演技

2021年令和3年 長瀬智也 演技

2021年令和3年 長瀬智也 演技

この日の放送は、深山寿一(長瀬)の父で能楽の人間国宝・寿三郎(西田敏行)の認知症が悪化。ヘルパーの勧めで、認知症専門のグループホームに体験的に入所することになる。

脳梗塞を発症し、死線をさまよう寿三郎を演じる西田に対し視聴者からは「演技が凄まじい」「西田さんの演技に脱帽」「演技が上手すぎて超怖かった」など大絶賛されている。

「個人的に言えば、『俺の家の話』は文句なしに面白いです。毎回楽しみにしています。新婚の戸田恵梨香の演技は素晴らしいですし、ロバート秋山、三宅弘城、荒川良々の使い方もいい。長州力までカメオ出演してますからね。さすがです。でも、残念ながら数字は取れないでしょうね」

今年3月にTOKIOを脱退、ジャニーズ事務所も退所する長瀬にとって、「俺の家の話」は最後の連ドラと言われる。ラストを飾るのはやはりクドカンの脚本だった。

長瀬本人はこう語っている。

もちろん、長瀬の演技に対しても「寿一の『オヤジ』の呼び方の、優しさや温かさが大好き」「能に必死で取り込み悩む長瀬さん、最高にカッコイイ」など、好評だ。

同作は3月26日に15分拡大で最終回を迎える。俳優・長瀬が最後にどんな演技を魅せてくれるか楽しみだ。

塙:そういうところもいいし、設定がまず面白い。このドラマが始まる前に脚本を手がけた宮藤官九郎さんがナイツのラジオのゲストに来てくれたんですよ。そのときに「古典や伝統を受け継ぐ問題をまず描きたかった」と言っていて。能は仮面をつけるので、そこから覆面レスラーというのを思いついて、プロレスと組み合わせることになったそうです。あと第1話でみんなのキャラクターが全部わかるじゃないですか。そういうところもクドカンさんはすごい。長瀬君と西田敏行さんの掛け合いも最高です。これも相当、視聴率いくと思います。

もっとも、長瀬と磯山さん、クドカンが組むのだから、既視感のあるホームドラマにはならないはず。『池袋ウエストゲートパーク』なども斬新としか言いようがない連ドラだったが、『俺の家の話』も令和期ならではの清新なホームドラマになるに違いない。

塙は、事務所退所後は裏方に回ると公表している長瀬と、プロレスラーを辞めて介護の世界に入るという役柄の重なりが面白いとしつつ、こう話している。

長瀬が演じるのは、ブリザード寿というリングネームで活動するプロレスラーの観山寿一。リングネームに早くもクドカンらしさが表れている。

TOKIOの長瀬智也主演ドラマ「俺の家の話」(TBS系)の第9話が3月19日に放送され、平均視聴率は7.7%だった。

長瀬の秘められていた魅力や眠っていた才能を引き出した人でもある。最後のドラマはこれ以上にない布陣でつくられると言ってよい。

TOKIOではボーカルとギターを担当してきた長瀬。役者としても活動し、高評価を受け続けてきた。演じられる役柄の幅の広さが特徴の1つで、これまでにトラブルシューターや落語家兼ヤクザ、超恋愛体質の刑事、天才医師などに扮し、いずれも自分のものにしてきた。

