2020年令和2年 日本シリーズ中継

ニッポン放送では「日本シリーズ」を完全生中継!

プロ野球日本一を決める「SMBC日本シリーズ2020」が11月21日から7試合制(4戦先勝)で行われる。セ・リーグはリーグ連覇を果たした読売ジャイアンツ、パ・リーグは千葉ロッテマリーンズとのクライマックスシリーズを勝ち抜いてきた、福岡ソフトバンクホークスが登場する。昨年と同じ顔合わせとなった今シリーズ、日本一4連覇を目指すソフトバンクか、昨年の雪辱に燃える巨人か、戦いの火ぶたが切って落とされる。

コロナ禍に翻弄された2020年のパ・リーグは、令和2年11月9日をもってレギュラーシーズンの全日程(120試合に短縮)を終了しました。最終順位は、ソフトバンク・ロッテ・西武・楽天・日本ハム・オリックス の順になりましたが、最終的には1位のソフトバンクが独り抜け出て、最下位のオリックスがどん底に張り付き、セと同じく、1強・4並・1弱の態勢でした。

この最終順位をみごと的中させた解説者が、私が調べた限りで、2人います!。大西崇之氏(6/16 中日スポーツ掲載)と、権藤博氏(6/18 日刊スポーツ掲載)です。大西崇之氏は、中日ドラゴンズ(1995 – 2005)で外野手として活躍、2006年に移籍先の巨人で現役を引退し、その後は巨人の外野守備コーチ等を務め、2020年から野球解説者・評論家の活動を始めたばかりです。権藤博氏は、私が語るまでも無く、中日ドラゴンズ(1961 – 1968)で『権藤、権藤、雨、権藤』と称された大投手で、横浜監督時代(1997 – 2000)には日本一にも導きました。2013年には東海テレビ・ラジオの野球解説者に復帰し、野球評論家として活動しています。