大橋悠依

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレーアナウンサー

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレーアナウンサー

大橋選手は2017年に初出場した世界選手権で銀メダルを獲得したが、その後自己ベストを更新できない長いスランプに陥った。大橋は当時を振り返り「なんでこんな結果になるのかと、泳ぎたくないほどだった」と話す。スランプ脱出のきっかけとなったのが20年2月に行ったスペインでの高地合宿。その合宿7日目が「運命の日」となった。

競泳女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋悠依(25)が大ファンだという女性6人組グループ「BiSH」が25日、金メダル獲得に祝福コメントを寄せた。

2度のコロナ感染乗り越え金メダル 一時は運動もできず…男子200m自のディーン「夢が実現した」

大橋選手は「2月27日の午後練のことでした。いきなり、自分は全然背中を使えていないんじゃないかと思ったんです。それで、大げさにじゃないですけど、体のローテーションの動きを出すようにして泳いだらすんなり泳げた。一つの意識を変えるだけでこんなにも変わるのかってくらい変わって。この日は『背中記念日』です(笑)」と話した。

大橋悠依 2冠にびっくり「史上初の実感ない」

BiSHは「大橋悠依さん金メダル獲得おめでとうございます。私達のライブに来てくれていたこともメンバー一同嬉しく思っていたので陰ながら応援させて頂いていました」とつづると、「“諦めること諦めて世界を完全味方に”した悠依さん。自分を信じて突き進んできた悠依さんの糧にBiSHがなれていることをとても誇りに思います。きっと悠依さん自身がたくさんの人の糧になっているのでしょう。私達も明日を生きるパワーをたっくさん貰いました」と刺激を受けたことを明かした。

平井監督は「生真面目でとことんやる彼女の意志の強さみたいのが、いい方向に出てきてくれたのかなと思う」と話した。大橋選手も会見で「監督とはぶつかることもありましたが、自分が悪い状態の時も見捨てずにみてくださいました。一番感謝しているのは平井先生」と話していた。

17年の銀メダル後にお祝いメッセージが届きすぎて「返信で腕が疲れてしまった」と言う大橋選手は、このレースに臨む前にスマートフォンの通知をオフにしていた。2冠達成後、通知をオンにしたところ「400件くらい連絡が来ている」と笑った。

しかし、師である平井伯昌監督と練習場所や方法をめぐりぶつかることもあったという。大橋選手と共に練習した清水咲子さんは「2人はすごく話し合っていた。泣きながらのこともあった。金メダルに向かってのぶつかり合いだったのだと思う」と話す。

今回の偉業の裏話を「日刊スポーツ」が伝えていた。大橋選手は慎重な性格で、決勝前夜にライバルの情報を調べ、英国の選手が気になるんだと平井監督に話したという。しかし、平井監督は「英国ではなく、標的を米国選手に絞るように」と忠告したという。結果はその予測通り、銀メダルも銅メダルも米国選手だった。

2021最新 大橋悠依 200m 金

2021最新 大橋悠依 200m 金

大橋は最後の自由形を力強く泳ぎ切り、2分8秒52を記録。25日に行われた女子400メートル個人メドレー決勝でも金メダルを獲得しており、個人メドレー2冠を達成した。

東京五輪第6日の28日、競泳女子200メートル個人メドレーの決勝が行われ 日本の大橋悠依(イトマン東進)が金メダルを獲得した。タイムは2分8秒52。400メートル個人メドレーとの二冠を達成した。

東京オリンピックの競泳女子200メートル個人メドレーで大橋悠依が金メダルを獲得しました。今大会2つ目の金メダルです。
得意の背泳ぎで2位に上がった大橋は、続く平泳ぎでも2位をキープ。
そして、自由形では最後の最後でついにトップに立ち、逃げ切りました。
今大会400メートル個人メドレーに続き、今大会2つ目の金メダルを手にしています。

【7月28日 AFP】(更新)東京五輪は28日、競泳女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(Yui Ohashi)が金メダルを獲得した。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

400Mでは、世界記録保持者のホッスー(ハンガリー)らを抑え日本競泳陣メダル第1号となった大橋。勢いに乗る25歳は、この日も安定した泳ぎで後半から伸び、最後の自由形でもしっかり3位を守ってタッチした。

