新田真剣佑

2021年令和3年 新田真剣佑 5歳

2021年令和3年 新田真剣佑 5歳

佐藤の言葉通り、剣心と縁のバトルシーンは、ダイナミックな立ち回りはあるものの、憎しみを露わにする縁の圧倒的な怒りの剣と、それを全身全霊で受け止めようとする剣心の悲しい剣が、非常に感情的に混じり合う。佐藤は「BGMもない、ただ剣と剣、肉体と肉体がぶつかり合うという完成形を観たときは、僕も驚きましたが、あれは大正解だと思いました」と述べると、対峙した新田について「エネルギー量と勢いがすごかった。しっかり感情も乗っていたので、僕は真正面から受け止めることに集中できました」と感謝の気持ちをのぞかせた。

「4月23日に公開される人気映画『るろうに剣心』にも出演する新田真剣佑が、その映画主題歌を歌う『ONE OK ROCK』のボーカルTakaと、とある女性A子さんをめぐって大ゲンカをしたというのです。以来、互いに大物芸能人の父親を持つ“二世”同士で、友人関係にあった2人は“絶交”するまでになった、と。

2021年令和3年 新田真剣佑 5月から

2021年令和3年 新田真剣佑 5月から

ギャツビー「スキンケアシリーズ」新TV-CM オンエア開始 柳楽優弥×新田真剣佑 出演「GATSBY COP スタート篇」 米津玄師の新曲がテーマソングに決定!

40周年を迎えたギャツビーがブランドイメージを刷新! 新イメージキャラクターに柳楽優弥さん、新田真剣佑さんを起用!

2021年令和3年 新田真剣佑 4位

2021年令和3年 新田真剣佑 4位

俳優のみならず、モデルとして「東京ガールズコレクション」に出演するなど、その整った顔立ちと筋肉質でありながらスレンダーなスタイルに注目が集まっています。そんな新田真剣佑さんは、9歳の頃から空手を学び、ロサンゼルス大会で2度優勝している実力派スポーツマンです。

4位の新田真剣佑さんは、弟の眞栄田郷敦さんも美形。アクションスターの元祖である父・千葉真一さんも若い時の写真を見ると驚くほどの美形で、美形兄弟とよく似ています。そんな美形遺伝子をもつ新田真剣佑さん、2021年は主演の「ブレイブ 群青戦記」をはじめ、「るろうに剣心 最終章 The Final / The Beginning」「名も無き世界のエンドロール」と3本の出演映画の公開が予定されています。

俳優の新田真剣佑さんが、女性ファッション誌「ViVi(ヴィヴィ)」(講談社)の企画「’18年上半期 ViVi国宝級イケメンランキング」で、“NOW国宝級編”1位に選ばれたことが22日、分かった。

和月伸宏氏の人気コミックを実写化した映画『るろうに剣心』シリーズが、ついに最終章を迎える。2012年の『るろうに剣心』に続き、『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』(14年)と3作合わせて累計興行収入125億円以上、観客動員数は980万人を突破した大ヒット作で、幕末に人斬り抜刀斎として恐れられた緋村剣心(佐藤健)が、不殺(ころさず)を貫きながら仲間と平和のために戦う姿を描いている。
【写真】佐藤健&新田真剣佑 撮り下ろしカット(全9枚)
コロナ禍での延期を経て公開される『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』(2021年4月23日・6月4日公開)は、原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースに縁(新田真剣佑)との究極のクライマックスが描かれる「The Final」と、原作では剣心が過去を語るかたちで物語が進む「追憶篇」をベースに、”十字傷の謎”に迫る「The Beginning」の2部作となる。
今回は23日から公開される「The Final」について、緋村剣心役で主演を務める佐藤と、最後の敵となる縁を演じる新田真剣佑にインタビュー。4月より新会社を設立した佐藤と、海外への挑戦を表明した新田にとって、今作の位置づけとは。
■「縁がいる」「剣心がいる」
――今回佐藤さんが剣心、新田さんが剣心の最後の敵・縁を演じられましたが、実際に対峙したときのお互いの印象はいかがでしたか?
佐藤:僕が子供の頃から見てきた縁というキャラクターに扮したまっけん(新田)を見たときに、すごく説得力がありました。まっけんが役作りのためにこれまで準備してくれたこともあったし、衣装や髪型の似合い方もすごかった。漫画のキャラクターを演じるのは簡単ではない中で、「縁がいる」という域に到達していました。
新田:1作目が公開した時は14歳で、『るろうに剣心』のファンだったので、初めて対峙したときにはもう「映画で見ていた剣心が目の前にいる!」と思いました。剣心と対決したシーンは、人生で1番大変なアクションで、途中で歩けなくなったりもして……。でも、それだけ見応えのあるアクションができたんじゃないかなと思います。
――撮影現場も拝見したんですが、もうお二人とも部屋中グルングルンになってましたよね。
新田:セットも全体的に使ったアクションになりました。
佐藤:いや大変でしたよ、縁が暴れん坊で(笑)。とにかく避けて避けて、長期戦に持ち込みました。後半はもう、「気持ちと気持ちの高め合いだ」という感覚で、エモーションのぶつかり合いです。そうなった方が良いなと思ったし、互いに刀を通して気持ちを通じ合わせていくシーンになりました。まっけんも「歩けなくなった」と言っていましたけど、互いに限界もかなり来ていたし、本当にアクションするのが大変だったんです。そういったゾーンに入ってからは、「気力のぶつかり合いになったらいいな」という気持ちで。僕たちもそうだし、スタッフもそうです。現場全体が同じ感覚で撮影していました。
――撮影の中での、役を離れてのお互いの印象はいかがでしたか?
新田:縁になるために、撮影前に密かに別室で筋トレをしていたら、佐藤さんがちょっと覗いてきて(笑)。「やりたいな」と言ってくださって、一緒に筋トレをできたのが嬉しかったです。
佐藤:僕も体作りやトレーニングを現場である程度やっていたので、同士を見つけると嬉しいんです(笑)。一緒に頑張っていると、自分も頑張れるじゃないですか。1人でやるよりも、まっけんとできたことが良かった。
――役としてはバチバチではあるけど、裏では一緒に準備してアクションシーンが出来上がっていたんですね。
佐藤:やっぱり、アクションは信頼関係がないと絶対にいいものにならないので、お互いに遠慮なくぶつかれるような関係のもとで戦っていました。
■役者人生においての新たな章に
――ものすごく大きな作品であるのは間違いないと思うんですけど、改めてお二人にとって『るろうに剣心 最終章』はどのような位置づけの作品になると思いますか?
新田:『るろうに剣心』は間違いなく、日本が誇れる世界に通用する漫画として、トップクラスだと思うんです。そんな作品の実写映画に出られて、誇りに思います。この作品が今の日本で公開されて嬉しいですし、僕は今後海外に挑戦しますが、「日本で出演した作品は『るろうに剣心』だ」と胸を張って言いたいです。
佐藤:僕は22歳の時にこの作品と出会ったことで今の自分がいるし、『るろ剣』のイメージも含めて全てを背負って、他の仕事もしてきたので、やっぱり特別な存在です。その作品が、10年経った今、ついに完結するというのは、すごく感慨深いです。10年前の『るろうに剣心』が僕の役者人生において1つの章の始まりだとしたら、今回の公開と共に一旦その幕が閉じる。今年以降の役者人生が、僕の新たな章の始まりなんだろうなと思っています。だから、これからはこの作品を超えるような作品、この役を超えるような役と出会う必要があるし、自分からでも作っていく必要があると思っていて。それを目指すべきなんだけど、簡単じゃないんだろうなと思います。それくらい、強力な作品です。
――今回、公開は当初の2020年7~8月から1年弱の延期となりましたが、延期になる前からそういった気持ちをずっと持っていたということでしょうか?
佐藤:そうですね。撮影期間中に自分が30代に突入して、平成も終わって、すごく新時代に向かっている感じがしたんです。剣心も明治を拓くために幕末を戦い抜いて、新時代を迎えようと頑張ってたわけで、演じながらも自分、そして世の中とリンクするような感覚がありました。きっと、この作品が終わることで、1つ何かの区切りがついて、これからはまったく全然違う仕事や生き方を求められるだろうし、していかないといけないんだろうということを感じていました。
――新田さんも、新しい区切りをこの作品に感じていたというところはありますか?
新田:『るろうに剣心』が公開してから海外に挑戦するので、そういう意味では、すごく良いタイミングだなと思いました。日本で剣心の公開を見届けて、その後は海外で頑張りたいと思っています。自分の中での区切りになるというところはあります。
――それでは改めてになりますが、実際にお二人が感じるこの作品の見所を教えていただければ。
新田:僕はもう、観ている間中ずっと体に力が入っている感覚で、終わった後にどっと疲れました(笑)。角度を変えてみれば、どちらが正義でどちらが悪かわからないという物語で、色々な意見があるんじゃないかと思えるところも、すごく面白かったです。自分が縁なので余計にそう思うのかもしれないですが、観ている時は縁を演じたことを意識せず、お客さんとしてとにかく楽しめました。
佐藤: 剣心にとっては贖罪の相手が最後の敵ということで、実は重いテーマなんですが、その重いテーマをエンタメに持っていくんだ、という思いのもとで我々は作っていたので、純粋にアクションエンターテイメントとして、難しいことなしで楽しめると思います。アクションに関しては、本当に、今できることを全部やりましたし、シリーズで比べても、当然1番出来がいいものを残せたという自信と手ごたえがあります。世界を見渡しても、ソードアクションという部類に関しては他にないことをしているという自信があるので、ぜひそこも楽しんでください。
■佐藤健
1989年3月21日生まれ、埼玉県出身。前作の『るろうに剣心』(12年)、続編の2部作『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14年)で幅広い層から不動の人気を獲得。『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17年)で、第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。主な出演作に、『何者』(16年)、『亜人』(17年)、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』『億男』(18年)、『ひとよ』(19)、『恋はつづくよどこまでも』(20年)などがある。待機作に映画『護られなかった者たちへ』(2021年秋公開)、Netflix『First Love 初恋』(2022年配信)がある。
■新田真剣佑
1996年11月16日生まれ、アメリカ、LA出身。『ちはやふる -上の句-/-下の句-』(16年)で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。『ちはやふる-結び-』『パシフィック・リム:アップライジング』(18年)、『十二人の死にたい子どもたち』(19年)、『カイジ ファイナルゲーム』『サヨナラまでの30分』(20年)などに出演。主演映画『ブレイブ-群青戦記-』(21年)が公開中。

