笑顔

2021年令和3年 玉森裕太 笑顔

2021年令和3年 玉森裕太 笑顔

玉森裕太は、「見てほしいものがあるの」と言ってキッチンへ。何かを隠すように、背を向けて戻ってくると「メリークリスマス!マイコ」と、ホールのショートケーキを出した。しかも「作ってみたの」と手作り。

花江夏樹さんコメント
僕が演じるのは、荒染右京という漫画家。 (単行本を) 39巻まで連載しているかなり売れっ子漫画家なんですが、少し髪の毛がボサボサなキャラクターで物事を笑顔でやんわり断るような人です (笑) 。
ドラマの撮影は過去に一度だけ経験していますが、そのときはワンシーンでワンカットだけでした。今回のようにたくさん喋るのは初めてだったので、台本を渡された時から緊張していました。本業の声優は、 (収録) 当日に台本をもらってその場でセリフを演じるのが当たり前。“セリフを覚える”という文化が無いんです。だから、ちゃんと覚えられるかなと少し心配でした (笑) 。
シーンを共にした上白石さんは本当に優しい方! 何度かお会いしたことがあり、お話していたので安心感がありました。
声優は漫画原作者の方とお会いする機会もあるので、実際にお会いした漫画家さんのしゃべり方や挙動も思い出しながら演じてみました。緊張しましたが、撮影はすごく楽しかったです! 僕なりの荒染を精一杯演じさせていただきましたので、ぜひオンエアを楽しみにしていただきたいです。

このたび、玉森裕太演じる潤之介の幼馴染で奈未の恋のライバル (?) となる蓮見理緒 (はすみ・りお) を、安定した演技力で多くのドラマや映画で活躍するほか、Instagramに投稿したオフショットが度々話題になるなど今大注目の女優・倉科カナが演じることが決定した。倉科のTBSドラマへの出演は9年ぶりとなる。
倉科が演じる理緒は潤之介と幼馴染で、2人は一緒に過ごす時間が多かった。しかし理緒は大学卒業後にプロのヴァイオリニストになり、世界を目指しヨーロッパへと旅立つ。数年後、帰国した理緒が潤之介の前に突然現れ…。理緒は奈未と潤之介の関係に大きく関わっていく。
明るく自由で天真爛漫な理緒を、倉科が魅力的に演じる姿にご注目いただきたい。

亜生 (ミキ)さんコメント
上白石萌音のバーターこと、ミキの亜生です。
ついに萌音やんと一緒のドラマに出ます。萌音やんがいてくれてほんまによかったと思ってます。
慣れない現場に仲良しがいてくれるというだけで楽しみです。玉森くんとの絡みが多いと思いますので、はやく玉森くんのことを「玉ちゃん」と呼べるくらいまで仲良くなりたいです。仲良くなって家とか行きたいです。

子犬系御曹司役として出演する玉森裕太の役どころにも注目しつつ、主題歌「Luv Bias(読み:ラブ バイアス)」がどのようにドラマに彩るのか。

そして瀬尾店長が足を一歩踏み出すと、パリンと音が。会長のコンタクトレンズを踏んでしまったのだ。しかし謝ろうとせず、頭を撫でたまま立ち尽くす瀬尾店長。見かねた磯部が「相手に言うことありますよね!?」と促すと、瀬尾店長は一瞬顔をしかめたと思いきや、にこやかな笑顔で「メリークリスマス」と一言。

2年ぶりに披露される今年18年の「ドリボ」キャストには、5作連続でメインキャストを務めるKis-My-Ft2の玉森、千賀健永、宮田俊哉に加え、HiHi Jetsの橋本涼、井上瑞稀、猪狩蒼弥、高橋優斗、作間龍斗、そして紫吹淳、鳳蘭が名を連ねる。

最後に玉森が、「先ほどジャニーさんにどんな舞台になるかを聞いたら、ひと言、『さらによくなる』と力強いお言葉をいただきました(笑)」と語り、「ジャニーさんにとってドリボとは?」というKis-My-Ft2からの質問には、「……ドリームガールズではない」と、こちらもひと言で答えが返ってきたというエピソードが披露された。3人はその明快さに「さすがですよね」と感服し、和やかな笑いに包まれて会見は締めくくられた。

