2020年令和2年 日産ノート新型

日産自動車「ノート」は日本をホームマーケットとしつつ、海外でも幅広く展開を行なうグローバルコンパクトカーだ。

日産、車内装備などを充実させた「ノート」特別仕様車「Vセレクション」

日産 新型ノートのデザインをチラ見せ! 写真でチェックしてみる!

2020年12月にも発売されると言われている新型ノート。ただ10月時点でまだ日産からの公式発表も聞かれない。

2020年10月時点で編集部に入ってきた複数の情報を総合すると、新型ノートには、新世代版のe-POWERが採用され、ルノー日産三菱アライアンスで共同開発したCMF-Bプラットフォームと組み合わされる。もちろん、日産が推し進める先進運転支援技術「プロパイロット」も搭載される模様だ。

最近のトレンドでは、新型車は正式発売の数か月前からティザー(事前公開)キャンペーンを行うのが通例となっている。フィットやヤリス、また日産でもキックスなどがそのような手法をとっていた。年内12月中までに登場するとすれば、おそらく11月に入った時点で何かしらの姿が明らかになるだろう。

新しいブランドロゴの採用に伴い、外観も従来の日産車から一新。フロントマスクのアイデンティティとなっているVモーショングリルを刷新するとともに、発売予定となっているEV(電気自動車)「アリア」と共通するテイストを採用し、“電動車のためのまったく新しいスタイリング”とした。内装においても先進感を強調。特に7インチディスプレイを採用したメーターパネルと、ナビ&AV系のディスプレイ(オプション)を一体としたバイザーレスディスプレイを採用したインパネは、アリアを先取りした格好で新鮮なイメージとなっている。電子制御のシフトやフローティングタイプのコンソールも、これまでのコンパクトカーとは一線を画した質感を表現している。

そして、この12月に登場するのが3代目(E13型)だ。この新型は日産の事業構造改革計画「NISSAN NEXT」の先陣を切るモデル。新たな日産ブランドロゴを初採用するとともに次ステップの電動化技術、自動運転化技術により“新生日産”を代表するクルマとして位置付けられている。

EVモデルに加え、現行型ノートやセレナ、そして新型キックスに搭載されるe-POWERは、日産が得意とする電気自動車技術を生かした電動化モデルの柱。日本仕様の発表が遅れている次期エクストレイルにも搭載が見込まれるが、こちらはどうやら2021年に持ち越されそうだという。

当サイト編集部が数ある車一括査定サイトの中で最もおすすめするのがリクルート社運営の「カーセンサー」。カーセンサーは日産ノートのリアルな査定額&高価買取を目指す方に最適のサービスです。

確かに現行型のe-POWERは、ノートの販売全体のおよそ7割から8割を占めるほど人気の中心だ。キックスをe-POWER専用モデルに割り切った日産だから、十分にありそうな話ではあるが、果たしてどうなるのだろう。こちらは続報が入り次第お知らせしていく。