2014年から日本で芸能活動を開始した新田真剣佑さん。2015年の「保育探偵25時~花咲慎一郎は眠れない!!」で連続ドラマ初出演を果たしました。

新田真剣佑のまつげを堪能した佐藤健 (C)ORICON NewS inc.

新田さんは、「うれしいです。舞台の本番中にこの結果を聞いたので、 最初は頭が混乱してしまいました(笑い)」と明かし、「自分が果たして“イケメン”なのか、正直分からないです。でも、イケメンの意味もだいぶ広いですから、僕は僕でいいのかなと思ったり、 思わなかったり」と笑顔で感想を語っている。

2021年令和3年 新田真剣佑 4月から

2021年令和3年 新田真剣佑 4月から

和月伸宏氏の人気コミックを実写化した映画『るろうに剣心』シリーズが、ついに最終章を迎える。2012年の『るろうに剣心』に続き、『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』(14年)と3作合わせて累計興行収入125億円以上、観客動員数は980万人を突破した大ヒット作で、幕末に人斬り抜刀斎として恐れられた緋村剣心(佐藤健)が、不殺(ころさず)を貫きながら仲間と平和のために戦う姿を描いている。
【写真】佐藤健&新田真剣佑 撮り下ろしカット(全9枚)
コロナ禍での延期を経て公開される『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』(2021年4月23日・6月4日公開)は、原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースに縁(新田真剣佑)との究極のクライマックスが描かれる「The Final」と、原作では剣心が過去を語るかたちで物語が進む「追憶篇」をベースに、”十字傷の謎”に迫る「The Beginning」の2部作となる。
今回は23日から公開される「The Final」について、緋村剣心役で主演を務める佐藤と、最後の敵となる縁を演じる新田真剣佑にインタビュー。4月より新会社を設立した佐藤と、海外への挑戦を表明した新田にとって、今作の位置づけとは。
■「縁がいる」「剣心がいる」
――今回佐藤さんが剣心、新田さんが剣心の最後の敵・縁を演じられましたが、実際に対峙したときのお互いの印象はいかがでしたか?
佐藤:僕が子供の頃から見てきた縁というキャラクターに扮したまっけん(新田)を見たときに、すごく説得力がありました。まっけんが役作りのためにこれまで準備してくれたこともあったし、衣装や髪型の似合い方もすごかった。漫画のキャラクターを演じるのは簡単ではない中で、「縁がいる」という域に到達していました。
新田:1作目が公開した時は14歳で、『るろうに剣心』のファンだったので、初めて対峙したときにはもう「映画で見ていた剣心が目の前にいる!」と思いました。剣心と対決したシーンは、人生で1番大変なアクションで、途中で歩けなくなったりもして……。でも、それだけ見応えのあるアクションができたんじゃないかなと思います。
――撮影現場も拝見したんですが、もうお二人とも部屋中グルングルンになってましたよね。
新田:セットも全体的に使ったアクションになりました。
佐藤:いや大変でしたよ、縁が暴れん坊で(笑)。とにかく避けて避けて、長期戦に持ち込みました。後半はもう、「気持ちと気持ちの高め合いだ」という感覚で、エモーションのぶつかり合いです。そうなった方が良いなと思ったし、互いに刀を通して気持ちを通じ合わせていくシーンになりました。まっけんも「歩けなくなった」と言っていましたけど、互いに限界もかなり来ていたし、本当にアクションするのが大変だったんです。そういったゾーンに入ってからは、「気力のぶつかり合いになったらいいな」という気持ちで。僕たちもそうだし、スタッフもそうです。現場全体が同じ感覚で撮影していました。
――撮影の中での、役を離れてのお互いの印象はいかがでしたか?
新田:縁になるために、撮影前に密かに別室で筋トレをしていたら、佐藤さんがちょっと覗いてきて(笑)。「やりたいな」と言ってくださって、一緒に筋トレをできたのが嬉しかったです。
佐藤:僕も体作りやトレーニングを現場である程度やっていたので、同士を見つけると嬉しいんです(笑)。一緒に頑張っていると、自分も頑張れるじゃないですか。1人でやるよりも、まっけんとできたことが良かった。
――役としてはバチバチではあるけど、裏では一緒に準備してアクションシーンが出来上がっていたんですね。
佐藤:やっぱり、アクションは信頼関係がないと絶対にいいものにならないので、お互いに遠慮なくぶつかれるような関係のもとで戦っていました。
■役者人生においての新たな章に
――ものすごく大きな作品であるのは間違いないと思うんですけど、改めてお二人にとって『るろうに剣心 最終章』はどのような位置づけの作品になると思いますか?
新田:『るろうに剣心』は間違いなく、日本が誇れる世界に通用する漫画として、トップクラスだと思うんです。そんな作品の実写映画に出られて、誇りに思います。この作品が今の日本で公開されて嬉しいですし、僕は今後海外に挑戦しますが、「日本で出演した作品は『るろうに剣心』だ」と胸を張って言いたいです。
佐藤:僕は22歳の時にこの作品と出会ったことで今の自分がいるし、『るろ剣』のイメージも含めて全てを背負って、他の仕事もしてきたので、やっぱり特別な存在です。その作品が、10年経った今、ついに完結するというのは、すごく感慨深いです。10年前の『るろうに剣心』が僕の役者人生において1つの章の始まりだとしたら、今回の公開と共に一旦その幕が閉じる。今年以降の役者人生が、僕の新たな章の始まりなんだろうなと思っています。だから、これからはこの作品を超えるような作品、この役を超えるような役と出会う必要があるし、自分からでも作っていく必要があると思っていて。それを目指すべきなんだけど、簡単じゃないんだろうなと思います。それくらい、強力な作品です。
――今回、公開は当初の2020年7~8月から1年弱の延期となりましたが、延期になる前からそういった気持ちをずっと持っていたということでしょうか?
佐藤:そうですね。撮影期間中に自分が30代に突入して、平成も終わって、すごく新時代に向かっている感じがしたんです。剣心も明治を拓くために幕末を戦い抜いて、新時代を迎えようと頑張ってたわけで、演じながらも自分、そして世の中とリンクするような感覚がありました。きっと、この作品が終わることで、1つ何かの区切りがついて、これからはまったく全然違う仕事や生き方を求められるだろうし、していかないといけないんだろうということを感じていました。
――新田さんも、新しい区切りをこの作品に感じていたというところはありますか?
新田:『るろうに剣心』が公開してから海外に挑戦するので、そういう意味では、すごく良いタイミングだなと思いました。日本で剣心の公開を見届けて、その後は海外で頑張りたいと思っています。自分の中での区切りになるというところはあります。
――それでは改めてになりますが、実際にお二人が感じるこの作品の見所を教えていただければ。
新田:僕はもう、観ている間中ずっと体に力が入っている感覚で、終わった後にどっと疲れました(笑)。角度を変えてみれば、どちらが正義でどちらが悪かわからないという物語で、色々な意見があるんじゃないかと思えるところも、すごく面白かったです。自分が縁なので余計にそう思うのかもしれないですが、観ている時は縁を演じたことを意識せず、お客さんとしてとにかく楽しめました。
佐藤: 剣心にとっては贖罪の相手が最後の敵ということで、実は重いテーマなんですが、その重いテーマをエンタメに持っていくんだ、という思いのもとで我々は作っていたので、純粋にアクションエンターテイメントとして、難しいことなしで楽しめると思います。アクションに関しては、本当に、今できることを全部やりましたし、シリーズで比べても、当然1番出来がいいものを残せたという自信と手ごたえがあります。世界を見渡しても、ソードアクションという部類に関しては他にないことをしているという自信があるので、ぜひそこも楽しんでください。
■佐藤健
1989年3月21日生まれ、埼玉県出身。前作の『るろうに剣心』(12年)、続編の2部作『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14年)で幅広い層から不動の人気を獲得。『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17年)で、第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。主な出演作に、『何者』(16年)、『亜人』(17年)、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』『億男』(18年)、『ひとよ』(19)、『恋はつづくよどこまでも』(20年)などがある。待機作に映画『護られなかった者たちへ』(2021年秋公開)、Netflix『First Love 初恋』(2022年配信)がある。
■新田真剣佑
1996年11月16日生まれ、アメリカ、LA出身。『ちはやふる -上の句-/-下の句-』(16年)で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。『ちはやふる-結び-』『パシフィック・リム:アップライジング』(18年)、『十二人の死にたい子どもたち』(19年)、『カイジ ファイナルゲーム』『サヨナラまでの30分』(20年)などに出演。主演映画『ブレイブ-群青戦記-』(21年)が公開中。

