2021最新 田中圭 深沢ハウス

田中圭さんの自宅は、世田谷区にある深沢ハウスだと噂されています。

フジテレビでは、6月スタートの“月9”ドラマ(毎週月曜・21時~21時54分)にて、主演・波瑠、そして田中圭、岸優太(King & Prince)、北村匠海、岡崎紗絵が共演の『ナイト・ドクター』を放送することが決定した。波瑠は岸、北村、岡崎との共演は今作が初となる。“月9”ドラマ初出演にして、初主演を務める波瑠が、夜間救急専門の「ナイト・ドクター」結成のために集められた、年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちと共に、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでいく“青春群像医療ドラマ”をお届けする。本作は完全オリジナル。

田中圭演じる成瀬暁人(なるせ・あきと)は、美月にとってかつて同じ救急にいた先輩医師で、ナイト・ドクターの結成により美月と再会する。上から目線で口が悪く、クールでドライな現実主義者。自分にも他人にも厳しいストイックな性格で、医療現場で唯一必要なことは確固たる技術だと信じている。かつては美月のように患者思いの一面があったが、ある出来事がきっかけで患者と距離を置くように。自分の過去の経験から、とことん患者に向き合う美月はシビアな判断を求められる救命医に向いていないと感じており、事あるごとに美月に転科を勧める。しかし、美月や若い医師たちが懸命に患者に向き合う姿を見ながら、忘れかけていた医師としての姿を思い出していく。また、同じ寮に住みながら多くの時間を共に過ごすことで、成瀬の人生にも変化をもたらす。俳優として、さまざまな話題作に出演、最近では音楽番組でMCも務めるなど、今やテレビで見ない日がないほどの人気者である田中が、“月9”ドラマに出演するのは『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(2017年10月期)以来、約4年ぶり。仕事にまい進するあまり、見失っていた人生の大切なものを取り戻していく成瀬の変化を、田中が丁寧に演じる。岸優太演じる深澤新(ふかざわ・あらた)は、研修医あがりの元・内科医。両親を早くに亡くし、病気がちの妹の面倒をひとりで見ている。妹を元気にするために医者になったが、美月や成瀬のような医師としての強い信念は持てずにいる。柏桜会あさひ海浜病院で内科医として働いていた深澤は、救急診療で働く同僚がハードワークでボロボロになっている姿を見て「救急医は絶対にやりたくない」と思っていた。そんな矢先、ナイト・ドクターとして働かないかと院長から持ちかけられる。妹が昔からこの病院でお世話になっていることもあり、院長の願いを引き受けることに。技術もやる気も自信もない深澤だったが、美月たちの姿勢に次第に感化されていく。プライベートでは、妹との2人暮らしが長いため家事が得意。仕事優先で私生活がボロボロな美月の面倒を何かと見ることに。そんな深澤を演じる岸は、今作がフジテレビ系ドラマ初出演となる。岸は2018年、King & Princeとしてデビュー。デビューシングルの『シンデレラガール』は、初週売り上げ57.7万枚という快挙を達成し、デビュー1年目にして『NHK紅白歌合戦』に初出場。美しい声と抜群の歌唱力が評価されている岸だが、何事にも果敢にチャレンジする姿が世代を問わず人気を集め、バラエティー番組にもひっぱりだこ。一方で、ジャニーズJr。時代から舞台を中心に出演し、2019年からは舞台『DREAM BOYS』で座長を務めるなど芝居の経験も多く積んできた。自身初の医師役を演じる岸の新たな魅力は視聴者を驚かせること間違いなし!そして、ナイト・ドクターとして働く研修医上がりの医者、桜庭瞬(さくらば・しゅん)を演じるのは北村匠海。明るく、人懐っこい性格で、くせ者ぞろいのナイト・ドクターの中でいつも元気に振る舞う桜庭は、チームのムードメーカー的存在。そんな桜庭は、様々な科を転々としていた研修医だったこともあり、救急で運ばれてくる重症患者の処置などやったこともなく、初めての救急の現場で右往左往。救急医になることが夢だった桜庭は、なぜ今まで救急の現場に立たなかったのか、そこには桜庭自身が抱える問題や桜庭の家族も関係していた。北村は、今最も勢いのある4人組ダンスロックバンドDISH//で、ボーカルとギターを担当。俳優としては、ドラマ『にじいろカルテ』(2021年1月期/テレビ朝日)にレギュラー出演していたことが記憶に新しい。映画では、『東京リベンジャーズ』(2021年7月公開/ワーナー・ブラザース)など、主演映画の公開を多数控えている。名実ともに日本で最も注目される俳優である北村だが、“月9”ドラマへの出演は『信長協奏曲』(2014年10月期)以来、約7年ぶり。“月9”レギュラー出演は今作が初。救急医に憧れながら、自分の意志ではどうにもできないさまざまな事情を抱える桜庭をどのように演じるのか!また、美月の同僚のナイト・ドクター、高岡幸保(たかおか・ゆきほ)を演じるのは岡崎紗絵。高飛車だが、頭の回転が早く、医師としての責任感も兼ね備えているため一目置かれている存在。とはいえ、人生を仕事だけにささげるのは絶対に嫌で、プライベートにも一切手を抜かない。どんなに忙しくてもいつも見た目に気を遣い、女子力を保つための努力を怠らない。また、交際中の彼は若くして成功したレストランの経営者で、高学歴高収入イケメンの3拍子そろったハイスペック男子。世の羨望(せんぼう)を集める恵まれた女性にみえるが、実は心に葛藤を抱えている。地位や名誉など人の表面にこだわってきた幸保に訪れる心の変化とは。幸保を演じることになった岡崎が、“月9”ドラマにレギュラー出演するのは『トレース~科捜研の男~』(2019年1月期)以来、2年6カ月ぶり。最近では、新春スペシャルドラマ『教場Ⅱ』(2021年1月)で、成績優秀でありながら、在学中に妊娠が発覚する生徒役や、『監察医 朝顔』(2020年10月~2021年3月)では孤独なシングルマザー役といった難しい役柄を見事に演じきり話題に。俳優として快進撃を続ける岡崎が、誰にも言えない悩みに苦しむ女性を多彩な表現力で演じる。そんな実力派俳優陣を集結させたのはプロデュースの野田悠介。『コード・ブルー特別編-もう一つの戦場-』をはじめ、小児外科医の世界を舞台にした『グッド・ドクター』や病院薬剤師の奮闘を描いた『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の演出やプロデュースなど、さまざまな視点で医療ドラマに関わり、今フジテレビで期待される若手プロデューサーである。今回野田が“夜の病院を守るドクターたち”の葛藤や過酷な現場をいかに描いていくのかも注目される。今最も勢いのある、個性豊かな俳優陣が顔をそろえる今作!「ナイト・ドクター」として働くことを選んだ5人の医師たちの、成長と絆と戦いの物語が今、始まる!

