出身

2021年令和3年 松本潤 両親 出身

2021年令和3年 松本潤 両親 出身

時多駿太郎(松本潤)と水野飛鳥(仲里依紗)は、ある会社からの依頼で不良社員の男を尾行調査していた。男の顔には特徴的なホクロがあり、それを目印に追っていた。しかし、飛鳥が気を抜いた瞬間、男はマスクをして人込みに紛れてしまう。飛鳥は必死に男を捜すが見当たらない。それどころか、自分を調査しているのか、と逆に男に声をかけられてしまう。
後日、筑紫昌義(角野卓造)は、依頼人に謝罪するが納得してもらえず、調査は中止となった。筑紫は飛鳥に、調査の基本に立ち返るようにと注意し、飛鳥も神妙な面持ちで聞いた。そんな折、飛鳥の携帯に元カレの誠(細田よしひこ)からメールが届く。飛鳥は迷いながらも誠に連絡を取り、2人は食事をすることに。落ち込んでいる自分にさりげなく接してくれる誠。自分を理解してくれていることが、飛鳥には嬉しかった。やがて、話が誠の仕事のことになると、誠はアメリカにある本社に異動が決まったと明かし、飛鳥についてこないか、と誘った。
翌朝、浮かれて出社した飛鳥を、旭淳平(大泉洋)らは不審に思う。茅野メイ(入来茉里)がプロポーズされたのか、と当てずっぽうで聞くと、飛鳥は異常に反応する。
そこへ、高級クラブの女性・飯塚月子(釈由美子)から自宅の盗聴器を見つけてほしいという依頼が入った。駿太郎と飛鳥が月子宅に向かい、盗聴器を発見。月子は最近、大物代議士の熱愛相手として新聞に記事が載ったが、その内容から部屋が盗聴されているのでは、と疑ったという。それを聞いた駿太郎が、この部屋に出入りする人物を教えてくれと言うが、月子はいないと平然と答える。月子に男性の影を感じた駿太郎は…。

時多駿太郎(松本潤)は、何者かに連れ去られた藤崎瞳子(松嶋菜々子)の行方を捜査してほしいと警察署に駆け込むが、桐原由貴(吹石一恵)に断られてしまう。
駿太郎は、負傷して入院中の旭淳平(大泉洋)にそのことを報告。淳平は、警察に八神コーポレーションと通じている者がいる、八神コーポレーションの八神景介(鹿賀丈史)こそが、瞳子の父・眞人が死の直前まで調べていた男だと話した。
その後、駿太郎らを前にした筑紫昌義(角野卓造)は、16年前、弁護士だった眞人が八神の土地買収にまつわる不正の証拠を掴んだ直後に、不審な死を遂げたのだと明かした。そんなとき、駿太郎、筑紫、水野飛鳥(仲里依紗)、茅野メイ(入来茉里)の携帯電話に、瞳子を誘拐した犯人からメールが届く。犯人は、瞳子と引き換えに眞人の手帳を渡すよう指示。その後、指定場所で飛鳥が待機していると、駿太郎にボディーガードを頼んだ史織(夏帆)が現れ手帳を受け取った。史織は、バイクに乗った男にそれを手渡した。
男を見送った駿太郎らは、手帳に付属した万年筆に仕掛けたGPSで手帳の行方を追う。追跡を続けるとGPSは、海上の客船の上で止まった。早速、駿太郎と飛鳥は船内に潜入する。
その頃、船内に拉致されていた瞳子の元へ、手帳を手にした男(永井大)が現れた。それは、瞳子を付け狙っていた男だった。やがて万年筆のGPSに気づいた男はそれを破壊、船内に侵入者がいると確信し、それを捕らえるよう部下に指示。すると、男たちが現れ駿太郎を取り囲んだ。そのなかに、あろうことか新田輝(瑛太)がいて…。

