白石麻衣

2021年令和3年 衛藤美彩 白石麻衣

2021年令和3年 衛藤美彩 白石麻衣

ほかにも、衛藤家で大きな出来事としては、今年の箱根駅伝に国学院大学から自身の弟・木付琳選手が出場したことだったといい、「去年は怪我で苦しんでいたのを知っていたので、嬉しかったです。ジャンルの違う話ではありますけど勇気をもらいました」という。ちなみに、木付選手は7区を走ったそうだが自身の夫や家族でコースの間に立ち沿道から応援観戦したそうで、現地では「名前を叫んでいたと思います。『行けー!!』という感じで」と、思い出も語っていた。

2021年令和3年 生駒里奈 白石麻衣

2021年令和3年 生駒里奈 白石麻衣

生駒里奈、ウエスタンハット×ウエディングドレス姿がクール!

長澤まさみや上白石萌音、森七菜に奈緒など…2021年カレンダーに見る各映画会社が推す顔は?

女優の生駒里奈が「ゼクシィ国内リゾートウエディング」の表紙に起用されることが決定し、理想の結婚相手など自身の結婚観について明かしている。

そんな生駒にとっての理想の結婚式は、家族や親友と小さなチャペルでこじんまりしたものだそう。「本当に特別なイベントだからこそ、生まれたときからそばにいる人に成長した姿を見せたい」。式には「髪の毛を腰くらいまでのロングにするのが夢です。ドレスも普段着ないような、ミニスカートでヒラヒラしたお姫様みたいなのをオーダーメイドで作りたい。母は自分の結婚式で青のドレスを着ていたので、私も必ず青のドレスを着たいと思っています」ということで、幼い頃に家族で観光をした思い出のある北海道を挙げて「初夏の北海道で自然を感じながら式を挙げて、そのまま旅行しちゃうのもいいですね」と語っている。

2021年令和3年 白石麻衣 卒業

2021年令和3年 白石麻衣 卒業

乃木坂46の1期生、若月佑美さんが11/30(金)をもって卒業することを、自身のブログで発表。
7年間の活動を振りかえり、”私の人生を変えてくれました””将来の目標もなかったわたしに夢もくれました”と綴っている。
そして、今後の活動については、”私には叶えたい夢があります”と力強く綴った。
若月佑美さんは2012年2月1stシングル「ぐるぐるカーテン」でデビュー。
女優としての活動も多く、10/14(日)スタートのドラマ「今日から俺は!!」に出演。又、11月には舞台の主演も決まっているという。
かさねて、11/14(水)発売のニューシングルのセンターの活躍をしっかりこの目にやきつけよう。

そんな白石は今年1月にグループからの卒業を発表。当初は5月に卒業ライブを行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、卒業は一旦延期に。しかし本来のライブの形で開催するのはこの状況と照らし合わせると難しいとスタッフとの協議の結果、今年10月28日に配信での卒業ライブを行った。

“太眉卒業”の井上咲楽、“イメチェン美眉”が際立つ餃子マスク姿に反響「ますます美人に…」

“今年を表す漢字一文字”に白石は「“進”」と答えた。「私自身も卒業して、自分の道に進んだし、世間的にもいろいろ時代が進んだというか。これからいい意味で変わっていって欲しいなという願いも込めて」と理由を明かした。

2011年8月、乃木坂46の1期生オーディションに合格した白石。以降、常にグループトップクラスの人気を誇り、6thシングル表題曲「ガールズルール」では初めてのセンターを務めた。モデルとしても活躍し、2017年2月に発売した2nd写真集『パスポート』(講談社)は度々の重版となり、今年3月に累計発行部数が50万部を突破するなど大ヒットを記録した。

昨日、新国立劇場(東京都)で行われた「第59回日本レコード大賞」
乃木坂46の「インフルエンサー」が今年見事に受賞!
受賞した瞬間、メンバーは涙・・・・
乃木坂46のみなさんおめでとうございます!!
受賞曲「インフルエンサー」は2017年3月に、乃木坂17枚目のシングルとして発売。
発売早々首位を獲得。
秋元康さん作詞、すみだしんやさん作曲で白石麻衣さんと西野七瀬さんのダブルセンターとなりました。
また、過去最高の超高速ダンスが大きな話題となりファンはもちろん、カラオケ等でも超高速ダンスに挑戦する人たち続出。
しかし、かなりの難度で、リタイアしてしまった方も・・・
ミュージックビデオは、メンバーそれぞれ筋肉痛に悩まされながらもやりきった渾身の一作。
乃木坂46の代表作ですね!
ほんとにおめでとうございます!