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

2021最新 大橋悠依 200m メドレー

2021最新 大橋悠依 200m メドレー

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

大橋は「正直、すごい接戦になると思っていて、金メダルと思うとどうかなと思ったけど、体は止まっていたけど何とか踏ん張れた。初めての女子の2冠なのでとてもうれしい。勝っても負けても何も後悔はないと思って泳げたのがよかった。(寺村)美穂さんが準決勝で負けてしまって『私の分も明日頑張って来て』と言われて。お姉さん方の存在に助けられた。全然実感はないですけど、ものすごく大舞台で自分自身のいい泳ぎができた。沢山の迷惑をかけてきたけど多少は返せたかなと思います」と笑顔で喜びを語った。

競泳女子200メートル個人メドレーで大橋悠依が2分8秒52で金メダルを獲得し、400メートルとの2冠を達成した。競泳の日本女子で2個の金メダルを手にしたのは初めて。男子200メートルバタフライは今大会の日本男子で初めて決勝に進んだ本多灯が1分53秒73で銀メダルを獲得した。日本勢はこの種目で5大会連続表彰台。 準決勝は、男子200メートル平泳ぎの武良竜也が2分8秒27の全体6位で決勝に進んだが、佐藤翔馬は2分9秒04の10位で落選。女子200メートルバタフライの長谷川涼香は2分9秒42の9位で敗退した。 大橋悠依の話 最後は体が止まっちゃってたけど、何とか踏ん張れた。最後は勝っても負けても何も後悔はない、と言えるように泳ごうと思って、それが良かった。まだ夢みたいで実感はないけど、大舞台で自分の泳ぎができて自信になる。 本多灯の話 本当に成功して自分の思い通りのレースができた。前半は落ち着いていけた。後半は踏ん張るだけだった。緊張していたが、誰よりも楽しむことを意識してやり通した。

東京オリンピックの競泳女子200メートル個人メドレーで大橋悠依が金メダルを獲得しました。今大会2つ目の金メダルです。
得意の背泳ぎで2位に上がった大橋は、続く平泳ぎでも2位をキープ。
そして、自由形では最後の最後でついにトップに立ち、逃げ切りました。
今大会400メートル個人メドレーに続き、今大会2つ目の金メダルを手にしています。

【7月28日 AFP】(更新)東京五輪は28日、競泳女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(Yui Ohashi)が金メダルを獲得した。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

大橋は最後の自由形を力強く泳ぎ切り、2分8秒52を記録。25日に行われた女子400メートル個人メドレー決勝でも金メダルを獲得しており、個人メドレー2冠を達成した。

女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(イトマン東進)が400メートル種目に続き優勝した。女子個人メドレーでの日本勢の五輪制覇は400メートル、200メートルともに史上初で、2冠も初めて。今大会の日本勢でも初の金メダル2個を獲得した。

【東京五輪/競泳女子200メートル個人メドレー決勝】(28日、東京アクアティクスセンター)【写真】金メダル獲得!2冠を達成した大橋悠依選手
大橋悠依(25)が競泳女子200メートル個人メドレー決勝に出場し、2分08秒52で金メダルを獲得した。
直後のインタビューで大橋は「正直すごい接戦になると思っていた。最後、体が止まっちゃっていたが、何とかふんばれた」とレースを振り返り、「女子で2冠は初めてなのですごくうれしいです」とにっこり。「最後勝っても負けても何も後悔はないと言えるよう泳ごうと思った。それが良かったかなと思います」と声を弾ませた。
400メートル個人メドレーに続き2冠を達成したことについて「本当にまだ夢みたいで、全然実感が無いんですけど、この大舞台で自分の泳ぎができたのはすごく自信になる。いろんな人に迷惑をかけたが少しは返せたかなと思います」と笑顔で語った。

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレー金

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレー金

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

今大会厳しい結果が続く競泳では、女子200m個人メドレー決勝に登場した大橋悠依が2分8秒52をマークし、金メダルに輝いた。大橋は400m個人メドレーも制しており、日本競泳女子で史上初となる1大会での2冠を達成した。また男子200mバタフライでも初出場の19歳・本多灯が銀メダルを獲得。この結果、同種目ではアテネ2004から5大会連続の表彰台入りとなった。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

