2020年令和2年 堀内敬子

窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の最終週「エール」(第120回)が27日に放送。最終回となるこの日は、メインキャスト総出演で作曲家・古関裕而氏の名曲を歌う『エール』コンサートを開催。ネット上には視聴者から「すごい贅沢な朝」「超豪華企画」「紅白にも出演してもらいたい!!」などの声が殺到した。【写真】“岩城さん”吉原光夫と同じく劇団四季出身の堀内敬子 美しいドレス姿で歌声を披露した 最後の放送となる第120回は、NHKホールを舞台にしたコンサート。冒頭から“ミュージックティーチャー”としてすっかりおなじみになった御手洗役の古川雄大や芸者で歌手の藤丸を演じた井上希美、さらに主要登場人物の幼少期を演じた子役らが登場し、劇中でも誕生エピソードが描かれた「とんがり帽子」を歌った。続いて井上と夏目千鶴子役の小南満佑子が「モスラの歌」を響かせる。 さらに鉄男役の中村蒼によるギター伴奏と共に久志を演じた山崎育三郎が「船頭可愛いや」を歌い美声を披露。また劇団四季出身で藤堂先生(森山直太朗)の妻・昌子を演じた堀内敬子が「フランチェスカの鐘」を、そして光子役の薬師丸ひろ子が「高原列車は行く」を、藤堂先生役の森山直太朗が、ギターによる弾き語りで、山崎と「栄冠は君に輝く」を熱唱。 コンサートの最後は、主人公・裕一を演じた窪田が指揮を務める中、音を演じた二階堂ふみが「長崎の鐘」を歌唱。曲の後半ではコンサートに参加したキャストがステージに再登場し、二階堂と共に平和への願いを込めながら歌い上げた。 感動のカーテンコールとなった最終回に、ネット上には「すごい贅沢な朝だわ…」「朝ドラなのにコンサート。素晴らしいラスト」「エール最終回サイコー!!」といったコメントが相次ぎ、放送後には「15分じゃもったいない超豪華企画」「紅白にも出演してもらいたい!!」「紅白の特別枠でエールコンサート完全版やってくれないかな」などのリクエストが集まった。 中でも最も反響が大きかったのが寡黙な馬具職人・岩城を演じた劇団四季出身の吉原光夫。「イヨマンテの夜」で力強い歌声を披露すると、ネット上には「おいおい岩城さん、オーラも声量もハンパないよ」「岩城さんすごい!鳥肌」「イヨマンテ優勝」「声量すごっ」といった驚きの声が寄せられていた。