吉川愛

2021年令和3年 吉川愛 横浜流星 共演

2021年令和3年 吉川愛 横浜流星 共演

舞台あいさつにはカルテット主演を務めた4人に加え、共演の吉川愛、恒松祐里、堀田真由、飯塚健監督も出席。撮影現場での4人の様子について質問された吉川が「本当に楽しそうで……。(仲が)良いです。写真を撮り合ったりしてすごいラブラブだった」と振り返れば、恒松も「お昼ご飯の時は控え室で、4人でテーブルを囲んでいた」と証言するなど、劇中のみならず、カメラが回っていないところでも仲良しだったという4人。

ドキドキするストーリーの中で、吉川愛さん演じる果凛の握るカギとはなんでしょう?

横浜流星、竜星涼と「Wりゅうせい」にファン歓喜「サイコウだ!」

佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星が7日、丸の内ピカデリーで行われた映画『虹色デイズ』の公開記念舞台あいさつに出席し、涼しげな浴衣姿で瓦割りに挑んで超満員の会場を魅了した。

実は吉川愛さんは元大人気子役で、芸能界を一度引退した過去が。

横浜流星、愛犬との“あけおめ”投稿に歓喜の声!「素敵なお写真ありがとう」

吉川愛さんが演じたのは福士蒼汰さん演じる「秘密」を抱えた主人公・奥森黎を翻弄する神出鬼没な女子高生・浦西果凛。

2021年令和3年 吉川愛 横浜流星 熱愛

2021年令和3年 吉川愛 横浜流星 熱愛

また時価総額7億円のジュエリーを身に着けた吉川さんは、ランウエーを歩くのも初めてだといい「緊張しましたし、まさか7億円(のジュエリーを)着けて歩くなんて……。そっちの緊張もありました」とコメント。一方で「(観客の)みんながすごく盛り上げてくれて、テンションを上げながら、安心して歩けた。楽しくていい思い出になりました」と笑顔を見せていた。

吉川愛さんというと、『メイちゃんの執事』に子供時代に出演したことで知られていますね。

吉川さんは3歳で芸能界デビューをして、当時は「吉田里琴(よしだりこ)」という芸名で活動をしていました。しかし、2016年4月1日に学業に専念するという理由で1度芸能界を引退しています。

また横浜流星さんと熱愛を噂されていますが、本当なんでしょうか。

実は吉川愛さんは元大人気子役で、芸能界を一度引退した過去が。

ドキドキするストーリーの中で、吉川愛さん演じる果凛の握るカギとはなんでしょう?

今回は女優の「吉川愛」さんの恋愛情報に関する記事をお届けしました。

吉川愛さんが演じたのは福士蒼汰さん演じる「秘密」を抱えた主人公・奥森黎を翻弄する神出鬼没な女子高生・浦西果凛。

吉川愛、水着姿披露の初写真集は“羽生超え”? 「おなかに筋肉つけたかった…」

そして1年後の2017年4月1日に今の「吉川愛」という現在の名前に改名をして研音から再デビューを果たしました。

2021年令和3年 新田真剣佑 吉川愛 映画

2021年令和3年 新田真剣佑 吉川愛 映画

『週刊ヤングジャンプ』に連載され、シリーズ累計100万部の“部活×青春×歴史”コミック『群青戦記 グンジョーセンキ』が実写映画化。

映画『ブレイブ -群青戦記-』が、2021年3月12日(金)より全国ロードショー。

弓道部所属で歴史オタクの主人公・西野蒼役を演じるのは、新田真剣佑だ 。『ちはやふる』三部作や『十二人の死にたい子どもたち』での繊細な演技、さらには『パシフィック・リム アップライジング』ではアクションにも挑戦してきた。本作で初の映画単独主演となる新田が、部活で鍛えた“身体能力”、そして未来を知る現代人の“知識”を武器に、仲間とともに戦いを繰り広げてゆく。

2021年令和3年 吉川愛 ラウール 映画

2021年令和3年 吉川愛 ラウール 映画

Snow Manのラウールが主演を務める映画「ハニーレモンソーダ」のキービジュアルが公開された。

そんな注目コミックの実写化には、今をときめく人気キャストが抜擢。主人公のイケメン男子・三浦界を務めるのは、人気男性アイドルグループ・Snow Manのメンバーであり、映画初主演を飾るラウール。またヒロインとなる⽯森⽻花役には、映画『虹⾊デイズ』『⼗⼆⼈の死にたい⼦どもたち』など、話題作への出演が絶えない若手女優・吉川愛が担当する。