2021最新 大橋悠依 身長 体重

2021最新 大橋悠依 身長 体重

大橋悠依選手は歯並びを気にしていたのか、嚙み合わせのためなのか歯の矯正をしていますね。

ちなみに、大橋悠依選手のタイプは俳優の斎藤工さんのようです。

「トモさんの足元にも及びません」と謙虚に話す寺田選手だが、元日本代表LOトンプソン ルークよりも身長は高く、献身的に働き続けるLOになる素質は十分にある。コロナ禍でのステイホーム期間にヨガに出会い、いまや趣味になっているそうで、これから体の柔軟性も出てくるかもしれない。新天地でチームに欠かせない存在となれば、目標である日本代表入りも視野に入る。愛称は「テラ」、「ケイタ」。不動のLOブロディー・レタリックがチームを去ったあと、熾烈なポジション争いの中でどこまで自分を磨けるか。新リーグで神戸製鋼を見る楽しみがひとつ増えた。

体重は55kgで身長のわりには細いですよね!

そんな大橋悠依選手のハイレグ画像というのが話題になっています。

大橋悠依選手のハイレグ画像はスタイルが良くてすごく綺麗。

日本女子競泳界といえば池江里佳子選手が有名ですが、大橋悠依選手も注目されている選手の一人です。

中学3年生の時に、2010年ジュニアオリンピックの女子200m個人メドレーで優勝を果たしました。

さらに体重が57 kg とかなり痩せていることがわかります。

筋力トレにより6月には体重が約3キロ増。泳ぎが崩れたために再び体を絞ったが、調子は取り戻せなかった。五輪本番でも予選、準決勝ともに2分9秒台に低迷。北島2世と称される逸材は本家のように大舞台で力を出せず「優勝と言っていたのにみっともない姿を見せてしまった。2分6秒台を出せる実力があっても、こういう場で出さないと意味がない」と唇をかんだ。

大橋悠依選手の出身が滋賀県彦根市なので地元の中学、高校に通っていたのでしょうか?

大橋悠依選手の身長は173cmと女性としては大きいですね!

大橋悠依さんのインスタグラムからかわいい画像を集めてみました。

結論にもあるように大橋選手の身長に関しては174 CM と抜群のプロポーションです。

大橋悠依選手が女優の竹内結子さんに似てるとネット上で話題になっていますね!

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレーユーチューブ

2021最新 大橋悠依 200m 個人メドレーユーチューブ

リオデジャネイロ五輪出場は逃したものの、大学4年時に初めて出場した17年世界選手権の女子200メートル個人メドレーで2分7秒91の日本記録をマークし、銀メダルを獲得。師の予言を現実に変えたことで、東京五輪は「出たい」ではなく、メダルを狙う大会に変わった。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

大橋本人が「暗黒期」と呼ばれる時期で、チームにはリオデジャネイロ・オリンピックで金メダルを獲得する萩野公介ら、世界を目指す選手たちがいた。

大橋は同種目で4分30秒82の日本記録を持ち、2019年の世界選手権では銅メダルを獲得。24日夜の予選では、4分35秒71で全体3位で決勝進出を決めていた。

象徴的なのは、大学2年生で迎えた2015年4月の日本選手権だ。200m個人メドレーに出場した大橋は、出場40人中40位、つまり最下位に終わったのだった。

28日の金メダル第1号を飾ったのは、大橋悠依選手(25)。

大学2年、2015年の日本選手権では200m個人メドレーでエントリーした40人中、なんと40位。中学生にも負けていた。

東京オリンピック(五輪)第3日の25日、競泳女子400メートル個人メドレー決勝で初出場の大橋悠依(25)が4分32秒08で金メダルを獲得した。日本の競泳陣で、今大会初のメダル。日本勢が女子個人メドレーでメダルを獲得するのは2000年シドニー五輪400メートル個人メドレーで銀メダルだった田島寧子以来2人目で、21年ぶり。