――ソロとしての活動が始まってます。
「基本、今までと変わらないんですが、モデルやお芝居のお仕事もやりつつ、ユーチューブも始めたので、機会があればファンの方と交流したり、楽しみながら幅を広げていければと思います」
――音楽でのソロ活動の予定はありますか?
「未定ですが、やっぱり音楽は好きなので、なにかやってみたいですね。それこそユーチューブもあって、グループのときとはまた違った可能性が広がったので、またみなさんになにかお届けできたらと思います」
――卒業すると恋愛も解禁ですね?
「漠然と『いつかは結婚したいな』という気持ちはありますけど、今はまだ卒業したばかりですし、まずはお仕事を充実させていきたいと思います。そうした中で、少しだけ自由な時間はできたので、プライベートも充実させていきたいですね」
▽白石麻衣(しらいし・まい) 1992年8月20日生まれ(28歳)。身長162センチ。群馬県出身。血液型A型。2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。グループの中心メンバーとして活躍。センターを務めた「インフルエンサー」と「シンクロニシティ」で日本レコード大賞を2年連続受賞。2020年10月に乃木坂46を卒業。

2020年10月28日の卒業ライブをもって9年間の乃木坂46での活動を終了。ソロとして再スタートを切った白石麻衣(28)。女性誌のモデルとしても活躍し、2017年にリリースした写真集「パスポート」は発行部数50万部超えのメガヒット。まさに“乃木坂の顔”だった大人気美女の「2021年」を聞いた。
◇◇◇
――卒業から2カ月近く経ちました。
「卒業ライブが終わってからあっという間でした。終わった直後は余韻もあったんですが、ありがたいことに卒業してからも、いろいろとひとりでのお仕事をやらせていただいて、今は“頑張らなきゃ”と気持ちを切り替えています」
――乃木坂の活動の中で印象に残っていることは?
「やっぱりライブですね。最初は小さな会場で、ファンの方も私たちの名前も知らない中で興味を持っていただいて。たくさんの場所でライブをやらせていただきました。グループとしても成長できて、多くの方に支えられてきましたね」
――デビュー当時は19歳。「子供のときは自分に自信がなかった」とよく話されていましたが、それは変わりましたか?
「そうですねえ。あまり目立つことが好きではなかったので、乃木坂に入ったときも、『できるだけ後ろにいよう』みたいな気持ちだったんですけど(笑い)。でも、『伝えたいことは伝えなきゃいけないな』とか、『グループのためにもっとこうしよう』とかの気持ちが徐々に出てきました。ファンの方にもたくさん応援していただく中で、少しずつ自分に自信も持てるようになってきて。乃木坂に入ったことで、成長して変われたと思いますね。今は9年間アイドルをやってきて本当によかったって思います」

昨日、新国立劇場(東京都)で行われた「第60回 輝く!日本レコード大賞」
優秀作品賞の10曲の中から、乃木坂46の「シンクロニシティ」が見事大賞に輝きました。
おめでとうございます♪
乃木坂46は、昨年も「インフルエンサー」で大賞受賞。
2年連続2連覇を達成!
人気の度合いがうかがえますね。
白石麻衣さんらメンバーは涙・・・美しいなみだでしたね。
そして、今年でグループ卒業を発表している西野七瀬さんは笑顔で最後のパフォーマンスを締めくくった。
そして、今夜7時15分から放送の「第69回NHK紅白歌合戦」に出場
4回目の連続出場となる今回は、後半戦の12番目「帰り道は遠回りしたくなる」を披露。
最新曲ですね。
さらに、今夜11時55分からは「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2019→2019」に出演。
カウントダウンも目が離せませんね!

乃木坂46、1期生として、デビューより、グループをけん引し続けてきた西野七瀬さんが、自身ブログで、年内グループ卒業を発表。
ブログには”おしらせ”のタイトルで”皆さんに伝えたい事がありまして、、、”と始まり、これまでの7年間にわたる活動について、スタッフ・メンバーそして、ファンへの感謝が綴られている。
乃木坂46オフィシャルサイトには、来年、卒業コンサートを開催する予定とのコメントも。
西野七瀬さんは、2011年8月、乃木坂46の1期生オーディションに合格し,、白石麻衣さん、齋藤飛鳥さんと共に、常にトップクラスで走り続け、2014年1月シングル「気づいたら片想い」で初のセンターをつとめ、またモデルとしても活躍。
2015年、初のソロ写真集を、そして、今年フォトブック「わたしのこと」を発売。
来年予定されている卒業コンサートの詳細が待たれますね。

朝からネットのトレンドがほぼ、乃木坂46関連に!?
ツイッター等によると、乃木坂46の生駒里奈さんが卒業を発表したもよう。
「泣きそう、ショック、寂しい」
初期から乃木坂46に存在する大きな存在。と数多くの声で話題となっている。
20thシングルを最後に卒業というニュースも。
また芸能活動は今後も続けていくよう。
生駒里奈さんは現在22歳。秋田県の出身。
乃木坂46の1期生として、2012年2月、1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。
その際センターをつとめた。
2015年には映画「コープスパーティー」で初主演翌年には、ソロ写真集を発売。
当初より、グループの顔として、活躍し続けてきた生駒里奈さん。
大きな決断ですね。
卒業するまでの残り少ない時間。
そして今後の活躍を心から応援したいですね!

