本名

2021年令和3年 嵐 松本潤 本名

2021年令和3年 嵐 松本潤 本名

大河ドラマ主役に、徳川家康の登場です。単独主役では1983年滝田栄さん主演「徳川家康」以来40年ぶり、家康役は「麒麟がくる」まで多くの方が演じています。タヌキ親父とか策略家、最近ではボスキャラとしての登場が多い家康ですが、古沢良太さんが描くキャラクターはこれまでとは違う、令和版へアップデートした、新たな家康像になると思います。ある打合せの折に古沢さんから「実は家康をやりたいんです」と切り出され、その場で熱く語られた家康ストーリーがもの凄く面白く、それは暗いニュースが多い中、久しぶりに聞いたワクワクドキドキするお話しでした。そこには、教科書にある鎮座するような家康ではなく、ピンチピンチの連続、ものすごい強敵たちの登場、すでに「どうする家康」のドラマがありました。唯一の不安は、家康は面白いエピソードが多いので、古沢さんの創造力がスパークして、1年間のドラマに収まらなくなることかと・・・。家康を誰にお願いするかと話していた時も、古沢さんは「松本潤さんなら、きっと明るい家康になりますよ」と言われて、僕たちは一瞬、明るい家康…?と思いました。しかし家康は負け戦も多く、武田信玄にはボロ負けしています。そんなどん底でもセンターとしてチームをまとめた家康は、負けても大胆に笑みを浮かべている、逆境に負けない明るい人物なのかもしれません。松本さんならきっと乱世を終わらせ、東京の基礎をつくった、エネルギッシュな家康を演じて頂けると確信しています。令和版新たな家康の物語が今、始動します。まだ放送は先ですが、お気に留めておいて下さい。

そして、この「チーム徳川」のセンター・徳川家康役を演じるのが、松本潤さん。松本さんには周囲を動かす情熱があり、彼のためなら何とかしたいと、みんなを引きつける魅力があります。古沢良太さんの魂がこもった脚本と共振して、これまでのイメージを突き破る、明るくチャーミングな新しい家康像をつくりあげて頂けるに違いありません。来週が待ち遠しい、ご家族で楽しめる、そして見えない時代を生きる手がかりになる作品としてお送りします。

2021年令和3年 生田絵梨花 本名

2021年令和3年 生田絵梨花 本名

生田さんに代わって出演したのが3期生の久保史緒里さんである。久保さんは城田優さんらとともに「アンダー・ザ・シー」「パート・オブ・ユア・ワールド」(「リトルマーメイド」劇中歌)を披露し、得意の歌唱力で生田さんの代役を無事務めあげた。生田さんを尊敬して「生田絵梨花さんの人生、生き方が好き。お忙しい中でも疲れを見せない姿がかっこいい」(テレビ東京系「乃木坂工事中」19年11月10日放送回)とまで語っていた久保さんの活躍はファンを大いに感動させただろう。

20年7月18日の生放送番組「音楽の日2020」(TBS系)では「ディズニーソングTOP10カバーリレー」として、出演者の中からディズニーソングを選抜メンバーで歌唱する企画があった。乃木坂46からは生田絵梨花さんが出演予定だったが、直前に体調不良で番組欠席となってしまう。この日、春にミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド 〜汚れなき瞳〜」で生田さんと共演していた三浦春馬さんの訃報が流れたことが影響したのではとファンから心配されていた。

乃木坂メンバー10人がそれぞれ主演を務め、異なる新進気鋭のクリエイターとタッグ。1話完結のドラマを10本作り上げた。会見中、配信開始のカウントダウンを行い、クリスマスのこの日に配信をスタートさせた。きょう配信となったのは1話のみで、そのほかのエピソードは毎週水曜日に追加されていく。
松村は「クリスマスの当日に配信できたことが、私たち乃木坂46からのクリスマスプレゼントになればいいな」と笑顔で語った。主演を務めるのは、1話は齋藤飛鳥(21)、2話は秋元真夏(26)、3話は松村、4話は山下美月(20)、5話は北野、6話は堀、7話は与田、8話は生田絵梨花(22)、9話は久保、10話は白石麻衣(27)。会見で各ドラマのダイジェスト映像が公開されると、松村は「初めてほかの作品の映像を見た。みんな普段の接しているキャラと違う」とギャップに驚き、与田も「それぞれに面白い内容。楽しみにしていただければ」と呼びかけた。
ドラマで念願のアクションに挑戦した堀は「ワイヤーアクションをやらせていただいた。強い女性にあこがれていたので、自分がものすごい超人になったように感じた。私のいままでのイメージとは全然違う」と手応え。アンドロイドを演じた久保は「汗をかかないでくださいと言われた。乃木坂の中で1位を争うくらい汗をかくのでそれが大変だった。空き時間ギリギリまで氷のうを当てたり日傘で対策をした」と苦労を明かした。
また、松村は今年1年を振り返る場面で、昨年末に「シンクロニシティ」でレコード大賞を受賞したことに触れ「2019年は結構プレシャーのかかる年だった」とコメント。「でも、それに負けないで後輩たちもすごい頑張ってくれた。坂道シリーズも日向坂46さんもすごい成長していた」と後輩の躍進に目を細め、「グループとしても個人としてもみんなそれぞれ自分の場所とみつけられた年だったのかな」と総括した。

※本名ではなく、ペンネーム等での投稿をおすすめいたします。