好きなタイプ

2021年令和3年 山田裕貴 好きなタイプ

2021年令和3年 山田裕貴 好きなタイプ

父は中日、広島でプレーした元プロ野球選手の山田和利さん(55)で、現在は広島の2軍コーチ。山田はプロ野球選手であった父に憧れて小学3年生から野球を始め、野球に没頭した日々を送っていた。ところが中学3年生の時に「父を意識し過ぎて重かった。俺の人生か?父を追いかけているのか?」との葛藤を抱き、野球を辞めることを決意。父からは「野球をやれとは言ってない。なぜ自分で決めたことを最後までやり遂げないのか」と言われたという。

そしてその“令和の俳優アベンジャーズ”と言わんばかりの超豪華キャスト陣には、本作の主人公であり、人生をかけたリベンジの為タイムリープするヘタレ男子のタケミチ(北村匠海)、東京卍會副総長・龍宮寺堅、通称ドラケン(山田裕貴)、物語のカギを握る存在の橘ナオト(杉野遥亮)、タケミチに“人生のリベンジ”を決意させるヒロイン、橘ヒナタ(今田美桜)、タケミチの天敵でキヨマサこと清水将貴(鈴木伸之)、タケミチたちの頼れる存在である東京卍會の弐番隊隊長・三ツ谷隆(眞栄田郷敦)、東京卍會に対し稀咲と共に暗躍する謎の不良・半間修二(清水尋也)、タケミチの親友・千堂敦(磯村勇斗)、裏で暗躍する東京卍曾幹部・稀咲鉄太(間宮祥太朗)、最後はタケミチが挑む東京卍曾の総長・佐野万次郎、通称マイキー(吉沢亮)と、新時代の日本映画界を背負って立つ超豪華キャスト陣が集結している。

困った人がいたら見捨てられず、助けちゃうけどおせっかいと思われるかもなっていう真っすぐな教師役。そういう人がすごく好きでこうなれたらいいなと思う役柄でしたので、うれしかったです。

高校は父の母校・東邦高(愛知県)に進学したが野球部には所属しなかった。在学時に同校は甲子園に出場。チームメイトが活躍する姿を見て、なぜ野球を続けなかったのかという思いと父の「最後までやれ」という言葉が頭をよぎって後悔し、涙が止まらなかったと告白した。山田は「次に決めたことは死ぬまでやろうと思い、紆余曲折しながらも、この仕事(俳優)だっだ」と役者の道に進んだという。

雨瀬シオリの同名漫画を山田裕貴主演でドラマ化。ミステリアスでクールな謎多き倫理教師・高柳(山田)が自傷行為、深夜徘徊(はいかい)、いじめ、ドラッグなどシリアスな問題を抱える生徒たちに倫理と哲学の言葉を投げ掛けることで、問題に立ち向かう姿を描く。脚本はアニメ作品も手掛ける高羽彩が担当する。

俳優の山田裕貴(30)が7日放送のTBS「A―Studio+」(金曜後11・00)に出演。挫折と苦悩から俳優を目指したスタート地点を語った。

たたみかけてくる問いは、大人でもたじろぐ。中高年に知恵熱出させるほど、答えるのが難しいし、恥ずかしくもある。好き嫌いが分かれる作品だが、自分がもし親になっていたら思春期の子供と一緒に観たかったドラマだ。48歳だけど、山田の授業を受けたいとも思ってしまった。

男子生徒から合意なき性行為を強要されたところを山田に救われてから、妙に山田に懐く。軽薄で雑に見られるものの、根っこは誰よりもフラットで平等。相手が男であれ女であれ年上であれ、態度は変わらず。

水川あさみ主演で、柚木麻子の同名小説を実写化。SNS全盛の時代を背景に、女同士の友情を鮮烈に描く。美人で高学歴、高収入の栄利子(水川)には、女友達がいなかった。そんな中、人気のSNS日記の作者で、同い年の主婦・翔子(山田真歩)と親しくなるが、あることを機に二人の関係は思わぬ方向へ進んでいく。

