2020年令和2年 森川葵高橋一生

森川が高橋との熱愛報道で一躍世間に名を馳せたのは、2018年2月のこと。「フラッシュ」(光文社)に、「自宅マンションおこもりデート」をキャッチされたのだ。

高橋の人気が下降線をたどったことで、森川はその後、「マスコミ内で『高橋一生の人気を終わらせた女優』のレッテルを貼られた」(同)そうだ。

2年前、当時大ブレーク中だった俳優・高橋一生との交際を週刊誌に報じられ、一躍時の人となった女優の森川葵が、昨夏あたりから意外な才能を開花させて再び脚光を浴びている。「一時は『高橋一生の人気を終わらせた女優』とマスコミ関係者の間で揶揄され、世間的には小悪魔なイメージばかりが先行していた」(マスコミ関係者)という森川だが、一体何が起きているのだろう。

森川葵「達人つぶし」の天才肌に共演者驚愕 母親も証言「何でもできてた」

森川さん演じる“沼越幸”は“自分の家”を手に入れる夢のために「マンション購入」を目標に生きる26歳。高橋一生さんの役は、彼女が足しげく通う持井不動産の有能な社員“伊達政一”、35歳。そして、渡辺美佐子さんは、沼越幸が住んでいるアパートの大家“藤堂紅”を演じています。