2021最新 田中圭医療ドラマ

『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルに、橋本じゅん、野間口徹、ずん・飯尾和樹といった個性的かつちょっとおちゃめな俳優陣が出演します!

『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルに、吉田鋼太郎が出演することが決定しました!

大石静脚本で、主人公が恋するヒロインと見知らぬおじさんの中身が入れ替わる前代未聞のラブコメディー。壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地(松坂桃李)は、好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会い、いい感じになり始めた矢先、彼女が事故で亡くなる。涙にくれる桃地の前におじさん・田中マサオ(井浦新)が現れる。

西野七瀬、真矢ミキ、田中圭をはじめとする豪華俳優陣が集結!成田凌、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂ほか、話題の俳優陣が薬剤師役で登場!

深刻な人手不足が叫ばれる日本の救急医療。過重労働を強いられ、医師1人あたりの時間外労働時間は膨らむ一方。特に夜の救急医療の現場では、経験豊富な医師は少なく、専門外の治療はできないなどの事情もある。しかし、そんな状況とは関係なく、ひっきりなしに運ばれてくる夜間の重症患者。こんな状況では、患者の命を奪う医療ミスも起きかねない。そんな崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、「柏桜会グループ」の分院・「柏桜会あさひ海浜病院」では、試験的に大規模な勤務体系の改革が実施されようとしていた。それは、医者の当直を全面廃止しながらも、“24時間365日どんな患者も受け入れる”体制はそのままに、“夜間勤務だけを専門に行う救急医チーム”「ナイト・ドクター」を新設することだった。「ナイト・ドクター」結成のために集められた朝倉美月(波瑠)、成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)の5人の救急医たち。年齢も性格も価値観も、なにもかもが全く異なる5人の医師たちが“どんな患者も断らない”をモットーに「ナイト・ドクター」として働き始める。

俳優の田中圭さんが、ドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)で見せた演技が話題になっている。

このドラマを盛り上げるべく、今をときめく素敵な5人に集まっていただきました! 波瑠さんは美月のような内に秘めた芯の強さと優しさを感じ、努力しても叶わない現実があっても、それを跳ね返し、貫き通す信念を表現していただけると思いました。田中圭さんは「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」に引き続き、ご一緒できて本当にうれしいです。成瀬という口が悪く、技術にしか興味がなく一筋縄ではいかない人物をどう表現していただけるか楽しみです。岸優太さんは深澤と似たような天然さやピュアさを合わせ持っていると思い、歳の離れている妹の優しい兄の一面と、医師としての未熟さを等身大で演じていただけると思いました。北村匠海さん演じる桜庭は、人懐っこい性格でムードメーカー的存在だが、心に“ある陰”を抱えています。明るさの中に、人には見せない諦めにも似た感情を抱える桜庭を、北村さんなら演じ分けていただけると思いました。岡崎紗絵さんは、幸保のような可愛らしさとクールさを合わせ持ち、仕事も私生活も一流でいたい勝ち気な女性を表現していただけると思いました。それぞれ個性豊かなキャラクターを、この5人ならば体現していただけると感じお願いをしました。医師として、1人の人間として、どう成長していくのか。夜の病院で戦う5人の青春群像劇、是非ご期待下さい!!

2021年7月のさまざまなドラマのおかげで、月曜日から日曜日まで毎日を楽しく過ごせそうですね。熱いドラマで暑い夏を乗り切りましょう。気になるドラマがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

本作の主演を務める波瑠が演じるのは、「いつでも、どんな患者でも絶対に受け入れる」という強い信念を持つ医師、主人公・朝倉美月(あさくら・みつき)。柏桜会あさひ海浜病院で夜間勤務専門の救急医を募集していることを知り、自分の信念を実現できる場所だと思い応募。ナイト・ドクターとして働くことに。病院の近くにある寮に住み、意気揚々と働き始めるも、思い描いていた理想とはかけ離れた過酷な現実が美月を待ち受けていた。美月は負けず嫌いで行動力があり歯に衣着せぬ性格のため、周囲を戸惑わせることもあるが、他人の心に寄り添うことができる優しさを持ち合わせている。向上心が高く、救命に対して誰よりも熱い思いを持っているが、思い入れが強い分、冷静さに欠けたり感情的になったりしてしまうことも。一方で、そんな美月の熱意は次第に周囲のナイト・ドクターの意識を変えていく。そして職場だけでなく、美月は私生活でも仲間たちを翻弄(ほんろう)していく。また、休日を一緒に過ごす恋人もいる美月は、公私ともに順調に思えたが…。波瑠は数多くのドラマ、映画などに出演し、昨年だけでも、連続ドラマ『#リモラブ〜普通の恋は邪道〜』(2020年10月期/日本テレビ)、映画『弥生、三月-君を愛した30年-』(2020年/東宝)、映画『ホテルローヤル』(2020年/ファントム・フィルム)などで主演を務め、常にオファーが絶えない日本を代表する俳優のひとり。そんな波瑠が、今作で“月9”ドラマ初出演にして初主演を務める。また、フジテレビ系ドラマへの出演は主演を務めた『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(2016年7月期/カンテレ制作)以来、5年ぶりとなる。これまでコミカルな役からシリアスな役まで幅広く演じられる俳優として活躍してきた波瑠が、過酷な状況で命と真摯(しんし)に向き合い、自分の信念を貫く若き医師をどのように演じるのか。是非ご注目いただきたい。