そして前作に続き、鳳と紫吹が「ドリボ」に華を添える。鳳は「若者のパワーを浴びて若返りたい」と出演に目を輝かせ、紫吹は「今年は誰のお母さん役になるのか楽しみです」と笑顔を見せる。

明日26日 (火) よる10時から放送される第3話では、奈未 (上白石萌音) は付き合っているフリを解消したはずの潤之介 (玉森裕太) から、「俺のこと好き?」と突然質問され戸惑う。
さらに潤之介から自身の写真展の案内状を渡され、仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなってしまう。

新たに加わるHiHi Jetsのメンバーは、さまざまな理由で親に捨てられながらも、力を合わあせて“ドリームランド”を作る少年たちを演じる。高橋は「心臓の病を抱える玉森の弟役」、橋本は「いたずらが好きな5人のリーダー」、井上は「歌が大好きな星好きの少年」、猪狩は「航海に出たいと思っている少年」、作間は「物作りに熱中してる少年」と自身の役どころを説明した。

高橋メアリージュンさんコメント
脚本を読んだ時に菜々緒さん演じる麗子の台詞がかっこよく、玉森さん演じる潤之介と上白石さん演じる奈未の胸キュンシーンなど早く映像で見たいなと思いました。
ファッション雑誌のお話なので、衣装もハイブランドだったり、とてもオシャレで心躍ります。私は (麗子の)ライバルの編集長役という事で、実際にモデル時代に見てきたことや、編集部で働く知人たちに話を聞きながら役を作っていこうと思います!

ゲストのフワちゃんは「コロナ禍ならではのサプライズ」と絶賛するが「外のこと『お外』って言うのが、めちゃくちゃ嫌」という理由で9点。これを受けて宮田は「これからは外って言います!」と反省。同じくゲストの大久保佳代子は「VRを取ったときに、何か変わっててもいいじゃない。(宮田が)下、裸とかでも」と、サプライズが足りないと指摘。これにも宮田は「それですね。次VRつけたときは絶対裸になりますね!」と笑顔でノッた。

7人組アイドルグループKis-My-Ft2が、メンバーの玉森裕太が出演する2021年1月12日より放送のTBS系火曜ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の主題歌を担当することが12月21日、わかった。

一緒に食べようとしたその時「俺、1個やりたいことがあるんだ」と言い、ケーキを乗せたフォークを「あ〜ん」とマイコの口へ。美味しいと喜ぶマイコを見て「良かった!」とうれしそうな玉森。「こうやっていつもマイコといられることが、俺はとっても幸せです。いつもありがとう」と日頃の感謝を伝え「来年も一緒にクリスマス迎えられたらいいな」とはにかんだ。

2021年令和3年 生田絵梨花 笑顔

2021年令和3年 生田絵梨花 笑顔

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。乃木坂46/生田絵梨花/松村沙友理/まふまふ/After the Rain/西川貴教/鬼龍院翔/ゴールデンボンバーの最新情報はリンク先をご覧ください。

乃木坂46の生田絵梨花と松村沙友理によるユニット・からあげ姉妹が、テレビ東京系のアニメ「ポケットモンスター」の新オープニングテーマを担当。まふまふが制作した楽曲「1・2・3」を歌唱することが発表された。