本作のヒロイン・橘日向(ヒナタ)役には、2018年のテレビドラマ「花のち晴れ~花男Next Season~」で一躍ブレークを果たして以降、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」や「ドクターX~外科医・大門未知子~」など数多くの話題作へ立て続けに出演を果たし、待望の続編となる国民的ドラマ「半沢直樹」へ出演するなど”令和最注目”の若手女優として活躍する今田美桜が決定致しました。映画でヒロインを演じるヒナタは、主人公タケミチの人生唯一の彼女だったが、現在の世界で抗争に巻き込まれ命を落とし、タケミチの “人生のリベンジ”を決意させる切っ掛けとなる重要なキャラクター。天真爛漫で明るく、過去のヘタレだったタケミチを支えるヒナタは原作ファンの間でも特に人気の高いキャラクターであり、本作キャスト陣を発表した際、SNSでは「東京リベンジャーズ、令和の俳優アベンジャーズだ!」、「キャスト豪華過ぎ!」、「配役大正解過ぎる!」など、公開への期待が大いに高まる中、「ヒナタの発表が楽しみ過ぎる!」、「最近一番気になることはヒナタ役を誰がやるかってこと!」といったつぶやきが数多く投稿された中での解禁となります。タケミチ役の北村匠海をはじめ、吉沢亮や山田裕貴ら、共演俳優とどのような化学反応が生まれるか、また、熱い男たちが繰り広げる世界にどのような光を照らし出すのか、完成が待ち遠しい!

2021年令和3年 玉森裕太 好きなタイプ 最新

2021年令和3年 玉森裕太 好きなタイプ 最新

「ストーリーは本当に複雑で、3回くらい小説を読み直したんですよ。それでも完全には理解しきれていないかもしれません。ただ崇史の麻由子に対する想いは、真っ直ぐで男らしいなと思いました。映画を見ると、崇史は自分の気持ちばかり考えているヤな奴に見えると思うんです。でも、僕は友達と同じ女性を好きになったら速攻で引くタイプ。もし友達とその女性が付き合っても、めっちゃ引きつりながら二人と友達付き合いも続けると思うので、崇史の自分の気持ちへの正直さがうらやましいです」

実は玉森さん、約7年前の『ViVi』で「玉森さんと付き合うとついてくる特典は?」と尋ねられ、「人見知りだけど、目が合うようになります!」と答えてくれていた。そんなかわいい恋愛観も、大人に変化した?

「初めてでしたのでもちろん緊張はしましたけど、あまり深く考えず、気負うことなく臨みました。ファンの方には……、映画の中の出来事と見ていただくか、玉森裕太として見ていただくか、ですよね。まあでも僕も29歳ですし、そこは多少免疫をつけていただけると助かります(笑)」

ジャニーズ>TOKIO>松岡昌宏の記事一覧です。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 松岡昌宏のニュースならサイゾーウーマンへ!

◇玉森さんの爽やかスマイルに視線くぎ付け!

Kis-My-Ft2 玉森裕太は、意外と好き嫌いハッキリタイプ!?

「今は、相手のために尽くしたいという思いが強くなりましたね。たとえば送り迎えをしてほしいと言われたらしますし、基本相手のペースに合わせますよ。自分からこうしたい、というのはないんです。好きなタイプも、“ガハガハ笑う人”というのは変わらないんですけど、もっと細かい価値観の相性を見るようになりました。やっぱり大切なのは、“人として”の部分ですよね。僕、普通なんですよ(笑)」

ある世界では愛する麻由子と自分が恋人同士、もうひとつの世界では麻由子と親友の智彦が恋人同士……。東野圭吾が仕掛けたラブミステリー『パラレルワールド・ラブストーリー』で、そんな2つの世界に迷い込み混乱する主人公・崇史を演じているのが、人気アイドルグループ、Kis-My-Ft2の玉森裕太さんだ。