2021年令和3年 新田真剣佑 4月

2021年令和3年 新田真剣佑 4月

和月伸宏の同名コミックを実写化した同シリーズは、『るろうに剣心』(12年)、『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』(14年)と3作合わせて累計興行収入125億円以上、観客動員数は980万人を突破した大ヒット作。幕末に人斬り抜刀斎として恐れられた剣心(佐藤)が、不殺(ころさず)を貫きながら仲間と平和のために戦う姿を描く。「最終章」は、原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースに縁(新田真剣佑)との究極のクライマックスが描かれる「The Final」と、原作では剣心が過去を語るかたちで物語が進む「追憶篇」をベースに、”十字傷の謎”に迫る「The Beginning」の2部作となる。

イチケイのメンバーは、黒木華さん、新田真剣佑さん、桜井ユキさん、水谷果穂さん、中村梅雀さん、小日向文世さんが演じる。黒木さんはみちおと真逆なタイプで冗談の全く通じない堅物裁判官・坂間千鶴。新田さんはみちおのファンで彼をサポートする裁判所書記官の石倉文太(ぶんた)。中村さんはお人よしの主任書記官・川添博司。桜井さんは三つ子の母で書記官の浜谷澪。水谷さんは新人事務官の一ノ瀬糸子。小日向さんは伝説の裁判官・駒沢義男という配役。

