内村航平

2021最新 橋本大輝 内村航平

2021最新 橋本大輝 内村航平

個人種目でメダルを逃した北島康介に対し、メドレーリレーに出場した松田丈志らが発した言葉だった。体操団体の4人も、2日前に種目別鉄棒で落下し予選落ちしたキング・内村航平に思いを寄せ、同じ思いで演技したことは容易に想像できた。

体操選手にとって内村は特別な存在だった。橋本は内村を心の底から尊敬し絶対的な存在と崇めているし、北園は人生の恩人とも語っている。

2021最新 アテネオリンピック 内村航平

2021最新 アテネオリンピック 内村航平

「オリンピックは1人で行くものではなく、自分に携わるいろいろな人と一緒に行くんだという気持ちになれたんです。それで種目を絞る選択をしたんですけど、『本来こうすべきだったんだな』とやっているうちに思えた。過去の自分が邪魔をしていたと言うか、『6種目やってこそ体操』と言っていたことがかえって呪縛になっていました。やらなければいけないんだという感じになっていて……。2017年からの3年間はそうしたこだわりが邪魔をしていたし、プライドを捨てるのに勇気がいりました」

同競技における4回目の出場は、小野喬さん以来2人目。小野さんはヘルシンキ1952から東京1964まで4大会連続でオリンピックの舞台に立っており、4回目が東京という点も内村と同じだ。

このままでは東京2020大会への出場は夢物語。残された選択肢は、種目を絞るしかなかった。だが、なかなか踏ん切りがつかない。ずっとオールラウンダーとしてやってきて、「6種目やってこそ体操」というこだわりがあったからだ。それを捨て去るのは、これまでの自分と決別することを意味する。ただ、佐藤寛朗コーチから「もがいて苦しんでオリンピックに出られないより、確実に気持ち良く行けた方がいいんじゃないか」と言われ、視界が開けた。

体操男子日本代表は、「(金5、銀4を獲得した)1964年の東京を超えるような大会にしよう」という意味を込めて「Beyond 1964」というスローガンを立てた。内村自身も団体優勝を目指していたリオでは「(団体で金メダルを獲得した)アテネの冨田洋之さんの着地を超えたい」とずっと言っていたが、それが無理であることを実感した。

5人の力を結集した団体、最後の鉄棒で着地をぴたりと止め、ベルニャエフを逆転した個人総合は、それぞれリオの名場面だ。内村は東京で新たな歴史を刻むべく、静かに燃えている。

「いろいろと重なる部分があるんですよね。東京を迎える年齢も一緒(小野さんは当時33歳、内村は早生まれの32歳)ですし、鉄棒が得意。そのときは肩も痛めていたみたいで僕と同じだなと。縁があるんだと思います。ただ、4回目の出場が史上2人目で、過去にいたのはちょっと悔しい気持ちもあるんですよね。かと言って(2024年の)パリを目指すというわけではないですけど」

「何かを超えるってやはり難しいんです。1964年の東京はそのときの東京ですし、2021年の東京は今回にしか出せないものがある。だから僕は今のこのチームで新しい歴史を築くような演技や、名場面を自分たちで作っていければいいんじゃないかと思います」

体操競技の鉄棒で東京2020オリンピック出場が内定している内村航平は、大会に向けての気持ちをこう語った。もはや説明不要の体操界のキングは、迫り来る大舞台にも泰然自若としている。

内村にとって、この5年間は「初めての挫折だった」。リオまでは自分の思い描く通りに全てが順調に進んでいた。ただ、うまくいかなくなったときこそ、人間としての強さも問われる。内村は栄光を極めた過去の自分と決別し、新しい自分と向き合うことで、その挫折を乗り越えた。4大会出場することは「諦めが悪く、心の底から体操が好きな人しか到達できない領域」と語っていたが、内村というアスリートの本質も「諦めない」「心の底から体操が好き」という言葉に集約されている。