10/28(水)ついに行われた白石麻衣さんの乃木坂卒業のライブ配信。
発表されて以降、注目が集まっていましたが、やはり配信当日もすごかったんですね。
「Rakuten TV」へのアクセス集中でつながりづらい状況が発生したもよう。
そこで、「Rakuten TV」で購入し視聴された方には10/29(木)24:00までアーカイブ配信が利用できるもよう。
対象者の方は早めに要チェック!
卒業ライブを楽しんだファンの多くから”9年間お疲れさまでした”
そして”まいやんありがとう!”と多くのコメント!
これからも、まいやん&乃木坂46のみなさん、そしてファンの皆様も、より輝く未来が開かれますように!!

2020年も残すところあとわずか。10月に乃木坂46を卒業した白石麻衣にとっても今年は特別な1年だったのではないだろうか。

2021年令和3年 白石麻衣 姉

2021年令和3年 白石麻衣 姉

また最新シングル「しあわせの保護色」のMV撮影時のエピソードをきっかけに、松村沙友理さんと生田絵梨花さんの通称「からあげ姉妹」コンビが軽く火花を散らした。というのも、撮影で使った金テープを白石さんからもらった生田さんが、先に銀テープをもらっていたという松村さんに対し「金だから私のテープの方が格上」と優越感をアピールし、「先にもらった」と主張する松村さんと(白石さんへの)どちらの愛情が強いのか競い合っていた。

既にバナナマンから本音を聞かれた時点で「好きですよ…」と顔を赤らめていた齋藤さん、周りの1期生メンバーから「ガンバレ!」「絶対伝わる」「大丈夫だよ」と励まされて白石さんの前にひざまずき、「昔から好きなんですけど、1回やっぱウザいかなって思って、ちょっと言うのやめようかなとか考えたりもしたんですけど、やっぱり好きです」と明かし、白石さんも「コレです!コレコレ、ありがとう」と受け入れた。

アイドルグループ・乃木坂46のレギュラー番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)の中で、卒業発表済みの白石麻衣さんへ、メンバーが改めて愛情の強さを競い合っている。2020年4月26日深夜の放送では、齋藤飛鳥さんから白石さんへ、マンガのような「公開告白」が行われ、視聴していたファンを大いに沸かせた。

そこで、「急にそれ(好きって言う)のがなくなったからちょっと寂しくなっちゃった」という白石さんのために、バナナマンの2人も「ちゃんと目を見て言ってくれる?」と後押ししての「公開告白タイム」となった。

卒業発表済の白石さんへは、このように同期メンバーからの「好き」アピールが相次いでいる。前週の同番組では秋元真夏さんが、「誕生日が同じ(8月20日)」「同じグロスを使っている」「昔使っていた巾着が一緒」「同じ時期に頬にニキビができた」経験から、よく「双子のお姉ちゃん」に例えていたと話し、モヤモヤするという白石さんに配慮して設楽さんが「公式お姉ちゃんでいいんじゃない?」と2人の関係をまとめた。

――ソロとしての活動が始まってます。
「基本、今までと変わらないんですが、モデルやお芝居のお仕事もやりつつ、ユーチューブも始めたので、機会があればファンの方と交流したり、楽しみながら幅を広げていければと思います」
――音楽でのソロ活動の予定はありますか?
「未定ですが、やっぱり音楽は好きなので、なにかやってみたいですね。それこそユーチューブもあって、グループのときとはまた違った可能性が広がったので、またみなさんになにかお届けできたらと思います」
――卒業すると恋愛も解禁ですね?
「漠然と『いつかは結婚したいな』という気持ちはありますけど、今はまだ卒業したばかりですし、まずはお仕事を充実させていきたいと思います。そうした中で、少しだけ自由な時間はできたので、プライベートも充実させていきたいですね」
▽白石麻衣(しらいし・まい) 1992年8月20日生まれ(28歳)。身長162センチ。群馬県出身。血液型A型。2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。グループの中心メンバーとして活躍。センターを務めた「インフルエンサー」と「シンクロニシティ」で日本レコード大賞を2年連続受賞。2020年10月に乃木坂46を卒業。

この放送回は、メンバー同士の溜まったモヤモヤを話し合って解消しようという趣旨の「全てのモヤモヤを解消しておこう」企画の2回目。白石さんから出されたモヤモヤの2つ目は、「(齋藤さんが)1~2年前くらいに、すごい私のこと好きって言ってくれる時期があったのに、最近好きって言ってくれない。好きなら好きって言ってくれればいいのに」というもの。司会のバナナマンの設楽統さんから理由を聞かれた齋藤さんは「ずっと好きは好きなんですけど、あんま表では言ってなくて、1~2年前ぐらいに、これ言わなきゃ伝わらないって思って、表に出し始めて、確かに一旦休止してました」と答えた。