和月伸宏氏の人気コミックを実写化した映画『るろうに剣心』シリーズが、ついに最終章を迎える。2012年の『るろうに剣心』に続き、『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』(14年)と3作合わせて累計興行収入125億円以上、観客動員数は980万人を突破した大ヒット作で、幕末に人斬り抜刀斎として恐れられた緋村剣心(佐藤健)が、不殺(ころさず)を貫きながら仲間と平和のために戦う姿を描いている。
【写真】佐藤健&新田真剣佑 撮り下ろしカット(全9枚)
コロナ禍での延期を経て公開される『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』(2021年4月23日・6月4日公開)は、原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースに縁(新田真剣佑)との究極のクライマックスが描かれる「The Final」と、原作では剣心が過去を語るかたちで物語が進む「追憶篇」をベースに、”十字傷の謎”に迫る「The Beginning」の2部作となる。
今回は23日から公開される「The Final」について、緋村剣心役で主演を務める佐藤と、最後の敵となる縁を演じる新田真剣佑にインタビュー。4月より新会社を設立した佐藤と、海外への挑戦を表明した新田にとって、今作の位置づけとは。
■「縁がいる」「剣心がいる」
――今回佐藤さんが剣心、新田さんが剣心の最後の敵・縁を演じられましたが、実際に対峙したときのお互いの印象はいかがでしたか?
佐藤:僕が子供の頃から見てきた縁というキャラクターに扮したまっけん(新田)を見たときに、すごく説得力がありました。まっけんが役作りのためにこれまで準備してくれたこともあったし、衣装や髪型の似合い方もすごかった。漫画のキャラクターを演じるのは簡単ではない中で、「縁がいる」という域に到達していました。
新田:1作目が公開した時は14歳で、『るろうに剣心』のファンだったので、初めて対峙したときにはもう「映画で見ていた剣心が目の前にいる!」と思いました。剣心と対決したシーンは、人生で1番大変なアクションで、途中で歩けなくなったりもして……。でも、それだけ見応えのあるアクションができたんじゃないかなと思います。
――撮影現場も拝見したんですが、もうお二人とも部屋中グルングルンになってましたよね。
新田:セットも全体的に使ったアクションになりました。
佐藤:いや大変でしたよ、縁が暴れん坊で(笑)。とにかく避けて避けて、長期戦に持ち込みました。後半はもう、「気持ちと気持ちの高め合いだ」という感覚で、エモーションのぶつかり合いです。そうなった方が良いなと思ったし、互いに刀を通して気持ちを通じ合わせていくシーンになりました。まっけんも「歩けなくなった」と言っていましたけど、互いに限界もかなり来ていたし、本当にアクションするのが大変だったんです。そういったゾーンに入ってからは、「気力のぶつかり合いになったらいいな」という気持ちで。僕たちもそうだし、スタッフもそうです。現場全体が同じ感覚で撮影していました。
――撮影の中での、役を離れてのお互いの印象はいかがでしたか?
新田:縁になるために、撮影前に密かに別室で筋トレをしていたら、佐藤さんがちょっと覗いてきて(笑)。「やりたいな」と言ってくださって、一緒に筋トレをできたのが嬉しかったです。
佐藤:僕も体作りやトレーニングを現場である程度やっていたので、同士を見つけると嬉しいんです(笑)。一緒に頑張っていると、自分も頑張れるじゃないですか。1人でやるよりも、まっけんとできたことが良かった。
――役としてはバチバチではあるけど、裏では一緒に準備してアクションシーンが出来上がっていたんですね。
佐藤:やっぱり、アクションは信頼関係がないと絶対にいいものにならないので、お互いに遠慮なくぶつかれるような関係のもとで戦っていました。
■役者人生においての新たな章に
――ものすごく大きな作品であるのは間違いないと思うんですけど、改めてお二人にとって『るろうに剣心 最終章』はどのような位置づけの作品になると思いますか?
新田:『るろうに剣心』は間違いなく、日本が誇れる世界に通用する漫画として、トップクラスだと思うんです。そんな作品の実写映画に出られて、誇りに思います。この作品が今の日本で公開されて嬉しいですし、僕は今後海外に挑戦しますが、「日本で出演した作品は『るろうに剣心』だ」と胸を張って言いたいです。
佐藤:僕は22歳の時にこの作品と出会ったことで今の自分がいるし、『るろ剣』のイメージも含めて全てを背負って、他の仕事もしてきたので、やっぱり特別な存在です。その作品が、10年経った今、ついに完結するというのは、すごく感慨深いです。10年前の『るろうに剣心』が僕の役者人生において1つの章の始まりだとしたら、今回の公開と共に一旦その幕が閉じる。今年以降の役者人生が、僕の新たな章の始まりなんだろうなと思っています。だから、これからはこの作品を超えるような作品、この役を超えるような役と出会う必要があるし、自分からでも作っていく必要があると思っていて。それを目指すべきなんだけど、簡単じゃないんだろうなと思います。それくらい、強力な作品です。
――今回、公開は当初の2020年7~8月から1年弱の延期となりましたが、延期になる前からそういった気持ちをずっと持っていたということでしょうか?
佐藤:そうですね。撮影期間中に自分が30代に突入して、平成も終わって、すごく新時代に向かっている感じがしたんです。剣心も明治を拓くために幕末を戦い抜いて、新時代を迎えようと頑張ってたわけで、演じながらも自分、そして世の中とリンクするような感覚がありました。きっと、この作品が終わることで、1つ何かの区切りがついて、これからはまったく全然違う仕事や生き方を求められるだろうし、していかないといけないんだろうということを感じていました。
――新田さんも、新しい区切りをこの作品に感じていたというところはありますか?
新田:『るろうに剣心』が公開してから海外に挑戦するので、そういう意味では、すごく良いタイミングだなと思いました。日本で剣心の公開を見届けて、その後は海外で頑張りたいと思っています。自分の中での区切りになるというところはあります。
――それでは改めてになりますが、実際にお二人が感じるこの作品の見所を教えていただければ。
新田:僕はもう、観ている間中ずっと体に力が入っている感覚で、終わった後にどっと疲れました(笑)。角度を変えてみれば、どちらが正義でどちらが悪かわからないという物語で、色々な意見があるんじゃないかと思えるところも、すごく面白かったです。自分が縁なので余計にそう思うのかもしれないですが、観ている時は縁を演じたことを意識せず、お客さんとしてとにかく楽しめました。
佐藤: 剣心にとっては贖罪の相手が最後の敵ということで、実は重いテーマなんですが、その重いテーマをエンタメに持っていくんだ、という思いのもとで我々は作っていたので、純粋にアクションエンターテイメントとして、難しいことなしで楽しめると思います。アクションに関しては、本当に、今できることを全部やりましたし、シリーズで比べても、当然1番出来がいいものを残せたという自信と手ごたえがあります。世界を見渡しても、ソードアクションという部類に関しては他にないことをしているという自信があるので、ぜひそこも楽しんでください。
■佐藤健
1989年3月21日生まれ、埼玉県出身。前作の『るろうに剣心』(12年)、続編の2部作『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14年)で幅広い層から不動の人気を獲得。『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17年)で、第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。主な出演作に、『何者』(16年)、『亜人』(17年)、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』『億男』(18年)、『ひとよ』(19)、『恋はつづくよどこまでも』(20年)などがある。待機作に映画『護られなかった者たちへ』(2021年秋公開)、Netflix『First Love 初恋』(2022年配信)がある。
■新田真剣佑
1996年11月16日生まれ、アメリカ、LA出身。『ちはやふる -上の句-/-下の句-』(16年)で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。『ちはやふる-結び-』『パシフィック・リム:アップライジング』(18年)、『十二人の死にたい子どもたち』(19年)、『カイジ ファイナルゲーム』『サヨナラまでの30分』(20年)などに出演。主演映画『ブレイブ-群青戦記-』(21年)が公開中。

2021年令和3年 新田真剣佑 2020

2021年令和3年 新田真剣佑 2020

ギャツビー 2018年 秋 新製品のお知らせ 立ち上げスタイルがキマる「ギャツビー スタイリンググリース」

「記事にも書かれていたように、A子さんはもともと子役出身で、10代の頃からドラマや映画に出演するも20歳で芸能界を引退しました。芸能界特有の派手なパーティーも日常茶飯事だったでしょうし、青春時代を芸能界に身を置いたことで友人も業界関係者が多くなるのは当然のこと。

「確かに、その元女優さんは2011年をもって芸能界を引退。後にスタイリスト男性と結婚していて、自身のインスタグラムも開設していたみたいですが、2019年にはアカウント名が旧姓に戻っていたと言います。真剣佑と出会ったとされる“2年前”と重なりますが、もちろん、その女性がA子さんと決まったわけではありません。

ルシード 2018年 春 新製品のお知らせ40才からのニオイ対策「ルシード 薬用デオドラント」

かつて子役としてNHKの番組に多数出演し、誰もが聞いたことのあるドラマや映画にも出演している元女優だ。そんな彼女のプロフィール欄に《新田真剣佑現彼女》《元有名子役31歳、彼女A子》などと書き加えられ、活動ジャンルには、真剣佑との交際経緯やTakaとのトラブルを揶揄しているのか《奪い奪われ》ととにかく“荒らされている”(現在は修正済み)。

2021年令和3年 新田真剣佑 13歳

2021年令和3年 新田真剣佑 13歳

本年度「アクターズセミナー2020」は、残念ながらコロナ禍により開催を中止させていただきました。近年「ndjc若手監督作家育成プロジェクト」とのコラボにより多くの応募があり、リモートでの開催も検討しましたが、プロデューサー協会開催ならではのワークショップでの指導や現役プロデューサーとの直接対話が出来ないのであれば本年度は中止したほうがよいと判断させて頂きました。来年は、是非とも開催したいと考えていますので、協会員皆様の温かいご支援ご協力をお願い申し上げます。

2021年令和3年 新田真剣佑 10万円でできるかな

2021年令和3年 新田真剣佑 10万円でできるかな

12月21日(月)、「えひめ次世代マイスター育成事業(ツアープランニングプログラム)」の3回目が、3限、207HRで行われました。講師としてワカタケツアーの河村眞治様に来ていただき、商業科2年生の商業類型生徒19名が、ツアープランニング方法の基礎知識を勉強しました。

