2021最新 大橋悠依年収

2019年4月から歯列矯正を始めたということで東京オリンピックまでは2年ほど経っているのでおそらく歯列矯正は終わっているのかなと思われます!それまで大橋悠依さんの練習に歯列矯正は影響がなかったようです。

あれから2年、世界選手権で2種目メダルを獲ることだけを考えてトレーニングに励んできた。2018年のパンパシフィック水泳選手権の200m、400m個人メドレーの2冠も、アジア競技大会の400m個人メドレーの金メダルも、すべてはブダペスト世界選手権で流した涙へのリベンジを果たすためだった。

みんなの期待に応えることは大切かもしれない。でも泳ぐのは自分であり、結果を出すのも自分。それならば、周囲の期待がどうこうではなく、自分は頑張ってきたという自負があるなら、それをただ出し切れば良い。目から鱗の言葉に、大橋の目が覚めた。

真面目で、自分のことを理解し、客観視できる選手ほど、深みにはまりやすい。どこかで『悩んでいてもしょうがない! やるしかない!』と切り替えられれば良いのだが、冷静に自分の状態が分かるからこそ、自分はダメだと追い込んでしまう。まさに、大橋は負のスパイラルに迷い込んでしまったのである。

真面目な大橋は、その期待に応えようとした。全身全霊をもって、自分の持てる力、自分ができることすべてを懸けて、周囲の期待に応える泳ぎをしようと努力してきた。辛い練習に立ち向かうため、自分を鼓舞するため、『自分はもっと頑張らないとダメなんだ』と、自分で自分を追い込むことで、気持ちを奮い立たせていた。

大橋悠依さんは歯並びが悪いことや黄ばみがあることから不衛生ともささやかれたようですが…さすがに不衛生ということなかったみたいですね。

ですが大橋悠依さんは大学2年生まで貧血などに悩まされたそうで、大学生時代は思ったような成績は残せなかったんだとか。。

大橋悠依さんは水泳の個人メドレーでメダルを取る可能性も高いので、もちろんテレビに映る可能性も高くなります。それまでには治したかったということもあるのかもしれませんね!

2年前のハンガリー・ブダペストで行われた世界選手権の200m個人メドレーで銀メダルに輝いた大橋は、最終日の400m個人メドレーでは力を発揮できずに4位とメダルに届かず、涙を流した。

大橋悠依さんは歯並びが悪いことや黄ばみがあるなど言われていましたが、競技などの関係から人工歯を使っているという可能性があったんですね〜!

中学生時代には2010年ジュニアオリンピック女子200メートル個人メドレーで優勝するなどの成績を収めています。

2019年には大橋悠依さんがニュースで取り上げられて歯列矯正のワイヤーなどもしっかりと確認がされています..笑顔が素敵に見えるのでこちらの方がいいのかもしれませんね!

大橋悠依さんの歯並びに関しては東京オリンピックの水泳の競技にはあまり関係のないことだと思いますが、気持ちの問題で水泳の練習のモチベーションも変わってくるのかなと思います。オリンピック前に歯列矯正は終わっているはずなのでビジュアルも完璧な大橋悠依さんにはメダルをとっていてほしいですね!

そんな!大橋悠依さんの現在までの経歴や簡単なプロフィールをチェックしていきたいと思います!

それは、かつて感じたことがないプレッシャーからくるものだった。2年前、初めて日本代表に入り、ノンプレッシャーのなか勢いで獲得したメダル。さらに2018年にも結果を残したことで、大橋にかかる周囲の期待は、大橋自身が予想していたものよりもはるかに大きかったに違いない。