2021年夏に公開される映画「ハニーレモンソーダ」は、集英社の少女コミック誌「りぼん」で村田真優が連載中の人気マンガを神徳幸治監督が実写化した作品。中学時代に“石”と呼ばれていじめられていた少女・石森羽花が、自由奔放なレモン色の髪をした少年・三浦界と出会い、少しずつ変わっていく姿が描かれた。ラウールが界、吉川愛が羽花を演じる。キービジュアルでは、いつも塩対応だけど実は優しい界が、内気で自信のない羽花に手を差し伸べている。

1974年生まれ。大阪府出身。2004年にTVドラマ『加藤家へいらっしゃい!~名古屋嬢っ~』(NBN)で初演出。『警部補 矢部謙三』(2010年/EX)、『MARS~ただ、君を愛してる~』(2016年/NTV)、『特命指揮官 郷間彩香』(2016年/CX)などTVドラマの演出を多数手がけ、『ピーチガール』(2017年)で長編映画初監督。近年の映画作品に『honey』(2018年)、『さかな』(2018年)がある。

原作を読ませていただき、思春期の恋や友情の葛藤や喜びが描かれていて、尚且つ半端ないキュンキュンが詰まった作品だなと感じました。
17歳にして圧倒的な存在感(何ですか、このオーラは!)のラウールさんと、繊細で愛おしい吉川さん(何ですか、この可愛らしさは!)と共に、撮影を楽しみ、小さな喜びを皆で笑い、スタッフ、キャスト全員で暑い、熱い夏にしたいと思います。そして不安な日々が続く中、この作品が観ていただく皆様に少しでも前向きな気持ちになってもらえるよう精一杯頑張ります! もちろんキュンキュンもがっつりあるのでそちらも楽しみにしていてください!

主⼈公・三浦界(みうらかい) - ラウール高校の人気者で、レモン色の金髪をトレードマークに持つイケメン男子。基本的には塩対応だが、実は誰よりも優しい“レモンソーダ男子”である。何故か、ヒロインの石森羽花のお世話を焼いてくれる。演じるラウールは、身長187cm、股下96cmという驚異のスタイルを持つ現役高校生。色気とカリスマ性を持ちながら、人なつっこい性格でファンを魅了するラウールは、界役にぴったりと話題に。

ヒロイン・⽯森⽻花(いしもりうか) - 吉川愛いじめられていた過去があるが、界に出会って少しずつ積極的に変わっていく女子高生。実は高校を選んだ理由にも、界が大きく関わっている。内気なマジメ少女に扮する吉川愛のピュアな演技にも注目だ。

監督は、『ピーチガール』『honey』などを手掛けてきた神徳幸治が担当。脚本は、『私がモテてどうすんだ』の吉川菜美が務める。

2021年令和3年 吉川愛 出演ドラマ 映画

2021年令和3年 吉川愛 出演ドラマ 映画

吉川は昨年、“恋つづ”の愛称で大きな話題を呼んだTBS系ドラマ「恋はつづくよどこまでも」に出演し、上白石萌音演じる主人公・七瀬の同僚・酒井結華を熱演。看護技術はピカイチなのに素直になることが苦手で不器用な新人看護師という設定のもと、医師の来生(毎熊克哉)に思いを寄せる役どころが評判を呼んだ。

「転がるビー玉」「のぼる小寺さん」という2本の映画でも存在感を発揮した吉川は、2020年を「初めて方言で演じる役をやらせていただいたり、看護師の役をやらせていただいたり……。ほかにも色々と初めての役が多くて、とても楽しかったです。あとは、自分の気持ちに素直になれた年だったなと思います」と述懐している。

「Snow Man」ラウール×吉川愛「ハニーレモンソーダ」キービジュアルが完成!

吉川愛 映画『ハニーレモンソーダ』ヒロイン決定!

女優の吉川愛が元日、意欲を新たに2021年も挑戦を続けることを映画.comに誓った。

今年は、累計発行部数400万部を突破する村田真優氏の人気少女漫画を「Snow Man」のラウール主演で実写映画化する「ハニーレモンソーダ」(夏に公開)に、中学時代に「石」と呼ばれいじめられた過去を持つヒロイン・石森羽花として出演する。さらに、4月にNHK総合で放送される土曜ドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」、WOWOWプライムドラマ「連続ドラマW インフルエンス」など、話題作が続く。

お子さんがいる映画ファンへ “子どもと見たい”ディズニープラス作品はいかが?