2021年令和3年 玉森裕太 好きなタイプ

2021年令和3年 玉森裕太 好きなタイプ

リビングで「ウェーブ フロアワイパー」を持って、カメラに「新発売のウェーブ フロアワイパー」と元気よくアピールする玉森さん。さっそくフローリングの床をお掃除し始め、スーッと進んでいくスムーズな拭き心地に感心していると、今度はフロアワイパーのヘッド部分がクルッと縦回転して、素早く使用していない面へと切り替わり、予想外の動きに玉森さんも「まわった!」と驚いています。そして、今度はキッチンの食器棚と冷蔵庫の間の狭いスキマをお掃除しようとする玉森さん。「まさかこのスキマに…」とドキドキしながらフロアワイパーを進めていくと簡単に入り込み、心の中で「入った…っ!?」とつぶやき、すっかりたまげた表情を浮かべています。ここで、シンプルな抽象空間に舞台が切り替わり、食器棚と冷蔵庫のスキマにフロアワイパーを入れる玉森さんのデモンストレーションカットと、「スキマの奥まで簡単キレイ」というナレーションが挿入。その隣りで、商品キャラクターのウェーブくんも大喜びしています。最後は再びリビングへ。ワイパー片手に、カメラ目線で「ウェーブ♪」と歌う玉森さんに続いて、椅子に乗ったウェーブくんが「フロアワイパー」と力強くアピールします。

別な女性なのか、ヤラカシ時代は玉森さん個人の熱烈なファンだったのか不明ですが、闇が深いですね。

<玉森裕太コメント>
初めてこのParaviで配信される「グラグラメゾン♥東京」の台本を読んだときは、とにかく「面白い!」と思いました。『グランメゾン東京』本編では映っていない平古祥平の“料理人としての思い”や家の中での恋人との会話など、この配信ではたくさん出てくるので、より“平古祥平”という人物を見る事ができると思います。僕自身も、「祥平はこの間にこんな事を考えていたのか」と思わされるようなシーンも沢山あります。しかし、実際に演じるとなると、難しいと感じる一面もあります。この作品には、コメディの要素もありますが、『グランメゾン東京』の平古のキャラクターとかけ離れ過ぎないように、それを意識しながら演技しています。毎回、監督と相談しながら撮影に臨んでいます。
また、「グラグラメゾン♥東京」を観ると「平古祥平は本当に“料理が好きなのだな”」と仕事への熱量も感じられると思います。仕事にも情熱的だからこそ、仕事に打ち込んでいる女性が気になり、恋人との間で心が揺れてしまう。男はそういう時に心が“グラグラ”してしまうものだと思うので、祥平の気持ちはよく分かります。
この配信を見て、さらに放送も見て、色々な想像を膨らませながら、楽しんで頂ければと思います。是非、ご覧ください!

本作で玉森はカメラマン役を務めるが、「いつもは写真を撮ってもらうことの方が多いのですが、カメラマンさんの動きや声掛けの仕方などは自然と注目して見るようになりました」と役づくりに生かしている模様。プライベートでも写真を撮っているという玉森は、撮影中もカメラマンとしての所作を研究しているようで、上白石からは「道路で練習していましたよね」と言われると「自分のカメラで楽しみながら研究しています」と語っていた。

今回は“たまもりたまげる”というキーワードのもと、「ウェーブ フロアワイパー」を初めて手に取った玉森さんが、自分の部屋のお掃除をする様子を描いたTV-CMを制作しました。一番の見どころは、CMタイトルでもある、“たまもりたまげる”カットです。食器棚と冷蔵庫のわずかなスキマに簡単に入り込んで、くまなくホコリを取る「ウェーブ フロアワイパー」の威力を目の当たりにした玉森さんが、思わずしてしまった“たまげる”表情とは果たして……!? 今までにないスムーズな拭き心地や、キレイ好きな人の心をくすぐる便利な機能に、興奮する玉森さんにご注目ください。