凛々しい眉毛が燦然と輝く嵐・松本潤(まつもとじゅん)さん。

松本は「僕の大好きなキャラクター「深山先生」をまた演じられる事をとても嬉しく思います。TVドラマシリーズに出てきたあの仲間たちはもちろん、新たに加わる新しいキャラクターに僕自身も早く会いたいです。先の見えない大変な日々が続いていますが、観てくれる人の笑顔を想像しながらスタッフ一丸となって真面目に楽しんで制作していきたいと思います!!映画館のスクリーンで暴れるチーム99.9を楽しみにしていてください。」と本作への意気込みを語った。

自称“自由人”、実はフリーターの時多駿太郎(松本潤)は、昼間から高級ホテルで人妻の美香(松本若菜)との情事にふけっていた。帰り道ふいに肩を叩かれた駿太郎が振り返ると、男が美香の落としたスカーフを差し出してきた。駿太郎は、男に礼を言うとそれを美香に届けに走る。
その後、自宅に戻った駿太郎は、弟・孝次郎(小山慶一郎)の息子で、テレビドラマの『私立探偵☆真壁リュウ(谷原章介)』が大好きな翔太(後藤奏佑人)にちょっかいを出す。そんなお気楽な息子に母・百合子(岡江久美子)は、早く社会人になれ、と小言を言う。
数日後、駿太郎は突然美香に別れを告げられる。夫が探偵を雇い、ホテルでの密会写真を撮られたからだと言う。そんな時、駿太郎はあの男に再会する。ホテルでスカーフを差し出した男だった。
ピンときた駿太郎は、男を追いかけると、胸倉を掴んで、「お前は探偵か!」と問い詰めた。さらに、駿太郎は殴りかかるが、男はそれをかわすと走って逃げた。
「北品川ラッキー探偵社」の事務所に、息を切らしたその男が入ってきた。男の名は新田輝(瑛太)。そこには駿太郎の調査をしていた旭淳平(大泉洋)、水野飛鳥(仲里依紗)と、総務の筑紫昌義(角野卓造)、事務員の茅野メイ(入来茉里)がいた。
そして、筑紫が会議を始めようと言ったとき、飛鳥が新田の後ろを指差した。そこには、駿太郎が立っていた。勝手に写真を撮られたことが許せない駿太郎は、探偵たちに食ってかかる。そして、事務所は大騒動となるなか、社長室から社長の藤崎瞳子(松嶋菜々子)が出てきた。駿太郎を観察するように見た瞳子はやがて、うちで働かないか、と言った。突然のスカウトに、駿太郎も探偵たちも唖然とするが、結局、見習い探偵として雇われることになった。
駿太郎の最初の仕事は、探偵社の広告が入ったポケットティッシュ配りだった。駿太郎の教育係に命じられた淳平は、売り上げを左右する大事な仕事だと言うが、駿太郎は面白くない。そんな折、松浦茉菜(緑友利恵)という女性が兄を捜してほしいと事務所にやってきた。茉菜によると、兄の松浦拓巳(水橋研二)は元消防士で現場の指揮官だったが、事故で隊員が亡くなったことに責任を感じ、失踪したと言う。
その後、駿太郎は、新田、淳平と組んで、松浦が現れるという場所を見張り続けた。そして5日後、松浦の姿をとらえたが、松浦の顔は殴られたような跡があり傷だらけだった。新田が松浦を追うと、松浦は古びた倉庫に入っていった。倉庫の扉は施錠されているため、新田が建物の周囲からなかを覗くと、そこには鉄骨のリングがあり男が殴り合い、周囲には盛り上がる観客がいた。新田は、デジカメを取り出しその様子を動画で撮影し始めるが、倉庫の関係者に見つかってしまう。
後日、探偵社では、新田の撮った動画の分析をしていた。そして、瞳子の一言で倉庫への潜入捜査をすることになった。
淳平は、北品川警察に刑事の桐原由貴(吹石一恵)を訪ね、廃倉庫の情報を得ようとするが、由貴も上司の後藤将司(金田明夫)も情報は持っていないようだった。
そして潜入捜査の夜、駿太郎は淳平から何もするな、と釘を刺されるが…。

