2020年令和2年 小金沢昇司家族

「歌手の小金沢くん」のCMでお茶の間の人気者に、現在も演歌歌手や俳優として活躍する小金沢昇司さん(61)=大和市在住=は、かつて認知症の母の介護を経験。「介護のプロを頼ることで家族が穏やかになれた」と振り返る。 –介護に至るまでをお聞かせください。 「大好きだった母さんが亡くなって8年が経ちます。実家(大和市)は中華料理店で自分は3人姉弟の末っ子。2人の姉とは11歳と5歳離れていて両親も忙しく、誰も遊び相手になってくれませんでしたね(笑)。自分が31歳の時に父が亡くなってからは母が店を切り盛りしていました。母が70歳を過ぎて店を閉め、ほどなく認知症になり『要介護1』の認定を受けました。しばらくは自分と姉の家で面倒を見ていました」 –自宅での介護は。 「認知症が徐々に進み、歩くことも難しくなっていきました。体に触れることがいいと聞き、マッサージをよくしましたね。トイレの介助もしましたが、こればっかりは涙が出ました。トイレまで連れて行くのはいいんですが、パンツを下ろすのがどうしてもダメで。姉には『何いってるの。息子でしょ』なんて言われましたが。介護では『親を大切にする』という思いと別の感情にも向き合わなければならなかったですね」 –有料老人ホームに入居したきっかけは。 「自分にも姉にもそれぞれ家族がいます。幼かった子どもは介護を理解できません。『何でお父さんやお母さんが大変な思いをするんだろう』と感じていたようです。また自分は仕事がら留守がちで、妻や姉に負担をかけているという思いもありました。母が『要介護5』となり、いよいよ自宅介護は難しくなって。姉たちは『最後まで家で介護したい』と言いましたが反対を押し切るかたちで決断しました。5カ所ほど回り、幸運にも自宅に一番近い有料老人ホームにお世話になることができました」 –老人ホームを利用して良かったことは。 「初めは心配もありましたが、介護のプロがいて設備も整っていて『安心した』というのが率直な気持ちです。しばらくすると姉たちも『昇司、やっぱり良かったね』と口をそろえていました。子どもたちと一緒によくホームに行きましたね。同居していた時よりも、思いやる余裕ができたんだと思います。実際に母親がどう感じていたかは、認知症だったのでわかりません。ただ、『ホームに入っておばあちゃん元気だね』という子どもの言葉が今も胸に残っています。抱えていたさまざまな葛藤が救われた気がしました」母の手を握り、ステージへ –お母様が亡くなったときは、コンサートツアー中だったとか。 「母の状態が良くないとの連絡を受けた時は、北海道にいました。ステージを終えてから急いで帰ってきて、入院先の病院のベッドに寝ている母の手を握りました。『もう会えないかもしれないな–』。次のステージが有ったのでとんぼ返りしましたが、移動中はずっと悲しかったですね。母が亡くなったと聞いたのは公演の前。もちろん辛い気持ちでしたが、ステージの幕が上がれば別です。我々の仕事は、ある意味で親も兄弟もない。長年のファンの方、初めてお越しになる方、もしかするとコンサートでお会いできるのはその1回だけという方もいるかもしれない。お客様のことだけを考えて歌いました。きっと母もそう望んでいたと思います」 –老人ホームで歌を披露されたこともあるそうですね。 「母がお世話になったご縁で、入居後しばらくしてから施設に入っている方やそのご家族、職員の方たちが参加するお祭りに、ボランティアで歌を披露する機会をいただきました。その頃、母は認知症が進みコミュニケーションが取れないことも増えていましたが、その日は車イスからずっと拍手をしてくれていて…喜んでくれたんじゃないかと思います。歌い手として何かを伝え、聴いていただく方から何かを受け取る。その経験が、今歌手として大切にしている姿勢のきっかけにもなりましたね。現在も、ときおりですが高齢者施設で歌わせていただいています。長男の知人が介護施設にいて、その縁で歌を披露しています」 –最後に、介護にかかわっている皆さんにメッセージをお願いします。 「介護は大変ですよ。自分は、家で看られるのが一番良いと思うけれど、介護する人それぞれにも家族があります。親への愛情とか思いとかは別に、日々の現実として対応しなければなりません。母の介護で何が『正解』だったのか今でもわかりませんが、体験してひとつ言えることは『介護のプロ』を頼ることは決して後ろめたいことではない。老人ホームで専門知識や経験があるスタッフのケアを見ていて、『これは自宅ではできないな』『家にいるよりも安全だな』と感心することもたくさんありました。介護サービスには、デイサービスやショートステイなどもありますね。必要に応じて利用することで介護する方の心身のリフレッシュにもなるのではないでしょうか」

ほのぼの子育ての会が、聖隷淡路病院6階大ホールで開催されました。2014年平成26年7月より開始された分娩も、無事、100名を突破、今日で112名、里帰り出産、また他市からも、医療環境が優れ、景観の良い病院にきてくれています。
バイオリニスト。渡辺知絵さんによるミニコンサートが開催され、親子が聞き入っていました。絶対音感は5歳までが大事だそうです!