町長 本日はお忙しいところ、お越しいただきありがとうございます。また、町では8人目、9人目の認定新規就農者ということで、これから同世代の先頭に立って町の農業を盛り上げていってほしいと思います。前途有望な2人の活躍に期待します。
鈴木 ありがとうございます。農業を始めるにあたり、高い目標を設定していますが、自分のペースを崩さず当たり前のことは当たり前にやる、遊ぶとき遊ぶというように、メリハリをつけた経営を行っていきたいです。
多胡 一人立ちするまでに、里親の農家さんをはじめ多くの人に助けてもらいました。そうした今までお世話になった人たちに恩返しできるように、楽しみながら農業をやっていきたいです。
町長 鈴木さんは長野市から、多胡さんは埼玉県から町に就農されたんだね。
鈴木 生まれは山ノ内だったんですが、小さいころ長野市に引っ越しました。山ノ内には遊びに来ていたという感じですね。
多胡 私はスノーボードをやっていて、その関係の友人に、「山ノ内でぶどうを作っているから食べにおいでよ」と誘ってもらいました。そのときに食べたぶどうがとても美味しかったんです。これは自分で作りたい!って決意したきっかけになりました。
町長 町の農産物には、志賀高原ブランド「だから旨い!清流育ち。」というキャッチコピーがありますが、それを実際に体感してもらって就農につながったのはうれしいね。
多胡 本当に美味しくてびっくりしたんですよ。
町長 多胡さんのように、町の農産物の美味しさに感動して県外から就農してくれる人も多いのが山ノ内町の特徴だね。昨年は14名の新規就農者がいたけど、親元だけでなく関西圏からもIターン就農してくれる人がいました。2人はどの程度の規模で農業を始められたの。
鈴木 現在は約80アール耕作しています。つがるが約20アールくらいで、残りはふじを栽培しています。将来的には、1ヘクタール以上の農地を耕作していきたいと考えています。
多胡 現在はりんごを約65アール、それと10アールくらいですがぶどうを耕作しています。りんごはほとんどふじで、シナノドルチェとシナノスイートが少しあるくらいですね。将来はぶどうをメインに経営をしていきたいと考えています。
町長 2人ともしっかりとしたビジョンをもって取り組まれていますね。山本(町認定農業者連絡協議会長)さん、農業の先輩として2人にアドバイスをお願いします。
山本 農家って自分の好きなように仕事ができます。努力も大切ですが、楽しみながら仕事をすることでより良い農作物が収穫できます。ぜひ頑張ってください。
町長 ありがとうございます。町ではさまざまな農業支援を行っています。ぜひ活用してください。今日はありがとうございました。

町長 この度は本当におめでとうございます。畔上さんには私も課長、助役、町長のときにそれぞれ議員をお勤めいただいて、アゼさん、アゼさんと気安く呼ばせてもらいました。
畔上 名誉ある勲章をいただき感謝申し上げます。これからも一町民として、町の発展に尽力します。
町長 アゼさん、88歳にならったけど、達者に歩いてらさなぁ。
畔上 毎日30分くらい歩くからね。朝歩いたらまた昼過ぎに歩いてみたり。まあ足は痛えんだけんな、我慢して頑張らなきゃいけないって思って歩いているんださ。クマに襲われなきゃもっと達者に歩いていたかもしれないけど、達者なら楽しちゃうかもしれないから、これでよかったんかな。
町長 アゼさんがクマに襲われたのは8年前だったかい。ヘリなんかも来て、全国ニュースで報道されたさな。
畔上 娘の関係で、ニュースを見た鳥取の郵便局長から花束送ってもらったさ。
町長 議員の時代は、いろいろな立場から町を盛り上げてもらったさなぇ。
畔上 おらの場合、自分でやりてぇって議員になったからな。とにかく地域のために尽くしたいって、そればっかり考えて。農業委員なんかもやらせてもらって、議員やってる時が一番面白かったな。
町長 当時、町長やおらもいろいろ頼りにさせてもらったでなぇ。福祉センターへの温泉配湯や道の駅への出品なんてやってもらったさなぇ。
畔上 今は多くの若い人が町から出て行っちゃってるし、これを何とかできないかなって思ってるんだ。星川で組長をやってたときは、100軒くらいあったんだけんな。今じゃ40軒くらいじゃないかな。ぜひ町長に人口対策を頑張ってもらいたいな。
町長 各地区で人は減ってきているけど、町の魅力は多いから、それを今以上に知ってもらうよう頑張ります。
畔上 魅力といえば、地獄谷のサルもいろいろなところで取り上げられてるもんな。
町長 スノーモンキーだね。
畔上 そうそう。スノーモンキー以外にも、観光がもっと盛り上がってくれるといいな。
町長 農業に関しても、毎年新規就農だって、10人前後は農業始めてくれるし、親の跡継ぎもそうなんだけど、おらほうのりんごの味に感動してわざわざ県外から引っ越して来てくれる人もいるんださ。
畔上 それはいいね。農産物で言えば、道の駅も人で賑わってたな。
町長 今年で登録20周年と利用者400万人になったってお祝いやったさ。アゼさんも最初からまんじゅう出してたさなぇ。
畔上 最初に出し始めたときは、4軒くらいでまんじゅう出したかな。赤字だったけど、だんだん儲かるようになって、それからみんな出し始めてくれた。
町長 先人や、町民皆さんの頑張りで、今の町があると思います。これからもぜひ達者で頑張ってください。今日はどうもありがとうございました。

町長 今日はお忙しいところ、ありがとうございます。今年は猛暑や激暑といわれるなか、訓練を重ねられ、見事北信大会を優勝され、県大会でも活躍されましたが、皆さんどのくらい練習されたのでしょうか。
小林 今年はゴールデンウィーク明けから県大会の前までで約3か月間、多い時で週5日、夜の7時30分から10時くらいまで練習しました。
町長 夜間瀬共選所のところでやってたよね。大変だったことは。
堀米 西部自動車は毎年メンバーが替わるんです。だから毎回ゼロからスタートして一つひとつ覚えていかないといけないんです。年齢も上と下で一回り違うこともあって、世代間の差を埋めるのが大変でしたね。
町長 普段の仕事に加えて消防団の練習ということで、そこも大変だったろうね。
山本 私は農家をやっていますが、朝4時か5時には起きて消毒しました。そして昼間の作業をして夕方早めに切り上げて子どもを風呂に入れて夜10時まで練習するという生活でした。大会期間中の操法練習をしている記憶はあるんですが、昼間の農作業の記憶はないんですよね。なんであの畑終わっているんだろうみたいな。
町長 北信大会では皆さんの操法が終わったら「もう西部の優勝だな」と、「全然違うわな」って話が出たほどですが、県大会での思い出や印象はどうですか。
田中 やっぱり県大会は緊張しました。大きいミスや小さいミスもありました。それでも良い経験させてもらったなと思います。
山本 雰囲気は町大会や北信大会とはまた違いましたね。集まってくる各地区の代表も意識が高いなと感じました。
畔上 私は今年で西部自動車12年目になりました。コーチという立場で初めて県大会に行きましたが、やはり独特な空気を感じました。その中でみんなで協力して悔いを残さずできたことがうれしかったですね。
町長 私も若い頃、可搬と自動車でそれぞれ大会に出たことを思い出します。消防団をやっていたからこそのつながりもうれしいよね。
堀米 そうですね、消防団活動の絆ってありますし、それはやった人にしか分からないですね。
大塚 消防団員も年齢が上がって、若い人がなかなかいないんです。本郷はそれが顕著で。ぜひ一緒に消防団活動を行ってほしいと思います。
町長 これから西部自動車は追われる立場になりますが、後輩や次の世代に向けてのアドバイスを聞かせてください。
小林 一番は現場・火事場に行った時のことを考えて練習してもらいたいですね。現場で筒先が持てる、機関を操作できる、周りと連携が取れる、練習のための操法ではなく、有事の際の訓練だと意識してほしいです。
町長 一朝有事の際には、皆さんのような消防団員が大きな力となります。それぞれの家庭や体を大事にしながら、頑張ってもらいたいと思います。今日はどうもありがとうございました。

