引退

2021年令和3年 長瀬智也 引退

2021年令和3年 長瀬智也 引退

4月1日よりジャニーズ事務所の関連会社として「株式会社TOKIO」を立ち上げた、城島茂、国分太一、松岡昌宏の3人。3月いっぱいで長瀬智也が事務所を退所し、バンドとしてスタートした彼らの音楽活動は完全に…

3月31日(水)、フジテレビで放送された『TOKIOカケル』は、TOKIO4人だけでトークを展開。TOKIO、そして番組を卒業する長瀬智也ラストの出演回となった。4つのテントが並んだキャンプのセットに…

今回、宮藤さんが手掛けるオリジナルストーリーで長瀬さんが演じるのは、ブリザード寿というリングネームで活躍する現役プロレスラーの観山寿一(みやま・じゅいち)。かつては大規模プロレス団体に所属する人気レスラーで、プエルトリコチャンピオンまでなったが、ケガや年齢もあり今は小規模な団体で細々と試合に出ている状態。

宮藤さんが手掛ける作品には毎回、魅力あふれる主人公が登場。「池袋ウエストゲートパーク」では、通称「ブクロのトラブルシューター」としてギャングのリーダーをはじめ皆が一目を置く存在である一方、仲間の面倒見がよく母親想いの青年・真島誠。「タイガー&ドラゴン」では、“昼は噺家、夜はヤクザ”という二重生活を送る山崎虎児。「うぬぼれ刑事」では、超恋愛体質でポジティブシンキングな独身刑事・うぬぼれというそれぞれ個性的なキャラクターを作り上げ、長瀬さんはそれらのキャラクターを見事に演じ切っています。

TOKIOのヴォーカルを務め、ドラマや映画など幅広いジャンルで活躍する長瀬智也。『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)でも、中心的な役割を果たしている。そんな長瀬智也が『DASH』で最も活躍してい…

2021年冬ドラマをリストアップして1月11日に掲載しましたが、1月22日(金)からは長瀬智也さん×宮藤官九郎さんがTBS連ドラ11年ぶりのタッグを組む「俺の家の話」と、山口紗弥加さん×財前直見さん×桜庭ななみさんが逆境を乗り越え、新たな人生へと一歩踏み出していく「ドリームチーム」がスタートします。

長瀬智也×宮藤官九郎がTBS連ドラ11年ぶりのタッグで、「人生の関門」=介護と相続を描く、“濃すぎる家族が織りなす、王道のホームドラマ”。2人はこれまでTBSのドラマでは「池袋ウエストゲートパーク」(2000年4月期)、「タイガー&ドラゴン」(2005年4月期)、「うぬぼれ刑事」(2010年7月期)でタッグを組んでいます。

長瀬智也、ジャニーズ退所で発掘された「ワイルドすぎる履歴書」

2021年令和3年 白石麻衣 引退

2021年令和3年 白石麻衣 引退

2020年10月28日の卒業ライブをもって9年間の乃木坂46での活動を終了。ソロとして再スタートを切った白石麻衣(28)。女性誌のモデルとしても活躍し、2017年にリリースした写真集「パスポート」は発行部数50万部超えのメガヒット。まさに“乃木坂の顔”だった大人気美女の「2021年」を聞いた。
◇◇◇
――卒業から2カ月近く経ちました。
「卒業ライブが終わってからあっという間でした。終わった直後は余韻もあったんですが、ありがたいことに卒業してからも、いろいろとひとりでのお仕事をやらせていただいて、今は“頑張らなきゃ”と気持ちを切り替えています」
――乃木坂の活動の中で印象に残っていることは?
「やっぱりライブですね。最初は小さな会場で、ファンの方も私たちの名前も知らない中で興味を持っていただいて。たくさんの場所でライブをやらせていただきました。グループとしても成長できて、多くの方に支えられてきましたね」
――デビュー当時は19歳。「子供のときは自分に自信がなかった」とよく話されていましたが、それは変わりましたか?
「そうですねえ。あまり目立つことが好きではなかったので、乃木坂に入ったときも、『できるだけ後ろにいよう』みたいな気持ちだったんですけど(笑い)。でも、『伝えたいことは伝えなきゃいけないな』とか、『グループのためにもっとこうしよう』とかの気持ちが徐々に出てきました。ファンの方にもたくさん応援していただく中で、少しずつ自分に自信も持てるようになってきて。乃木坂に入ったことで、成長して変われたと思いますね。今は9年間アイドルをやってきて本当によかったって思います」