4回目の出場権は、薄氷を踏む思いで勝ち取ったものだ。約9年間続いた個人総合での連勝記録が「40」で止まったのは2017年の世界選手権。跳馬の着地で左足首を負傷し、棄権した。長く酷使してきた肉体は悲鳴を上げており、右足首を痛めた2018年は世界選手権で個人総合の出場を断念。両肩をケガしていた2019年は全日本選手権でまさかの予選落ちを喫し、2008年以降初めて日本代表から落選した。

2020年2月から鉄棒に専念し、1年かけて自身の演技を磨き上げてきた。1種目に絞ったことで体力的な負担が軽減され、演技も安定。東京2020大会の選考対象となる2021年4月からの全日本選手権、NHK杯、全日本種目別選手権では、世界でも数人しかできないH難度の「ブレットシュナイダー」や、G難度の「カッシーナ」といった離れ技を次々と決める内村の姿があった。全日本種目別選手権の予選では2017年のルール改正以降、世界最高得点となる15.766点をマークするなど、見事な演技を披露した。

「2017年から2019年の年末までは、ずっときつかったですね。この年齢で新しいケガをすると、元の体に戻すには時間が相当かかる。どれだけ頑張っても戻らなくて、練習をしないといけないのに、その練習が逆にダメージになっていました」

鉄棒に絞ったのは、痛めていた両肩への負担が少なかったことに加え、2015年の世界選手権で金メダルを獲得するなど高得点を取れる種目だったことが大きな要因だ。リオ2016大会の個人総合でも最後の鉄棒で着地をぴたりと止め、オレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)を逆転したシーンは、記憶に新しい。

2021最新 nhkスペシャル 内村航平

2021最新 nhkスペシャル 内村航平

みずからと向き合いながら“完璧な演技”を追い求め続ける内村航平。4回目のオリンピックとなる東京大会でも、その姿勢は変わらない。

社会人アメリカンフットボールのX1エリア西日本トーナメントの1回戦2試合が1日、神戸市王子スタジアムで行われ、みらいふ福岡が34-20でアズワンを破って決勝進出を果たした…

美しい演技を支えてきた圧倒的な練習量に限界が見え、30歳で迎えた2019年の全日本選手権では予選敗退を味わった。本来の演技とはほど遠い内容で、鉄棒の着地ではひざをついた。

内村の直前に前田楓丞(順大)が15・300点のハイスコアを出し、観客がどよめいた。会場は異様な空気に包まれたが、「自分のやることに集中していたので、関係なかった」とさらなる高得点で、“キング”の貫禄を示した。

2006年1月に始まった、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー。プロフェッショナルな人々の姿を通じて、仕事の奥深さや働くことの醍醐味を伝えていく。ナレーターは橋本さとしと貫地谷しほり。

思えば、2つの金メダルを獲得した2016年のリオデジャネイロオリンピックの後、内村の体操は試練の連続だった。「日本で開かれるオリンピックに絶対に出たい」と東京オリンピック出場を目標に掲げながら、2017年の世界選手権では、左足首を負傷し、個人総合の連勝が40で止まった。慢性的な肩の痛みから満足に練習できなくなった。

4月から続いた体操の東京オリンピック代表選考会。6日に行われた全日本種目別選手権 決勝、その最後の種目となった鉄棒で、内村は最後の演技者だった。前日の予選でほぼ完璧な演技を見せた内村。同じようにこの日も演技をこなせば、代表内定は確実といえる状況になっていた。

プロ野球の日本一を決める日本シリーズは22日、京セラドーム大阪で行われた第2戦でソフトバンクが巨人に13-2で大勝し、2連勝を飾った。ソフトバンクは2018年の第3戦から…

2021最新 nhk プロフェッショナル 内村航平

2021最新 nhk プロフェッショナル 内村航平

2006年1月に始まった、さまざまな分野の第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー。プロフェッショナルな人々の姿を通じて、仕事の奥深さや働くことの醍醐味を伝えていく。ナレーターは橋本さとしと貫地谷しほり。

オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。

小倉智昭に密着する。2021年3月、小倉が22年司会を務め、同一司会者による情報番組として日本一の放送回数を誇る長寿番組が終了。小倉は鋭いトークで長年視聴率トップを独走したが、近年は一転して「老害」とまで言われるようになった。小倉が引き際で見せた、意地と未練が入り交じる複雑な胸の内が明らかになる。

東京オリンピック、体操は男子予選が行われ、種目別の鉄棒で金メダルの期待がかかった内村航平選手は、鉄棒で落下して、決勝進出はなりませんでした。

4年前から僕が思い描いていたビジョン。それは、プロという選択です。自分にしかできないことを実現したいという強い思いから、日本で最初のプロ体操選手として活動していくことを決めました。これから4年後の大会に向けて全力で競技力の向上を図りながら、現役のいまだからこそできることがあると考え、このタイミングで新しい領域へ踏み出します。僕がプロになり露出機会が増えれば、子どもたちをはじめ、より多くの方に体操の楽しさ、素晴らしさを知ってもらえる。そして、次の世代に世界トップレベルの日本の体操を伝えたい。そのためには、この活動を通じて広い視野を持ち、僕自身も体操への知識を深めるとともに競技者としてさらに成長したいと思っています。自分にしかできないこと。その目的を実現するために。これからも応援よろしくおねがいします。

体操男子の日本代表、内村航平選手。今回が4回目のオリンピックで、東京では3大会連続の金メダル獲得がかかります。「最大の目標はメダルの色ではない」という王者が目指すものとは…。

2021年7月期のTBS日曜劇場枠で『TOKYOMER~走る緊急救命室~』が放送されることがわかった。鈴木亮平が日曜劇場初主演を努め、大事故や事件に巻き込まれ命の危機に瀕する重篤患者を救うため、自らの…

これは、最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆け付け、負傷者にいち早く救命処置を施す救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」(東京モバイル・エージェンシー・ルーム)の活躍を描くドラマです。

オリンピックで二連覇を成し遂げた内村航平は、「ここから先は落ちるしかない」という葛藤と戦っていました。ここで守りに入ってしまってはいけないという思いから、敢えて高難度の新技に挑んでいるのだそうです。自分を変えるきっかけにしたかったのだそうです。そして、ついに新技を完成させました。それでも、内村航平は「蹴上がりを初めて成功させた時の達成感には及ばない」と言います。

2021年3月8日に公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の総監督・庵野秀明に4年にわたって独占密着。これまで長期取材が許されなかった庵野の制作現場を初めて余すところなく記録した。巨匠・宮崎駿をして「庵野は血を流しながら映画を作る」と言わしめるその現場で何が起きていたのか、稀代のクリエイターの実像に迫る。

第一線で活躍中の一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリー。今回は、「好きな芸人ランキング」で3連覇のお笑い芸人・サンドウィッチマンに半年間密着。互いを救い合った貧乏時代のエピソードや、二人が心に秘めた「笑いの流儀」が明らかに。また、コント特番やライブの舞台裏にも潜入する。

内村航平は、密かに鉄棒の新技「ブレットシュナイダー」に挑み始めていました。この技は、勢いよく上に飛び出して空中で1回転する間に2回ひねりを加えるという凄い技なんです。その練習風景は、H難度という難しさをまざまざと見せつけるように何度も何度も失敗を繰り返していました。難しいだけでなく、危険も伴う命がけの練習のようにも見えました。

>> プロフェッショナル仕事の流儀の再放送・見逃した動画を見る方法はコチラ!

2020年3月にこの世を去ったコメディアン・志村けんさん。「変なおじさん」「バカ殿様」など誰もが知る名物キャラクターを生み出し、国民的コメディアンにまで上り詰めたが、晩年になっても新しい挑戦をやめることはなかった。関係者の証言とNHKに残された貴重な秘蔵映像から、人生を笑いに捧げた男の流儀を探る。

内村航平にとってプロフェッショナルとは「愛」だと言います。体操をやっていて辛いことばかりですが、体操のいい所も悪い所も含めて大好き、いや、それ以上なんだそうです。だから、「愛」なんですね。