町長 荻原さんは2回目の参加ですが、今日はどうでしたか。
荻原 子どもたちが楽しそうにスキーをしていると、見ているだけで楽しい気持ちになりますね。雪の多い地域の子どもたちが雪に親しんで楽しむっていうのは、本当に嬉しいことですね。今日は私も一緒に滑らせてもらいましたが、次世代を担う子どもたちが、一生懸命先生から習っていて、すごく頼もしく見えましたよ。
数年ぶりに志賀高原に来ましたけど、やっぱり山がいいですよねぇ。斜面もいいし、コースも豊富だし、皆さん満足して帰られると思いますよ。
町長 子どもの頃も山ノ内町によく来られていたという話を聞いたことがありますが。
荻原 よくご存じですね! 私は群馬県草津町の出身で、当時、群馬県内では夏にジャンプの練習をする場所がなかったので、渋峠を越えて、上林のサマージャンプ場へ何度も来ていました。冬にはジャイアントスキー場のジャンプ台へも大会で来てましたね。
町長 今年は町制60周年ということで、ご出身の草津町と協定を結ばせていただきました。これからも両町の懸け橋としてご協力いただければと思います。
県の教育委員というお立場から、子どもたちのスキー振興・スポーツ振興についてお話を聞かせてください。
荻原 過日開催された県の教育委員会で、長野県は山に囲まれた自然環境にあるので、夏冬問わず山々をもっと活用して、登山やスキーなどの運動・スポーツを推進してはどうか、という発言をさせていただきました。一方で、県内の学校ではスキーの授業が減少傾向にあります。私が小さいころは、冬の体育といえはスキーでしたけどね。こんなに身近にスキーができる環境が整っているので、もっとスキーを授業に取り入れられるよう、現場の諸課題の解決に努めていきたいと思っています。子どもたちの体力の増進という側面だけではなく、ウィンターリゾート・スキー産業の担い手として、地域を支えていく子どもたちを育成するという意味でも、ぜひ推進していきたいと考えています。
町長 長野はスキー王国と言われ、今までオリンピック選手を多数輩出してきた歴史があります。町出身の選手も中学生から大学生まで活躍しており、今年はユースオリンピックへ町出身の2選手が日本代表として出場します。オリンピックのゴールドメダリストというお立場で、お話をお聞きしたと思います。
荻原 子どもたちから、小学校のグラウンドでクロスカントリーをやっていますという話を聞いて、嬉しかったですねぇ。日常的にスキーを楽しめる山ノ内町の素晴らしい環境は、ちょっと他には無いんじゃないかなぁと思いますね。最近は中野立志館高校で活躍している町出身の選手もいますし、どんどん世界に羽ばたいてほしいですね。小さい子どもたちも、そういう選手に憧れてどんどんスキーを頑張っていくような、新たなトップ選手が生まれる好循環になればいいと思います。
町長 中国河北省のスキー協会の方が北京冬季オリンピックの視察で志賀高原に来られました。荻原さんは中国のスキー学校の名誉校長もやっておられるということで、これからも関わっていかれると思いますが。
荻原 現在も中国にはたくさんのスキー場がありますが、スキー競技というと、まだ歴史が浅い国と言えます。冬季オリンピックを開催するに当たり、日本、長野、特に山ノ内町の冬季オリンピックの経験は、たくさんの事を伝えられると思います。アジアでの開催ですので、成功できるよう協力していきたいと思っています。
また、中国にはノルディック複合の選手がまだいないので、個人的にも選手育成など協力していきたいと思います。
町長 日中友好に、平和の祭典オリンピックを通して町としても協力していきたいと考えています。長野オリンピック10周年記念で荻原さんに植樹していただいた「ピラカンサ」も真っ赤な実を付けていますので、ぜひご覧ください。帰りには、ご家族で温泉も楽しんでください。本日はお忙しい中、ありがとうございました。

本日、第100回全国高等学校ラグビーフットボール大会愛媛県予選の準決勝があり、本校は新田高校と対戦しました。

10月5日、今年新規就農した4名に「がんばる農業就農奨励金」を手渡すとともに、交付式に出席いただいた3名(写真右から下田健志さん、青木有加さん、小松孝行さん)から、これからの抱負などを伺いました。

町長 パネルシアターって初めて聞くんだけどもどんなものなんだぇ。
小坂 紙芝居や絵本は絵に合合わせてお話していきますが、パネルシアターはパネルに絵を貼って、その絵も動きがあるので子どもたちの注意を引いてお話できるのが特徴です。
町長 昔からあるんかぇ。
小坂 45年前くらいに古宇田亮順という和尚さんが発案したもので、それ以来たくさんの教育の現場で使われているようです。
町長 実際に見せてもらったけど、紙芝居や絵本と違って動きがあるのは面白いし、これは子どもたちも喜ぶなぇ。
小坂 子どもたちも動きがあると集中して聞いてくれます。
町長 始めたきっかけは。
小坂 保育士をしている頃に保育雑誌でたまたま見かけてやり始めました。最初は色々な方と上演してましたが、自分なりにアレンジできたり自分のペースでやってみたいと思い1人でやり始めました。
今は生活の一部と言っていいくらいのめり込んでます。
町長 絵は自分で作ってるの。
小坂 本を参考にしたり、自分で考えて作っています。
町長 お話しはいくつぐらいもってらるんだぇ。
小坂 今できるのは70種類くらいですが、練習中のものも含めれば100種類くらいあります。
町長 月にどのくらい活動してるんだぇ。
小坂 今は新型コロナウイルスの影響で活動していませんが、普段は月に10回程度です。
町長 初めて見て面白かったけど、70種類も話があって、絵も自分で作って、月に10回以上も各地で上演しているのってすごいなぇ。
小坂 長くやってても失敗はあるのでまだまだだと思っています。
町長 どうして「ララさ・り・ま」っていう名前なんだえ。
小坂 本名で活動してもよかったんですが、親しみやすい名前がいいなと思って。私には3人娘がいるんですが、娘の名前の頭文字をとって「さ・り・ま」とつけました。今では「さりまさん」と呼ばれることが多くなって、私の本名を知らない人の方が多いかもしれません。
町長 やっててよかったなって思うときは。
小坂 パネルシアターは子どもたちの反応を見てやるものだからコミュニケーションがとれて楽しいなと思うし、話を覚えながらいざ実際にやるのも楽しい。やっぱり自分が楽しいのも大事だと思います。いろいろなところへ行って、私は覚えていなくても、行き会ったときに声をかけてくれる人もいて、そういうつながりもできてよかったなと思います。これからも新しい話に挑戦して、子どもたちにいろいろなお話を見せたいと思います。
町長 これからも頑張ってください。ありがとうございました。

10月12日、今年度新規就農した14名に「がんばる農業就農奨励金」を手渡すとともに、交付式に出席いただいた13名の方に、これからの抱負などを伺いました。

10月15日、第52代ミス志賀高原に選ばれた、山浦ひなのさん、原由奈さん、藤澤愛理さんにお越しいただき、任期中の抱負などを伺いました。

12月10日(木)、登校時に一年生の交通委員と教員による交通指導が行われました。朝晩、冷え込みます。寒さ対策のために視界が遮られることのないように、周囲をよく見て、交通ルールを遵守し、安全に登下校しましょう。

