2020年令和2年 桐生ココ中身

北海道、五稜郭駅〜江差間を結ぶローカル線・江差線。太平洋側から山間部、そして日本海側へと車窓風景は、次々と移り変わり、風光明媚な風景が愉しめることでも人気の路線。 しかし、そんな江差線も、折からの乗客数減少を理由に、2014年の5月12日に木古内ー江差間が廃止されることが決定。まさに今しか見られない鉄道風景!ということで、極寒の寒さの中、ロケを決行!しかし、大雪の影響でハプニング多発!運休、見逃し、大転倒!そして迫る帰京の時間。果たして、藤田は無事にロケを終え、翌日の仕事に間に合うのか!?さらに、新コーナー「藤田大介のムービー日記」を大公開! 藤田がカメラ片手に真岡鐵道のイベントに潜入し、貴重な「単機重連運転」の撮影に成功!藤田も驚愕した衝撃シーンをお見逃しなく!

今回汐博2014のステージでいきなり発表された行先は・・・2015春の北陸新幹線開業により、JR信越本線の長野県内区間(長野、妙高高原駅間)がJR東日本から移管されることになった長野県を走る「しなの鉄道」。まずは軽井沢駅から、2014年7月より運行開始した観光列車「ろくもん」に乗車。真田幸村の故郷”信州・上田”、長野の善光寺など歴史多い沿線で「しなの鉄道」の歴史を学ぶ旅へと出発します!そして日本初、絶景、お見送りなど、今回も盛りだくさん!新しいコーナーも登場!ぜひお楽しみください。

ソースカツ丼が地域に定着しているまちが全国から長野県に集結します!もちろん桐生も元祖のまちとして参加。全国のソースカツ丼を手軽に食べ比べられる貴重な機会となります。会場では桐生の観光パンフレットなども配布いたしますので、是非お越し下さい!

桐生市を題材にしたマンガ「職人見習いは桐生の御霊(みたま)と暮らす」の第三話が公開されました!

旅の始まりは鳥取駅から。今回のテーマは「復活」。まずは、山陰本線豊岡方面の唯一の特急列車で、一日一往復しかしていない特急「はまかぜ」をお出迎え。その後、特急「スーパーはくと」に乗車。わずか8分間の乗車時間で「郡家駅」へ。下車した郡家駅はJR因美線と若桜鉄道線の分岐駅。その後、若桜鉄道線へ進んだ一行。国の有形文化財に登録された駅舎やプラットホームなどを満喫。終点の若桜駅に到着すると、そこにはSLが!2018年に観光列車としてSLを復活させるという計画がある。SLは復活できるのか?その思いを社員に聞く。

桐生市を題材にしたマンガ「職人見習いは桐生の御霊(みたま)と暮らす」の第十四話が公開されました!
通風織のストール?

鉄道発見伝が大阪に初上陸! 2014年4月6日に52年の歴史に幕を下ろす 大阪でも指折りの鉄道スポット「交通科学博物館」前から旅はスタート!初乗り運賃が日本一安い「北大阪急行電鉄」を完全乗車。 そんな北大阪急行電鉄も消費税率引き上げに伴い、一区間80円が90円に・・・ 2014年4月28日より運行開始する「新車両9000形」が「鬼のパンツ」に乗せて入線!? さらに!千里中央駅から箕面市方面へと向かう、北大阪急行電鉄の延伸計画に関する最新情報も!大阪モノレールは大阪空港への向かうアクセス路線。降り立ったのは「万博記念公園駅」。 そこで「万博鉄道まつり2014」のポスターを見つけ藤田愕然! 田中Dの企みは限界を超えた!?そして大人気!「田中Dも行く!」では三陸鉄道北リアス線の試運転一番列車を激写! 甚大な被害を受けた島越駅を通過する前面展望映像の撮影に成功!さらに寝台特急「あけぼの」ラストランにADナベちゃんが向かう!果たして、撮影に成功したのか?

桐生市を題材にしたマンガ「職人見習いは桐生の御霊(みたま)と暮らす」の第四話が公開されました!
妹が初登場!

桐生市を題材にしたマンガ「職人見習いは桐生の御霊(みたま)と暮らす」の第十一話・十二話が公開されました!
リューくん姿を消す!・・・そして見つかる。

桐生市を題材にしたマンガ「職人見習いは桐生の御霊(みたま)と暮らす」の第十話が公開されました!
リューくんは電車通学だったんですね。

桐生市を題材にしたマンガ「職人見習いは桐生の御霊(みたま)と暮らす」の第五話が公開されました!
リュウくん、ついに決意する!

2014年4月に開業100周年を迎えた、三重県を走る三岐鉄道北勢線の今しか出逢えない鉄道旅に出発!ナローゲージでお馴染みの三岐鉄道発見伝北勢線では、2014年秋までしか見ることの出来ない三岐鉄道カラーと、旧三重交通カラーのコラボ列車に乗車。狭い軌道幅に小さくキュートな車輛、風景に溶け込む駅舎、三岐鉄道の旅をお楽しみください。他にも吊掛け駆動や他ではめずらしい連接台車など、鉄道ファン必見の60分!ミニコーナー「田中Dも行く!」ではJR関西本線の四日市駅と四日市港を結ぶ国の重要文化財にも指定されている「末広橋梁」を訪れ日本で唯一の鉄道可動橋を通過する貨物列車を堪能。さらに、「三陸鉄道・全線運行再開日」の模様もお届けします。

北海道編2014年の3月14日に廃止となる寝台特急「あけぼの」。将来は北海道新幹線の開業に合わせて、全ての寝台列車が廃止されるという話も。これにより半世紀以上に渡り走り続けてきたブルートレインは全廃へ向かうのか!?そんな寝台列車を見送るために、今回訪れたのは北海道。北の大地を走る寝台列車「はまなす」「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」「北斗星」を全て見ようと東室蘭駅へ向かい、鉄道ファン代表として藤田アナが夜を徹してレポート。 廃止が噂される列車を見送る”葬式鉄”の神髄を究める。更に2014年3月に営業を終える知内駅から寝台列車を見送る。消えゆく駅から眺める、去りゆく寝台列車。暗闇の中に消えていく夜行列車の窓明かりを見て何思う。また、「田中Dも行く!」のコーナーでは青い森鉄道で “初披露”となる”今しか出逢えない鉄道風景”を激写! 2014年3月に開業する「筒井駅」では”駅を通過する列車をホーム上で撮影” 車両基地では”新型車両青い森703系を間近で撮影”。 また、青い森鉄道の美人社員、イメージキャラクター”モーリー”も登場!

今回のテーマは「ハッピー」。品川駅から今しか出逢えない京浜急行電鉄の「京急イエローハッピートレイン」に乗車し羽田空港国内線ターミナル駅へ。すると田中Dからまさかの発言で急きょ”鳥取”へ向かうことに!「鬼太郎列車」「寝台特急サンライズ出雲」「やくも」「スーパーまつかぜ」「はまかぜ」など山陰地方を走行する主要列車が続々登場!鳥取駅からは「特急スーパーはくと」に乗って2014年12月に開業20周年を迎える智頭急行線へ!智頭急行は第三セクターで唯一、3県(鳥取・岡山・兵庫)をまたぐ路線。そんな智頭急行のハッピーになれるスポットをめぐる旅!ハードな旅で疲れ切った藤田アナにまたまた田中Dのドッキリが・・?!

昨年も大好評いただきました、黒保根お正月体験の旅行商品が今年も発売されました!
ツアーの詳細については桐生の旅行商品のページよりチェックしてください!