2021年令和3年 玉森裕太 グランメゾン 演技

2021年令和3年 玉森裕太 グランメゾン 演技

日本のレストランはトップ20位にすら入ったことがなく、オープンしたてのグランメゾン東京が10以内に入る事はまず不可能。

『グランメゾン東京』第1話あらすじ舞台はパリ。フランス一の三つ星レストラン「ランブロワジー」で面接を受けていた早見倫子(鈴木京香)。彼女は、料理人としての人生をかけてフランスに来ていた。そんな中、ある一人の男と出会う。その男は、倫子が“実技テスト”で前菜を作ろうとしているところに突然駆け込んできて、一方的にメニューのアイディアを出し、代わりに作ろうとする。聞けば、昔ランブロワジーで働いていたので、審査をするシェフの好みが分かるというのだ。その矢先に、男は借金取りに追いかけられて去っていく。
その男こそが、パリで二つ星を獲得し三つ星に最も近いとされたフレンチ料理人。しかし、3年前のある事件がきっかけで表舞台から消え去った日本人シェフ・尾花夏樹(木村拓哉)だった。
その後、面接に落ちた倫子は、落ち込んでいる中再び尾花と出会う。そこで、尾花が作った料理のあまりの美味しさと、自分の実力のなさに倫子は思わず涙をこぼした。すると、尾花は倫子に突然、一緒に日本で店をつくらないかと提案する。
帰国後、調査のために向かったレストランで、二人は尾花の元同僚・京野陸太郎(沢村一樹)と出会う。そこは尾花のライバル、丹後学(尾上菊之助)がシェフを務める店だった。そこで尾花は意外な行動に出る――。

そうして役者としての活動を始める玉森さん。

Paraviオリジナルストーリー「グラグラメゾン♥東京 ~平古祥平の揺れる思い~」は、日曜よる9時からの『グランメゾン東京』の放送後、毎週深夜に配信予定。ぜひお楽しみに!

<玉森裕太コメント>
初めてこのParaviで配信される「グラグラメゾン♥東京」の台本を読んだときは、とにかく「面白い!」と思いました。『グランメゾン東京』本編では映っていない平古祥平の“料理人としての思い”や家の中での恋人との会話など、この配信ではたくさん出てくるので、より“平古祥平”という人物を見る事ができると思います。僕自身も、「祥平はこの間にこんな事を考えていたのか」と思わされるようなシーンも沢山あります。しかし、実際に演じるとなると、難しいと感じる一面もあります。この作品には、コメディの要素もありますが、『グランメゾン東京』の平古のキャラクターとかけ離れ過ぎないように、それを意識しながら演技しています。毎回、監督と相談しながら撮影に臨んでいます。
また、「グラグラメゾン♥東京」を観ると「平古祥平は本当に“料理が好きなのだな”」と仕事への熱量も感じられると思います。仕事にも情熱的だからこそ、仕事に打ち込んでいる女性が気になり、恋人との間で心が揺れてしまう。男はそういう時に心が“グラグラ”してしまうものだと思うので、祥平の気持ちはよく分かります。
この配信を見て、さらに放送も見て、色々な想像を膨らませながら、楽しんで頂ければと思います。是非、ご覧ください!

全員の活躍で7品目目「雲丹(うに)のグラディネ」をお客様に届けることに成功!見事にピンチを乗り切った。相沢は祥平に料理を出し、グータッチ(=ハイタッチでなく拳をぶつけあう喜びの動作)をかわす。

「グラグラメゾン♥東京」の脚本を担当するのは、バラエティ番組の構成やお笑い芸人のライブネタなどを数多く手掛けるだけに留まらず、最近ではドラマ脚本にも定評のあるオークラ。コメディの要素をふんだんに盛り込みつつ、人間ドラマとして、思わずあるあると言いたくなるような場面を書き上げている。また、「キングオブコント2019」のファイナリストとして決勝に進出し注目を浴びたお笑い第7世代筆頭株の芸人・かが屋が出演するなど、「グラグラメゾン♥東京」ならではの世界観を作り上げるキャスト陣が集結した。今後は、『グランメゾン東京』のキャストも随時出演していく予定で、誰が、どのようなシチュエーションで、このオリジナルストーリーに絡んでくるのか、その点も是非注目してもらいたい。

実はあの頑固な峰岸が江藤との取引を了承したのは、尾花が「丹後は信頼できる料理人だから」と説得してくれていたからだったのです。その恩返しに、江藤も丹後もこのグランメゾン東京のピンチに力を貸してくれたのです。

