福岡国際マラソン

2020年令和2年 福岡国際マラソン 結果

2020年令和2年 福岡国際マラソン 結果

アメフトの社会人Xリーグ1部(X1)エリアに所属する「みらいふ福岡SUNS(サンズ)」は5日、日本人初の米プロフットボールNFL選手の誕生を目指す「SUNSNFLPROJ…

福岡国際マラソン(12月2日・平和台陸上競技場発着)に出場する有力選手が30日、福岡市内で記者会見し、前日本記録保持者で26歳の設楽悠太(ホンダ)は「勝つための準備はできている。優勝を目指す」と淡々とした口調で決意を述べた。

大会ハッシュタグ「#福岡国際マラソン」

15年世界選手権覇者のギルメイ・ゲブレスラシエ(エリトリア)は「いい練習ができた。ベストを尽くして結果を出したい」と意気込んだ。

空手の全日本選手権(13日、日本武道館)で体重無差別の組手に出場する東京五輪組手女子55キロ級代表の宮原美穂(帝京大職)=福岡…

社会人アメリカンフットボールのX1エリア西日本トーナメントの1回戦2試合が1日、神戸市王子スタジアムで行われ、みらいふ福岡が34-20でアズワンを破って決勝進出を果たした…

2020年東京五輪の代表選考会への出場権が懸かる。4月にボストン・マラソンを制した川内優輝(埼玉県庁)は既に出場権を得ているが「このメンバーは楽しみ。競り合いながら走りたい」と好レースへの期待感を示した。

高知市内で非公開の合宿をしているソフトボール女子日本代表の上野由岐子(ビックカメラ高崎)=福岡市出身=が2日、オンラインで取材に応じ、15日までの合宿で投げ込む意向を示し…

2020年令和2年 福岡国際マラソン 2020 結果

2020年令和2年 福岡国際マラソン 2020 結果

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、規模を縮小して6日に開かれた福岡国際マラソン。国内トップ選手が福岡の街を走り抜け、市民ランナーも奮闘した。コロナ禍で迎えた大会をボランティアが支えた。
【写真】2位でゴールする大塚祥平=西岡臣撮影
優勝した吉田祐也選手(23)ら上位選手は、レース後オンラインで報道陣の取材に応じた。
フルマラソン2回目の吉田選手は「100%出し切って優勝できてうれしい」と語った。大学卒業後は競技生活から離れようとしていたが、卒業前の別府大分毎日で2時間8分30秒の好成績を出し、就職内定先に断りを入れて競技を続けることを決めた。所属チームの花田勝彦監督は「世界で戦える。国内で終わる選手ではない」と評価した。
2位に入った大塚祥平選手(26)は大分市出身で九電工に所属。福岡国際は初挑戦で「コンディションがよく風も感じずに走りやすかった」。序盤に集団の中で転倒し、左すねに血がにじんだ状態でゴールした。「痛みもなく、全然影響はなかった」と振り返った。
大濠公園で練習を積み、地元ファンも多い福田穣選手(29)は、8月に西鉄を退社。プロに転向しNNランニングチームに所属したばかり。プロ初戦として挑んだが、11キロ地点での転倒が響き13位でゴールした。
チームは同じ日の海外レースをデビュー戦に見据えていたが、福田選手は「応援してくれている人や、西鉄の仲間に見てもらえる福岡で走って結果を出したい」と、出場を決めた。
福岡国際では一昨年7位、昨年3位と好成績を残してきただけに悔しさが残る。「プロとして良い結果でスタートしたかったが、一番苦い大会になった」

【名珍場面2020】「この球種はなに?」 韓国球界で生まれた“謎変化球”に米騒然「気持ち悪い球だ」

Copyright © 2020 朝日新聞社 無断転載を禁じます。

2020年令和2年 福岡国際マラソン 2020

2020年令和2年 福岡国際マラソン 2020

日本歴代フルマラソンランキング赤字は、2016年〜2017年橙字は、2018年〜2019年黄字は、2020年  男子(2時間10分未満)1 大迫傑 2:05:29(2:58.4/km) 2020年 東京東京五輪代表2設楽 悠太 2…

