努力

2021最新 内村航平 努力

2021最新 内村航平 努力

「歴史に名を刻めるような演技、名場面を残せればいい」。過去3大会で金3個を含む7個のメダルを獲得し、「キング」と呼ばれる体操男子の内村航平(32)(ジョイカル)が24日、自身最後と決めている東京五輪への思いをオンライン記者会見で語った。

自他共に認めるオールラウンダー・内村が、4〜6月の代表選考会は種目別の代表権を得るために鉄棒一本で挑んだ。酷使してきた体が、全種目を戦うには限界を超えていたからだ。

◆個人枠の代表選考 6種目のスペシャリストが最大で2枠を争う。内村が該当する枠は1枠で、全日本選手権、NHK杯(5月、長野)、全日本種目別選手権(6月、高崎)の3大会の選考会で代表権がかかる。各演技の得点を国内外の大会での得点を元にして日本協会が作成する世界ランキングにあてはめ、順位ごとにポイントを与え、5試合の総合ポイントで競う。1位かつ0・2点差以上は40点、1位は30点、2位は20点と続く。6種目の中で1位になった選手が代表に決まる。

最重要視してきた団体での出場を諦めるのは「すごく勇気が要った」が、試しに鉄棒の練習に専念してみると、肩の痛みがうそのように治まった。約2か月後、決意を固め、鉄棒のスペシャリスト・内村が誕生。代表選考会で五輪金メダル級の演技を繰り返し、たった一つの個人枠をつかみ取った。

2021最新 内村航平 名言 努力

2021最新 内村航平 名言 努力

【呪術廻戦】なんJで大人気の東堂葵ちゃんが作中で嫌われてる理由ってなんだ? 1: ばびろにあ 2020/11/14(土) 02:56:19.50 ID:6ZiJcSLIa おかしいやろ 3: ばびろに …

【じゅじゅさんぽ】伏黒恵「お前らさ、肉の味全然しなくてほぼ繋ぎとキャベツみたいな餃子どう思う?」←これ 1: ばびろにあ 2021/03/26(金) 11:24:15.67 ID:DH7UcQ1wd…

「何かを超えるってやはり難しいんです。1964年の東京はそのときの東京ですし、2021年の東京は今回にしか出せないものがある。だから僕は今のこのチームで新しい歴史を築くような演技や、名場面を自分たちで作っていければいいんじゃないかと思います」

内村にとって、この5年間は「初めての挫折だった」。リオまでは自分の思い描く通りに全てが順調に進んでいた。ただ、うまくいかなくなったときこそ、人間としての強さも問われる。内村は栄光を極めた過去の自分と決別し、新しい自分と向き合うことで、その挫折を乗り越えた。4大会出場することは「諦めが悪く、心の底から体操が好きな人しか到達できない領域」と語っていたが、内村というアスリートの本質も「諦めない」「心の底から体操が好き」という言葉に集約されている。

オリンピックに感動とか求めてないから選手自身が充実を得るほうが見ていられるし、日本で生まれ育った日本人だからとて無条件に日本を応援する気持ちもわかないけれど、内村航平選手が、落ち着いた口調で「報われない努力もある」って語っていた姿はずっと覚えていたい…その姿に学びたいって思った。

内村は、閉会後の取材対応で「(五輪を開催するかどうかについて直接は)何もできないけど、東京五輪に向けて世界にアピールする試合という機会があったので、この場で言わないと、多分届かないだろうなと思いました。僕がSNSとかで言っても(書いても)見ないと思う。こういう場を借りて、いろいろなところに発信する方が届くのかなと思った。(スピーチは)率直に、この2、3カ月で思っていたことを話しました」と、アスリートとファンが一堂に会する競技会という舞台で直接訴えた背景を明かした。
内村は、自身が感じている競技会の価値を、言葉だけでなく、アスリートらしく競技パフォーマンスでも示した。開会セレモニーで「お客さんを入れて体操をできることに喜びを感じます。さまざまな制限の中での生活は困難ですが、その中でもスポーツの試合で皆さんに夢や希望を与えることが僕たちの使命だと思っています。声を出して応援することはできないかもしれませんが、皆さんが立ち上がって歓声を上げたいくらいの演技ができれば良いと思っています」と意気込みを語ると、東京五輪出場を目指し種目別で専念している鉄棒で、H難度の大技「ブレットシュナイダー」を成功。昨年の世界選手権でアルトゥール・マリアーノ(ブラジル)が金メダル獲得時に出した14.900点を超える15.200点をマークする有言実行のパフォーマンスで観客を楽しませた。

1979年生まれ。東京都出身。専修大学卒業後、スポーツ総合サイト「スポーツナビ」の編集記者を経て2008年からフリーライターとなる。主に育成年代のサッカーを取材。2009年からJリーグの大宮アルディージャでオフィシャルライターを務めている。