2021最新 ジョイカルジャパン 内村航平

2021最新 ジョイカルジャパン 内村航平

新しい車の乗り方を提案する株式会社ジョイカルジャパン(本社:東京都品川区/代表取締役CEO 中村 靖弘)は、2017年6月よりスポンサー契約を結んでおりますプロ体操選手の内村航平選手と、この度2021年3月17日より2024年3月16日までの3年間の所属契約を締結いたします。

体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平と自動車整備や販売を手掛けるジョイカルジャパンが17日、3年間の所属契約を結んだことを発表した。所属名は「ジョイカル」となる。同社とは、これまでもスポンサー契約を結んでいた。
オンラインで記者会見した内村は「これまで以上に体操を広げていく活動が、ともにできるんじゃないかと思っている」と笑顔を交えて話した。
32歳の内村は2016年リオデジャネイロ五輪後に日本体操界初のプロ選手に転向。17年に外食チェーンのリンガーハットと21年末までの契約を結んだが、コロナの影響による業績悪化を受けて昨年12月末で契約が終了していた。

選考方法は、日本協会が19年世界選手権から全日本種目別までの8大会で、海外選手、団体代表4人らの得点を対象にした独自の世界ランキングを作成。全日本種目別後に同ランキング突破者の順位ごとにポイントを与え、5試合の総合ポイントで競う。1位かつ0・2点差以上は40点、1位は30点、2位は20点と続く。

オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合10連覇、全日本選手権個人総合でも10連覇を達成。

中村氏は所属契約以前の、CM撮影で内村に驚かされたことがあった。撮影日を調整した際、提示されたのはなんと半年以上も先。「内村選手は試合のために全部逆算している。『今日は何をする』と細かに計画を立てていた。感動し、この人と関わっていきたい」と胸を打たれ、所属先に名乗りを上げて3年契約に至った。

個人総合五輪2連覇で、鉄棒に専念した内村航平(32)=ジョイカル=が、日本体操界では小野喬以来史上2人目の4大会連続五輪出場を決めた。決勝は15・100点で2位も、日本協会が定める選考基準で、一騎打ちとなっていた跳馬の米倉英信(24)=徳洲会=を上回り、約1か月半にわたる選考レースを制した。男子団体の残り2枠は北園丈琉(18)=徳洲会=と、5月のNHK杯3位の谷川航(24)=セントラルスポーツ=が初の五輪代表に決まり、16年リオデジャネイロ五輪金メダルメンバーは入らなかった。

【スポンサー契約】株式会社ジョイカルジャパンと所属契約を締結致しました。コロナ禍で大変な状況でサポート頂けることに感謝しています。今後もジョイカルさんと共に頑張っていきます!応援よろしくお願い致します!

20年12月、コロナ禍でリンガーハットとの所属が終了。内村は「どの業界もすごく大変」と理解しつつも、プロとして厳しい現実を突きつけられた。その後、8社ほど問い合わせがあり、重要視したのは「同じ思いで一緒に先を目指したい」。そんな中、17年からスポンサー契約していたジョイカルジャパンの中村靖弘代表取締役CEOが動いた。

21年3月17日、内村は新たなプロ人生をスタートさせた。自動車販売などを手がける「ジョイカルジャパン」と所属契約を締結。ユニホームの胸元には、王冠をかぶった同社のキャラクターが描かれている。内村は「『キング』と呼ばれているので共通点を感じる」とうれしそうに笑った。

4年前から僕が思い描いていたビジョン。それは、プロという選択です。自分にしかできないことを実現したいという強い思いから、日本で最初のプロ体操選手として活動していくことを決めました。これから4年後の大会に向けて全力で競技力の向上を図りながら、現役のいまだからこそできることがあると考え、このタイミングで新しい領域へ踏み出します。僕がプロになり露出機会が増えれば、子どもたちをはじめ、より多くの方に体操の楽しさ、素晴らしさを知ってもらえる。そして、次の世代に世界トップレベルの日本の体操を伝えたい。そのためには、この活動を通じて広い視野を持ち、僕自身も体操への知識を深めるとともに競技者としてさらに成長したいと思っています。自分にしかできないこと。その目的を実現するために。これからも応援よろしくおねがいします。