原因は、ありささんがミスコンの日本一に優勝した際のインタビューで、好きなタイプの男性の名前に玉森さんの名前を出したことでファンの怒りをかったそうです。

また、今回のCMソングにはKis-My-Ft2の新曲『Mr.FRESH』を起用しました。聴いているだけでますますお掃除が楽しくなる、軽快かつノリノリのメロディーが、「ウェーブ フロアワイパー」で部屋中をキレイにしていく玉森さんのチャーミングな表情を引き立てます。

亜生 (ミキ)さんコメント
上白石萌音のバーターこと、ミキの亜生です。
ついに萌音やんと一緒のドラマに出ます。萌音やんがいてくれてほんまによかったと思ってます。
慣れない現場に仲良しがいてくれるというだけで楽しみです。玉森くんとの絡みが多いと思いますので、はやく玉森くんのことを「玉ちゃん」と呼べるくらいまで仲良くなりたいです。仲良くなって家とか行きたいです。

食べ終わった後もトイレ、給湯室へ移動し、ロビーでようやく千賀と合流。千賀は「マイコのことが好き。付き合ってください」と告白し、無事にマイコのOKを貰うと「じゃあ俺戻るね」と、後ろを向いて歩き出す。しかし千賀の背中には「↓」と書かれた紙が貼ってあり…去り行く千賀のロングコートから、プレゼントが落ちた。

「グラグラメゾン♥東京 ~平古祥平の揺れる思い~」第1話あらすじ一流ホテルのブッフェレストランのシェフ・平古祥平(玉森裕太)は、決められた料理を淡々と作る毎日に物足りなさを感じていた。3年前、フランスの二つ星レストランにいた頃は、カリスマシェフ・尾花夏樹(木村拓哉)の指導に苦しみながらも料理人として充実していたからだ。万人受けする料理と本当に自分が食べさせたい料理とのギャップに悩む祥平。婚約者の蛯名美優(朝倉あき)は、そんな祥平の思いに気付かない。一方、祥平の表情に不満を読み取ったブッフェレストランのパティシエ・松井萌絵(吉谷彩子)は、祥平に厳しい言葉を投げる。

続けて、『褒められて伸びる子』と自ら語っている玉森さんは、女の子からダメ出しはイヤ、(自分もしたくないから)携帯チェックをされるのはイヤ、彼女とは適度な距離を置いて週二回くらい会えれば良いそうです。でも、会ったときは望まれるものがあれば、どんなワガママでも返したい。自然に笑顔がこぼれるような関係を築いて楽しませてあげたいそうです。

そんな玉森は「今年こそ来い! と思っていること」について「今年こそというわけではないのですが」と前置きしつつ「ドラマでも運命的な出会いがキーワードになっているので『運命の人、来い!』って感じでざわざわさせちゃおうかなと……」ちゃめっ気たっぷりに回答。共演者からは「大丈夫なの?」という声が飛んだが「一応OKだって言われたので」と照れくさそうに笑っていた。

◇玉森さんの爽やかスマイルに視線くぎ付け!

高橋メアリージュンさんコメント
脚本を読んだ時に菜々緒さん演じる麗子の台詞がかっこよく、玉森さん演じる潤之介と上白石さん演じる奈未の胸キュンシーンなど早く映像で見たいなと思いました。
ファッション雑誌のお話なので、衣装もハイブランドだったり、とてもオシャレで心躍ります。私は (麗子の)ライバルの編集長役という事で、実際にモデル時代に見てきたことや、編集部で働く知人たちに話を聞きながら役を作っていこうと思います!

あまりにあっさりした対応に、ゲスト陣はほぼ0点評価。瑛茉は「サスペンスホラーを見てるよう」とコメント。横尾に対応の意図を尋ねると「シンプルにいこうと。長くなりたくない」と答え、プレゼントの見た目にあえて差をつけることで、気持ちを察してほしいと説明。MCの玉森裕太が「“感じろ”タイプね」とフォローするが、池田は「気づかないよ」とピシャリ。すると横尾が「鈍い人は気づかない」と池田にケンカを売り、キスマイメンバーは大爆笑となった。