そんな折、突如汐瀬が融資に難色を示します。グランメゾン東京に尾花が関わっているということを、江藤から聞いたからです。

9/5から上演される「ドリームボーイズ JET」の製作発表が行われ、今回はKisーMyーFt2の玉森くんがジャニーズの大先輩近藤真彦(マッチ)の役を演じるらしい。これまでのマッチの歌手からレーサーの人生を物語としたものらしく、マッチの舞台出演も。大先輩を前に半端ない緊張の玉森君、どんな舞台になるのか楽しみですね。

尾花が「明日のトップレストランで10位以内。グランメゾン東京は「エスコフィユ」を超える」ともう一度宣言。相沢も「もしそうなったら、やり直してくれないかな?」と粘ります。

また、本作が木村と初共演となる尾上菊之助が演じるのは、尾花の宿敵となるシェフ・丹後学 (たんご・まなぶ)。東京で三つ星獲得が確実と目される、一つ星高級フレンチレストラン 「gaku」 のシェフだ。修業時代、尾花と同期だった丹後は先に自分の店を持つが、後に出店した尾花が先にミシュランの星を獲得するという屈辱を味わう。尾花に対して長年コンプレックスを抱えている反面、尾花の才能を良く知る人物でもある。ことあるごとに尾花の前に立ちはだかる因縁のライバル・丹後は、「グランメゾン東京」 が三つ星を目指していくうえで、ストーリーの大きな鍵を握る存在となる。
菊之助は、名家に生まれた歌舞伎界のスターであり、新作歌舞伎にも積極的に挑戦する一方で、テレビや映画にも活躍の場を広げている。最近では 『下町ロケット』(2018年10月期・TBS) でのベンチャー企業の若手社長役の好演も記憶に新しい。食へのこだわりが強いという菊之助が、どんな演技で尾花のライバルシェフ・丹後を演じるのか注目だ。

日曜劇場『グランメゾン東京』は、木村拓哉主演。木村が令和最初に出演するドラマで挑戦するのは、型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹(おばな・なつき)。尾花は料理に人生をかけ、フランス・パリに自分の店を持ち二つ星を獲得する。しかし、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまった男だ。どん底まで転落した尾花が鈴木京香演じる女性シェフ・早見倫子(はやみ・りんこ)と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げようと奮闘する姿を描く。

後日、リンダが平古を呼び出し、「言い逃れはできませんよ。このままでは「gaku」にも、あなたをかばっている尾花夏樹にもグランメゾン東京にも迷惑がかかる」と脅します。平古はもともと、犯人であることを正直に打ち明けるつもりでした。「エスコフィユは凄い店だったのに、自分のせいでなくなってしまった。だからまた自分のせいでみんなの夢を壊すことだけはしたくは無い。グランメゾン東京にも何もしないでほしい」と頭を下げます。

<プロデュース・東仲恵吾コメント>
本作で描くのは、主人公・平古祥平が挫折から成長の扉を開き、一人前になっていく話です。
平古にとって、尾花がいかに尊敬する存在だったのか、そして、どれだけ料理が好きだったのか。そういう地上波放送では描ききれない平古の葛藤と成長を描いていきます。
そして、もう一つの見どころは“恋愛”。婚約者と同僚という二人の女性の間でグラグラ、ドキドキする平古を描きます。
本編のクールなイメージとは少し違う“心の声”ダダ漏れのあたふたした平古の様子も見ものです。
恋愛に、仕事に、揺れ動く“若者の甘酸っぱい青春”。ぜひ、 地上波放送と一緒にお楽しみください。

2021年令和3年 玉森裕太 演技 グランメゾン東京

2021年令和3年 玉森裕太 演技 グランメゾン東京

尾花がグランメゾン東京を去る
ピンチも乗り切り、ついに審査に臨みます。しかし倫子はコースの途中で突然魚料理は「私のハタで行く」と言い出します。「俺の全てをかけたマグロだぞ」と尾花は不機嫌をあらわにしますが、倫子は「自分の料理のほうがよかった」と引きません。尾花は店を出て行きました。

相沢(及川光博)の前に妻・エリーゼ(太田緑ロランス)が現れ、アメリー(マノン)を引き取ると言いだす。料理人を見下すエリーゼに激怒した尾花(木村拓哉)は、グランメゾン東京を「トップレストラン50」で10位以内に入れると宣言。さらに、エリーゼに料理人の価値を認めさせようと新メニューの開発を始める。

大貫勇輔が裏切り者!
プレオープンの日、松井もメンバーに加わり、ついに「グランメゾン東京」が始動!