実は中村氏も小3から高3まで体操選手だった。高校時代は県大会で上位に入る実力者で、体操への未練もあった。そして「自分の人生の中で体操を普及していきたい」という夢もあった。内村がプロになった一番の理由も「体操を広めたい」。2人の思いが切り開いた五輪への扉だった。

2021最新 リオオリンピック 内村航平 金

2021最新 リオオリンピック 内村航平 金

新たに内村航平が求めるもの 「いろいろな人に影響を与えられる選手になる」

リオ五輪体操男子日本代表の内村航平選手、加藤凌平選手、田中佑典選手、山室光史選手が1日、東京都内で行われた所属するコナミスポーツクラブの「リオデジャネイロオリンピック壮行会」に出席。内村選手は同五輪での団体金メダルを目標に掲げ、「ミスのない演技を心掛けて、団体金メダルを日本に持って帰ってきたい」と力強く語った。

◆東京オリンピック(五輪)フェンシング男子フルーレ(26日、千葉・幕張メッセ)フェンシング男子フルーレで敷根崇裕(ネクサス)=大分市出身=は4位となり、同種目で2008年…

今回で3度目の五輪出場となる内村選手は、「ずっとこの目標を言い続けてきて昨年の世界選手権では取ることができたけれど、オリンピックでは団体金を取ったことがなく、オリンピックは世界選手権と違って(代表選手は)5人でさらに過酷な状況で戦わなければいけないが、5人中4人がコナミの選手で、日本代表というよりは“チームコナミ”として戦えるので、いつもどおり自分たちの実力を発揮できれば、団体金メダルはそんなに難しくないことだと思っている」と自信を見せた。

三宅は2012年ロンドンの銀、2019年リオデジャネイロの銅に続く3大会連続のメダル獲得を目指し、父・義行さんと二人三脚で競技を続けてきた。義行さんは1968年メキシコ大会の銅メダリスト。

加藤選手、田中選手、山室選手も同じく「団体金メダル」を目標に掲げ、加藤選手は「ずっと(内村)航平さんと代表をやってきて、航平さんの団体金に対する(思いの)強さを知って、僕も一緒に頑張ろうという気持ちになっている。世界選手権では金を取ったけど、オリンピックではまだ獲得できてないので、この“チームコナミ”の力をしっかりとオリンピックの舞台でも出して、金メダルを獲得したい」と意気込んだ。

男子個人総合で五輪2連覇中の内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早市出身=が種目別鉄棒で4大会連続の五輪出場を決めた。この日の決勝で15・100で2位。選考対象の3大会、計5演技を終え、日本協会が定めた基準をクリアした選手の中でトップに立った。

予選1位の体操男子団体、若い力で連覇狙う 内村航平「主役は彼ら」

壮行会には、同じく同社水泳競技部所属でリオ五輪に出場する競泳の藤井拓郎選手、水泳オープンウオーターの貴田裕美選手も出席した。

水谷隼、金メダル歓喜のハグも美誠が拒否?「つらかった」

「北京からロンドン、ロンドンからリオ、リオから東京でいうと、リオから今までが一番たいへんです。まだ終わってないですけど、これだけキャリアを積んでうまくいかないなって言うのは、今までの競技人生ではなかった。今までオリンピックで良い思いをし過ぎた。ここに来てツケが回ってきているのかなと思います」

◆東京オリンピック(五輪)カヌースラローム・男子カナディアンシングル決勝(26日、カヌー・スラロームセンター)リオデジャネイロ五輪銅メダルの羽根田卓也(ミキハウス)は10…

<内村航平選手 コメント>アスリートは、毎日練習し、翌日に疲労を残さずに次の日も同じように練習に取り組むことが求められます。私は3歳から体操競技を続けてきましたが、歳を重ねるにつれ、コンディション管理と向き合う中で特に「睡眠」に気を遣うようになりました。寝具は毎日使う物です。その毎日使う寝具で良い睡眠を取り、自分の身体のコンディションを維持することで日々安心して競技が続けられています。今回のご縁を大切にしながら引き続き頑張って参ります。

