国籍

2021最新 ウルフアロン 国籍

2021最新 ウルフアロン 国籍

6歳の時に柔道の総本山、講道館のクラブで柔道を始めた。2014年に学生団体日本一最多の24度を誇る東海大柔道部の門をたたいた。山下氏や、師と仰ぐ日本男子の井上監督も卒業生の名門校。常勝が求められる中で敗戦を糧にした。15年、団体戦で争う全日本学生優勝大会。2年生のウルフは決勝の延長戦で敗れ、東海大は大会8連覇を逃した。伝統の重みを感じ、責任を背負いこんだ。

東京オリンピックの柔道100Kg級で、金メダルが期待されているウルフアロン選手。

涙が止まらなかった。最後は切れ味鋭い大内刈りで、趙グハム(29)=韓国=を畳に沈めた。ウルフは決勝で9分35秒にも及ぶ激闘を一本勝ちで制すと、両腕を突き上げ、雄たけびを上げた。東京の下町、葛飾区出身の25歳が日本武道館で男泣きした。

同じ頃、頭をよぎっていたのは国籍の選択だった。日本か、父・ジェームスさんの母国米国か-。幼少期に「優勝しても外国人じゃん」と言われた反骨心もあった。「日本人という気持ちが強い。全日本選手権にも出られなくなってしまう」。日本国籍を選択し、五輪で金メダルを目指すことを決めた。周りが「練習の取り組みが変わった」と驚くほど大学団体戦の敗戦も力に稽古に明け暮れ、日の丸を背負う選手へと成長した。

(C)2021,Nikkan Sports News.
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツNEWSに帰属します。

2021最新 五十嵐カノア 国籍

2021最新 五十嵐カノア 国籍

2016年、18歳(この年の最年少)でCTの舞台に上がり、最終戦の『Billabong Pipe Masters』で初のファイナル進出、最高成績の2位。CTの初シーズンは総合ランキング20位。2017年は総合ランキング17位、2018年は総合ランキング10位と成績を伸ばし続けており、2019年は4年目のシーズンとなる。

そんな五十嵐選手の奮闘の裏で、ツイッター上では一部でこんな声が聞かれていた。

東京五輪で加わった新競技・サーフィン男子で、銀メダルを獲得した五十嵐カノア選手。世間での知名度が上昇する中、ツイッター上では密かにこんな声が聞かれている。俳優・吉川晃司さんに「似ている」というものだ。

2019年CTランキングで東京オリンピック出場権を得ていながら、出場必須とされた今大会。波乗りジャパンとして参加して五輪出場権を確定させ、更に個人2位となり銀メダルを獲得した。この大会で五輪出場を確定させた大原洋人、前田マヒナ、都筑有夢路と共に東京オリンピックに挑む。

全米タイトルを獲得した翌年の2011年、12歳の時に今のメインスポンサーである『Quiksilver』と契約。

2019年9月、宮崎県木崎浜で開催される五輪出場選考を兼ねた「2019ISAワールドサーフィンゲームス」には、前年のワールドランキング最上位選手として出場権を獲得。結果は13位に終わったが、会場には大勢のカノアファンが押しかけた。

2017年2月から、木下工務店を傘下にもつ木下グループと所属契約をしている。

2009年、アメリカ最大のアマチュア団体NSSA(全米アマチュアサーフィン連盟)でトム・カレンと並ぶ最多優勝記録30勝で全米タイトルを獲得。2010年、12歳の時に全米タイトルを獲得。

五十嵐カノアは気が付けばすでにサーフィンをしていた。わずか3歳で地元、ハンティントン・ビーチで父親にサーフィンを教わった彼は、その日以来このスポーツに夢中だ。このスポーツの才能を備えていた彼は6歳で大会デビューを果たし、しかもその大会で優勝した。

2018年6月29日、日本代表派遣選手になることが決定。9月15日から22日にかけて愛知県田原市で行われた「2018 ISAワールドサーフィンゲームス」で、個人銀・団体金メダルを獲得し、54年の大会史上初となる日本のメダル獲得に貢献した。

五十嵐選手は米カリフォルニア州出身の23歳。名前の「カノア」はハワイ語で「自由」を意味する。日本人の両親のもとに生まれ、幼少期からアマチュアサーファーとして活躍してきた。18年に日本国籍を取得。今回の五輪では日本代表として出場し、2021年7月27日の決勝で見事銀メダルを獲得した。

2019年10月17日、CT第10戦『MEO Rip Curl Pro Portugal』のラウンド1(Seeding Round)を勝ち上がったタイミングで、2020年東京五輪の出場権獲得が発表された。五輪出場選考イベントの中で、一番優先度の高いWSLの2019年CTランキングから選出される男子10名のうち、2人目の獲得者となった。

2018年4月26日、ISAは五十嵐カノアの国籍登録変更要請を正式に承認。ISAワールドサーフィンゲームスや2020年東京五輪に日本代表として出場することが可能になったと発表した。

2018年1月16日のNSA理事会を経て強化指定を受けることが内定、2月6日に『2018サーフィン強化指定選手』として正式発表された。

2017年、多くの仲間に見守られながら悲願の初優勝。2018年は、日本国籍としてこの舞台に立ちながら、これまでと変わらぬ地元からの大声援を受け、見事2年連続優勝を勝ち取った。