2021年令和3年 吉川愛 世にも奇妙な物語

2021年令和3年 吉川愛 世にも奇妙な物語

11月14日の21時からフジテレビ系土曜プレミアムで放送される『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』。本シリーズ3度目の主演を務める高橋克実の『アップデート家族』に、吉川愛が出演することが発表された。

おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが視聴者を“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズ『世にも奇妙な物語』。最新作となる『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』では、高橋のほか、広瀬すず、濱田岳、大竹しのぶの4人が主演を務める。

『世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編』は、すでに発表されている広瀬主演の『イマジナリーフレンド』、濱田主演の『コインランドリー』を含めた4つのエピソードで展開する。

「世にも奇妙な物語」はフジテレビ系列のオムニバス形式によるホラーチックなドラマ番組である。

オムニバス4作品と短編で構成される『世にも奇妙な物語』。斬新で多様なラインナップを揃え、おなじみのストーリーテラータモリと、豪華キャストが「奇妙な世界」へといざなう。

「’20秋の特別編」は全4作のショートストーリーで構成。 「イマジナリーフレンド」には広瀬すず、「コインランドリー」には濱田岳やコロッケ、「アップデート家族」には高橋克実や吉川愛、「タテモトマサコ」には大竹しのぶや成海璃子といった俳優陣が出演する。

吉川 愛 スタッフ(公式)さん のツイートをRT、いいね!順に表示します。

▼こちら【世にも奇妙な物語2020夏の特別編】も読んでいただければ嬉しいです!

哀愁漂う中年男性・睦夫の役を高橋が演じ、父・睦夫を毛嫌いする、今どきの高校生の娘・夏海役を吉川が務める。

この記事では2020年7月11日(土)21:00~23:10放送「世にも奇妙な物語’20夏の特別編」の出演者や各ドラマのあらすじに関する情報を掲載している。

2021年令和3年 吉川愛 横浜流星

2021年令和3年 吉川愛 横浜流星

ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん(佐野玲於)、チャラくて女好きなモテ男のまっつん(中川大志)、秀才で超マイペースなオタクのつよぽん(高杉真宙)、いつもニコニコだけど実はドSな恵ちゃん(横浜流星)。性格も趣味もまったく違うのに、4人はいつも一緒な仲良し男子高校生。おバカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていたが、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想いしたことで、4人の日常に変化があらわれ…?!

俳優の横浜流星(24)が、2020年を彩った“話題の人”に贈られる『LINE NEWS Presents NEWS AWARDS2020』の「俳優部門」を受賞。授賞式に出席した。
【動画】横浜流星のルーティン「熱めのお風呂で台本を読む」
受賞について横浜は「受賞できると思っていなかった。素直にうれしいです。いただけたのは自分のことを応援してくれた方のおかげ。感謝を伝えたいです」と笑顔。昨年に放送されたTBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で“無敵ピンク”に髪を染め上げた東大を目指す不良少年“ゆりゆり”こと由利匡平を演じ、大ブレイク。受賞ラッシュとなった。今年も勢いは増すばかりだが「去年は、ありがたいことに受賞をさせていただくことが多かったので、うれしいなとは思った。まさか今年も、こういったステキな賞をいただけるとは思わなかった。驚いています」と目を丸くした。
今年を振り返ると「身の回りの環境が変わったり、自分の心の変化があった。すごく自分を見つめ直す時間だった。いろんなことを考える年になりましたね」としみじみ。今年の漢字も披露。「変」と記し「自分の気持ちの変化もあって、変わっていかないといけないなと思えた。すごく、この漢字が僕にとって当てはまる」と理由を説明した。気持ちが変化した部分を問われると「おうちにいる時間が増えた。そこで自問自答を繰り返して、仕事の面、プライベートの面、いろんなことにおいて考える時間が多かった。変わらないものを大事にしつつ、柔軟にいろいろ変わっていきたいと思った。人としても俳優としても」と心境を口にした。
筋トレ以外で毎日、欠かさずにやっていることもトーク。「湯船に必ず入ります。熱めのお湯です。体が資本。自分の体を休めることも大切だなと思って、必ず忙しくても入ってます」と明かした。汗をかきながら台本を読むこともあるそうで「のぼせそうなりながら台本を読む。(台本を読む時は)普通はぬるめのお湯に、皆さん入ってますけど(笑)。でも、熱めのお湯がいい」とこだわりを語った。行きたい場所も話す。「ずーっと言い続けているのはウユニ塩湖。変わらないです。絶対に、いつか実現させたい!」と思い描いていた。
ファンからの質問も受け付け、役からオフになる変わる瞬間と聞かれると、「壁を見ている時間は無心になれます。普通にぼーっとしてもいいけど、いろいろ情報が入ってくる。何もないところを見る」と壁の魅力を力説していた。
最後に来年の抱負も。「役者として、みなさんの心に残る、心に響く作品作りを」と力強く宣言。多忙を極めているが「今の自分は痛いほど実力がないとわかっている。勉強しなきゃいけない。とにかく、たくさんのステキな作品、役者さん、スタッフの皆さんと会って、揉まれて力をつけていきたい。もっと来いという感じです」と、さらなる飛躍のためにより忙しい日々を希望していた。