目次:元旦の夜はウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを見て過ごす、という音楽ファンも多いことだろう。ニューイヤー・コンサートで演奏されるウィンナ・ワルツには心躍らされるものがある。特集はシュトラウス一家のウィンナ・ワルツやニューイヤー・コンサートの歴代指揮者などを取り上げている。 ウィンナ・ワルツを今のようなスタイルに形作ったと言われるのがヨハン・シュトラウス1世とヨーゼフ・ランナー。2人はパーマー楽団に所属していたが、2人で独立、さらに分離してシュトラウス楽団とランナー楽団に分かれた。2人の仲たがいは「ワルツ合戦」と呼ばれ、「ウィーンでは太陽は昇りたがらない。ランナーとシュトラウス、それに彼らのワルツが、すべてを陰らせてしまう」とショパンが書いたほどである。ランナーは43歳で早世したが、「宮廷舞踏会」「ロマンティックな人々」などを残した。シュトラウス1世の代表曲の1つが、ニューイヤー・コンサートのアンコールの定番、「ラデツキー行進曲」。 「ワルツ王」と呼ばれるのはシュトラウス2世。父シュトラウス1世は息子を音楽家にするつもりはなかった。しかし、シュトラウス2世は子供のときから才能を示した。シュトラウス1世は愛人のもとへ走ったため、両親は離婚。シュトラウス2世がデビューすると親子対決の構図となり、「こんばんはシュトラウス1世、おはようシュトラウス2世」と世間はうわさした。結局、父親は1849年に亡くなり、親子対決に終止符が打たれた。弟のヨーゼフやエドゥアルトもシュトラウス楽団に引き入れ、ファミリー・ビジネスはますます盛んになっていく。 シュトラウス2世のもっとも有名なワルツは「美しく青きドナウ」。これもニューイヤー・コンサートのアンコールの定番。そしてオペレッタ「こうもり」。オッフェンバックの勧めでオペレッタを書き始めたシュトラウス2世。「こうもり」は1874年に初演され、成功を収めた。「お話が能天気だし、音楽は軽快で美しいメロディーが満載だ。はつらつとした序曲から、『さあ、楽しむぞ』というウキウキ感に満たされる」と音楽評論家の石戸谷結子氏。 ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートはクレメンス・クラウスが始めたもの。1939年の大みそかが最初で、41年から元旦に移された。55年から79年まではウィーン・フィルのコンサートマスター、ヴィリー・ボスコフスキーが指揮を行い、そのあとをマゼールが7回連続で出演する。80年のカラヤンからは、毎回指揮者が変わる現在のスタイルになって。現在は世界90カ国以上に中継される人気コンサート。指揮者も世界を代表するマエストロたち。アバド、クライバー、メータ、アーノンクール、小澤征爾も2002年に登場した。 来年はリッカルド・ムーティ。存命指揮者では最多の6回目の登場となる。ウィーン・フィルには1971年にデビュー。指揮回数は445回と非常に多く、両者は気心に知れた仲だ。スッペの「ファティニッツァ行進曲」で始まり、シュトラウス2世の「音波」「ニコ殿下のポルカ」、「春の声」や「皇帝円舞曲」も入っている。コロナ禍で無観客公演となるが、音楽ファンは待ち遠しいだろう。 特集は他に、◎シュトラウス家のファミリー・ヒストリー◎ウィンナ・ワルツの作曲家たち◎ワルツはなぜ3拍子なのか◎19世紀後半のウィーンとシュトラウス一家◎ウィンナ・ワルツと指揮者の相性いろいろ、などです。表紙は、ヨハン・シュトラウス2世とニューイヤー・コンサート2016です。◎宮本文昭の気軽に話そうゲスト 村上明美 ピアノ ドイツ・ミュンヘン在住のピアニスト、村上明美。ドイツ・リート(歌曲)の伴奏ピアニストとして活躍している。「指揮者のような視点が必要です。曲全体の解釈が必要なため、歌曲ピアニストは、詩の解釈のみならず、歌声部の詞にあったフレージングや細やかなニュアンス、そして音楽的タイミングを確認し、互いの役割を見極めます」と村上は仕事の内容を説明している。◎2020回顧ベスト・コンサート編、ベストCD&DVD編 ベスト・コンサート編、ベストCD&DVD編をそれぞれ10人の評論家に選んでもらった。ベスト・コンサート編は、コロナ禍で多くのコンサートがキャンセルされた中で、多くあげられたのがワレリー・ゲルギエフ指揮ウィーン・フィルの来日公演。コロナ禍の中でもCD、DVDは例年と変わりなくリリースが続いた。膨大な枚数のため評者によってばらばら。日本人ではフォルテピアノの川口成彦、ピアノの小山実稚恵、ヴァイオリンの神尾真由子、チェロの佐藤晴真、ソプラノの天羽明惠らがあがった。このほか◎青島広志の「押しもしないが押されてばかり」◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」◎小山実稚恵の「ピアノと私」◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪など、おもしろい連載、記事が満載です。