本作の主演を務める波瑠が演じるのは、「いつでも、どんな患者でも絶対に受け入れる」という強い信念を持つ医師、主人公・朝倉美月(あさくら・みつき)。柏桜会あさひ海浜病院で夜間勤務専門の救急医を募集していることを知り、自分の信念を実現できる場所だと思い応募。ナイト・ドクターとして働くことに。病院の近くにある寮に住み、意気揚々と働き始めるも、思い描いていた理想とはかけ離れた過酷な現実が美月を待ち受けていた。美月は負けず嫌いで行動力があり歯に衣着せぬ性格のため、周囲を戸惑わせることもあるが、他人の心に寄り添うことができる優しさを持ち合わせている。向上心が高く、救命に対して誰よりも熱い思いを持っているが、思い入れが強い分、冷静さに欠けたり感情的になったりしてしまうことも。一方で、そんな美月の熱意は次第に周囲のナイト・ドクターの意識を変えていく。そして職場だけでなく、美月は私生活でも仲間たちを翻弄(ほんろう)していく。また、休日を一緒に過ごす恋人もいる美月は、公私ともに順調に思えたが…。波瑠は数多くのドラマ、映画などに出演し、昨年だけでも、連続ドラマ『#リモラブ〜普通の恋は邪道〜』(2020年10月期/日本テレビ)、映画『弥生、三月-君を愛した30年-』(2020年/東宝)、映画『ホテルローヤル』(2020年/ファントム・フィルム)などで主演を務め、常にオファーが絶えない日本を代表する俳優のひとり。そんな波瑠が、今作で“月9”ドラマ初出演にして初主演を務める。また、フジテレビ系ドラマへの出演は主演を務めた『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(2016年7月期/カンテレ制作)以来、5年ぶりとなる。これまでコミカルな役からシリアスな役まで幅広く演じられる俳優として活躍してきた波瑠が、過酷な状況で命と真摯(しんし)に向き合い、自分の信念を貫く若き医師をどのように演じるのか。是非ご注目いただきたい。

