2021最新 田中圭結婚

田中圭さんは、結婚三年目の2015年に一度週刊誌にグラビアアイドル・西崎莉麻(にしざき りま)さんとの写真を撮られています。当時泥酔した圭さんは「俺、チューすんの莉麻ぐらいしかいないよ」と西崎さんに甘い声を囁き、西崎さんもまんざらでもない様子で「圭さーん、する?」とイチャイチャぶりを披露されていたそうです。

玉木宏が主演を務め、ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(2019年、日本テレビ系)を手掛けた武藤将吾が脚本を担当するオリジナルストーリー。警視庁を舞台に、警視総監というたった一つのポストを巡る壮絶な権力争い、組織内部の思惑に満ちた人間ドラマを描く警察エンタテインメントドラマ。

元々役者として活躍されていた田中圭さんですが、2018年から2019年にかけて『おっさんずラブ』や、『健康で文化的な最低限度の生活』、『獣になれない私たち』と立て続けにドラマが続き、さらに多くの人に知られ人気になったため、圭さんが調子に乗らないように奥さんに咎められるということもあったようです。

原作は、2018年から連載中の三田紀房の同名漫画。阿部寛主演で2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」の続編。前作から15年後の龍山高校を舞台に、弁護士・桜木建二(阿部)が去った後、下降の一途をたどっていた同校の窮地を、再び桜木が救う姿を描く。同作は、受験制度改革に合わせて続編制作が決定したという。

アイドルグループ「AKB48」の元メンバーで女優の前田敦子さんが7月29日、東京都内で行われた「歯が命アワード2021」表彰式に…

広瀬すずと櫻井翔がW主演を務めるオリジナルストーリー。謎多き探偵事務所「ネメシス」で、天才的ひらめきを誇るが無鉄砲なアンナ(広瀬)と、ポンコツだが人望に厚い風真(櫻井)が、互いを助け合いながら難事件に挑む姿を描く。映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」(2017年)の入江悠が総監督を務める。

他にも、2021年7月17日の放送「爆買い☆スター恩返し」では、奥さんに宛てて圭さんが15万円の電動自転車を購入されており、愛する奥さんの為にお金に糸目をつけない様子が取り上げられていました。

ドラマや映画で人気の田中圭さん。

また、2018年の週刊誌では、引退後のさくらさんが家族で出かけるところが取り上げられていましたが、そちらの写真ではさくらさんの目の部分が伏せられていました。

2018~2019年にかけて放送されたドラマ「おっさんずラブ」で一躍トップ俳優の仲間入りをした圭さんですが、ファンの中には圭さんの結婚を後から知り、「自分も田中圭さんと結婚したかった」という声も多数上がっていました。

11年8月31日に結婚し、同時に妊娠5カ月と発表していた俳優の田中圭さん(27)の妻で女優のさくらさん(28)が6日、第1子の女児を出産したことが7日、明らかになった。双方の事務所がファクスで発表した。

大石静脚本で、主人公が恋するヒロインと見知らぬおじさんの中身が入れ替わる前代未聞のラブコメディー。壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地(松坂桃李)は、好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会い、いい感じになり始めた矢先、彼女が事故で亡くなる。涙にくれる桃地の前におじさん・田中マサオ(井浦新)が現れる。

「大豆田とわ子と三人の元夫」(フジテレビ系)のスピンオフドラマ。中村慎森(岡田将生)、佐藤鹿太郎(角田晃広)、田中八作(松田龍平)が登場するパラレルワールドを描く。本編では、それぞれ職業も違う3人だが、今作ではレストラン「オペレッタ」で日替わりシェフを務め、大豆田とわ子(松たか子)をまだ知らない。

ちなみに圭さんとさくらさんは2011年に結婚、さくらさんはその時すでに妊娠していたという事もあり、その後休業期間を経て、2016年に正式に事務所を辞めたので実質は2011年以降表舞台にはでてこられていないようです。

#あなたの番ですまぁ、結局田中圭と結婚したい。男だけど。