その後、生田のプライベートが感じられるショットを続々と公開。「アパートのベランダから街並を眺める生田さん」「アパートでくつろぐ生田さんです」などの先行カットがアップされ、素の表情やスレンダーなボディを活写したものなど多彩だ。

現在「ポケットモンスター」では「1・2・3」をさまざまなアーティストが歌い継いでいくという企画を実施中。これまでに同曲をAfter the Rain、西川貴教と鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)によるユニット・西川くんとキリショーが歌ってきた。生田は「報告を聞いた時は嬉しさと驚きで、思わず小躍りしてしまいました。ポケモン達の動きに私たちの声が重なって毎週放送されるのだと思うと、楽しみで仕方ありません!」とコメント。松村は「歴代の皆さまからのバトンをしっかりと受け取り、最高のパートナーと一緒に楽しく歌わせていただきました!」と述べている。

2021年令和3年 西野七瀬 笑顔

2021年令和3年 西野七瀬 笑顔

ここで早くも西野さん卒業の心境を尋ねられた親友の高山一実さんは、西野さんから1年以上前に卒業の考えを伝えられて何度も慰留していたことを告白した。「なーちゃん(西野さんの愛称)が昨年末でいなくなって2カ月たって、いつまでも裾を引っ張っていちゃいけないと思えるようになった。なーちゃんが羽ばたくための羽根を差せたら」と、目に涙を浮かべながらも小説家としても活躍する高山さんらしい表現でエールを送った。

西野さんにとってライブは「唯一、しゃかりきに『みんな私を見て』という気持ちでできる場所で、自分の中でルールが一つずつ生まれていった」と、自分がアイドルとして輝ける場所だったことを説明。その上で「ファンの方に喜んでいただきたいというのが原点で、そういう風に思わせてくれたことがすごくありがたい」としつつ「『乃木坂46の西野七瀬』になれたことは、私自身を含めて誰も予想しなかったことで、本当に幸せです」と7年半の自身の歩みを総括した。

ライブパフォーマンスに定評があった西野さんらしく「今日参加して、やっぱりライブは楽しいなって思いました。リハとか大変なこともたくさんあるんですけど、数え切れない人たちのおかげで私たちはライブができるということを改めて感じました」と関係者への感謝を述べ、「自分が楽しい気持ちで歌ったり踊ったりする上で、視線を向けて手を振ってくれる皆さんの存在がすごく力になりました」と自身をここまで押し上げてくれたファンへの尽きない感謝を口にした。

ここまで披露された42曲中、約30曲に出演した西野さんが「そんなこんなで次が最後の曲です。卒コンだけあってめっちゃ出てる実感がありました。すごい楽しかったです」と告げ、齋藤さんとダブルセンターを務めた「いつかできるから今日できる」に突入。汗だくになった西野さんは「地元の京セラドームで初めてコンサートができてすごく楽しかったです。なんか終わっちゃうのは寂しいですね。本当にありがとうございました」とあいさつし、本編を締めくくった。

ユニット曲屈指の人気を誇る西野さんセンターの「他の星から」や「Rewindあの日」に続いてMCで登場したのは、3人で「ショパンの噓つき」を披露したばかりの白石さんと生田絵梨花さん、松村沙友理さん。西野さんとの思い出をテーマに、白石さんと生田さんが「『帰り道は遠回りしたくなる』の歌唱中に変顔でなーちゃんを笑わせている」、松村さんは「なーちゃんが歯を見せて目を細めて笑う〝人参顔〟の写真を一緒に撮れた時はうれしかった」と振り返った。