2020年10月28日の卒業ライブをもって9年間の乃木坂46での活動を終了。ソロとして再スタートを切った白石麻衣(28)。女性誌のモデルとしても活躍し、2017年にリリースした写真集「パスポート」は発行部数50万部超えのメガヒット。まさに“乃木坂の顔”だった大人気美女の「2021年」を聞いた。
◇◇◇
――卒業から2カ月近く経ちました。
「卒業ライブが終わってからあっという間でした。終わった直後は余韻もあったんですが、ありがたいことに卒業してからも、いろいろとひとりでのお仕事をやらせていただいて、今は“頑張らなきゃ”と気持ちを切り替えています」
――乃木坂の活動の中で印象に残っていることは?
「やっぱりライブですね。最初は小さな会場で、ファンの方も私たちの名前も知らない中で興味を持っていただいて。たくさんの場所でライブをやらせていただきました。グループとしても成長できて、多くの方に支えられてきましたね」
――デビュー当時は19歳。「子供のときは自分に自信がなかった」とよく話されていましたが、それは変わりましたか?
「そうですねえ。あまり目立つことが好きではなかったので、乃木坂に入ったときも、『できるだけ後ろにいよう』みたいな気持ちだったんですけど(笑い)。でも、『伝えたいことは伝えなきゃいけないな』とか、『グループのためにもっとこうしよう』とかの気持ちが徐々に出てきました。ファンの方にもたくさん応援していただく中で、少しずつ自分に自信も持てるようになってきて。乃木坂に入ったことで、成長して変われたと思いますね。今は9年間アイドルをやってきて本当によかったって思います」

しかし最近は「みんなやっぱ(自分同様に白石さんのことが)好きだから、卒業も近いからみんな好き好き好きって(言っているので、自分も言うと)ウザいかなと思って」あまり言わなかったとのこと。

結局松村さんは帰宅後、銀テープの大切さを忘れて「ゴミだと思って」捨ててしまったと明かし、生田さんが金テープに白石さんのサインをもらい、生田さんの勝利ムードで終結した。一方の松村さんも26日放送回では、白石さんが借りたマンガを返していないと言われると「白石さんのお家に私の私物があるって素敵なことだと思う」「(返してもらっても)新しいの貸します」と、粘り強く2人の思い出を残そうとしていた。「モヤモヤ解消」の企画のはずが、白石さんに関しては1期生からの愛情アピールの場になっていた。

2021年令和3年 白石麻衣 インスタ

2021年令和3年 白石麻衣 インスタ

吉本興業の人気若手芸人90人が登場するコレクションカード「よしもとコレカ」第2弾の発売記念イベントが東京都内で開かれ、お笑いコンビ「アインシュタイン」(稲田直樹、河井ゆず…

白石麻衣(ex. 乃木坂46)が本日11月1日12:00にオフィシャルサイトおよびオフィシャルInstagramアカウントを開設する。

白石麻衣が乃木坂46卒業後初のCM出演、テーマは「資産形成」

IJF世界ランキングは6250ポイント獲得で2位です。

タレントの若槻千夏(36)が13日、自身のインスタグラムを更新し、新髪形「令和ウルフ!」を披露した。

Matt インスタで桑田氏の巨人コーチ就任祝福「パパ、おめでとうね」

2021年令和3年 白石麻衣 19歳

2021年令和3年 白石麻衣 19歳

――ソロとしての活動が始まってます。
「基本、今までと変わらないんですが、モデルやお芝居のお仕事もやりつつ、ユーチューブも始めたので、機会があればファンの方と交流したり、楽しみながら幅を広げていければと思います」
――音楽でのソロ活動の予定はありますか?
「未定ですが、やっぱり音楽は好きなので、なにかやってみたいですね。それこそユーチューブもあって、グループのときとはまた違った可能性が広がったので、またみなさんになにかお届けできたらと思います」
――卒業すると恋愛も解禁ですね?
「漠然と『いつかは結婚したいな』という気持ちはありますけど、今はまだ卒業したばかりですし、まずはお仕事を充実させていきたいと思います。そうした中で、少しだけ自由な時間はできたので、プライベートも充実させていきたいですね」
▽白石麻衣(しらいし・まい) 1992年8月20日生まれ(28歳)。身長162センチ。群馬県出身。血液型A型。2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。グループの中心メンバーとして活躍。センターを務めた「インフルエンサー」と「シンクロニシティ」で日本レコード大賞を2年連続受賞。2020年10月に乃木坂46を卒業。

