吉高由里子

2021年令和3年 野田洋次郎 吉高由里子

2021年令和3年 野田洋次郎 吉高由里子

ここからが、いよいよ本題です。吉高由里子さんは、現在彼氏がいるのでしょうか?いろいろな方と噂になってきた吉高由里子さんですが実際のところはどうなのでしょうか?早速ですが、見ていきましょう!

そして、ひそかに愛をはぐくんでいましたが、2013年についにスポーツ新聞に掲載されたことで多くの人に吉高由里子さんとRADWINPS・野田洋次郎さんが付き合っていることが分かってしまいました。当時、テレビでも2人の熱愛を報道していたようなので知らない人はいないのでは?といわれているほどです。しかし、その半年後に、2人が路上でけんかをしているところが週刊誌に撮られてしまい紙面に掲載されてしまいます。その後すぐに破局をしたように書かれてありました。2人は本当に破局をしたのかというところが焦点になりそうですね。

『女性セブン』で大倉忠義のベッド写真が流出したという噂があります。これは、吉高由里子さんとは別の女性との関係があったとみられています。これには、生々しい写真が何枚も掲載されていたそうで、吉高由里子さんに同情の声も寄せられています。

これは、吉高由里子さんがしたツイートでした。赤ちゃんのエコー写真とともに何やら意味深ツイートをしているようです。このタイトルは「いのち」と題してあり、ファンの中には”中絶”を疑うものも見られていましたが、RADWINPSの「胎盤」ツアーを意味していたのではないかとみられています。いろいろな感情があったのでしょうね。

恋多き女優の吉高由里子さんの彼氏と噂があったのは、俳優の松山ケンイチさんでした。映画などで共演をする機会も多くこのような噂が出てしまったようです。この噂の真相についてみていきましょう。

吉高由里子さんと破局後、野田洋次郎さんに彼女はいるのでしょうか?ネットを検索すると、中高生を中心に人気の女性シンガーソングライターのあいみょんさんが彼女として噂になっているようです。この噂になった理由は、RADWIMPSのアルバム『ANTI ANTI GENERATION』に収録されている『泣き出しそうだよ feat.あいみょん』でバラード曲をコラボしていて、親密な関係になったと噂されているようですよ。

2010年に交際報道があり、吉高由里子さんからの猛アプローチを受けて付き合うようになったそうです。そして、尼川元気さんのマンションに行き翌朝に吉高由里子さんがそのマンションから出てきたといいます。

吉高由里子さんは、大倉忠義さんと破局後に熱愛(彼氏)の噂もなく、お仕事を頑張っているようです。熱愛報道をされている時でも、仕事は誰よりも頑張っていたとの記事もあるほど熱心な方だそうです。数多くの熱愛報道がされてきていますが、本当のこともあれば噂だけであったりしているようです。現在30代になり、ドラマなどでもいろいろな役をするようになりまた女優としての可能性を広げていっています。今後の彼女の活躍に期待していきましょう!

吉高由里子さんは映画『蛇にピアス』で初主演を飾ることになり一気に知名度を上げ大ブレイクした女優です。この映画では、R-15指定にもなっていて、濡れ場シーン多数ある過激な映画であり、身体を張った吉高由里子さんを見ることができます。19歳の時に「顎の骨を骨折」する大事故にあい、一寸先は闇という言葉が頭をよぎったそうです。人生には何があるかわからないということでいろんなことで前向きにもなれて明るくなったそうです。

俳優・村井良大(25)が29日付の自身のオフィシャルブログを通じて、同日発売された女性週刊誌『女性セブン』(小学館)の吉高由里子(25)とロックバンド『RADWIMPS』のボーカル・野田洋次郎(28)が復縁したという記事の中で、モデルの森カンナ(25)とともに「吉高と食事した」という部分について否定した。 「びっくり」とのタイトルで掲載しており、村井はYahoo!の急上昇ワードに名前載っていることで調べてみたそうで、記事を抜粋しつつ、「これは人違いですね。笑 僕ではありません。そして吉高さんには一度もお会いした事がないです…悲」と、つづることに。 さらに村井は気を使っており、「逆に吉高さんには御迷惑かけました。カンナは友達だけど、もう何年も会ってないですなぁ…。むしろ友達だから久しぶりにカンナに会いたいですわ。笑」とも。続けて「皆様朝から大変お騒がせしました。記事に載っているのは僕ではありません。びっくりしましたよね?僕もびっくりしました。事実ではありません」と、説明している。

しかし、吉高由里子さんと尼川元気さんは、1年余りで破局したそうです。その何年か後に、RADWINPS・野田洋次郎さんとお付き合いが始まったと言います。

そして、2016年に吉高由里子さんの彼氏として大倉忠義さんが交際報道をされることになります。『フライデー』でこの時は、ツーショットが撮られたというわけではありませんでしたが一人ずつの写真が掲載されていた模様です。お互いの所属事務所は交際を否定していたようです。

野田洋次郎さんは、吉高由里子さんに向けた曲を作っているとも話題になっています。『五月の蠅』と『ラストバージン』という曲だそうです。野田洋次郎さんが、作詞をするにあたり、ほとんどが実体験をもとに書いていることが多いとインタビューなどで答えています。そのことから、ファンは推測をはじめ、このような結果になったそうです。まず、『五月の蠅』は、憎しみがある歌となっています。憎しみといっても、強い憎しみではなく、好きだから憎いととれるような歌詞になっているのがポイントです。繊細な人が恋愛をして傷ついたりするからこのような素敵な歌詞になっているのかもしれませんね。もう一方の『ラストバージン』は、好きな人への愛をテーマにしている歌です。切ない歌詞もありますが、相手のことを思いやる様子が描かれています。