2024年度から施行される医師の働き方改革が、医療界を悩ませている。「原則960時間」までの時間外労働の上限が勤務医に適用され、深刻な人手不足が叫ばれる日本の救急医療。数年後に迫った改革だが、革新的な対応策は未だ見つかっていない。本作では“昼夜完全交代制”を試験的に導入した病院を舞台に、夜間救急専門の医師「ナイト・ドクター」たちにスポットを当てて物語を描いていく。柏桜会あさひ海浜病院では、“365日24時間、どんな患者も断らない”医療を目指し、崩壊寸前の救急医療を立て直すべく、新たな働き方として夜間救急専門のチーム「ナイト・ドクター」を設立することに。夜間救急は慢性的な医師不足、救急車難民、コンビニ受診など問題が山積みだが、昼も夜も救うべき命があることに変わりはない。“夜の病院を守る”という重要な使命を果たすため、5人の若き医師たちが集められる。強い志を持つ者、自分の意志とは裏腹にやってきた者…訳ありの5人の医師たちが時にぶつかり、時に励まし合いながら、命に真摯(しんし)に向き合っていく。一方、医師も仕事を終えればひとりの人間として、家族や恋人、そして自分自身の悩みや問題に直面する。ナイト・ドクターの5人が、誰よりも長い時間を共に過ごしながら、絆を深め合い、医師として人として成長していく姿をリアルかつユーモラスに描く完全オリジナル作品。果たして、「ナイト・ドクター」は、すでに崩壊寸前の現代の救急医療を救う一筋の光となるのか!?

映画『そして、バトンは渡された』が、2021年10月29日(金)全国ロードショー。永野芽郁×田中圭×石原さとみが共演する。

そんな『DOCTORS~最強の名医~』2021新春スペシャルでは、創立100周年を翌年に控え、にわかに慌ただしくなってきた堂上総合病院の様子が描かれます。100周年の記念式典を盛大に催したい院長の森山でしたが、赤字続きの経営状態に銀行の融資課担当からは「融資できない」という判断が…。逆に“体質改善”=経営改革するよう言われ、またまた森山院長による的はずれな改革がスタート。相良や皆川は、一様に“いや~な予感”を抱くのです。そんな矢先、融資課の担当・花村玲子が堂上総合病院に入院。階段で転倒し、骨折しただけだったはずが、相良の検査によって膵頭部のがんが判明。森山は、ここで玲子を助け、恩を売っておけば、融資を優遇してもらえると考え…?玲子の病気と堂上総合病院への融資を巡り、事態は二転三転。患者を救うためなら手段は選ばぬ“策士”相良は、そこでどんな判断を下していくのか――今回も、思いもよらぬ展開が次々と視聴者を待ち受けています!おなじみのキャスト陣で、ますますパワーアップして作り上げる『DOCTORS~最強の名医~』。2021年のスタートを、ぜひ堂上総合病院のメンバーたちとお迎えください!

森宮優子役(永野芽郁)…血のつながらない親の間をリレーされ、4回も苗字が変わった主人公の女子高生。義理の父親と二人暮らしする複雑な家庭環境に置かれている。演じる永野は、実母から‟実写化したら芽郁に演じて欲しい”と言われていた特別な思入れのある小説だったと告白。役柄を通して、「感じたことのない愛の種類や温かさを知って、人との繋がりは強くなるんだと気づかされました」と思いの丈を語っている。森宮さん(田中圭)…優子の義理の父親。分け合って料理がうまい。父親役を何度も演じてきた田中だが、俊の差がない永野芽郁との親子関係をどのように描くのか?田中が挑む新たな父親像に注目だ。梨花(石原さとみ)…小さな娘を抱えながら、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女。物語のキーパーソンでもある。石原さとみが自ら選んだ、キャリア初となる母親役に期待が募る。

“誰もが働きたくない夜間の救急に集まった5人の医師たち。なぜ彼らはここで働くことを選んだのか”。2024年に医師の働き方改革が施行される中、救急医の人手不足を解消する革新的な対策がないことを知り、今回の「ナイト・ドクター」を企画しました。実際の病院では、当直は新米の医師に押し付けられる場合が多く、腕のある一流の医師ほど、夜中にわざわざ働きたがらないのが現状です。ただ、患者は昼も夜も問わず運ばれてきます。夜間専門の医師がいれば、昼夜を交代制にし、労働時間と夜の病院を守ることができます。夜の病院で戦う彼らを通して、夜間救急の過酷さも少しでも伝えられたらと思っています。そして医師としての側面だけではなく、1人の人間として、病院以外の物語も紡いでいきます。夜の病院で出会った彼らの、友達でも家族でもなく、ただの同僚とも少し違う、5人の青春群像劇にもご注目下さい!

「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一の活躍を吉沢亮主演でドラマ化。幕末から明治へ、時代の渦に翻弄(ほんろう)され挫折を繰り返しながらも、高い志を持って未来を切り開いていく姿を描く。脚本は連続テレビ小説「あさが来た」(2015年9月〜2016年4月)などを手掛けた大森美香が担当する。