今年は4月の日本選手権をはじめ、東京オリンピックの出場権をかけて戦うことになる。両肩は強度の高い練習ではまだ痛みが出るが、6種目すべての演技ができるように調整を続けている。それはもちろん東京オリンピックに出場して金メダルに挑戦するためだが、内村はメダルだけではなく違う何かを求めている。

2021最新 羽生結弦 内村航平 動画

2021最新 羽生結弦 内村航平 動画

19歳で出場した2008年北京五輪の個人総合で銀メダル。同種目で12年ロンドン、16年リオデジャネイロ両大会を含む世界大会を8連覇した。団体との2冠も達成したリオ五輪後に体操界初のプロに転向した後は相次ぐ故障に見舞われた。特に両肩痛に苦しみ、20年2月、「6種目やってこそ体操」の信念を捨てて鉄棒への専念を決めた。

上下軸で横に回る。体操では「ひねり」となり、フィギュアではジャンプの「回転」。体操で「ひねり」が最も多いのは、床運動で白井健三の名がつく「シライ/ニュエン」(後方伸身宙返り4回ひねり)。内村は羽生が挑んでいる4回転半に、尊敬の念と期待を込めた。
「体操より、ひねってますから。ありえないっすよね。でも、羽生君なら、僕はできると思っている。成功したら、めっちゃ見てみたいな」
羽生は3月28日に気になる言葉を残している。「アクセルを練習していく中で“ああ、跳べないな”とか絶望感を味わった時に、どうやって乗り越えていくか。どうやって自分に頑張っているっていう報酬を与えてあげるか」。4回転半に挑み続ける、オフを見据えてのコメントだった。
鉄棒に専念した内村は、30歳を過ぎてH難度「ブレトシュナイダー」を習得した。その過程は、いばらの道だったのではないか。先の羽生の言葉を聞いた内村は、少し考えてから口を開いた。
「できない方が面白いんすよね、自分。欲しいものを実際に買ったら“う~ん”ってなることってあるじゃないですか。買うまでが楽しい、みたいな」
長いキャリアで、いざ手にすると想定より魅力に欠けた技があったのだろう。では、執念を燃やした「ブレトシュナイダー」は。
「ブレトシュナイダーはできるようになったら、めっちゃうれしかったですよ。うん、めっちゃうれしかったな」
内村は過去、羽生について「こうした方がいい、とかは思わない」と話した。アドバイスではなく、シンプルに自らの経験を口にする。そこには羽生にとって、何かのヒントが存在しているのかもしれない。
内村は「ブレトシュナイダー」を決めた全日本選手権で高得点を連発し、代表選考を好発進した。羽生は世界国別対抗戦でシーズンを締めくくり、4回転半の実戦投入を見据えて、また汗を流す。「ケガには気をつけてほしいですね」と内村。それぞれの究極の目標へ。「夏の王」と「冬の王」の情熱は交錯しながら、季節は巡っていく。
▽内村とブレトシュナイダー 個人総合を戦っていた18年から本格的に練習に取り組んできた。実戦で初めて披露したのは鉄棒に専念してから初実戦だった20年9月の全日本シニア選手権。この試合を含め、今月の全日本選手権まで6連続で成功している。
▽羽生と4回転半 連覇を達成した平昌五輪以降、成功に意欲を燃やしてきた。19年12月のGPファイナル(トリノ)の公式練習で挑戦して3度転倒。今月の世界国別対抗戦(大阪)のエキシビション練習では6度転倒したが、練習に挑む姿を国内で初めて披露した。

社会人アメリカンフットボールのX1エリア西日本トーナメントの1回戦2試合が1日、神戸市王子スタジアムで行われ、みらいふ福岡が34-20でアズワンを破って決勝進出を果たした…