ラッキー探偵社に、ストーカーから自分を守ってほしいと依頼が入り、時多駿太郎(松本潤)がボディーガードを引き受けることになった。依頼人・望月史織(夏帆)の希望は、自宅から会社までの送迎と外出時の警護で、さらに、駿太郎には恋人に扮してほしいという。
早速、駿太郎は史織が勤めるカフェで仕事が終わるのを待つが、ふたりの雰囲気は恋人同士のようだった。その様子を見守る旭淳平(大泉洋)と水野飛鳥(仲里依紗)は、女性馴れした駿太郎の態度を冷やかす。
そんな折、淳平のパソコンに桐原由貴(吹石一恵)からメールが届く。ふたりきりで会いたいという由貴に、筑紫昌義(角野卓造)でさえも何か企みがあるのではないか、といぶかしがる。待ち合わせの水族館に現れた由貴は私服で、いつもとは違う雰囲気だった。淳平があれこれアプローチを続ける中、由貴は突然、16年前という言葉から何を連想するか、と聞いた。とまどう淳平に由貴は、警視庁幹部・峰永(近江谷太朗)宅に侵入した新田輝(瑛太)が、16年前に何があったのかと峰永に迫ったが、その後、警察で取られた峰永の供述調書から、そこの部分が削除されていたと明かした。それはラッキー探偵社に関係のあることだと思われるから、心当たりはないかと聞く由貴に、淳平は心当たりがあると答えた。
そんなある夜、自宅への道を歩いていた藤崎瞳子(松嶋菜々子)は、後ろに人の気配を感じて振り返るが、そこには誰もいなかった。しかし翌日、瞳子は自宅に侵入があったようだ、と筑紫に相談した。筑紫は、探偵たちに相談してみては、と勧めるが、瞳子は自分の父親の事件に誰も巻き込みたくないとそれを断る。
同じ頃、母親・百合子(岡江久美子)と昔話をしていた駿太郎は、ひょんなことから百合子が瞳子の父親を知っていると聞き驚く。

香川は「『99.9』は、私が一番「私自身」でいられる唯一無二のコンテンツ。「演技」をしているという実感がいい意味で無い。出演している全てのレギュラー陣がそう思っているはずです。その『99.9』が映画になる。映画という枠組みが演技の幅を広げ、ただでさえドラマの時でも自由だった松本潤さんの、これでもかと爆発しそうな奔放さが見ものです。とんでもないカオス的フリーダムが、スクリーンに炸裂する気がする。ご期待ください!」とコメントを寄せている。

2021年令和3年 松本潤 母親 出身

2021年令和3年 松本潤 母親 出身

そんな松本を支えるのは頼れる“仲間たち”だ。

昨年11月にオファーを受け、当初は不安もあったという松本。’08年に『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCES』で時代劇に初挑戦した際、松本はこう吐露していた。

そして、嵐史上初の大役を松本が務め終えた先の“偉業”を予想するのはあるテレビ局関係者。

「近年、大河ドラマの視聴率が伸び悩んでいることもあって、NHKは、復活には若い世代の視聴者が必須と考えていました。そこで白羽の矢が立ったのが、『花より男子』や『99・9-刑事専門弁護士-』(ともにTBS系)といった多数の人気作に出演した松本さん。

《初めに聞いた時はビックリしました。自分に大河のオファーが!? しかも誰もが知っている、あの家康を!?》
こうコメントを発表したのは、松本潤(37)。今年から嵐が活動休止に入り、各メンバーがソロとして活動するなか、メディアへの出演がなかった松本だが、驚きの吉報とともに“帰還”した。1月19日、’23年放送のNHK大河『どうする家康』で主演を務めることが発表されたのだ。

