竹内涼真

2020年令和2年 二宮和也 竹内涼真

2020年令和2年 二宮和也 竹内涼真

「夏に食べたい!麺デスマッチ」に白石麻衣が登場。嵐と共に早押しクイズに挑む。また、「二宮和也のハンバーグの会」では、二宮が滝沢カレンのレシピでハンバーグ作りに挑戦する。ほか、「隠れ家ARASHI」では、松本潤が吉村崇とリアル間違い探し対決を行う。

4月から放送が始まったTBS日曜劇場「ブラックペアン」。医療問題をテーマに数々の話題作を発表してきた海堂尊氏の小説が原作で、嵐の二宮和也さんのほか、竹内涼真さん、葵わかなさんなど豪華な俳優陣が出演されている、痛快医療エンターテインメント作品です。4月26日と5月6日には、浦安音楽ホールのコンサートホールを巨大な会議室に見立て、手術シーンが巨大なスクリーンに投影されながら進行するカンファレンスシーンの撮影がありました。研修医役のエキストラの方もたくさん参加され、音楽ホールは緊迫した医療現場へと早変わり。
事前に撮影場所を探しに来館された番組スタッフも、都会的なデザインセンスと、ふんだんに使用された木材がもたらす温かみに満ちたホール空間に「いいですね!」と、撮影場所として即決された経緯がありました。
浦安音楽ホールが登場するのは5月20日(日)、第5回の放送日(予定は変更されることがあります)。みなさん、楽しみにお待ちください!

竹内涼真とオリジナルゲームで仲良くなろう!

竹内はあまりの迫力に、第2話では台本に書いていない涙を思わず流したことも。

日曜劇場では現在、二宮と同じ嵐のメンバー・松本潤が主演を務める「99.9 -刑事専門弁護士- SEASONII」が放送中だが、二宮が同枠で主演を務めるのは本作が初。TBS系の連続ドラマへの出演も2008年10月期放送の「流星の絆」以来10年ぶりとなる。今回の主演に向け、二宮は「毎週観てくださる方々の感情を揺さぶれるよう、全力で行きます!」とコメントしている。

「焼き肉デスマッチ」に岡田将生、志尊淳が登場。絶品肉料理を懸けて早押しクイズに挑む。また、「二宮和也記念館」では、二宮と所縁がある高橋克実、中丸雄一、ドランクドラゴン・鈴木拓が登場。二宮の学生時代や、ジャニーズ事務所に入所する際のエピソード、ブレークのきっかけなどを明かす。

原作を手に取ったとき、あっという間にラストまで読み進んだことを、昨日のことのように覚えております。あのハラハラドキドキした感動をドラマ化できるかと思うと大変光栄に思います。主演の二宮さんは、以前、スペシャルドラマ「赤めだか」でご一緒させていただきました。その演じている姿を目の当たりにして、素晴らしいお芝居をされる方だと改めて痛感した次第です。さまざまな役を演じられてきた二宮さんに、ぜひとも、この渡海征司郎という天才外科医役を演じていただきたいと思い、オファーさせていただきました。今回は初の外科医、しかもダークヒーローを演じられるので、これまでに見たことのない、新しい二宮さんが見られると思います。医療の分野ならではのエピソードはもちろん、そこにまつわる人間の思いをしっかり描き、さらには、今回のドラマのキーアイテムとなる“ブラックペアン”の謎を最終回に至るまでしっかりと描いていきますので、是非楽しみにしていていただければと思います。

■from上島「ヒロシとばっかりつるんでる。俺との関係は?」
上島「俺との関係はどうなってんだよ。怒ってるよ!」
大野「10年前からの知り合いですよ!」
(アクリル板を持ってくる二宮)
大野「そんな連絡してくれないじゃないですか?」
上島「避けてんのか、俺を!?なんだやるかこら!」
(アクリル越しにキス)
上島「…ありがとう」
以上、「大野智記念館」でした!

二宮和也主演「ブラックペアン」オールアップ、竹内涼真は「一番キツかった」

2020年令和2年 竹内涼真 仮面ライダー

2020年令和2年 竹内涼真 仮面ライダー

2019年1月23日に開催の仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズによる武道館ライブ
「超英雄祭 KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE & SHOW 2019」のBlu-ray化が決定!
仮面ライダージオウ&快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー番組出演キャストによるトーク、仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズを盛り上げるアーティストたちによる豪華ミュージックライブで構成するスペシャルイベント。
ミュージックライブでは、豪華なゲストアーティストたちによるスペシャルライブが実現!超英雄祭だけの豪華コラボレーションライブをお届けします!
年に1度のスーパーヒーローエンターテイメント最高峰の武道館ライブを高画質・高音質のBlu-rayでお楽しみください!

