2021年令和3年 井岡一翔 叔父

ボクシングの日本人世界王者で多くのファンを持つボクサーの一人に、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(いおか かずと)選手がいます。

引退後に井岡ボクシングジムを設立しましたが、後に兄である一法氏に譲渡しました。弘樹氏は2013年に井岡弘樹ボクシングジムを新しく設立し、プロボクサーの育成にあたっています。

これからも井岡選手の活躍を応援していきたいと思います。家族を含め私生活にも注目していると、また興味深い話題が出てくるかもしれません。井岡選手の良い話題が増えてくることを願いたいです。

井岡選手は世界4階級制覇を成し遂げるなどプロボクサーとしては超一流の選手です。一方で、プライベートでは離婚を経験するなど、スキャンダラスな一面もあります。品行方正な選手が多い中、井岡選手の言動は目立ちますが、現在は今の家族との生活を大切にしようという思いが感じられます。

井岡一翔選手の家族を深堀してみると、井岡選手は父親の一法氏よりも叔父の弘樹氏に似たところがあると思いました。井岡選手も2011年にミニマム級で世界王座を奪取した時は、7戦目という当時の国内最短記録を打ち立てています。受け継がれた才能を感じます。