2011年には韓国の大ヒットドラマをリメークした「美男(イケメン)ですね」(TBS系)に主演。2013年には連続ドラマ「信長のシェフ」(テレビ朝日系)で単独初主演を務めた。同作は当初、午後11時台の「金曜ナイトドラマ枠」での放送だったが、翌年の第2シーズンではゴールデン帯に進出するほどの人気作となった。主演作ではないが、2017年放送の連続ドラマ「リバース」(TBS系)では、主人公の大学時代の友人で、教師の浅見康介を好演。これまでのイメージを一変させ、クールながらも優しく、時に厳しく教え子たちに接する“大人の魅力”や、シリアスなシーンで見せた演技などが話題となった。

フランス大使館へのリーク
「gaku」にフランス大使館の人間(マイケル富岡)がやってきました。アレルギー事件の犯人が平古(玉森裕太)だと言う情報が有力筋から入ったため、調査に訪れたのです。丹後(尾上菊之助)は、前面に立って平古をかばい、フランス大使館の人間を追い返しました。

リンダの心を動かす
実際、リンダがミシュラン調査員の1人に「グランメゾン東京は調査をする必要がない」と伝えていました。しかし、それは本当はリンダの本意ではありませんでした。リンダも上からの命令でそうしていただけだったのです。

三ツ星審査でトラブル発生!
ついにグランメゾン東京に三つ星の審査が入ります。前日に、尾花のマグロ料理が完成しました。

尾花(木村拓哉)が3年前の事件に関わっていることがニュースとなり、「グランメゾン東京」はオープンしてもほとんど客が入らない。一方、祥平(玉森裕太)は尾花の店への融資を口利きしたことで、ホテルを辞める羽目に。そんな中、尾花は食材ロスを防ぐためにフードフェスへの出店を決め、祥平に手伝いを頼む。

2019年10月20日スタート!日曜劇場『グランメゾン東京』木村拓哉が令和最初に挑む型破りなフランス料理シェフの “大人の青春” をかけたヒューマンストーリー木村演じる主人公・尾花を取り巻く共演者に玉森裕太、尾上菊之助、及川光博、沢村一樹ら豪華俳優陣が集結!

すっかり安定した演技を見せる俳優だと思っていたのだが、現在までに5本と、意外にも映画出演が少ないことに驚く。

タイトル:TBS系 日曜劇場「グランメゾン東京」オリジナル・サウンドトラック音楽:木村秀彬発売元:Anchor Records品番:UZCL-2175発売日:2019年12月4日(水)価格:2,500+税
iTunesにて、11月20日(水)よりメインテーマの先行配信中!!

TBSで毎週日曜よる9時から好評放送中の日曜劇場『グランメゾン東京』の撮影が、クランクアップを迎えた。出演者たちは約5カ月わたって料理と向き合い、撮影を重ねてきたこともあり、最後の挨拶では涙ぐむ人も…。寂しさを感じつつも充実感にあふれた、感動のクランクアップとなった。木村拓哉演じる尾花夏樹、鈴木京香演じる早見倫子をはじめとする登場人物たちが、「夢に向かって一生懸命に取り組む“大人の青春”」が視聴者たちの心を惹きつけた本作。夏の暑い盛りにパリでクランクインし、パリの三つ星レストラン「ランブロワジー」での撮影や、フランス大使館の撮影協力、東京で三つ星を取り続ける岸田周三シェフの「カンテサンス」と、気鋭の話題のレストラン「INUA」がドラマの料理を監修をするなど、その料理への本格的な取り組みも注目を集めてきた。さらにドラマ放送中にはミシュランガイド東京2020の発表があり「カンテサンス」が13年連続の三つ星、「INUA」は開店2年目にして二つ星を獲得し、ドラマに関わる2店の快挙が話題を呼んだ。
作品は、10月20日の初回放送にて平均視聴率12.4%でスタート。その後も12月15日の放送では番組最高14.7%を記録。回を増すごとにその展開は好評を得ており、最終回への期待が高まっている。さらに、総合視聴率(リアルタイムでの視聴率に加えタイムシフト視聴の測定を加えた視聴率)では全話20%越えを記録しており、本作が様々なライフスタイルの視聴者に支持を得ていた事が窺える(視聴率:ビデオリサーチ調べ・関東地区12月25日現在)。
ドラマ中ではミシュランの三つ星を目指す「グランメゾン東京」の行方が果たしてどうなるのか、いよいよ最終回を迎える12月29日(日)の放送が注目される。
最終回はよる9時から30分拡大で放送。果たしてグランメゾン東京は三つ星を獲得することはできるのか!?是非、放送をお楽しみに!