10月7日、山ノ内町長に表敬訪問した第50代ミス志賀高原の3名に、これからの抱負などを伺いました。

町長 ちょうど桜の花も爛漫でいい時に古代桜まつりなったんだけど、今年で何回目になるんだいや。
山崎 7回目ですよ。確か段取り期間があってちょうど10年になるかな。実際祭りになったのが7回になる。
町長 確か町の地域活性化事業ではじめたんだよね。
山崎 それまで宇木には何にもやるのがないからって始めたんだ。いろいろアンケートとったりしてさ。
町長 古代桜まつりの古代っていう5本の桜の名前は。
山崎 千歳桜、ここ宇木区民会館の桜、あと大日庵の源平桜、隆谷寺のしだれ桜、大久保のしだれ桜。
町長 4月3・10日SBCラジオで武田徹さんと2回対談でPRさせてもらったり、昨日も各テレビ局の夕方の番組でもやってたさな。
山崎 そうだね。いろんな報道機関とか新聞で、かなりお客さんが増えてきた。始めたころはね、お客さんらしいお客さんは150人しかいない。去年あたりみると800人近いんだよね。
町長 毎年呼ばれて来ているんだけれどもリピーターの人が結構多いんだよね。
山崎 多いですよ。だからね、住所書いてもらってハガキ送るんです。それを持ってくると、フォトグラフを5つ作って有り5回来ると全部揃う、そうゆうプレゼントもあります。
町長 まあ確かに宇木っていえばぶどうや、りんごの産地だったのが、こうやって桜を中心に地域の活性化と、地元だけじゃなくて、よその皆さんがみんな来るようになってきてるけど、オラも千歳桜せえばさ、小学校の時、東小から弁当持って遠足に来て、桜の下で千曲川や善光寺平眺め、むすびを食べた思い出があるよ。お客さんたくさんで大変なところ、誠にありがとうございました。

町長 皆さん、それぞれの思いをもって新規就農されたことと思います。農業は町の基幹産業の一翼ですが、これから農業とどのように向き合っていきたいか、意気込みを聞かせてください。
山本真央 今までは趣味のダンスに力を入れていました。町に戻ってきたとき、実家が農家だったこともあり、農業をやろうと決心しました。
山本梨恵 技術をしっかり学んで、夫(真央さん)の経営をサポートしたいです。
湯本寛教 高校卒業後、東京でホテル業などをやっていましたが、農業が自分に合っていると思い、帰ってきました。
上原航輔 東京と仙台で6年ほど会社員をしていました。実家は農家ですが、会社の同僚に実家のりんごやぶどうを食べてもらったとき、「すごくおいしい」と言ってもらえたことが印象的で、自分で作りたいなと思いました。
佐伯幸彦 スノーボードが好きで町にはよく来ていました。造園業などをする中で、農業で独立したいと考えるようになり、就農を決意しました。
坂口慎太郎 10年間ずっと長距離の大型トラック運転手をやっていました。長野県の農産物を運んでいましたが、長野の農産物はどこの産地よりも市場の評価が高いんです。それを見ていたら自分で作りたくなって、やってみようと思ったのがきっかけです。
坂口真依子 末っ子が大きくなり、ちょうど自分の手が空いてきたところに夫(慎太郎さん)が就農するといったので、一緒にやっていこうと決めました。
山本真行 私はしばらく県外で仕事をしていましたが、3年前くらいから、親が「体が痛いなあ」と言い出して、手伝いたいなって気持ちがありました。りんごやぶどうを食べるのも好きだったので、手伝いから本格的に就農しようと思いました。販路開拓などを進めたいです。
小松智未 夫が昨年新規就農しました。私はずっと会社員をしていて、「そのまま働いていていいよ」と言ってもらったのですが、手伝わないと難しいんじゃないかなと思って、夫と一緒に農業をやろうと思いました。
山本佑季 私も夫が先に就農しています。夫の就農時より畑の面積が大きくなっていて、人手が足りていないということで、夫と協力して頑張りたいなと思って農業を始めました。
瀬崎眞也 私は以前京都で消防士、救急救命士として33年務めていました。小さいころからりんごが好きで、第二の人生では自分の好きなこと、りんご作りをしたいと思っていました。町のりんごを食べたとき、すごくおいしくて、「なんや、これ」って驚いたのを覚えています。これから作る側になって、お客さんに届けるのが楽しみです。
瀬崎麻紀 夫(眞也さん)と一緒に町に来るまでは、児童クラブの指導員と楽器のクラリネットをしていました。夫と協力しながら、「おいしい、また食べたい」って言ってもらえるりんごを作れるように、頑張りたいです。
湯本邦人 須坂の農薬屋に勤めていましたが、そろそろ親に代わって農業に取り組まないといけないと思い、就農しました。
町長 皆さん、それぞれの思いを聞かせていただきました。町では農業振興のために、農協や農業委員会などと協力して補助などを行っています。また、トップセールスとして関東・中京・関西、さまざまな場所に出向いておいしい農産物をアピールしています。皆さんに町の基幹産業を支えていただけるとうれしいです。今日はありがとうございました。

10月4日、高級果物専門店の(株)新宿高野より、森山フルーツクチュリエ、蚊爪販売企画ディレクター、久保広報担当マネージャー、阿天坊アシスタントを招いて、フルーツカッティング教室を開催しました。毎年町とのコラボフェアも開催している新宿高野の皆さんに、フルーツの魅力についてお聞きしました。

2021年令和3年 新田真剣佑 17歳

2021年令和3年 新田真剣佑 17歳

一方の新田は、ラストの殺陣のシーンでとある色の衣装が着たいとリクエストしたとのこと。新田がその色と理由を当てさせようとすると、佐藤は突然始まったクイズに「めっちゃ面白いじゃん!」と喜ぶ。衣装の色は白だと覚えていたものの、理由は当てられなかった佐藤。新田は「白は『The Beginning』で巴が着ている色なんですよね。縁は剣心と一騎討ちのために生きていたようなものなので、最後にその色をぶつけようと思ったんです」と正解を明かした。

40周年を迎えたギャツビーがブランドイメージを刷新! 新イメージキャラクターに柳楽優弥さん、新田真剣佑さんを起用!

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。和月伸宏/佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/江口洋介/大友啓史/蒼井優/るろうに剣心 最終章 The Final/るろうに剣心 最終章 The Beginningの最新情報はリンク先をご覧ください。

江口が佐藤のエピソードを話す番になると、佐藤が「僕、逆にありますよ。斎藤一、スクリーンでめちゃくちゃカッコいいじゃないですか。でも江口さんが一番カッコいいのは待ち時間に座ってるときなんです」と言い、大股開きで椅子に座り、刀を地面に突き立てている姿を再現しようとしてみせる。それに同意していた新田は、佐藤について「僕とそんなに歳変わらないのに、殺陣のときには『おじいちゃんだからもうダメだ』とか言ってました」と暴露。佐藤が「まっけんは、僕がパート1に出演していたときの年齢なんですよ。だから歳が変わらなくはないよ(笑)。常に動けるようにアップしていて、まっけんが羨ましかった」と言うと、新田は「でも僕との殺陣のシーン、すべてを乗り越えてきた健さんがすごいなと思いました」と改めて尊敬の気持ちを伝えた。

2021年令和3年 新田真剣佑 12人の

2021年令和3年 新田真剣佑 12人の

ギャツビー クリエイティブ アワーズ12/1よりSNS投稿で気軽に参加できる3部門の募集がスタート!

40周年を迎えたギャツビーがブランドイメージを刷新! 新イメージキャラクターに柳楽優弥さん、新田真剣佑さんを起用!

ギャツビー クリエイティブ アワーズ12/1よりDANCE部門とMUSIC部門の募集がスタート!

ギャツビー「スキンケアシリーズ」新TV-CM オンエア開始 柳楽優弥×新田真剣佑 出演「GATSBY COP スタート篇」 米津玄師の新曲がテーマソングに決定!

