2021最新 宮崎美子離婚

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)のマンションに、美土里(三石琴乃)が転がり込んでくる。咲は紘一に自分たちの離婚話を口止めし、美土里の前では仲の良い夫婦を演じる。そんな中、薫(宮崎美子)が神奈川・箱根の老舗旅館にいると知った咲と紘一は、薫を迎えに行く。旅館に着いた二人はある光景を見て驚く。

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、正(酒向芳)から薫(宮崎美子)が帰ってきたという報告を受け、緒原家を訪れる。そこへ武史(佐野史郎)から誘いの連絡が入り、紘一は水口家へ向かう。そこには里奈(中田クルミ)がおり、紘一が驚いていたところに貴也(高橋光臣)も現れ、なぜか4人で食卓を囲むことになる。

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、正(酒向芳)から薫(宮崎美子)がいなくなったと聞き紘一の実家を訪れる。咲は身の回りのことを何一つやらない正への不満を漏らすが、紘一は咲の考えを理解できない。そんな中、咲は理想の夫婦の連載企画を勝ち取るため、夫婦を囲むパーティーに紘一と出席することに。

2021年春のNo.1ドラマは? 「第108回ドラマアカデミー賞」投票がスタート!!