2021年令和3年 嵐 松本潤 出身

2021年令和3年 嵐 松本潤 出身

堀江 魔女と呼ばれたのは、大正時代から皇室にお仕えしていた、旧華族、公家出身の女官・今城誼子(いまき・よしこ)さんという方です。

同県出身で現在も拠点に活動しているとあって、税の使い道を聞かれると「和歌山が今後、さらに発展するように使っていただけたら」と〝郷土愛〟を披露。新型コロナの影響でモデルを含むエンタメ業界も厳しい環境にあるが、「モデルは衣食住で言うと『衣』になるんですけど、私たちよりもっと大変な方はいらっしゃると思いますので、そちらに使っていただくのがいいと思います」と話した。

宮内庁職員は「両陛下への態度が馴れ馴れしすぎる」と女官激怒! 大騒動を呼んだ宮中「魔女狩り」ミステリーのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 日本のアウト皇室史のニュースならサイゾーウーマンへ!

2021年令和3年 松本潤 出身 豊島区

2021年令和3年 松本潤 出身 豊島区

誰もが知る戦国の覇者。今さら大河ドラマでやるのがちょっと恥ずかしいくらいの超ベタな偉人。なのに信長や秀吉に比べてなぜか人気がないような。ずるがしこく立ち回ったあげく棚ぼたで天下が転がり込んできたイメージだから?
しかしそれこそが、私が家康に惹ひかれる理由です。
カリスマでも天才でもなく、天下取りのロマンあふれる野心家でもない、ひとりの弱く繊細な若者が、ただ大名の子に生まれついた宿命ゆえに、いやが応にも心に鎧よろいをまとわされ、必死に悩み、もがき、すべって転んで、半ベソをかきながらモンスターたちに食らいつき、個性的な仲間たちとともに命からがら乱世を生き延びてゆく。それこそ誰もが共感しうる現代的なヒーローなのではないか。
人生は、正解のない決断を「どうする?」と迫られることの連続でしょう?
そう提案させていただき、大役を仰せつかることになりました。
謙虚に、大胆に、プレッシャーを楽しんで書かせていただこうと思います。
主演の松本 潤さんは、華やかさと親しみやすさを持ち合わせ、私の描きたい主人公像「ナイーブで頼りないプリンス」にまさにピッタリ。
彼と一緒に、毎週ハラハラドキドキ泣いて笑ってともに駆け抜ける一年間をぜひお楽しみに!

1923年にこの地で荘隆一郎院長の祖父が開業して以来、伝統の温かさと優しさで診療を続ける産婦人科病院の「荘病院」。少子化が進む中、同院でのお産は年々増え続けているのだそう。医師は全員、慶應義塾大学医学部産婦人科教室出身。

吉祥寺駅から徒歩20分、武蔵関駅から徒歩20分。または両駅からバス5分、関町南二丁目停留所前にある「みみ・はな・のど吉祥寺なかむらクリニック」は広々とした間口の開放的なクリニック。「北海道出身のせいかおおらかな性格だと言われます」

大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。単独主役では1983年 滝田 栄さん主演「徳川家康」以来40年ぶり、家康役は「麒麟がくる」まで多くの方が演じています。タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。
ある打ち合わせの折に古沢さんから「実は家康をやりたいんです」と切り出され、その場で熱く語られた家康ストーリーがものすごくおもしろく、それは暗いニュースが多い中、久しぶりに聞いたワクワクドキドキするお話でした。そこには、教科書にある鎮座するような家康ではなく、ピンチピンチの連続、ものすごい強敵たちの登場、すでに「どうする家康」のドラマがありました。唯一の不安は、家康はおもしろいエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと…。
家康を誰にお願いするかと話していたときも、古沢さんは「松本 潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」と言われて、僕たちは一瞬、明るい家康…?と思いました。しかし家康は負け戦も多く、武田信玄にはボロ負けしています。そんなどん底でもセンターとしてチームをまとめた家康は、負けても大胆に笑みを浮かべている、逆境に負けない明るい人物なのかもしれません。松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じていただけると確信しています。
令和版の新たな家康の物語が今、始動します。まだ放送は先ですが、お気に留めておいてください。

