2021最新 宮崎美子昔

今週の話題は2人のオバチャンだ。まずは宮崎美子。御年61歳。彼女が篠山紀信の撮影で「40年ぶりの奇跡のビキニ姿」を公開したのである。宮崎は芸能生活40周年になる。篠山と「何か新しいことに挑戦したい」と話し合いを重ねた結果、ビキニ姿も入った「カレンダー&フォトブックセット」の発売が決まったという。

さて、10月20日に、アメリカ司法省が、ネット検索と広告の分野で公正な競争を妨げていると、ITの巨人グーグルを反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで提訴した。ついに、国とGAFAが決着をつける時が来たようだ。だが、ニューズウイーク日本版は、この提訴はまだ序の口だといっている。

改めて見て見ると、顔にはやや年輪がうす~く出てはいるが、プールサイドの立ち姿などは、40年近く前と変わらない豊満で可愛らしい。赤いドレスの胸をはだけて、官能の表情を浮かべている写真は、クイズの女王としてテレビで見る宮崎からは想像できないセクシーさである。

彼氏感がたまらない20代イケメン俳優は?

新潮によれば、最大のミステリーはここからだという。2015年1月に、売却から10年以内に保育所や学生寮用地として使用しなければいけないという契約を結ぶが、売却が完了して2か月後に、河本代表は、この土地を売却しようとしていることが発覚するのである。しかも、ここは売却を受けた当日に、関連会社の「SJ」に既に売却していたことまで判明したのだ。

マックのCMの若かりし宮崎美子が上白石萌音かと思ったの私だけ!?似てない!?

2021年はマクドナルドが日本に誕生してから50周年を迎えるアニバーサリーイヤーであり、7月20日はマクドナルド銀座1号店がオープンしたハンバーガーの日でもあります。長年愛されるブランドとして、お子様からご高齢の方まで幅広い方がマクドナルドでの思い出を振り返り、共感していただけるようなCMにしたいと考え、銀座1号店を舞台にしたテレビCMを制作しました。再現された銀座1号店のセットを舞台に、女優の宮崎美子さんが「50年前のマクドナルドでデートをする少女」と「孫と一緒に家族でマクドナルドを楽しむ現在の女性」の2役を演じています。また、本CMのために、歌手の手嶌葵さんに小坂明子さんの楽曲『あなた』(1973年発表)をカバーしていただきました。CMをきっかけに、マクドナルドでのご家族や友人とのストーリーを思い出しながらご覧いただければ幸いです。

2人の親密関係は有名だというが、今度の疑惑の取引の中でも、河本は2度、菅の名前を出していたという。県側と揉めていた2014年1月21日に「対応によっては、知事、副知事、菅官房長官へ話しに行く」、2月25日には「納得がいかなければ、知事、副知事にも、官房長官にも行きますから」。これは県の内部文書から引いたと新潮は書いている。この後、神風が吹いたのだろう。

ポストは、菅をトップとする内閣官房が、テレビのワイドショーや夜のニュース番組のコメンテーターたちが、どのようなことをしゃべったのかを記録した文書を入手したと報じている。菅が官房長官のときで、今年(2020年)1月までの10か月間、255枚にもなる膨大なものである。菅は、以前、文藝春秋から出した『政治家の覚悟』という本の中で、「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然」と書いて、公文書管理の重要性を認めていたのに、改訂版では、そこの部分を削除していたことがわかり、批判を浴びている。

ところで、菅義偉首相の所信表明の評判が悪い。なぜなら菅のいうことには裏があるからだ。デジタル化を推進するという裏には、マイナンバーカードを普及させたいという思惑がある。2050年までには温室効果ガス排出を全体としてゼロにし、脱炭素社会を実現するという裏には、原発再稼働どころか、新たに原発をつくると意欲を見せた。

マックの新しいCMをおかんとたまたま見たんだが、「え!?これ宮崎美子!?」と2人で騒然としてた。でもめっちゃいいCMやな。これぞ本当のエモさ。

日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:日色 保)は、日本第1号店のオープンから本日で丸50周年を迎えることを記念し、新テレビCM「僕がここにいる理由」篇を、本日7月20日(火)から放映開始します。

宮崎美子さんが1人2役をこなすマクドナルドcmを観た世間の反応を一部ツイッターからピックアップしてみました!

それなのに県側は、「保育園建設は困難」だと理解を示し、用途指定を解除してしまう。「成光舎」は2016年8月に、この土地を大手住宅メーカーに売却するのである。新潮によれば、この売買で2億円近く「成光舎」に入ったのではないかと見ている。

県有地をめぐっての不可解な土地取引はなぜ行われたのか。それを解くカギは、河本代表が古くから菅首相のタニマチだからだというのだ。菅が初当選した1996年に、ここは菅の関係政治管理団体に献金している。また、2007年、菅は所有する横浜市内のビルに事務所を置いていたが、多額の家賃を計上していた「事務所費問題」が起き、そのビルを売却したのだが、それを買ったのも「成光舎」だった。