航平にのし掛かかっています。それでも今年の世界選手権団体優勝は、偏食改善の効果と、「周りは関係ない」というマイペースな性格の進化の証と考えることができるでしょう。この進化を以てすれば「リオでは、もっとスゴイことが起こるかもしれない!」というのは、単なる期待論ではないかもしれませんね。

また、尋常ならざるプレッシャーに対する内村航平の”マイペース”には、単なる個人主義という要素以外にも、「楽しい体操」という演技目標があります。その理念を得たのは、何と愛読漫画「ガンバ!Fly high」なんだとか。幼い頃から体操漬けの一流選手には、どこか生真面目でストイックな印象を持ってしまいがちですが、内村航平は、なかなかポップで自由な発想の持ち主のようです。これはもしかすると母・周子の強烈キャラの賜物なのでは?もちろん天賦の才ありきですが、案外「航平LOVE」がなければ、今の内村航平もいなかったかもしれません。

ちなみに、大学別だと日本体育大学が2年連続男女アベック優勝で、男子個人総合は内村航平さんが2連覇を果たします。

昨年の結果と合わせて見ても、内村航平さん1人だけが個人総合で90点台を出して優勝しています。いや~~普通に凄すぎです!!

千葉県出身の内村千穂さんですが、本格的に体操を続けるために、体操エリート校の鯖江高校へ進学とのこと。

内村航平が現役で勝負し続ける限り、母・内村周子はどこへでも応援に駆け付けるでしょう。これからも元気にこのおさげ姿のままで応援し続けてほしいですね!

熊本の大震災の避難所へ体操の指導に訪れた内村航平の母・内村周子。この時もやはりおさげ姿。周りから痛いといわれようが、こだわりを貫き通すのはある意味すごいですね。