そして、この「チーム徳川」のセンター・徳川家康を演じるのが、松本 潤さん。
松本さんには周囲を動かす情熱があり、彼のためなら何とかしたいと、みんなを引きつける魅力があります。古沢良太さんの魂がこもった脚本と共振して、これまでのイメージを突き破る、明るくチャーミングな新しい家康像をつくりあげていただけるに違いありません。
来週が待ち遠しい、ご家族で楽しめる、そして見えない時代を生きる手がかりになる作品としてお送りします。

2021年令和3年 松本潤 出身 小学校

2021年令和3年 松本潤 出身 小学校

慎(松本潤)は、たまたま久美子(仲間由紀恵)の携帯を拾ったことから、久美子が四代目を襲名するかもしれない大江戸一家の“お嬢”だと知ってしまった。しかし、龍一郎(宇津井健)に「実家のことを黙っていて欲しい」と頼まれ、頭を下げられた慎は、久美子の頑張りぶりを見てきたこともあって、秘密を守ろうと心に決めた。

NHK制作統括の磯智明氏からは「令和版へアップデートした、新たな家康像になると思っています。松本さんならエネルギッシュな家康を演じていただけると確信しています」と期待を寄せられた。松本は「今までとは違う新たな家康を一緒に作っていけたらと思っています。そして乱世に振り回されながら、必死に生き抜き戦国の世を平定させた人物を熱く演じられたらと思います」と誓った。

大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。単独主役では1983年滝田栄さん主演「徳川家康」以来40年ぶり、家康役は「麒麟がくる」まで多くの方が演じています。タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。ある打合せの折に古沢さんから「実は家康をやりたいんです」と切り出され、その場で熱く語られた家康ストーリーがもの凄く面白く、それは暗いニュースが多い中、久しぶりに聞いたワクワクドキドキするお話しでした。そこには、教科書にある鎮座するような家康ではなく、ピンチピンチの連続、ものすごい強敵たちの登場、すでに「どうする家康」のドラマがありました。唯一の不安は、家康は面白いエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと・・・。家康を誰にお願いするかと話していた時も、古沢さんは「松本潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」と言われて、僕たちは一瞬、明るい家康…?と思いました。しかし家康は負け戦も多く、武田信玄にはボロ負けしています。そんなどん底でもセンターとしてチームをまとめた家康は、負けても大胆に笑みを浮かべている、逆境に負けない明るい人物なのかもしれません。松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じて頂けると確信しています。令和版新たな家康の物語が今、始動します。まだ放送は先ですが、お気に留めておいて下さい。

ところが、アネさん風の着物姿で見合いの場に行った久美子を、伊集院はなぜか気に入ったらしいのだ。その後、久美子は猿渡に断りの意向を告げていたが、伊集院の強い希望で再び会うことになってしまった。伊集院と会った久美子は、エリート意識だけで白金学院を馬鹿にされ腹を立てていた。ちょうどそこへ、猿渡から、慎(松本潤)、内山(小栗旬)、南(石垣佑磨)、野田(成宮寛貴)、熊井(脇知弘)の5人が、万引きをしたとの連絡が携帯に入った。急いで伊集院に断りの意志を伝えた久美子は、慌てて学校に戻った。

そして、この「チーム徳川」のセンター・徳川家康役を演じるのが、松本潤さん。松本さんには周囲を動かす情熱があり、彼のためなら何とかしたいと、みんなを引きつける魅力があります。古沢良太さんの魂がこもった脚本と共振して、これまでのイメージを突き破る、明るくチャーミングな新しい家康像をつくりあげて頂けるに違いありません。来週が待ち遠しい、ご家族で楽しめる、そして見えない時代を生きる手がかりになる作品としてお送りします。