Copyright © 2021 西日本新聞社 無断転載を禁じます。

フィギュアスケート・ペアのソチ五輪代表・高橋成美さん(29)と、その恩師でコーチの都築章一郎さん(83)が対談した。高橋さんは小学生の頃、3学年下の羽生結弦(26)とともに仙台市のスケート教室で都築さんの指導を受けた経験がある。当時の羽生の印象や思い出、また指導者に必要なことを語り合った。

◆東京オリンピック(五輪)フェンシング男子フルーレ(26日、千葉・幕張メッセ)フェンシング男子フルーレで敷根崇裕(ネクサス)=大分市出身=は4位となり、同種目で2008年…

【羽生結弦、語る SP編(2)】「お仕事という場に僕が身を寄せることによって、何かしらの力に」

プロ野球の日本一を決める日本シリーズは22日、京セラドーム大阪で行われた第2戦でソフトバンクが巨人に13-2で大勝し、2連勝を飾った。ソフトバンクは2018年の第3戦から…

【羽生結弦、語る SP編(1)】宇野の後に演技「彼の力とか魂とか、そういうものを受け取りながら」

フィギュアスケート男子の羽生結弦(ANA)はクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦する中、内村がH難度「ブレトシュナイダー」に成功したことで刺激を受けたと明かしている。
それを受けて内村は、「同じ立場として、五輪を連覇している立場として、やっぱり結果じゃないところに目を向けてやっている。新しいことにチャレンジする。そういうことでしか自分が満足いかない、お互いそういう性格だと思う。常に現状に満足しないでやっているということが4回転半だったり、僕の場合ブレトシュナイダーになると思うんですけど。ほんと似ているなと思うことが多くて。採点競技ですし。常に人の一歩先を見て演技を組み立てているのかなと思うので。人がやっていないようなことをやりたい。すごく似ていると思うことがある。僕から刺激をもらっていたとおっしゃっていたけど、逆もしかり。僕もすごく刺激をもらってやっていますし。結果を残してきた分、得点とか結果じゃないところに目を向けてやっているのはすごく似たような部分でもある」と話した。

中でも「姫路城には勝てない。一番美しいと思う」。10年ほど前に訪れ、優美なたたずまいに言葉が出なかった。「それが『本物』だと思う。フィギュアスケートの羽生(結弦)君の演技も近い」。長い年月をかけて一工程一工程を丁寧に積み上げる築城の作業のように、体操を極めてきた。世代交代こそ感じ取っても、体操への探求心は失っていない。

体操の全日本選手権が15日、群馬・高崎アリーナで開幕し、種目別の鉄棒に絞って東京五輪の金メダルを狙う内村航平(ジョイカル)が、16日の種目別トライアウトに向けてオンラインで取材に応じた。

体操の男子予選で内村航平(ジョイカル)=長崎県諫早市出身=が鉄棒で落下して20位に終わり、種目別決勝に進めなかった。H難度の「ブレトシュナイダー」など三つの離れ技を成功させた後の演技でのまさかのミスだった。2012年ロンドン、16年リオデジャネイロの両大会で五輪個人総合2連覇を達成し、32歳で迎えた自国開催の4度目の五輪。鉄棒1種目に懸けた第一人者の挑戦が終わった。

2021最新 体操選手 内村航平 握力

2021最新 体操選手 内村航平 握力

体操選手なので、腕を露出することが多い内村選手ですが、やはり注目してしまうのが腕の筋肉!

内村航平さんは、オリンピック2連覇、世界選手権6連覇を達成した体操男子の絶対王者です。

体操界のレジェンドである内村航平選手は、鉄棒で高難度の離れ技を連発し、握力が強いイメージですが、実はあるときに測定したら同じ年齢の人の平均より下回っていたと聞いたことがあります。手に力を入れなくても、指を曲げて鉄棒にひっかけるといった「受動的」な筋の使い方をすれば、弱い握力でも自身の体重の何倍もの力に耐えることができます。自ら力を入れようとすると、かえって大きな力を発揮できず、逆に「リラックスすれば大きな力が発揮できる」のにはこうした理由があるのです。

内村航平 土下座して謝りたい 2021年7月24日 news.yahoo.co.jp/pickup/6399600 何故土下座為て謝るのかな?失敗は為たくて為るわけで無いでしょう此から指導者への道を歩む上で後悔では良い指導の弊害に成らぬ様に心掛けが寛容なり!!!