和月伸宏氏の人気コミックを実写化した映画『るろうに剣心』シリーズが、ついに最終章を迎える。2012年の『るろうに剣心』に続き、『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』(14年)と3作合わせて累計興行収入125億円以上、観客動員数は980万人を突破した大ヒット作で、幕末に人斬り抜刀斎として恐れられた緋村剣心(佐藤健)が、不殺(ころさず)を貫きながら仲間と平和のために戦う姿を描いている。
【写真】佐藤健&新田真剣佑 撮り下ろしカット(全9枚)
コロナ禍での延期を経て公開される『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』(2021年4月23日・6月4日公開)は、原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースに縁(新田真剣佑)との究極のクライマックスが描かれる「The Final」と、原作では剣心が過去を語るかたちで物語が進む「追憶篇」をベースに、”十字傷の謎”に迫る「The Beginning」の2部作となる。
今回は23日から公開される「The Final」について、緋村剣心役で主演を務める佐藤と、最後の敵となる縁を演じる新田真剣佑にインタビュー。4月より新会社を設立した佐藤と、海外への挑戦を表明した新田にとって、今作の位置づけとは。
■「縁がいる」「剣心がいる」
――今回佐藤さんが剣心、新田さんが剣心の最後の敵・縁を演じられましたが、実際に対峙したときのお互いの印象はいかがでしたか?
佐藤:僕が子供の頃から見てきた縁というキャラクターに扮したまっけん(新田)を見たときに、すごく説得力がありました。まっけんが役作りのためにこれまで準備してくれたこともあったし、衣装や髪型の似合い方もすごかった。漫画のキャラクターを演じるのは簡単ではない中で、「縁がいる」という域に到達していました。
新田:1作目が公開した時は14歳で、『るろうに剣心』のファンだったので、初めて対峙したときにはもう「映画で見ていた剣心が目の前にいる!」と思いました。剣心と対決したシーンは、人生で1番大変なアクションで、途中で歩けなくなったりもして……。でも、それだけ見応えのあるアクションができたんじゃないかなと思います。
――撮影現場も拝見したんですが、もうお二人とも部屋中グルングルンになってましたよね。
新田:セットも全体的に使ったアクションになりました。
佐藤:いや大変でしたよ、縁が暴れん坊で(笑)。とにかく避けて避けて、長期戦に持ち込みました。後半はもう、「気持ちと気持ちの高め合いだ」という感覚で、エモーションのぶつかり合いです。そうなった方が良いなと思ったし、互いに刀を通して気持ちを通じ合わせていくシーンになりました。まっけんも「歩けなくなった」と言っていましたけど、互いに限界もかなり来ていたし、本当にアクションするのが大変だったんです。そういったゾーンに入ってからは、「気力のぶつかり合いになったらいいな」という気持ちで。僕たちもそうだし、スタッフもそうです。現場全体が同じ感覚で撮影していました。
――撮影の中での、役を離れてのお互いの印象はいかがでしたか?
新田:縁になるために、撮影前に密かに別室で筋トレをしていたら、佐藤さんがちょっと覗いてきて(笑)。「やりたいな」と言ってくださって、一緒に筋トレをできたのが嬉しかったです。
佐藤:僕も体作りやトレーニングを現場である程度やっていたので、同士を見つけると嬉しいんです(笑)。一緒に頑張っていると、自分も頑張れるじゃないですか。1人でやるよりも、まっけんとできたことが良かった。
――役としてはバチバチではあるけど、裏では一緒に準備してアクションシーンが出来上がっていたんですね。
佐藤:やっぱり、アクションは信頼関係がないと絶対にいいものにならないので、お互いに遠慮なくぶつかれるような関係のもとで戦っていました。
■役者人生においての新たな章に
――ものすごく大きな作品であるのは間違いないと思うんですけど、改めてお二人にとって『るろうに剣心 最終章』はどのような位置づけの作品になると思いますか?
新田:『るろうに剣心』は間違いなく、日本が誇れる世界に通用する漫画として、トップクラスだと思うんです。そんな作品の実写映画に出られて、誇りに思います。この作品が今の日本で公開されて嬉しいですし、僕は今後海外に挑戦しますが、「日本で出演した作品は『るろうに剣心』だ」と胸を張って言いたいです。
佐藤:僕は22歳の時にこの作品と出会ったことで今の自分がいるし、『るろ剣』のイメージも含めて全てを背負って、他の仕事もしてきたので、やっぱり特別な存在です。その作品が、10年経った今、ついに完結するというのは、すごく感慨深いです。10年前の『るろうに剣心』が僕の役者人生において1つの章の始まりだとしたら、今回の公開と共に一旦その幕が閉じる。今年以降の役者人生が、僕の新たな章の始まりなんだろうなと思っています。だから、これからはこの作品を超えるような作品、この役を超えるような役と出会う必要があるし、自分からでも作っていく必要があると思っていて。それを目指すべきなんだけど、簡単じゃないんだろうなと思います。それくらい、強力な作品です。
――今回、公開は当初の2020年7~8月から1年弱の延期となりましたが、延期になる前からそういった気持ちをずっと持っていたということでしょうか?
佐藤:そうですね。撮影期間中に自分が30代に突入して、平成も終わって、すごく新時代に向かっている感じがしたんです。剣心も明治を拓くために幕末を戦い抜いて、新時代を迎えようと頑張ってたわけで、演じながらも自分、そして世の中とリンクするような感覚がありました。きっと、この作品が終わることで、1つ何かの区切りがついて、これからはまったく全然違う仕事や生き方を求められるだろうし、していかないといけないんだろうということを感じていました。
――新田さんも、新しい区切りをこの作品に感じていたというところはありますか?
新田:『るろうに剣心』が公開してから海外に挑戦するので、そういう意味では、すごく良いタイミングだなと思いました。日本で剣心の公開を見届けて、その後は海外で頑張りたいと思っています。自分の中での区切りになるというところはあります。
――それでは改めてになりますが、実際にお二人が感じるこの作品の見所を教えていただければ。
新田:僕はもう、観ている間中ずっと体に力が入っている感覚で、終わった後にどっと疲れました(笑)。角度を変えてみれば、どちらが正義でどちらが悪かわからないという物語で、色々な意見があるんじゃないかと思えるところも、すごく面白かったです。自分が縁なので余計にそう思うのかもしれないですが、観ている時は縁を演じたことを意識せず、お客さんとしてとにかく楽しめました。
佐藤: 剣心にとっては贖罪の相手が最後の敵ということで、実は重いテーマなんですが、その重いテーマをエンタメに持っていくんだ、という思いのもとで我々は作っていたので、純粋にアクションエンターテイメントとして、難しいことなしで楽しめると思います。アクションに関しては、本当に、今できることを全部やりましたし、シリーズで比べても、当然1番出来がいいものを残せたという自信と手ごたえがあります。世界を見渡しても、ソードアクションという部類に関しては他にないことをしているという自信があるので、ぜひそこも楽しんでください。
■佐藤健
1989年3月21日生まれ、埼玉県出身。前作の『るろうに剣心』(12年)、続編の2部作『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14年)で幅広い層から不動の人気を獲得。『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17年)で、第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。主な出演作に、『何者』(16年)、『亜人』(17年)、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』『億男』(18年)、『ひとよ』(19)、『恋はつづくよどこまでも』(20年)などがある。待機作に映画『護られなかった者たちへ』(2021年秋公開)、Netflix『First Love 初恋』(2022年配信)がある。
■新田真剣佑
1996年11月16日生まれ、アメリカ、LA出身。『ちはやふる -上の句-/-下の句-』(16年)で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。『ちはやふる-結び-』『パシフィック・リム:アップライジング』(18年)、『十二人の死にたい子どもたち』(19年)、『カイジ ファイナルゲーム』『サヨナラまでの30分』(20年)などに出演。主演映画『ブレイブ-群青戦記-』(21年)が公開中。