栞奈(中村アン)が「グランメゾン東京」を辞め、再びフードライターに戻るという。そんな中、尾花(木村拓哉)は彼女の履歴書に違和感を抱く。一方、倫子(鈴木京香)がコース料理をリニューアルすることを決めると、尾花は前菜に合うワインも変えたいと提案。栞奈に最後の仕事として試飲会を開くことを依頼する。

グランメゾン東京のプレオープンに、リンダ(冨永愛)が出席することに。尾花(木村拓哉)は1週間後に控えたプレオープンに向け、デザートの改良に挑む。まずは、萌絵(吉谷彩子)をスカウトするも、萌絵の作ったスイーツを尾花らは酷評。納得できない萌絵は祥平(玉森裕太)の力を借り、尾花と対決する。

2002年、ジャニーズ事務所入所。当初は「DREAM BOYS」など舞台への出演が多く、同作品ではのちに主演もつとめている。2011年9月にKis-My-Ft2のメンバーとしてCDデビュー。デビュー前後にはドラマへの出演が相次ぎ、13年「信長のシェフ」にてドラマ単独初主演。以降、現在に至るまで、主演・助演問わずコンスタントにドラマ・映画に出演している。19年のドラマ「グランメゾン東京」での好演は、一般視聴者層の間でも話題となった。

2021年令和3年 生駒里奈 演技

2021年令和3年 生駒里奈 演技

本当に演技は下手なのか?本当な上手いのでは?と事実が気になりますよね。

高山一実の小説「トラペジウム」の大ヒットを記念して、いつ映像化されてもいいようにメンバーの演技力を緊急チェック!ナレーションに併せて即興で演技をする「瞬発力演技トレーニング」では名演&珍演が登場!さらに、「一言に魂を込めろ!1フレーズ劇場」ではバナナマン大絶賛の名作オンパレード!果たして乃木坂46ナンバーワン女優は誰なのか!?

生駒さんは「元々仮面ライダーが大好きなので、いつか携われればと思っていました。オファーをいただけて本当にうれしいです!」と喜びのコメント。また「クウガから仮面ライダーが好きになり、仮面ライダーWが一番好きです」と明かす生駒さんは、「台本を読ませていただき、平成最後、令和最初の仮面ライダーの共演にとてもワクワクしました。テレビで見ていたキャラクターたちの裏側を見ることができて、なかなかできない体験でドキドキしました。もし普通にソウゴ(奥野さん)たちの前に敵として私が現れたら瞬殺ですが、フィーニスという役だからこそ、強大になれた感覚がありとても快感でした(笑い)」と振り返っている。

元AKB48&乃木坂46で現在は女優の生駒里奈さんですが、演技力に関して下手との意見があります。

その一方、沸々と演技をしたい思いが強まり17年に再び芸能界に飛び込んだ。

元「乃木坂46」の生駒里奈さんが、特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの劇場版最新作「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」(12月21日公開)にゲスト出演することが11月3日、明らかになった。生駒さんは「仮面ライダー」シリーズ初出演で、仮面ライダーの世界の歴史改変をもくろむタイムジャッカー・フィーニスを演じる。また、4月から2クール連続で放送された日本テレビ系連続ドラマ「あなたの番です」に出演していた俳優の和田聰宏さんも、仮面ライダーゼロワン誕生の秘密を握るヒューマギアのウィル役で登場する。