様々なドラマに出演し、活躍している田中圭さん。

広瀬すずさんがなぜこの深沢ハウスに住んでいるのかというと、事務所の社長が深沢ハウスに住まわれていて、広瀬すずさんにも深沢ハウスを自宅として提供しているのだそうです。このマンションは、高級で広さにもよりますが、一例として、85㎡の3LDKで家賃が月30万円以上するみたいなんです。

2024年度から施行される医師の働き方改革が、医療界を悩ませている。「原則960時間」までの時間外労働の上限が勤務医に適用され、深刻な人手不足が叫ばれる日本の救急医療。数年後に迫った改革だが、革新的な対応策は未だ見つかっていない。本作では“昼夜完全交代制”を試験的に導入した病院を舞台に、夜間救急専門の医師「ナイト・ドクター」たちにスポットを当てて物語を描いていく。柏桜会あさひ海浜病院では、“365日24時間、どんな患者も断らない”医療を目指し、崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、新たな働き方として夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」を設立することに。夜間救急は慢性的な医師不足、救急車難民、コンビニ受診など問題が山積みだが、昼も夜も救うべき命があることに変わりはない。“夜の病院を守る”という重要な使命を果たすため、5人の若き医師たちが集められる。強い志を持つ者、自分の意志とは裏腹にやってきた者…訳ありの5人の医師たちが時にぶつかり、時に励まし合いながら、命に真摯(しんし)に向き合っていく。一方、医師も仕事を終えればひとりの人間として、家族や恋人、そして自分自身の悩みや問題に直面する。ナイト・ドクターの5人が、誰よりも長い時間を共に過ごしながら、絆を深め合い、医師として人として成長していく姿をリアルかつユーモラスに描く完全オリジナル作品。果たして、「ナイト・ドクター」は、すでに崩壊寸前の現代の救急医療を救う一筋の光となるのか!?

深刻な人手不足が叫ばれる日本の救急医療。過重労働を強いられ、医師1人あたりの時間外労働時間は膨らむ一方。特に夜の救急医療の現場では、経験豊富な医師は少なく、専門外の治療はできないなどの事情もある。しかし、そんな状況とは関係なく、ひっきりなしに運ばれてくる夜間の重症患者。こんな状況では、患者の命を奪う医療ミスも起きかねない。そんな崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、「柏桜会グループ」の分院・「柏桜会あさひ海浜病院」では、試験的に大規模な勤務体系の改革が実施されようとしていた。それは、医者の当直を全面廃止しながらも、“24時間365日どんな患者も受け入れる”体制はそのままに、“夜間勤務だけを専門に行う救急医チーム”「ナイト・ドクター」を新設することだった。「ナイト・ドクター」結成のために集められた朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)の5人の救急医たち。年齢も性格も価値観も、なにもかもが全く異なる5人の医師たちが“どんな患者も断らない”をモットーに「ナイト・ドクター」として働き始める。

深沢ハウスは駒沢公園に隣接する緑豊かな分譲マンションです。立地は都立大学駅から徒歩15分のところにあります。