――ソロとしての活動が始まってます。
「基本、今までと変わらないんですが、モデルやお芝居のお仕事もやりつつ、ユーチューブも始めたので、機会があればファンの方と交流したり、楽しみながら幅を広げていければと思います」
――音楽でのソロ活動の予定はありますか?
「未定ですが、やっぱり音楽は好きなので、なにかやってみたいですね。それこそユーチューブもあって、グループのときとはまた違った可能性が広がったので、またみなさんになにかお届けできたらと思います」
――卒業すると恋愛も解禁ですね?
「漠然と『いつかは結婚したいな』という気持ちはありますけど、今はまだ卒業したばかりですし、まずはお仕事を充実させていきたいと思います。そうした中で、少しだけ自由な時間はできたので、プライベートも充実させていきたいですね」
▽白石麻衣(しらいし・まい) 1992年8月20日生まれ(28歳)。身長162センチ。群馬県出身。血液型A型。2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。グループの中心メンバーとして活躍。センターを務めた「インフルエンサー」と「シンクロニシティ」で日本レコード大賞を2年連続受賞。2020年10月に乃木坂46を卒業。

2020年令和2年 浜崎あゆみ 引退

2020年令和2年 浜崎あゆみ 引退

番組終了後にはツイッターで「本当にありがとうございました」とのメッセージをツイートした浜崎さん。同ツイートには、「最高のSUMMERメドレーをありがとう」といったファンからのリプライが続々だが、ひとたび浜崎さんのアカウントの外に目をやると、「浜崎あゆみがすっかりポスト安室奈美恵になっててよくわからなくなった」などの声が続々。「浜崎あゆみ 目が怖い 安室ちゃん寄せ感」「あゆが安室ちゃんっぽい衣装でキツかった」といった指摘も上がっている。

2019年7月24日に放送された「FNSうたの夏祭り」に出演した歌手の浜崎あゆみさん(40)が視聴者の間で話題だ。

番組後半に出演した浜崎さんはメドレー形式で「You&Me」など4曲を披露。多数のダンサーに囲まれながら賑やかに楽曲を披露したが、視聴者が注目したのは浜崎さんの衣装。番組に浜崎さんはスカート部分がミニの肩出しドレスで登場。両脚をニーハイに包み、ロングの髪を後頭部で縛るといういで立ちだった。

歌手の浜崎あゆみさん(42)が本日2020年12月24日夜に開催するクリスマスイブコンサートに注目が集まっている。
浜崎さんは当初、このコンサートを「有観客・無配信」で実施予定だったが、21日に本人の公式サイトで「無観客・有配信(無料・YouTubeにて)」での実施に変更。サイトでは理由として「国内外における急速な新型コロナウイルス感染拡大」としつつ、「有観客での実施を断念せざるを得ない結論に至りました」と説明している。コンサート実施方法が、それこそ「反転」してしまった形だが、浜崎さんは大晦日にはカウントダウンライブを有観客で予定していたものの、こちらも同じ理由で無観客に変更しており、まさに「トラブル続き」の状況だ(カウントダウンライブに関しては、当初の予定通り有料配信を実施予定)。
■コロナでトラブルに見舞われているのは浜崎さんだけではないが…
年の瀬に「踏んだり蹴ったり」の状況になってしまった浜崎さんだが、思い返してみれば、浜崎さんのコンサートがコロナの影響を受けるのは今回が初めてではない。38公演を予定して2月に始まった全国を巡る通年コンサートはわずか2公演で中止に。その後も、音楽フェス「a-nation」が史上初のオンライン開催になるなど、やはり、「トラブル続き」だったのだ。
ただ、コロナに関しては、それこそ全世界の人々がトラブルに見舞われているわけであり、そうなると、浜崎さんだけを取り上げるのは道理が通らない話だ。しかし、それでもなお、浜崎さんの「トラブル続き」ぶりが際立つのは、ここ数年、浜崎さんが「トラブル」をテーマにコンサートを開催しつつ、かつ、2020年を「トラブルの終わり」と位置付けてきたからなのである。

2020年令和2年 城田優 引退

2020年令和2年 城田優 引退

お笑いタレントの江頭2:50(55)、俳優の城田優(34)、女優の岩佐真悠子(33)が、先月30日をもって退社したことを1日、発表した。それぞれ所属事務所は異なるが、人気タレント3人の退社は異例だ。岩佐はコロナ禍で仕事環境が変化したことを受け、芸能界を引退して介護職に転身するとスポニチが報じた。