大会ハッシュタグ「#福岡国際マラソン」

18年の67回、19年の68回大会は2020年東京オリンピックの日本代表選手選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)への出場権を獲得できる「MGCシリーズ」に指定され、園田隼(黒崎播磨)ら4人が出場権を獲得した。

このたびは第74回福岡国際マラソン自主整理(沿道警備)にご参加いただき、ありがとうございます。厚く御礼申し上げます。

2019年4月に新しく完成した社員寮。開放的なカフェスタイルの食堂、トレーニングジム、ジェットバス付の大浴場も完備。周辺環境もよく快適な生活を送ることができます。

伝統ある「福岡国際マラソン」のコースをレース本番前にじぶんの足で辿ってみませんか?朝5時出発で本番コースを踏襲、香椎の折り返しを経て、ゴールの平和台を目指しましょう!途中合流・途中離脱、大歓迎です。自己責任で頑張ってみましょう!

2001年50回記念大会からは世界選手権の選考レースに。10年59回大会から大分市の高崎山・うみたまご前をスタートし、大分市営陸上競技場にフィニッシュするコースに大幅変更。翌60回大会からは参加資格をマラソン3時間30分以内に緩和し、女子選手にも門戸を開いた。

別府大分毎日マラソン大会(当時は別府マラソン)は戦後復興期の1952年、五輪代表候補のコーチを務めていた大分県中津市出身の池中康雄氏(故人)が「五輪への道を開くためにも地元で全国大会を開催したい」と提唱して創設。当初は別府駅前をスタートし、大分市白木を折り返す35キロのコースだった。翌53年の2回大会からフルマラソンに衣替え。46年スタートの「びわ湖毎日マラソン」(当時は毎日マラソン)、47年に始まった「福岡国際マラソン」(当時は朝日マラソン)と共に、日本三大クラシックレースと呼ばれるようになった。

2020年令和2年 福岡国際マラソン

2020年令和2年 福岡国際マラソン

別府大分毎日マラソン大会(当時は別府マラソン)は戦後復興期の1952年、五輪代表候補のコーチを務めていた大分県中津市出身の池中康雄氏(故人)が「五輪への道を開くためにも地元で全国大会を開催したい」と提唱して創設。当初は別府駅前をスタートし、大分市白木を折り返す35キロのコースだった。翌53年の2回大会からフルマラソンに衣替え。46年スタートの「びわ湖毎日マラソン」(当時は毎日マラソン)、47年に始まった「福岡国際マラソン」(当時は朝日マラソン)と共に、日本三大クラシックレースと呼ばれるようになった。

大会ハッシュタグ「#福岡国際マラソン」

東京オリンピックの男子マラソンの代表に内定している十日町市出身の服部勇馬選手が、右足のけがのため、出場を予定していた今月6日の福岡国際マラソンを欠場することになりました。
これは3日、大会の事務局が発表したもので、服部選手は右足のふくらはぎの筋肉を痛めたことから欠場するということです。
十日町市出身の服部選手は、おととしの福岡国際マラソンで日本選手として14年ぶりの優勝を果たしていて、今回は東京オリンピックの代表内定を決めた去年9月の選考レース、マラソン・グランド・チャンピオンシップ以来となるフルマラソンの大会への出場でした。
服部選手は、東京オリンピックの延期が決まる中、春先からアフリカ出身の選手との練習を重ねて、課題だったスピードの強化を進めていて、ことし7月と9月に1万メートルの自己ベストを2回にわたって更新するなど、調子を上げていました。
服部選手は「レースでの応援を心待ちにしてくださっていた皆様には本当に申し訳ない気持ちです。マラソンのスタートラインに立つ難しさを改めて感じています。この経験がこれからの私を成長させてくれる糧になると信じて、新たな目標に向かって前進していきます」とコメントしています。