2020年10月28日の卒業ライブをもって9年間の乃木坂46での活動を終了。ソロとして再スタートを切った白石麻衣(28)。女性誌のモデルとしても活躍し、2017年にリリースした写真集「パスポート」は発行部数50万部超えのメガヒット。まさに“乃木坂の顔”だった大人気美女の「2021年」を聞いた。
◇◇◇
――卒業から2カ月近く経ちました。
「卒業ライブが終わってからあっという間でした。終わった直後は余韻もあったんですが、ありがたいことに卒業してからも、いろいろとひとりでのお仕事をやらせていただいて、今は“頑張らなきゃ”と気持ちを切り替えています」
――乃木坂の活動の中で印象に残っていることは?
「やっぱりライブですね。最初は小さな会場で、ファンの方も私たちの名前も知らない中で興味を持っていただいて。たくさんの場所でライブをやらせていただきました。グループとしても成長できて、多くの方に支えられてきましたね」
――デビュー当時は19歳。「子供のときは自分に自信がなかった」とよく話されていましたが、それは変わりましたか?
「そうですねえ。あまり目立つことが好きではなかったので、乃木坂に入ったときも、『できるだけ後ろにいよう』みたいな気持ちだったんですけど(笑い)。でも、『伝えたいことは伝えなきゃいけないな』とか、『グループのためにもっとこうしよう』とかの気持ちが徐々に出てきました。ファンの方にもたくさん応援していただく中で、少しずつ自分に自信も持てるようになってきて。乃木坂に入ったことで、成長して変われたと思いますね。今は9年間アイドルをやってきて本当によかったって思います」

2021年令和3年 白石麻衣 1位

2021年令和3年 白石麻衣 1位

「大河ドラマの織田信長役」人気ランキングTOP3! 役所広司さん、渡哲也さんを抑えて1位になったのは?

白石麻衣が乃木坂46卒業後初のCM出演、テーマは「資産形成」

2020年10月28日の卒業ライブをもって9年間の乃木坂46での活動を終了。ソロとして再スタートを切った白石麻衣(28)。女性誌のモデルとしても活躍し、2017年にリリースした写真集「パスポート」は発行部数50万部超えのメガヒット。まさに“乃木坂の顔”だった大人気美女の「2021年」を聞いた。
◇◇◇
――卒業から2カ月近く経ちました。
「卒業ライブが終わってからあっという間でした。終わった直後は余韻もあったんですが、ありがたいことに卒業してからも、いろいろとひとりでのお仕事をやらせていただいて、今は“頑張らなきゃ”と気持ちを切り替えています」
――乃木坂の活動の中で印象に残っていることは?
「やっぱりライブですね。最初は小さな会場で、ファンの方も私たちの名前も知らない中で興味を持っていただいて。たくさんの場所でライブをやらせていただきました。グループとしても成長できて、多くの方に支えられてきましたね」
――デビュー当時は19歳。「子供のときは自分に自信がなかった」とよく話されていましたが、それは変わりましたか?
「そうですねえ。あまり目立つことが好きではなかったので、乃木坂に入ったときも、『できるだけ後ろにいよう』みたいな気持ちだったんですけど(笑い)。でも、『伝えたいことは伝えなきゃいけないな』とか、『グループのためにもっとこうしよう』とかの気持ちが徐々に出てきました。ファンの方にもたくさん応援していただく中で、少しずつ自分に自信も持てるようになってきて。乃木坂に入ったことで、成長して変われたと思いますね。今は9年間アイドルをやってきて本当によかったって思います」

5日放送のラジオ番組「レコメン!」(文化放送)にて「女性アイドル顔だけ総選挙2019」の結果が発表され、乃木坂46の白石麻衣が3年連続で1位に輝いた。この結果にファンからは「納得!」の声が続々と上がっている。

――ソロとしての活動が始まってます。
「基本、今までと変わらないんですが、モデルやお芝居のお仕事もやりつつ、ユーチューブも始めたので、機会があればファンの方と交流したり、楽しみながら幅を広げていければと思います」
――音楽でのソロ活動の予定はありますか?
「未定ですが、やっぱり音楽は好きなので、なにかやってみたいですね。それこそユーチューブもあって、グループのときとはまた違った可能性が広がったので、またみなさんになにかお届けできたらと思います」
――卒業すると恋愛も解禁ですね?
「漠然と『いつかは結婚したいな』という気持ちはありますけど、今はまだ卒業したばかりですし、まずはお仕事を充実させていきたいと思います。そうした中で、少しだけ自由な時間はできたので、プライベートも充実させていきたいですね」
▽白石麻衣(しらいし・まい) 1992年8月20日生まれ(28歳)。身長162センチ。群馬県出身。血液型A型。2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。グループの中心メンバーとして活躍。センターを務めた「インフルエンサー」と「シンクロニシティ」で日本レコード大賞を2年連続受賞。2020年10月に乃木坂46を卒業。

アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんが6月3日、文化放送のラジオ番組「レコメン!」(毎週月~木曜午後10時)で開催された企画「女性アイドル 顔だけ総選挙 2020」で1位に輝いた。「顔だけで選ぶなら、この子が一番」と思う女性アイドルを決定する投票企画で、今年で8回目を数える同番組の人気企画。白石さんは2017年から4年連続で1位となった。

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。白石麻衣/クラムボン/原田郁子の最新情報はリンク先をご覧ください。

今年で7回目となった「女性アイドル顔だけ総選挙」は、アイドルを「顔だけ」で評価、投票した結果を発表する恒例企画。白石は一昨年と昨年から継続してトップの座に輝いた。ランキングの結果を受けてSNSではファンから「うれしい」「納得です」「殿堂入りで!」などの声が寄せられた。白石は現在、ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)に出演しており、教師役を好演している。

2021年令和3年 白石麻衣 3357 意味

2021年令和3年 白石麻衣 3357 意味

6枚目シングル『ガールズルール』(2013年7月発売)の略称。センターは1枚目~5枚目まで連続で務めた生駒里奈に代わり、白石麻衣が初めて起用された。

2020年10月28日の卒業ライブをもって9年間の乃木坂46での活動を終了。ソロとして再スタートを切った白石麻衣(28)。女性誌のモデルとしても活躍し、2017年にリリースした写真集「パスポート」は発行部数50万部超えのメガヒット。まさに“乃木坂の顔”だった大人気美女の「2021年」を聞いた。
◇◇◇
――卒業から2カ月近く経ちました。
「卒業ライブが終わってからあっという間でした。終わった直後は余韻もあったんですが、ありがたいことに卒業してからも、いろいろとひとりでのお仕事をやらせていただいて、今は“頑張らなきゃ”と気持ちを切り替えています」
――乃木坂の活動の中で印象に残っていることは?
「やっぱりライブですね。最初は小さな会場で、ファンの方も私たちの名前も知らない中で興味を持っていただいて。たくさんの場所でライブをやらせていただきました。グループとしても成長できて、多くの方に支えられてきましたね」
――デビュー当時は19歳。「子供のときは自分に自信がなかった」とよく話されていましたが、それは変わりましたか?
「そうですねえ。あまり目立つことが好きではなかったので、乃木坂に入ったときも、『できるだけ後ろにいよう』みたいな気持ちだったんですけど(笑い)。でも、『伝えたいことは伝えなきゃいけないな』とか、『グループのためにもっとこうしよう』とかの気持ちが徐々に出てきました。ファンの方にもたくさん応援していただく中で、少しずつ自分に自信も持てるようになってきて。乃木坂に入ったことで、成長して変われたと思いますね。今は9年間アイドルをやってきて本当によかったって思います」

――ソロとしての活動が始まってます。
「基本、今までと変わらないんですが、モデルやお芝居のお仕事もやりつつ、ユーチューブも始めたので、機会があればファンの方と交流したり、楽しみながら幅を広げていければと思います」
――音楽でのソロ活動の予定はありますか?
「未定ですが、やっぱり音楽は好きなので、なにかやってみたいですね。それこそユーチューブもあって、グループのときとはまた違った可能性が広がったので、またみなさんになにかお届けできたらと思います」
――卒業すると恋愛も解禁ですね?
「漠然と『いつかは結婚したいな』という気持ちはありますけど、今はまだ卒業したばかりですし、まずはお仕事を充実させていきたいと思います。そうした中で、少しだけ自由な時間はできたので、プライベートも充実させていきたいですね」
▽白石麻衣(しらいし・まい) 1992年8月20日生まれ(28歳)。身長162センチ。群馬県出身。血液型A型。2011年、乃木坂46の1期生として活動開始。グループの中心メンバーとして活躍。センターを務めた「インフルエンサー」と「シンクロニシティ」で日本レコード大賞を2年連続受賞。2020年10月に乃木坂46を卒業。

各シングルの選抜のうち、フロントや2列目に立つメンバーを「福神(ふくじん)」と呼ぶ。初期はAKB48の人気上位メンバーが「神7(かみセブン)」と呼ばれていたこともあり「七福神」だったが、4枚目シングル『制服のマネキン』(2012年12月発売)以降は「八福神」や「十福神」など人数が変動。過去最多は20枚目シングル『シンクロニシティ』(18年4月発売)などの「十四福神」、最少は8枚目『気づいたら片想い』(14年4月発売)の「五福神」。加入間もない2期生の堀未央奈が初センターを務めた7枚目『バレッタ』(13年11月発売)では「八福神+1」と表記された。25枚目『しあわせの保護色』(20年3月発売)まで全シングルで福神を務めたのは、このシングルで卒業の白石麻衣のみ。

