天才

2021最新 柳楽優弥 天才

2021最新 柳楽優弥 天才

天才子役としての鮮烈なデビューから、映画界期待の個性派俳優に成長した柳楽優弥復活の軌跡、おすすめ出演映画やドラマなど彼の魅力を徹底的に分析していきます!

さらに、鶴瓶は小学校からの幼なじみの林さんに取材。そこで、林さん夫婦のキューピッドが柳楽だったことが語られるが、結婚式直前まで結婚することを聞かされていなかった柳楽が、結婚式のスピーチで起こしたある行動が明かされる。

構成は全5話で、本作は柳楽優弥の初の主演ドラマでもあります。

北斎は晩年に波を描き続けている。柳楽が気になったのは、「なぜ北斎は、波を描くことが得意だと気づいたのか」ということだった。

【5月27日 marie claire】今年、31歳を迎えた柳楽優弥。映画『HOKUSAI』で葛飾北斎の青年期を演じている。自分自身の表現を追い求める、若き日の北斎に共鳴した点は。

藤ヶ谷はドラマの共演以来、プライベートでも交流のあるお笑いコンビ・ラバーガールの大水洋介にも取材。柳楽から飲みに誘われたはずなのに、「男はつらいよ」を5時間ノンストップで見させられたことや、プライベートでは下ネタばかりというエピソードが語られるが、柳楽は下ネタばかりになったのは鶴瓶の影響だったと語る。

子役から実力派俳優へと成長を遂げた柳楽優弥。大人になった彼の活躍にも期待したいですね!

皆さんもきっと、若き北斎に成りきった柳楽さんが表現する感情の起伏に振り回せながらも、絵を描くこと、生きることへの真っすぐな姿勢にグッと心を奪われることでしょう。その一番の引力を引き起こしているものは、北斎の目力です。これは柳楽さんばかりでなく、田中さんが演じる老年期の北斎もまた、その時分にふさわしい目力を見せてくれます。その他のキャストも目で語る場面が多いので、ぜひとも皆さんも注意深く観てください。

子役時代から復活後もなお、主演に抜擢されることの多い柳楽優弥。『誰も知らない』以降の、歴代の出演映画はどれも素晴らしい作品ばかりです。

一方、鶴瓶は柳楽が趣味にしている釣りの仲間で、船の先生でもある伊能さんにも取材。船舶免許1級を取得した柳楽が、夫婦で仲良く釣りに来ているエピソードが語られ、あまりにも幸せすぎる夫婦生活を聞いた藤ヶ谷が嫉妬するひと幕も。

2010年頃を境に、目立った活躍が少なくなっていた柳楽優弥ですが、2014年に出演したドラマ『信長協奏曲』やその翌年のNHK朝ドラ『まれ』などで注目を集めました。そして2016年は1月公開の映画『ピンクとグレー』への出演、5月公開の映画『ディストラクション・ベイビーズ』では主演が決定しており、さらなる活躍が期待されます。

詳しいストーリーは明らかにされていませんが、真利子哲也監督と、映画『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀賞を受賞した喜安浩平が脚本を手がけるというだけあって期待度の高い2016年公開映画となっています。

編集部:まず柳楽さんへ、今回の役づくりはどのように行いましたか?

『誰も知らない』でデビューし、一躍有名になった柳楽優弥。あまり姿を見ない時期もありましたが、2015年現在では演技派俳優として完全復活を遂げています。柳楽優弥の復活までの軌跡を追いました。

浮世絵師として世に出る前の若き北斎(青年期)を柳楽優弥さんが演じ、北斎にとって世界的な代表作であり、さらに2020年のパスポートの図柄にも選ばれた『冨嶽三十六景』を描いた老年期を田中 泯さんが演じています。

2021最新 長谷川唯 天才

2021最新 長谷川唯 天才

年代別の日本代表を飛び級で務め、U17W杯では初優勝の中心。欧州でも引く手あまたの天才選手だが、簡単にできあがったわけではない。自宅の駐車場を潰して人工芝を張り、トレーニング場に改造。軽量を補うために体幹、体力をぎりぎりまで鍛えて戦っている姿を、田中さんは知っている。

「なでしこジャパン」で攻撃のタクトを振りゴールも狙うのがMF(ミッドフィールダー)の長谷川唯選手(24)だ。

――2019年のFIFA女子ワールドカップフランス大会では、途中ケガなどで悔しい思いをしたと思います。それ以降、レベルアップは実感できていますか?

日本で在籍していた日テレ・ベレーザの先輩で日本女子サッカー界のレジェンド澤穂希さんが目標だ。ポジションも重なる。2018年に市スポーツ栄誉賞第1号に選ばれた際、「女子サッカーの人気は下降気味。五輪で結果を出すことが大事」と語っていた。

頭もよかった。田中さんは長谷川選手がオフサイドをとられた記憶がないという。「手がかからない子で自由にやらせていたよ」。持久力もずば抜けていて戸田の駅伝大会でもぶっちぎり。男子チームの同少年団と掛け持ちし、そこでも主力だったという。