仮面ライダー3号は原作者である石ノ森章太郎が構想していたとも言われる幻の仮面ライダー。かつてはライダーに熱狂し、仮面ライダーV3を演じた宮内洋を俳優としてのルーツと公言する及川は、キャスティング時に「子どもの頃の夢が叶いました!」と興奮冷めやらぬ様子だったようだが、演技では孤独で哀愁漂うダークヒーローを全う。「この先ショッカーライダーが襲ってきたとしても倒すだけだ…」と不敵な笑みを浮かべる姿には、影が付きまとう。

事故で30年間眠り続けた刑事という設定の奇抜さと、唐沢寿明のぶっ飛んだ演技が非常に印象深く残っている作品でした。併せて、バデイを組んでいる窪田正孝の少し抜けた約、今まで真面目な印象が強かった竹内涼真がエリートだけどとぼけて好きな婦警にあしらわれる役など個性的なキャラクターの出演者が多く、家族で単純に楽しめた作品でした。

“オペ室の悪魔”と呼ばれるダークヒーローをクールに演じた二宮和也さんと、指導医となった渡海に振り回されながらも尊敬している世良を演じた竹内涼真さんのコントラストが魅力的な作品!

2年前のエイプリルフールネタだったはずの『ドライブサーガ 仮面ライダーブレン』が、ファン、スタッフ、そしてキャストの熱い思いで実現! 平成が終わる寸前に、仮面ライダーブレンがギリギリすべり込む。頭脳明晰で、容姿端麗で、剛強無双な仮面ライダーブレンの活躍をお見逃しなく! 本編全2話のほかメイキングも配信中。

2014年1月15日(水)、史上初、仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズによる日本武道館ライブの開催が決定!
『仮面ライダー鎧武/ガイム』と『獣電戦隊キョウリュウジャー』の番組出演キャストによるトーク、仮面ライダー&スーパー戦隊シリーズを盛り上げるアーティストたちによる豪華ミュージックライブをお届けするスペシャルイベント。かつてない規模でおくる一夜限りのプレミアムナイトの模様を収録!

一方、俳優を志す以前はプロサッカー選手を目指していたという熱血な一面を持つ竹内。泊のひとたびギアが入れば事件解決までフルスロットルで突き進む熱い性格は見事にハマり、今では竹内の俳優人生を語る上では欠かせないものとなっている。今回もショッカーたちに仲間を傷つけられるシーンで熱い涙を一筋流し、竹内だから表現できる泊の内なる情熱を見せつけた。

そんな今のドラマ界を賑わせる2人が、動と静、熱さとクールさといった対極の演技で絶妙なバランスを見せたのが東映チャンネルで11月8日(日)に放送される映画『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』(2015年)だ。

登壇者:一ノ瀬 颯、綱 啓永、尾碕真花、小原唯和、岸田タツヤ、兵頭功海、丸山真哉。司会:秋田知里(仮面ライダーGIRLS)。

『仮面ライダージオウ』番組本編第17・18話に登場し、“2022年に生まれた”という斬新すぎる設定が大きな話題となった「仮面ライダーシノビ」を主人公としたスピンオフ。仮面ライダーシノビとは一体何者なのか───。テレビ放送では描かれなかったその素顔が解き明かされる!!配信中!

登壇者:高岩成二、白倉伸一郎。司会:鷲見友美ジェナ(仮面ライダーGIRLS)。

『仮面ライダージオウ』番組本編と連動したスピンオフ。『ジオウ』の世界観を補完しつつ、さらに踏み込んでネタバレ、大人の事情についても語られる。実際の台本やスケジュール表、デザイン画までも小道具に持ち込んだオキテ破りの実験的動画。レジェンドも多数出演! 全16話を配信中!

『仮面ライダーゼロワン』がショートアニメになった! 『EVERYONE’S DAILY
LIFE』は直訳すると“みんなの日常生活”。テレビ本編では語られない『ゼロワン』キャラクターたちの普段の様子、そして秘密が描かれています。声の出演はもちろんテレビ本編のキャスト! かわいいアニメキャラクターたちの活躍をお楽しみ下さい。

原作を知らずにドラマを見たので、少しストーリーについていけない部分もありました。しかし、竹内さん演じる”吾郎”の、主人公”未羽”へのまっすぐな思いが胸に迫る素敵なドラマでした。その切ない恋心にエンディングテーマの「恋を知らない君へ」が相まって、学生時代の淡い恋の思い出させてくれるドラマでした。