それは、かつて感じたことがないプレッシャーからくるものだった。2年前、初めて日本代表に入り、ノンプレッシャーのなか勢いで獲得したメダル。さらに2018年にも結果を残したことで、大橋にかかる周囲の期待は、大橋自身が予想していたものよりもはるかに大きかったに違いない。

五輪金メダリストが力強く誠実に訴えたスピーチは、心に突き刺さるものだった。体操競技の内村航平(リンガーハット)が、東京五輪開催への賛同を国民に訴えた。国際体操連盟が8日、国立代々木競技場・第一体育館で国際親善大会「Friendship and Solidarity Competition(友情と絆の大会)」を開催。中国、ロシア、米国の選手を招いて4カ国男女混合の2チームでオールスター戦を展開した。
この大会は、体操界に留まらない重要な意味を持っている。今春に新型コロナウイルスが世界的にまん延して以降、日本、それも東京における国際大会の開催は初めてだからだ。この日、会場近くのJR原宿駅で開催中止を求める抗議活動が行われていたが、世界各地で感染者数が再増加の傾向にあり、東京五輪は2021年への延期が発表された後も開催が不安視されている。コロナ対策を施した国際大会を東京で開催することは、五輪開催に向けた試金石となる。
開会セレモニーでは、トーマス・バッハIOC(国際オリンピック委員会)会長のビデオレターが放映され「今後の大会、特に東京五輪の準備に向けて自信を与えてくれるものになるでしょう」とのメッセージが届けられた。小池百合子東京都知事が来場し、東京2020組織委員会の森喜朗会長が閉会セレモニーであいさつを行うなど、政治色がやや強いイベントにもなった。

東京五輪と言えば、国民の関心事は「開催か中止か」だが、その議論の中で置き去りにされた大事なことを訴えたのが、閉会セレモニーにおける内村のスピーチだった。内村は、大会関係者への感謝、久々の国際大会で演技ができたことの喜びを語った後、国民に向けてメッセージを送った。
「国民の皆さんが(一部ニュースによると)五輪は(開催)できないんじゃないかという気持ちが80%を超えている、というのは、少し残念に思っています。『できない』じゃなくて『どうやったらできるか』をみんなで考えて、どうにかできるように、そういう方向に考えを変えてほしいと思います。非常に大変なことであるというのは承知の上で言っていますが、国民の皆さんとアスリートが、同じ気持ちでないと、大会はできないのかなと思う。どうにかできる、なんとかできる(という)やり方は必ずあると思うので、どうか『できない』と思わないでほしいと思います」
世界が注目する大舞台で、いくつもの不可能を可能にしてきた男の言葉は、力強かった。難度の高い技を、誰もできない完成度に仕上げて披露するだけでなく、16年リオデジャネイロ五輪の男子個人総合では最終種目で大逆転の金メダルを獲得するなど、タフなメンタルも示してきた。その男の思考には、難しいから夢を諦めるという選択はないのだとあらためて知るとともに、五輪という競技会の魅力を思い出すべきだと思わされた。
選手は、世界の頂点を目指す。ライバルに勝つための高いパフォーマンスを発揮するために、日々鍛錬する。その努力の過程と結果に、見る者が刺激を受け、喝采や声援という反応となり、それがまたアスリートの気持ちを奮い立たせる。多くの競技が同時に行われることで、刺激の循環は大きく膨らみ、共有される。
この大会を欲しているのは、本来、アスリートであり、ファンである。五輪は、政治のために必要なのではない。政治とビジネスの色が濃くなる中、本来の主役であるアスリートとファンが主体性を失っているからこそ、内村の言葉は響く。どこかの政治家がやるとかやらないとか言っている、という話ではなく、スポーツが好きだから、五輪が開催されることを願い、そのために行動しようという呼びかけだ。

内村航平選手の「報われない努力もある」って言葉。努力は必ず報われるって絵空事よりよっぽど誠実で潔い。

「恋ステ」“のあたい”インタビュー 2ヶ月越しに成立「もっと好きになりました」カップルの日課は?。【モデルプレス=2021/07/04】ABEMAの恋愛リアリティーショー「恋する◆週末ホームステイ2021春Tokyo」(◆はハートマーク、毎週火曜よる10時)の続編として6月15日に第10話、22日…

真面目な大橋は、その期待に応えようとした。全身全霊をもって、自分の持てる力、自分ができることすべてを懸けて、周囲の期待に応える泳ぎをしようと努力してきた。辛い練習に立ち向かうため、自分を鼓舞するため、『自分はもっと頑張らないとダメなんだ』と、自分で自分を追い込むことで、気持ちを奮い立たせていた。

体操男子日本代表は、「(金5、銀4を獲得した)1964年の東京を超えるような大会にしよう」という意味を込めて「Beyond 1964」というスローガンを立てた。内村自身も団体優勝を目指していたリオでは「(団体で金メダルを獲得した)アテネの冨田洋之さんの着地を超えたい」とずっと言っていたが、それが無理であることを実感した。

200m個人メドレーで失格になったあとも同じだった。