野田洋次郎さんは、女優の吉高由里子さんとの結婚を意識していたことが分かるような言葉を自身の著書『ラリルレ論』に記されているようです。ファンの方が読むと、すぐに”吉高由里子さんのことだ!”と思う方がいたのかもしれません。野田洋次郎さんの日記があり、その中に「結婚」という言葉があるそうです。その日記は、あまりうまくいってない様子などが赤裸々に描かれていたようです。

野田洋次郎さんとあいみょんさんは、仲良しであることを本人たちが公言しています。Instagramなどにツーショットをたびたび載せているので、怪しいと思う方もいるかと思いますが、この2人は付き合っていないようです。年齢差もあり、兄妹のような関係性なのかもしれません。お似合いという意見も多くあるようですが、残念ながら、野田洋次郎さんの彼女は、あいみょんさんではないようです。

2020年令和2年 二宮和也 吉高由里子

2020年令和2年 二宮和也 吉高由里子

吉高「違うんだよ~(笑)! 不器用人間です(笑)」

吉高「見えないぶん、視覚以外の感覚が研ぎ澄まされました。指先の感覚が鋭くなったり、ちょっとした物音に敏感になったり。例えば見えない状態でドアまで行こうとすると、怖くて小股になっているので、(普段と)同じ歩数でもドアが遠かったり。家の中でも、恐る恐る動いていましたね」

この2人のやりとりは視聴者に好評で、「セリフ言えない言ってーはツボ ニノと吉高ちゃんの関係好き」「吉高由里子の扱いが世界一手慣れてるのは二宮和也だ間違いねぇ」などと反響が見られた。

嵐の二宮和也が8日、フジテレビ系で放送された『VS嵐』に出演。映画で共演した吉高由里子と舌戦を繰り広げた。

吉高「視覚障がいのある方たちと話して、感覚を探りながらやっていくのは難しかったですね。三木監督も『正解は分からない』とおっしゃっていたので、感覚で進めていくしかないなあ、難しいなあと思っていました。会話シーンでも、相手の目を見られない。どういう表情をしているのか、見たいのに見られないところが厳しかったですね」

吉高の同じ事務所の後輩・坂ノ上が「初めてお会いした時は、朝っぱらから『おはよー! 朝だー!』って叫んでて、外で」と先輩の素顔を明かすと、「朝テンション高いんでしょうね。昼休憩でご飯食べてお腹いっぱいで眠いってなる」と吉高は困りつつも認めた。

これに二宮は「いや、タイプですね、本当に」と自身の経験を踏まえて強く納得。ただ、吉高から“良い話”をうながされ、監督や共演者など「とにかく、人に愛されるんですよ」とその魅力を語ったが、「『このセリフ、言えない。言って~』って…俺に」と無茶ぶりしてきたエピソードを明かした。

不思議に感じていたやべだったが、3人と会う機会が撮影が進んでからになるという吉高は「皆さんのお顔が見れないので、挨拶しに来ました」と説明。3人に挨拶するためだけに訪れたようで、やべは「こんな主演女優いるんだって思って。あの日はね、本当にびっくりした」と吉高の姿勢に驚かされたことを語っていた。

この日の放送には、10月23日から全国公開される映画『きみの瞳が問いかけている』に出演する吉高や横浜流星、やべきょうすけ、田山涼成、岡田義徳、坂ノ上茜が登場。嵐と様々なアトラクションで対戦した。

吉高「(横浜さんは)もともとアクションのイメージがあったので、『できる』と分かっていましたが、今回は過酷な課題じゃないですか。体重を10キロ増やしたり、トレーニングしたり、見ているだけで体の変化が分かりましたし、すごい努力しているなと思いました。誰にでもできることじゃないと思います。この作品と並行してドラマ(『4分間のマリーゴールド』)もやっていたんですよ。(ドラマでは)料理上手な男の子を演じている柔らかい作品だったので、(役どころが)両極端な時期だったと思います。空き時間を見つけてはキックボクシングの練習をされていたみたいで。ちょっと休む時間があったら挑もうとするストイックな姿勢が素晴らしいなと、尊敬しています」

ふたりの思い入れの深さには、もうひとつ理由がある。それは、それぞれ“初挑戦”となる役どころに取り組んだことだ。視力を失った女性という難役を演じた吉高は、三木監督とともに盲学校や、視覚障がい者生活支援センターへ取材に行き、役づくりに生かした。

この自由すぎる吉高にスタジオは驚きの声。「なんだこの会話!」と暴露に激しいツッコミで応じた吉高は「なんでそういうことしか言えないの、もっとあるじゃん!」とダメ出ししたが、二宮も「そんなことしかしてないんだよ、お前は!」と負けじと応戦するなど、激しい舌戦を繰り広げた。

さらに、吉高と映画『検察側の罪人』で共演している二宮は、番組の進行役から「そういうタイプなんですか?」と確認された。

様々な困難にぶつかりながらも、吉高は普段から相手と目を合わせずに会話をする練習を重ねたり、オフの日には白杖をついて歩き、目隠しして料理をしたりと、ユニークな方法で役と向き合った。

横浜「(吉高さんは)努力を見せない人。『私、こんなに頑張っている』というところを見せない。それで、さらりとやる」