慎(松本潤)、内山(小栗旬)、南(石垣佑磨)、野田(成宮寛貴)、熊井(脇知弘)の5人がたまたま手配中の連続強盗殺人犯を捕まえたことから、警察に表彰されることになった。マスコミのインタビューを一緒に受けた久美子(仲間由紀恵)は、5人から主役の座を奪って、熱っぽく教育論を語る。これがテレビや新聞で取り上げられて、久美子は熱血女性教師として有名になった。

長年、嵐のコンサートで演出を手掛けてきた松本は、世界でも有数と言われる多数の大規模ステージで手腕を振るってきた。自分だけではなく、時にメンバーたちの個性を生かした演出は、多くの後輩タレントからも手本にされている。家臣の特技や能力を生かしながら「チーム徳川」を作り上げ、やがて戦乱の世を統一した徳川家康にも重なるところだ。

◆松本潤(まつもと・じゅん)1983年(昭58)8月30日、東京都生まれ。96年ジャニーズ事務所入り。99年11月、嵐としてシングル「A・RA・SHI」でデビュー。ドラマ「花より男子」「失恋ショコラティエ」「99・9-刑事専門弁護士-」などのドラマ、映画「陽だまりの彼女」「ナラタージュ」など出演多数。173センチ。血液型A。

2021年令和3年 松本潤一 出身

2021年令和3年 松本潤一 出身

「上京ガールSP」では、福岡出身のもえはさんに密着。モデルになる夢を持つもえはさんは、交通の便が良い山手線沿線の物件を希望し、物件探しに奮闘する。また、新型コロナウイルスの影響で物件探しができない上京ガールに代わり、SKE48・須田亜香里が東京・三軒茶屋の物件で実際に生活し、住み心地を調査。

松本市立博物館は、今年で開館114年! 長い歴史の中で約12万点にものぼる資料を収集・保存してきました。 本展では、それらの資料の中から選りすぐりの資料を5テーマに分けて一挙大公開します。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため松本市立博物館および分館の5月~6月までの企画展・特別展・講座等をすべて中止・延期します。

「上京ガール」では、山口出身のはるかさんに密着。9月から航空会社に就職するため上京するはるかさんは、勤務地である羽田空港に近い東京・蒲田駅周辺で物件を探していく。また、歌手を志し北海道から上京するゆずきさんにも密着する。ほか、森泉が家を建て直す企画では、壁のリフォームに着手する。

令和3年3月をもって一時閉館となる松本市立博物館。

年中行事【2021年1月23日(土)~3月21日(日)】 年中行事とは、昔から一年の中で特に日を定めて行われてきた身近な祭りの数々です。松本では、江戸時代後期に藩の殖産興業政策により武家で始まったとされる押絵雛や、各地で行われていたヒトガタ、流し雛などが流行しました。松本を代表する特産品となった、これらの人形たちをとおして、昔の人々の思いや松本の城下町風情に触れてみませんか?

市立博物館では、座りびなと押絵びなを一緒に飾った段飾りに加え、松本以外の地域で製作された押絵びなや、動物をテーマにした押絵びな・中野土びななど約30点を展示します。

博物館の逸品Ⅱ~民間信仰資料コレクション~【12月12日(土)~2021年1月11日(月・祝)】 当館所蔵の重要有形民俗文化財「民間信仰資料コレクション」は松本及びその周辺地域の、農耕を中心とした民間信仰に関する資料からなるコレクションです。人々の生活に寄り添い続けた信仰用具から、素朴で力強い祈りを感じてください。

 博物館で学び、情報発信するためのスキルを身につける市民学芸員養成講座の受講生を募集します。今回の市民学芸員養成講座では、「あめ市」をテーマに、松本の歴史・文化について自分で学び、人に伝えるための実習を行います。9月に初回の講座を実施します。