2021年令和3年 齋藤飛鳥 演技

2021年令和3年 齋藤飛鳥 演技

まず、選抜という制度について知らない方のために説明すると、乃木坂46にはまず選抜メンバーとアンダーメンバーという、いわゆる一軍と二軍が存在し、メディアに多数出演しているのは選抜だと思ってもらって構いません。つまり、齋藤飛鳥はその間選抜からアンダーでの活動を余儀無くされることになってしまったのです。選抜から外れた際に齋藤飛鳥はこうコメントを残しています。

これまで乃木坂46としてドラマ『初森ベマーズ』への出演や舞台『あさひなぐ』で主演を務めるなど数々の演技は経験していた齋藤飛鳥。主演を務めた舞台『あさひなぐ』では映画やドラマとは違うその場で演技が繰り広げられるリアルタイムな空間に苦手意識があった齋藤飛鳥はかなり苦労したそうで、東京公演の千秋楽での挨拶の際には涙ぐんでしまう場面も。

乃木坂46としての活動以外にも齋藤飛鳥の活躍は目覚ましく、ソロ写真集の発売からCMにTVと引っ張りだこです。2017年に発売された写真集『潮騒』は、北海道と沖縄という季節感の異なる場所で撮影が行われ、気球や木の船での撮影や今回が初となる水着のカットが見られます。見た感想としては、季節感の異なる場所での撮影のためか、齋藤飛鳥の表情にも場所ごとに違って見え、一冊で二度楽しめる写真集になっていると感じました。

今でこそ、人気メンバーの一人、中心的存在の齋藤飛鳥ですが、乃木坂46加入当初から人気メンバーだったわけではありませんでした。デビューシングルの「ぐるぐるカーテン」では表題曲のメンバーにも選出され、その後も順風満帆かと思いきやその後4枚目シングル「制服のマネキン」に至るまで選抜メンバーから外れてしまいます。

その後、アイドルを演じることを無理だと悟り、これまでの演じていた自分から素を見せることを決心。着飾らない自然体なキャラが徐々に定着していきました。余談ですが、齋藤飛鳥の乃木坂46公式ブログを加入時と現在を比べてみると、その変化に驚かれることでしょう。ファンの欲求に応えるべくアイドルらしくいることがアイドルとして成功収めると思われがちですが、アイドルとしての自分をさらけ出し、ありのままを見てもらうことが結果として自分の魅力が伝わりやすくなる良い例でもあります。実際に齋藤飛鳥がイメージの転換を行ってからというものの、素でいることが受け入れられ、それが齋藤飛鳥の個性として新たなアイドル像を作り上げていくことになりました。

2017年より個人としてCMにも多数出演しており、タウンワーク「雪国」編でダウンタウンの松本人志と中川大志と共演を果たし、齋藤飛鳥による毒舌が印象的なスニッカーズ「毒舌アイドル」篇などにも出演。個人でCMに出演しているメンバーは多くはなく、齋藤飛鳥の人気を示すものになっていますね。

アイドルとして人気を獲得するに至るまでに様々な苦労があったことは前述の通りですが、ここでは齋藤飛鳥が考えるアイドル像に迫ろうと思います。アイドルという偶像に対する考え方や姿勢が異色であり、かつそれでいてアイドルとして成功をおさめているアイドルは業界を見ても数えるほどしかいないでしょう。齋藤飛鳥はそのひとりに数えられます。

その経験もあってか、『あの頃、君を追いかけた』では齋藤飛鳥が齋藤飛鳥本人を演じていると錯覚してしまうほどリラックスしており、自然体な演技だったように感じました。しかし、普段は感情の起伏が少ないという齋藤飛鳥だからこそ、感情を表現する演技について監督からの絶妙な指示を体現する難しさも語っており、映画初主演らしく困難もあったようです。