星名ひろき改め「ヒデオ銀次」さん。江井小、江山中、洲実を卒業。吉本興業所属。
6月22日日曜、14時、16時30分、2回開演。しづかホールです。
山本譲二、小金沢昇司も、歌手生活20周年記念の本名・富山洋行さんのために友情出演します。
郷土の歌手を応援しましょう。

皆で応援しましょう!
淡路信用金庫志筑支店の打越雅美さん(淡路市役所勤務)が、兵庫県の代表として、200m個人メドレー他(水泳)に出場します。

2017兵庫大会、1年前イベント。
三木総合防災公園で開催され、あわ神と一緒に、「のぼり旗」を井戸知事から受け取りに行きました。
淡路市では、ソフトボールの大会が開催されます。
皆で盛り上げましょう!

島外から12チーム、200名ほどが集まり、頑張りました。ブログ別掲。
歓迎の挨拶をしましたが、島内のチームの参加が無いのが残念でした。
来年からは、佐野運動公園野球場をメインにするそうです。
保護者、関係者も入れると、5百人からの動員です。観光もセットになります。

「あわイチ」2015淡路島ロングライド150
6時スタート。2000名を超える参加者が元気でスタートして行きました!

ONOKORO
淡路市の都市公園ONOKOROの前の海、台船から打ち上げました。津名花火大会。
2005年の夏、淡路市の第1回の花火大会を、同じ場所でし、2回目からは、国営淡路島明石海峡公園で継続しています。
それから、4年前、ふるさと納税を活用して、津名でも打ち上げる事になりました。
関係者の皆さんに代表してお礼申し上げます!

2015平成27年8月2日(日)14時、乗客54人、自転車2台を乗せて岩屋港を出港しました。
就航式典は10時から始まり、初のお見送りは、ボランテイアの市職員と有志の万歳を受けて船は岸壁を離れましたが、乗船されたツネイシクラフト&ファシリテイーズ㈱(施工業者)の神原潤社長さんが、船影が消えるまで手を振っておられたのが印象的でした。
想いは遥か!皆さん本当に有難うございました。

淡路市釜口太田池。
淡路県民局が20年ほど前、ため池補修と地域の一体感の醸成のため、かつて盛んだった「かいぼり」を、志筑の黒田池で復活させ、今に続いています。
かつては意見が違った、農業者と漁業者が共に「かいぼり」を最近は盛んにしています。
詳細は、本文をご参照下さい。

総合開会式を佐野運動公園で開催しました。
メインはスポーツ賞の表彰でしたが、雨は降りませんでした。
特別賞は、出口雄樹さん。2009年ワールドカップ・スウオン大会柔道第7位。
功労者賞は、船越正男さん(ゲートボール)正永昭裕さん(少林寺拳法)大石光正さん(バレーボール)
スポーツ賞は、ペタンク、軟式野球、ウエイトリフテイング、ボート、水泳、卓球の29名。
目的を持って頑張る。そうすれば、夢はいつか叶う。

今年、ライトアップされました。2015.4.29
室津のには負けるか?来年、パワーアップを!
写真・神栄堂・梶内貴史代表提供です。

2019年令和元年10月22日(火)祝日
淡路市市庁舎2号館1F玄関ロビーに記帳所を儲けています。
新たな時代の節目に儀礼を示す。今日も淡路市の朝は静かです。

今村克彦さんが、8月14日の北淡夕涼み会の、反省の意見交換に来庁されました。
200名が、富島商店街などをよさこいソーランで盛り上げた活力を、これからも活かしていこうと話し合いました。
阪神淡路大震災の悲しみを乗り越え、明るい未来を目指す。

6名の新規職員を迎えて、いよいよ、激動の時代に入ります。20~22年間が、淡路市のターニングポイントです。
そして、住んで良かったと実感出来る、美しい淡路市へ!