2014年に草津東高校を卒業すると、北島康介らを育てた平井伯昌率いる東洋大学に入学し、一気に飛躍が期待されたが、ここで伸び悩む。

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

東洋大の平井伯昌監督(58)=日本代表ヘッドコーチ=に「最低でも3、4年は(伸びるまでに)時間がかかる。そこからが勝負だ」と誘われ、2014年に進学した。翌年の日本選手権は200メートル個人メドレー予選で最下位の40位だったが、貧血であることが判明。治療を経て才能が開花した。

「(平井)先生もチームメートも声をかけ続けてくれた。みんなのおかげで取れたメダルだと思う」と大橋。平井監督は「本当によく頑張ってくれたし、俺も報われた」と胸をなでおろした。

もう、仲間と一緒になっても視線を落としている大橋ではなかった。

【次ページ】 20歳を過ぎての急成長はなぜ起きた?

2021最新 大橋悠依 インスタグラム

2021最新 大橋悠依 インスタグラム

前回のリオデジャネイロ五輪で、池江は50m自由形、100m自由形、200m自由形、100mバタフライ、400mリレー、800mリレー、400mメドレーリレーの7種目に出場。競技初日には4レースをこなすなど鉄人ぶりを発揮し、毎日のように登場するのが話題になった。

女子個人メドレーで200mと400mの2種目に出場する大橋悠依。両種目と日本記録保持者で、東京五輪でもメダルが期待されている。

オリンピックには3大会連続出場となった渡部香生子は、日本人最年少の15歳でロンドン大会に出場。2015年世界選手権の女子200m平泳ぎ優勝を引っ提げ、満を持して出場したリオデジャネイロ五輪では準決勝敗退に終わった。インパクトは残していたものの、メダル獲得までは至っていない。

水泳選手
の大橋悠依
(おおはしゆい)
さんのインスタグラム(Instagram)アカウントです。

大橋は滋賀県彦根市出身。幼稚園の時に水泳と出会った。東京五輪陸上400mリレーメンバーの桐生祥秀とは中学校時代からの幼なじみで、ともに東洋大学へ進学し、地元彦根市の成人式にも一緒に参加している。世界を目指す同級生から刺激を受けた大橋は、その後大きく飛躍。2017年の世界選手権では女子200m個人メドレーで自己ベストを2秒以上更新する、2分7秒91の日本新記録で銀メダル、2019年の世界選手権では女子400m個人メドレーで銅メダルを獲得し、国際大会で着実に成績を残してきた。

今年4月の日本選手権兼東京五輪代表選考会では、平泳ぎで女子100m、200mの派遣標準記録を突破し優勝。個人2種目で代表内定を勝ち取った。これまで2度のオリンピックでは結果が伴っていなかったことから「出るだけではダメ。メダルを取れるチャンス。悔いのないように練習したい」と渡部は宣言。充実した気持ちで挑む東京五輪で、渡部は悲願のメダル獲得を目指す。

前回のリオデジャネイロ五輪で金メダル2個を含む、7個のメダルを獲得した日本競泳陣。2004年アテネ五輪からメダルラッシュが期待できる種目となり、自国開催となった東京五輪でも期待できる選手たちが揃った。ここでは女子の注目種目や選手を取り上げる。

瀬戸大也 200個メで決勝進出 悲壮な覚悟「きょうのレースが最後になるかもしれないと」

池江璃花子は2019年2月に白血病と診断されたが、驚異的な回復力でプールへ戻ってきた。

芸能人・有名人のインスタグラム情報募集中!

今年4月の日本選手権兼代表選考会では、女子400m個人メドレーで優勝。200m個人メドレーで2位に入り、2種目で五輪代表内定。「落ち着いてしっかり泳ぐことができた。代表内定をしっかり取れたことは、この5年間の成長だと思う」と、リオデジャネイロ五輪選考会で敗れてからの成果を強調した。五輪本番でもしっかり泳ぎ切れば結果は必ずついてくるはずである。

リオデジャネイロ五輪後、渡部は足首を捻挫し、思うようなレースができない日々が続く。しかし、2017年の夏季ユニバーシアードでは、平泳ぎ2種目とメドレーリレーで優勝すると、2018年日本選手権女子200m平泳ぎで2位、ジャパンオープンやアジア大会を制覇し、復活の狼煙をあげた。

2021最新 大橋悠依 2ch

2021最新 大橋悠依 2ch

水泳の大橋悠依さんがかわいい!美人!と話題になっています。

今回は、大橋悠依さんのかわいい画像とともに、結婚や彼氏の情報もご紹介します!