また、齋藤飛鳥といえば顔が小さいことでも知られ、顔の大きさはなんと18cm、頭まわりは50cmという驚異の小顔の持ち主。その上8頭身でもあるので、抜群のスタイルなんです。番組各所でも顔の小ささがピックアップされることも多く、「乃木坂工事中」では同メンバーの秋元真夏との顔の大きさ比較でMCを務めるバナナマンの二人にイジられることも多々…。ただでさえスタイルの良いメンバーが揃っている乃木坂46の中ですら顔の小ささは抜きん出ていることがわかると思います。例えば、普通の人が使用するマスクを齋藤飛鳥が身につけると顔全体が覆われてしまうほど。

続いてInstagramに投稿する写真をステージ上で撮影した5人は、「ファンタ」をイメージした衣装を着たメイプル超合金によるジャッジのもと、3組に分かれて“クラス対抗変顔対決”に挑戦。齋藤と与田のグレープ組は「新学期、となりの席になった子と仲よくなりたいとき」、生田と山下のオレンジ組は「ちょっと声をかけづらいクラスのマドンナに話しかけたいとき」、レモン組の秋元は安藤なつとコンビを組んで「中学校時代の同級生と偶然再会したとき」というテーマに沿い、机と椅子に座って変顔ボトルを活用した演技を披露した。グレープとオレンジの2組がそれぞれ照れつつもかわいらしい芝居を見せる中、結果は会場に微妙な空気を漂わせたレモン組の勝利に終わり、カズレーザーは「(安藤に)こんだけ足を引っ張られたのに、うまい具合にできたのは素晴らしいですよ」と秋元を称賛。齋藤は「ただ見た目がファンタグレープなだけなのに」とパープルの衣装に身を包んだ安藤に対する不満を述べ、会場の笑いを誘った。

映画『あの頃、君を追いかけた』で主演を務め、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せている乃木坂46・齋藤飛鳥の魅力に迫りました。現在は「ザンビ」プロジェクトの第2弾として放送されているドラマ『ザンビ』でも主演を任されており、青春映画のヒロインとはまた違った一面を披露しています。乃木坂46をこれまで牽引してきた主要メンバーが次々と卒業を発表していく中、これからの乃木坂46を引っ張っていく存在となるのは間違いないでしょう。いや、もうすでに乃木坂46という看板を背負っていると言っても言い過ぎではないのかもしれませんね。

共演した水島浩介役の山田裕貴は斎藤の演技について、「小手先の余計な演技はせずに、無駄をそぎ落としたピュアな演技をしているからこそ伝わる部分があるんですよね。今後、ほかの役も見てみたくなりました。」とAbemaTIMESのインタビュー語っているように、斎藤飛鳥の演技には役者として様々な可能性を示唆しています。何事にも直向きすぎる齋藤飛鳥だからこそ、本作での自然体な演技が実現したのではないでしょうか。齋藤飛鳥だからこそなし得るピュアな演技を見てみたいですね。

イベントの最後には齋藤が「新学期にピッタリなので学生の皆さんにもマネしてもらいたいです」と変顔ボトルをアピールしたほか、秋元が「4期生とコミュニケーションを取るときに、変顔ボトルがあったら話のネタになって盛り上がるんじゃないかなと思うので、みんなで活用していきたいと思います」と語って「『ファンタ坂学園』入学式」を締めくくった。

今でこそ乃木坂46には欠かせない存在であるため、この時代があったことは忘れてしまいそうになりますが、この時代があったからこそ齋藤飛鳥のいまがあることは間違いありません。乃木坂46結成当初からファンである方は齋藤飛鳥の不遇の時代をともに共有してきたこともあって、現在のこの活躍は嬉しいことでしょう。

キャストには、『HiGH&LOW』シリーズなどに出演している山田裕貴と乃木坂46の齋藤飛鳥、松本穂香、佐久本宝など錚々たる出演者が揃っていますが、特筆すべきは齋藤飛鳥の映画初主演でしょう。乃木坂46ファンはもちろんのこと、原作のファンからも齋藤飛鳥が優等生役の早瀬真愛をどのように演じるのかに注目が集まりました。

2020年令和2年 岸優太 演技

2020年令和2年 岸優太 演技

舞台『DREAM BOYS』囲み取材に出席したKing & Prince(左から)神宮寺勇太、岸優太 (C)ORICON NewS inc.