各シングルで選抜に入らなかったメンバーのこと。AKB48で使用されている「アンダー」とは意味合いが異なる。シングルのカップリングにはアンダーで歌う新曲が収録され、隠れた人気曲も多いが、25枚目シングル『しあわせの保護色』(2020年3月発売)ではアンダー曲がなかった。アンダーメンバーのみによる単独ライブ(「アンダラ」の項参照)も開催されている。

冠番組『乃木坂工事中』(以前は『乃木坂って、どこ?』)内で、シングル発売ごとに行われるチャレンジ企画。デビューシングル『ぐるぐるカーテン』(2012年2月発売)のときは、4600個のティッシュを4チームに分かれて全国で配るソフトな課題だったが、人見知りの西野七瀬が泣き出してしまう場面も。その西野が初センターを務めた8枚目シングル『気づいたら片想い』(14年4月発売)では、マカオタワーで高さ233m地点からのバンジージャンプを成功させた。14枚目シングル『ハルジオンが咲く頃』(16年3月)では生田絵梨花がグアムで高度4200mからスカイダイビング。18枚目シングル『逃げ水』(17年8月)では大園桃子と与田祐希(よだ・ゆうき)がダイビングのライセンスを取得後、伊豆大島でウミガメを見つけた。24枚目シングル『夜明けまで強がらなくてもいい』(19年9月)では初参加の4期生と新キャプテンの秋元真夏が、2つのルートから富士登山。12人のうち7人が頂上にたどり着いた。

2021年令和3年 白石麻衣 46時間テレビ

2021年令和3年 白石麻衣 46時間テレビ

この電視台での流暢なMCといい番組通しての久保チャンネルでの仕切り登場時にみせるコメント力。
彼女のその素質をこの46時間で大爆発させてくれたと感じています。

新CMでは、誰もが一度は経験がある、「パスワードを忘れてログインできない」という状況を白石さんが演じます。会社員として登場する白石さん。パスワードを忘れ、オフィスや自宅、外出先などでどんどんと追い込まれていく状況の中で、コロコロと変わるお芝居とコミカルな表情は必見です!「クラムボン」の原田郁子さんによる、キャッチーな替え歌にもご注目です!

乃木坂46の白石麻衣が10日、同グループの写真集『乃木撮』公式ツイッター上でセクシー写真を披露した。ファンからは「セクシー」「かわいい」といった声が集まっている。【写真】白石麻衣がうなじを出したセクシ…

白石さんのメッセージを読み上げた秋元さんは「まいやんに見守ってもらいたいと思います!」と語り、笑顔を見せた。

白石さんからのメッセージは「ブログでお伝えしました通り、本来は5月のライブをもって卒業する予定でしたが、このような状況になってしまったため、延期になってしまいました。本来であれば私が卒業した後に計画されていた今回の46時間テレビということもあり、スタッフさんとも相談し、今回は出演せずに、みんなの活躍を見守ることにしました。この状況が収まり、皆さんが安全にライブを楽しんでいただく日が早く来ることを願っています。私も視聴者として46時間テレビ、すごく楽しみにしてます!」という内容だった。

そんななかでアイドルとして何が出来るのかこの46時間TVは或る意味大きな課題を抱えての放送だったのだと思います。

乃木坂46の堀未央奈が4日にブログを更新し、ロングヘアをばっさりとカットしたことを報告。同じく「乃木坂46・堀未央奈2nd写真集」公式インスタグラムでも新ヘアスタイルの姿を公開した。ファンからは「似合…

アイドルグループ「乃木坂46」が5月17日、異例の完全オンライン会見を実施し、特別番組「乃木坂46時間TV アベマ独占放送『はなれてたって、ぼくらはいっしょ!』」を配信することを発表した。会見では、同グループキャプテンで司会を務めた秋元真夏さんが、5月5日から3日間開催の東京ドーム(東京都文京区)公演をもって卒業する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止となり、卒業が延期されている白石麻衣さんからのメッセージを読み上げる一幕があった。

アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣(28歳)による“美しすぎるタクシードライバー姿”に絶賛の声が上がっている。これは、10月27日に放送される特別番組「白石麻衣卒業特番~サヨナラまでの過ごし方~」…

元『乃木坂』白石麻衣のロケに“苦情”?「しんどすぎる」「酔いそう」

2021年令和3年 白石麻衣 46時間

2021年令和3年 白石麻衣 46時間

昨日、新国立劇場(東京都)で行われた「第60回 輝く!日本レコード大賞」
優秀作品賞の10曲の中から、乃木坂46の「シンクロニシティ」が見事大賞に輝きました。
おめでとうございます♪
乃木坂46は、昨年も「インフルエンサー」で大賞受賞。
2年連続2連覇を達成!
人気の度合いがうかがえますね。
白石麻衣さんらメンバーは涙・・・美しいなみだでしたね。
そして、今年でグループ卒業を発表している西野七瀬さんは笑顔で最後のパフォーマンスを締めくくった。
そして、今夜7時15分から放送の「第69回NHK紅白歌合戦」に出場
4回目の連続出場となる今回は、後半戦の12番目「帰り道は遠回りしたくなる」を披露。
最新曲ですね。
さらに、今夜11時55分からは「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2019→2019」に出演。
カウントダウンも目が離せませんね!