当時の心境について内村選手は「もしこの状況で五輪が無くなってしまったら、大袈裟に言ったら死ぬかもしれない。それくらい喪失感が大きい。それだけ命かけてこの舞台に出るために、僕だけじゃなく、東京五輪を目指すアスリートはやってきている」と話し、現在でも五輪開催を強く願っていることをアピールしている。

そんな内村航平さんですが、実は、筋肉がすごいけど握力は低いと噂されています。

“できない”と諦めるのではなく、「どうやったらできるかを皆さんで考えてほしい」と主張した内村選手だが、その強いメッセージはまだまだコロナ禍に喘ぐ国民には伝わりづらいのかもしれない。

たしかに、内村選手は162cmで、大谷選手は193cmもありますから、この差は歴然!圧倒されてしまうのも分かりますよね。

2021最新 体操選手 内村航平 母

2021最新 体操選手 内村航平 母

米原市環境フォーラム2019とゆっくりマルシェの合同イベント「ぐるり奥伊吹」が2019年11月9日(土)に開催されます。奥伊吹の紅葉真っ盛りに、心地よい自然と暮らしをめぐるイベントです。 目次1 イベ …

「なんで、なんで、なんで…」。内村の祖母小川彰子さん(87)は、テレビの前で繰り返した。リオデジャネイロ五輪後に内村から贈られたサイン入りTシャツを着て応援に臨んだ。「やり直しができたらねぇ。慰めの言葉しかない」と孫を思いやった。…

米原市でイタリア料理研究家の篠田仁美氏を講師に招いた「薬草&ピザづくり体験」が2020年11月8日(日)に開催されます。事前予約制です。 目次1 イベント概要1.1 日程1.2 場所1.3 講師1.4 …

米原市で体操選手の内村航平氏の母である内村周子氏の講演会が2021年3月21日(日)に開催されます。

内村航平の実家がある長崎県諫早市では24日、家族や市民がテレビ中継を見ながら声援を送った。鉄棒から落下の瞬間に消えた決勝の舞台。地元は肩を落としつつ、「これまでの活躍が色あせることはない」とねぎらった。

演題は「内村家流子どものやる気の伸ばし方 – 子どもはみんな一生懸命 -」です。

2021最新 体操選手 内村航平 母親

2021最新 体操選手 内村航平 母親

最重要視してきた団体での出場を諦めるのは「すごく勇気が要った」が、試しに鉄棒の練習に専念してみると、肩の痛みがうそのように治まった。約2か月後、決意を固め、鉄棒のスペシャリスト・内村が誕生。代表選考会で五輪金メダル級の演技を繰り返し、たった一つの個人枠をつかみ取った。

19歳で個人総合銀メダルのデビューを飾った2008年北京大会。圧倒的な強さで個人総合王者となった12年ロンドン大会。団体総合で初めて表彰台の中央に立った16年リオデジャネイロ大会――。体操ニッポンの伝統を背負い、「全6種目を演技してこそ体操選手」との信条を体現してきた。

これまで4大会連続メダルの偉業を達成した日本選手は、5大会連続の柔道、谷亮子(旧姓田村)を含め、体操の小野喬、レスリングの伊調馨、吉田沙保里の4人。だが、最後の大会で個人の金メダルを獲得したのは伊調だけで、谷は銅、吉田も銀に泣いた。1964年東京大会で団体総合の金を手にした小野も「鬼に金棒、小野に鉄棒」とまで言われた得意種目は6位だった。絶対的な王者といえども、最後まで頂点に君臨し続けるのは至難の業だ。

自他共に認めるオールラウンダー・内村が、4~6月の代表選考会は種目別の代表権を得るために鉄棒一本で挑んだ。酷使してきた体が、全種目を戦うには限界を超えていたからだ。