そして2000年に雑誌「Ray」で華々しいデビューをしています。また、2001年にドラマデビューを「カバチタレ!」、映画初出演は「深呼吸の必要」で主役にも抜擢されており順風満々な芸能生活を送ります。この映画での演技力が高く評価されて、翌年の「日本映画批評家大賞」では新人賞を獲得していました。

<6位>山田涼介(25)/4,192ポイント
…Hey!Say!JUMPのメンバー。2018年1月期ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」(日テレ)でコミカルな演技が評判に。

<6位> 間宮祥太朗(24)/3,572ポイント
…イケメンにもかかわらず、個性的なルックスの役を演じることが多い演技派俳優。

最年長の岸優太さんは、ピュアな愛されリーダー。抜群のリアクションと個性的なコメントに定評があり、バラエティー番組でも爪痕を残している。ステージ上ではレベルの高い歌やダンスで魅了する実力派で、演技力にも定評がある。落ち着きのあるたたずまいと、気遣いあふれるスマートな言動で“国民的彼氏”と称されるのが、神宮寺勇太さん。メンバーの意見をまとめるしっかり者で、常に安定したパフォーマンスはファンからの信頼も厚い。岩橋玄樹さんは、グループのキラキラ感を際立たせる存在で、可愛らしいルックスや立ち居振る舞いなど、そのアイドル力はメンバーお墨付き。大の野球好きで、熱く男らしい一面も併せ持つ。現在は活動休養中。

そんな香里奈さんですが転機が訪れます。2014年3月25日にルイスという青年とフライデーされた衝撃的な写真が流れました。それ以降はほぼTVに出演することはありませんでした。

グループのセンターを務めるのは、平野紫耀(しょう)さん。甘いマスクとハスキーボイスが特徴的で、歌、ダンス、演技、アクロバットとマルチにこなすが、周囲も驚くほどの天然キャラというギャップの持ち主。端正な顔立ちとスタイルの良さで、“少女マンガ的ビジュアル”を誇るのが永瀬廉さん。クールな雰囲気とは裏腹に、親しみやすい“ソフト関西弁”で軽快なトークを繰り広げ、ラジオ番組のパーソナリティーも務めている。グループの末っ子である高橋海人さんは、キュートな笑顔が魅力の癒やし系。繊細な感性を持つ芸術肌で、イラストの腕前は少女マンガ誌「ベツコミ」(小学館)で連載を担当するほど。ダンスのスキルもピカイチだ。

いわゆる“King”メンバーの平野さん、永瀬さん、高橋さんは、デビューをきっかけに映像作品への出演が多くなった。ドラマ、映画ともに初出演を果たした高橋さんはもちろん、デビュー前から出演経験のあった永瀬さんも、本格的な芝居への挑戦は映画「うちの執事が~」が初となった。平野さんは、ジャニーズJr.時代から連続ドラマ「SHARK」(日本テレビ、2014年1月期)や映画「honey」(2018年3月)で早くも主演に抜てき。持ち前の華やかさと確かな演技力でデビュー後はその勢いを増し、ほとんどの出演作で主演を務める活躍ぶりだ。

5月23日でCDデビューから2周年を迎える人気グループ「King & Prince」。デビューシングル「シンデレラガール」は初週売り上げ57.7万枚を記録し、デビュー1年目にして紅白初出場を果たすなど、華々しくその名を世間に知らしめた。音楽面での活躍ぶりもさることながら、実はメンバー全員が、デビューから1年以内に映画やドラマに出演するなど、演技面でも確かな存在感を発揮している。そんな彼らの2年の軌跡を振り返りながら、「役者」としての魅力に迫っていきたい。