江戸時代、松本を治めていた松本藩主やその家臣たちが身に着けていたとされる甲冑(かっちゅう)を中心に、刀剣や小笠原家に伝わるひな道具なども展示します。これらの資料を通して武士の勇壮な姿や洗練された美をお楽しみください。

2021年令和3年 松本潤 出身

2021年令和3年 松本潤 出身

「上京ガールSP」では、大阪府出身のみずほさんに密着する。みずほさんは3歳の頃からバレエを始めており、東京の名門バレエ団に所属が決まり上京を決意したという。みずほさんは、神奈川・横浜で希望する物件探しに奮闘する。また、森泉がローコスト住宅の限界に挑む企画では、基礎工事を終えて床造りを進める。

「上京ガールSP」では、福岡出身のもえはさんに密着。モデルになる夢を持つもえはさんは、交通の便が良い山手線沿線の物件を希望し、物件探しに奮闘する。また、新型コロナウイルスの影響で物件探しができない上京ガールに代わり、SKE48・須田亜香里が東京・三軒茶屋の物件で実際に生活し、住み心地を調査。

「上京ガール」では、山口出身のはるかさんに密着。9月から航空会社に就職するため上京するはるかさんは、勤務地である羽田空港に近い東京・蒲田駅周辺で物件を探していく。また、歌手を志し北海道から上京するゆずきさんにも密着する。ほか、森泉が家を建て直す企画では、壁のリフォームに着手する。

2020年令和2年 二宮和也 出身

2020年令和2年 二宮和也 出身

北海道出身の白組大泉さん、沖縄出身の紅組二階堂さんという、日本をふんわり包み込むような新鮮で魅力的なお二方と、そして三度目の桑子さんと、力を合わせて頑張ります。

津市広報課はこの千載一遇のチャンスを逃さず、津市を全国的にPRする「シティ・プロモーション」を成功に導きました。中心となって活躍された今城さんは、米国や英国で学び、シアトルで働いた経験を経て出身地に戻られた、まさにグローカルでエネルギッシュな女性です。

1987年生まれ。神奈川県出身。2010年、NHK入局。長野局、広島局、東京・アナウンス室に勤務。現在、「おはよう日本」のキャスターをつとめる。これまで、「ブラタモリ」「ニュース7」「ニュースウオッチ9」「ニュースチェック11」などを担当。今年8月に放送された音楽特番「ライブ・エール」でもMCをつとめた。モットーは自然体。特技はピアノやクラリネット、サックスなど。明るく親しみやすいアナウンスメントでNHKの顔として活躍している。紅白の総合司会は、68回、69回に引き続き3回目となる。

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。2009年、「ガマの油」で劇場映画デビュー。2011年、映画「ヒミズ」ではヴェネチア国際映画祭マルチェロマストロヤンニ賞(最優秀新人俳優賞)を受賞。2014年、映画「私の男」では日本アカデミー賞主演女優賞を受賞。近年はテレビドラマ「この世界の片隅に」、「ストロベリーナイト・サーガ」、映画「リバーズ・エッジ」、「翔んで埼玉」など数々の話題作に出演。NHKでは、大河ドラマ「平清盛」、「軍師官兵衛」、「西郷どん」などに出演。そして、今年3月から放送されている連続テレビ小説「エール」では、主人公の妻でヒロインの古山音(こやま・おと)役を演じ、“日本の朝の顔”となった。そのほか、雑誌での連載や、文筆活動でも注目を集めている。NHK紅白歌合戦で紅組の司会を務めるのは初めてとなる。

「浅田家!」(監督:中野量太)は、津市出身の写真家・浅田政志さんを嵐の二宮和也さんが演じる話題作で、先月から公開されています。出演は二宮さんを筆頭に、妻夫木聡さん、黒木華さん、等、超豪華メンバー。市内では高田本山専修寺や津新町駅などで、多くの撮影が行われました。企画・プロデュースをされた小川真司氏は鈴鹿市出身で、まさに「三重から生まれた」映画です。