2014年に東洋大学に入学。

大橋悠依さんが魅力的で思わずキスしてしまったのでしょうか?

400mに続き
200mも制覇!
金メダル獲得!
おめでとう!

大橋悠依さんは、お姉さんの影響で水泳を始めます。

2021最新 大橋悠依 200 メートル

2021最新 大橋悠依 200 メートル

競泳・日本選手権兼東京五輪代表選考会第3日(5日、東京アクアティクスセンター)、女子200メートル個人メドレー予選は日本記録保持者の大橋悠依(25=イトマン東進)が2分13秒30で午後からの準決勝に進出した。

【7月28日 AFP】(更新)東京五輪は28日、競泳女子200メートル個人メドレー決勝が行われ、大橋悠依(Yui Ohashi)が金メダルを獲得した。

予選3組で登場した大橋は1着でフィニッシュ。タイムは全体2位だった。

200メートル個人メドレーの派遣標準記録は2分10秒49。

東京オリンピック、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依選手が2分8秒52でフィニッシュし、今大会2つ目の金メダルを獲得しました。

大橋は最後の自由形を力強く泳ぎ切り、2分8秒52を記録。25日に行われた女子400メートル個人メドレー決勝でも金メダルを獲得しており、個人メドレー2冠を達成した。

女子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した大橋選手は、28日行われた女子200メートル個人メドレーの決勝に出場しました。大橋選手は最初のバタフライで5番手につけると、続く得意の背泳ぎで一気に2番手まで順位を上げて、平泳ぎもそのままトップ争いを続けました。

女子400メートル個人メドレー金メダルの大橋悠依(25=イトマン東進)が、女子200メートル個人メドレーも制し、日本女子初の競泳2冠を達成した。

前半の100メートルを2番手で折り返した。最後の自由形で競り合いを制した。

2021最新 大橋悠依 体重

2021最新 大橋悠依 体重

◆新井 千鶴(あらい・ちづる)1993年11月1日、埼玉・大里郡寄居町生まれ。27歳。小学1年で本格的に柔道を始める。埼玉・児玉高を卒業後、三井住友海上へ。13、15年GS東京優勝。15年世界選手権5位。17年はGSパリ、グランプリ・デュッセルドルフ、全日本選抜体重別選手権優勝。17年、18年世界選手権優勝。20年GSデュッセルドルフ優勝。得意技は内股。172センチ。

目次:【巻頭特集企画】『フェース管理』がゴルフの真髄できたぞ!真っすぐ戻すインパクトゴルフスイングの最大の目的は、狙った方向にボールを飛ばすこと。そのためには、スイング中のフェース向きをきっちり管理して、構えた位置に“真っすぐ”戻したい。これさえできればショットが劇的に安定して、スコアアップすること間違いなし!【特集企画】夏ラフ攻略法正しい“打ち込み方”教えます!いつものラフと同じだと思って打つとチョロやザックリなど大ミスが出てしまう夏の粘り強いラフ。約20年間ツアーで戦ってきた合田は、夏ラフは番手と打ち方を変える必要があると教えてくれた。【人気連載】新・ギア総研曲がらない重視ならアイアン型UTがいい!UTとひとくくりにされても、「ウッド型=やさしい」、「アイアン型=難しい」というイメージは根強い。しかし、アイアンに近い形状をしているからこそ、“方向性が良い”というメリットもあるのだ。【特集企画】“入る”絶対法則を発見!大学教授のパッティング物理学動作解析の権威にして、パッティング解析に情熱を注ぐ大学教授が、パットが入る“絶対法則”を教えてくれた。“パットの常識”を次々と覆す新法則に編集部も唖然。これを読めば、アナタの平均パット数も大幅に減るはずだ。【情報特集】夏の疲れを年齢のせいにしない!バテないカラダを作るゴルフごはんカラダが重い、疲れやすい、疲れが取れにくい、太ってきた……。こうした不調の原因は栄養バランスの悪さにあることも珍しくない。バテないカラダは日頃の食事から!体力を奪われる夏場のゴルフでもエネルギー切れにならない食事術を伝授しよう。【Book in Book〈金のアルバ〉】〈最新〉ドロー・フェード論ワンランク上のゴルフを目指すなら、打ち出しが安定した自分の球筋を持つことが大切だ。ドローヒッターの小祝さくらを指導する辻村明志、フェードヒッターの稲見萌寧を指導する奥嶋誠昭から最新のドロー・フェード論を学び、自分に合う持ち球を見つけよう!【Book in Book〈ABC〉】初心者向け大型連載ALBAビギナーズ倶楽部雑誌や動画でレッスンを見ていると、分かっているようで分からない専門用語が出てくることがある。言葉の意味を正しく理解することで、ゴルフのことをもっと知り、効率的に上達しよう!