今年1月にはミステリードラマ「テセウスの船」で殺人犯の息子を演じ、今後も11月にドラマ「竹内涼真の撮休」、来年1月にドラマ「君と世界が終わる日に」と出演作が途切れることが無い俳優・竹内涼真。

2020年令和2年 竹内涼真 ドラマ

2020年令和2年 竹内涼真 ドラマ

#太陽は動かない #連続ドラマw フルキャスト。

初主演ドラマだけに竹内の思い入れも大きかったようで、番組終了時に行われたイベントで、「撮影中はずっと朝4時起きだったのに、今は朝、”撮影に行かなくていいんだ”と思うと寂しくて、”ドライブロス”です」と吐露。「泣くまいと思ったけど、やっぱり無理。ライダーとこの仲間が好きすぎて、1回1回の変身が、泣きたいくらいうれしかった。作品がみんなの心に残ってくれれば…。これからも”ひとっ走り、つきあえよ!”」とドライブの決めゼリフで会場を沸かせたり、番組終了後にファンからSNSに送られてくる「寂しい!」という声に応えるように「番組が終わっても 僕は一生仮面ライダードライブです」というコメントを残したり、彼の役者人生の中でも大事な存在であることを公言している。

竹内涼真さんと言えば好青年の役柄のイメージが強かったが、今回は犯罪者の息子で、とても難しい役を演じ切っていると思う!毎回真犯人に先手を打たれて、父親の冤罪をひっくり返す証拠を掴めないのがもどかしくて応援したくなる。過去で家族を大切に想う父の姿をみて「父は絶対に犯罪をおこすような人じゃない」と信じる姿が本当に切ない。主題歌が流れるとさらに涙腺崩壊です。

以前に比べて演技力が格段に上がった竹内涼真さんがとっても魅力的です。シリアスな場面が多いですが、苦しい様子や涙を流している様子がぐっと引き込まれます。登場人物もとても豪華で、中盤になっても誰が犯人なのか、どんな展開になるのか全く読めません。バラバラドキドキ、楽しめます。

“オペ室の悪魔”と呼ばれるダークヒーローをクールに演じた二宮和也さんと、指導医となった渡海に振り回されながらも尊敬している世良を演じた竹内涼真さんのコントラストが魅力的な作品!

竹内涼真、実際の”撮休”の過ごし方は「意外と地味です」

池井戸潤さんの小説が原作。宇宙科学開発機構の元研究員で、父の遺した下町の工場を継いだ佃航平(阿部寛)が、自分の夢と会社経営の現実に挟まれながら、社員たちと共に奮闘する姿を描く。竹内涼真さんは、真面目でアツイ、技術開発部の若手技術者・立花洋介役で出演!

私の地元を舞台としている朝ドラだったため、とても楽しみにしていた。有村架純さんの演技もとてもよく、好感が持てる役だったので、その恋人役に好青年の竹内涼真さんはもってこいだった。慶応義塾大学の学生という設定もしっくりきた。久しぶりに朝ドラでドキドキさせてもらった。

竹内涼真さん演じる心の追い詰められる姿と泣き顔が印象的で、タイムスリップというSF設定に対する違和感よりも、真犯人が気になる作品。時代を超えた父と子の絆に奇跡は訪れるのか…!?

事故で30年間眠り続けた刑事という設定の奇抜さと、唐沢寿明のぶっ飛んだ演技が非常に印象深く残っている作品でした。併せて、バデイを組んでいる窪田正孝の少し抜けた約、今まで真面目な印象が強かった竹内涼真がエリートだけどとぼけて好きな婦警にあしらわれる役など個性的なキャラクターの出演者が多く、家族で単純に楽しめた作品でした。

「今期のドラマは、吉高由里子主演のドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)、月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』(フジテレビ系)でも加害者家族の問題を取り上げていますが、インパクトでは『テセウスの船』が一番。

「完全なオリジナル作品です。ゾンビ以外にも殺し屋やヤクザ、エスパーやミュータントなどが登場しますが、決してコメディーではなく、ガチの恋愛感動ドラマなんですよ」と明かすのは日テレ関係者。

さらに竹内演じる心の家族、そして黒幕の一家が加害者家族であったことも、劇的な展開を好む大映ドラマの成功に一役買っている。

1965年の連載発表から現在まで、世代を超えて愛され続ける名作のドラマ化。竹内涼真さんは、スポーツ万能で成績優秀の人気者という浅倉吾朗を、爽やかさ全開で演じました!

“普通の女の子”であるみね子の成長や、魅力的な登場人物が多く登場して人気を集めたひよっこ。竹内涼真さん演じる純一郎とみね子が繰り広げる恋模様は切なさと胸キュン必至でした!