乃木坂46、1期生として、デビューより、グループをけん引し続けてきた西野七瀬さんが、自身ブログで、年内グループ卒業を発表。
ブログには”おしらせ”のタイトルで”皆さんに伝えたい事がありまして、、、”と始まり、これまでの7年間にわたる活動について、スタッフ・メンバーそして、ファンへの感謝が綴られている。
乃木坂46オフィシャルサイトには、来年、卒業コンサートを開催する予定とのコメントも。
西野七瀬さんは、2011年8月、乃木坂46の1期生オーディションに合格し,、白石麻衣さん、齋藤飛鳥さんと共に、常にトップクラスで走り続け、2014年1月シングル「気づいたら片想い」で初のセンターをつとめ、またモデルとしても活躍。
2015年、初のソロ写真集を、そして、今年フォトブック「わたしのこと」を発売。
来年予定されている卒業コンサートの詳細が待たれますね。

昨日、新国立劇場(東京都)で行われた「第59回日本レコード大賞」
乃木坂46の「インフルエンサー」が今年見事に受賞!
受賞した瞬間、メンバーは涙・・・・
乃木坂46のみなさんおめでとうございます!!
受賞曲「インフルエンサー」は2017年3月に、乃木坂17枚目のシングルとして発売。
発売早々首位を獲得。
秋元康さん作詞、すみだしんやさん作曲で白石麻衣さんと西野七瀬さんのダブルセンターとなりました。
また、過去最高の超高速ダンスが大きな話題となりファンはもちろん、カラオケ等でも超高速ダンスに挑戦する人たち続出。
しかし、かなりの難度で、リタイアしてしまった方も・・・
ミュージックビデオは、メンバーそれぞれ筋肉痛に悩まされながらもやりきった渾身の一作。
乃木坂46の代表作ですね!
ほんとにおめでとうございます!

乃木坂46の1期生、若月佑美さんが11/30(金)をもって卒業することを、自身のブログで発表。
7年間の活動を振りかえり、”私の人生を変えてくれました””将来の目標もなかったわたしに夢もくれました”と綴っている。
そして、今後の活動については、”私には叶えたい夢があります”と力強く綴った。
若月佑美さんは2012年2月1stシングル「ぐるぐるカーテン」でデビュー。
女優としての活動も多く、10/14(日)スタートのドラマ「今日から俺は!!」に出演。又、11月には舞台の主演も決まっているという。
かさねて、11/14(水)発売のニューシングルのセンターの活躍をしっかりこの目にやきつけよう。

10/28(水)ついに行われた白石麻衣さんの乃木坂卒業のライブ配信。
発表されて以降、注目が集まっていましたが、やはり配信当日もすごかったんですね。
「Rakuten TV」へのアクセス集中でつながりづらい状況が発生したもよう。
そこで、「Rakuten TV」で購入し視聴された方には10/29(木)24:00までアーカイブ配信が利用できるもよう。
対象者の方は早めに要チェック!
卒業ライブを楽しんだファンの多くから”9年間お疲れさまでした”
そして”まいやんありがとう!”と多くのコメント!
これからも、まいやん&乃木坂46のみなさん、そしてファンの皆様も、より輝く未来が開かれますように!!

朝からネットのトレンドがほぼ、乃木坂46関連に!?
ツイッター等によると、乃木坂46の生駒里奈さんが卒業を発表したもよう。
「泣きそう、ショック、寂しい」
初期から乃木坂46に存在する大きな存在。と数多くの声で話題となっている。
20thシングルを最後に卒業というニュースも。
また芸能活動は今後も続けていくよう。
生駒里奈さんは現在22歳。秋田県の出身。
乃木坂46の1期生として、2012年2月、1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー。
その際センターをつとめた。
2015年には映画「コープスパーティー」で初主演翌年には、ソロ写真集を発売。
当初より、グループの顔として、活躍し続けてきた生駒里奈さん。
大きな決断ですね。
卒業するまでの残り少ない時間。
そして今後の活躍を心から応援したいですね!

新CMでは、誰もが一度は経験がある、「パスワードを忘れてログインできない」という状況を白石さんが演じます。会社員として登場する白石さん。パスワードを忘れ、オフィスや自宅、外出先などでどんどんと追い込まれていく状況の中で、コロコロと変わるお芝居とコミカルな表情は必見です!「クラムボン」の原田郁子さんによる、キャッチーな替え歌にもご注目です!