東洋大時代に患った貧血を克服。五輪翌年の17年に初めて世界選手権代表入りし、200メートル個人メドレー銀など一気にトップレベルへと飛躍した。

第3コースで泳いだ大橋は、2泳法目の背泳ぎでトップに立つと、続く平泳ぎでさらに差をに広げ、自由形で逃げ切った。
レース直後には涙も流れたが、チームメートの顔を見ると、再び笑顔が広がった。「不安もあったが、昨日いい泳ぎができたので、とにかく自分のレースをしようと思って、自分を信じて泳ぎました。自分が金メダルを獲れるなんて、本当に思ってなかったので。ここにくるまで色々なことがあったが、ここにチャレンジさせてもらえて感謝していますし、ここで力を出し切れるように色々な方が支えてくださったので、感謝しています」と話した。
24日夜の予選で出した4分35秒71から3秒以上タイムを縮めた。「タイムも日本新(4分30秒82)出して以来の結構速いタイムだと思うので、朝のこの時間にこのタイムで泳げて、やってきたことは間違ってなかったと思う。楽しいレースができた」と会心のレースだった。
「みんな応援してくれて、自分が暗くなって1人になっちゃうときも、色々な人が声をかけてくれて、本当にチームに支えられていると思っている。みんなが応援しにきてくれて、すごい力が出せました」と笑った。
13年9月に東京が開催地に決まった時は高校3年。「ボランティアやトレーナーなど何らかの形で関われればいいな」と思っていた。中、高校時代は目立った成績はなく、東洋大進学後も左膝の脱臼や重度の貧血に悩まされた。大学2年時の15年日本選手権の200メートル個人メドレーは最下位の40位に低迷。引退して公務員になることを本気で考えたが、投薬治療や食生活改善で貧血を克服すると、一気にタイムが伸びた。17年に初めて日本代表に入り、世界選手権で銀メダル。一躍、日本女子のエース格となった。
昨年9月から左右の筋力を均等にするトレーニングに取り組んできた。泳ぎの左右のわずかなバランスを気にする繊細な性格の持ち主。今月初旬、精神状態は最悪だった。6月下旬に実施した本番を想定したタイムトライアルで低調な記録に終わり、近い関係者に「メダルが獲れないので五輪に出たくない」と漏らした。五輪直前に信頼を置くトレーナーによる体のメンテナンスを受け、水中動作の感覚が一気に好転。ギリギリで本番に間に合わせた。
大橋にとって初めての五輪。「まだ夢みたいなんですけど、泳いでいてすごい楽しくて、それが自分が水泳をやっているすべてだと思う。頭を切り替えて200も頑張りたいと思う」。200メートル個人メドレーへも大きな自信を手にした。
◇大橋 悠依(おおはし・ゆい)1995年(平7)10月18日生まれ、滋賀県出身の25歳。世界選手権は17年に200メートル個人メドレーで銀メダル、19年は400メートル個人メドレー3位。滋賀・草津東高、東洋大出、イトマン東進。1メートル74、57キロ。

競泳女子400メートル個人メドレーで大橋悠依(25=イトマン東進)が4分32秒08で金メダルを獲得した。日本勢が女子個人メドレーでメダルを獲得するのは2000年シドニー五輪400メートル個人メドレーで銀メダルの田島寧子以来2人目となった。

大橋悠依 競泳女子初の二冠「夢みたいで実感がない」