新田さんは、ステージで紙吹雪が飛び出す演出があることを知らなかったといい「ビクッてなっちゃった」とちゃめっ気たっぷりに明かした。ステージで吉川さんをうまくエスコートできたか聞くと「してないよね。手を組むこともなく……。(腕を)組めばよかったね」と“反省”。「今日の舞台を歩き切ったこと、CMを撮り終わった時の達成感はすごかったです」と満足げな表情を見せていた。

俳優の新田真剣佑さんと、女優の吉川愛さんが1日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催された大型ファッションイベント「マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション(TGC) 2018 AUTUMN/WINTER」に出演。2人はタキシードとウエディングドレスという新郎新婦姿でランウエーを歩き、出演後に取材に応じた。

2人はこの日、結婚式情報サイト「マイナビウエディング」のステージに出演。新田さんは同サイトのイメージキャラクターに男性として初めて就任し、吉川さんは3代目マイナビウエディングガールに就任した。2人は同サイトの新CM「マイナビウエディング『ふたりの反省会篇』」で披露宴を終え、達成感を感じつつ“反省会”をする新郎新婦を演じている。

また時価総額7億円のジュエリーを身に着けた吉川さんは、ランウエーを歩くのも初めてだといい「緊張しましたし、まさか7億円(のジュエリーを)着けて歩くなんて……。そっちの緊張もありました」とコメント。一方で「(観客の)みんながすごく盛り上げてくれて、テンションを上げながら、安心して歩けた。楽しくていい思い出になりました」と笑顔を見せていた。

吉川愛、水着姿披露の初写真集は“羽生超え”? 「おなかに筋肉つけたかった…」

『LINE NEWS Presents NEWS AWARDS2020』の「俳優部門」を受賞した横浜流星 (C)ORICON NewS inc.

2021年令和3年 吉川愛 映画

2021年令和3年 吉川愛 映画

吉川さんも出演していた昨年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(2019年)で、存在感を示したのが上白石さんだ。1936年のベルリンオリンピック、女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した前畑秀子を演じ、役作りで体重を7キロも増やしたことも話題になった。

吉川さんは1999年10月28日生まれ、東京都出身。かつて「吉田里琴(りこ)」の名前で活動していた元子役で、連続ドラマ「メイちゃんの執事」(フジテレビ系、2009年)の麻々原みるく役などで知られ、朝ドラ「あまちゃん」(2013年)にも出演していた。

吉川愛、水着姿披露の初写真集は“羽生超え”? 「おなかに筋肉つけたかった…」

その後も人気女優の登竜門とされる全国高校サッカーの応援マネジャーや女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルを歴任し、連続ドラマ「こえ恋」(テレビ東京、2016年)、映画「ひるなかの流星」(2017年)で主演を務めるなど順調にステップアップしてきた。

2017年4月に改名し、同7月期の連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系)で女優として再スタートを切った吉川さんは昨年大活躍。「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(TBS系)の“エトミカ”を皮切りに、連続ドラマに次々と起用され、「緊急取調室」(テレビ朝日系)、「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系)、「シャーロック」(フジテレビ)では単発・ゲストだったものの、迫真の演技で視聴者を画面にくぎ付けにした。そんな吉川さんは2020年1月期は連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)への出演が決まっている。

永野さんは1999年9月24日生まれ、東京都出身。子役として映画「ゼブラーマン2-ゼブラシティの逆襲-」「私の優しくない先輩」(共に2010年)、NHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)などに出演し、映画「俺物語!!」(2015年)でヒロインに抜てきされたことで一気に脚光を浴びた。

2021公開の映画『ハニーレモンソーダ』が観られるオンライン動画配信サービスを比較。