「命は美しい」「何もできずにそばにいる」と西野さんセンター曲が続いた後は、「設定温度」で1~3期生がセンターステージにそろい踏みして「ルックスの乃木坂」を象徴する圧巻のパフォーマンス。さらにその中央から加入したばかりの4期生が登場すると、清宮レイさんセンターで「傾斜する」、遠藤さくらさんセンターで「強がる蕾(つぼみ)」をフレッシュに歌い踊り、最後は全メンバーが総登場して「転がった鐘を鳴らせ!」で会場狭しと駆け回った。

アンコールを求めるファンの間から自然発生的に起きたのは、普段のライブで聞かれる「乃木坂」「46」コールではなく「七瀬」コール。程なくして1人でゆっくりと歩きながら登場した西野さんは、純白で胸元に白い羽根があしらわれたノースリーブのロングドレスに、白い羽根飾りが付いたヘアバンドを着用。「七瀬コールがステージ裏にまで聞こえてきて、みんなと盛り上がっていました。ありがとうございます」と静かに切り出して感謝を述べた。

白石麻衣さんとグループ初のダブルセンターを務めた「今、話したい誰かがいる」「ロマンスのスタート」に続き、西野さんが「大阪! 声出るか!」と客席をあおって「夏のFree&Easy」でアリーナ上空を宙づりで周遊すると、ファンは一気にヒートアップ。続くMCでキャプテン桜井玲香さんから卒業コンサートに臨む心境を尋ねられた西野さんは、直前まで実感がなかったものの「本番1分前になって感情がブワーッと込み上げてきた」としながらも「今日は楽しみます」と客席に呼び掛けた。

昨年12月に卒業した若月佑美さんから「割り箸芸」の後継者に指名された堀未央奈さんが、山下美月さんら3期生3人と歌う「失恋お掃除人」で「七瀬さんは次の夢に向かって『走』りだしている」という小話を交えた振り切れたパフォーマンスを披露したかと思えば、アンダー曲「君は僕と会わない方がよかったのかな」でセンターを務めた3期生の久保史緒里さんが西野さんとの別れを思ってか涙を流しながら歌い上げるなど、西野さんと共に成長してきたグループの層の厚さを見せつけた。

これで気持ちが落ち着いたのか、西野さんは続くソロ曲「ごめんね ずっと…」を笑顔で歌い上げると、齋藤さん、秋元真夏さんと3人での「Another Ghost」はクールな表情で堂々と歌唱。一方、西野さん卒業後の乃木坂を背負う3期生は「自分じゃない感じ」「トキトキメキメキ」で成長著しい頼もしいパフォーマンスを見せ、白石さんら〝お姉さん組〟4人は「魚たちのLOVE SONG」で地上約10メートルからつり下げられた状態での「壁歩き」を披露しながらも安定した表現力で聴衆を魅了した。

乃木坂の顔としてさまざまな場面で比較されることが多かった西野さんと白石さんの距離感が徐々に縮まってきた歴史を示すビデオ上映に続いて披露されたのは、2人の唯一のデュオ曲「心のモノローグ」。これまでの関係性を思い出したせいか2人とも目を潤ませながらも、最後までクールにパフォーマンスを終えて他のメンバーと合流し、2人でダブルセンターを務めて2017年にグループとして初のレコード大賞を勝ち取った「インフルエンサー」で会場を盛り上げた。

ここまで一貫して楽しそうな笑顔を見せ、「無口なライオン」では号泣する斉藤さんをあやす余裕も見せた西野さん。自身が考案したキャラクター「どいやさん」からのリクエストという形で白石さんらと参加するグループ初期の人気ユニット曲「せっかちなかたつむり」を披露したのに続き、どいやさん形の巨大な気球に乗った西野さんが客席上空を浮遊する中で、メンバーがスカイダイビングの動きを取り入れた爽快な楽曲「スカイダイビング」を歌い踊った。

西野さんら1994年生まれの「94年組」8人の楽曲だった「遠回りの愛情」では、中田花奈さんと、助っ人として参加した西野さんと大の仲良しの斉藤優里さんが、叙情的な曲の世界観に近づく別れを実感して大粒の涙を流した。続くMCでは94年組最後の3人となる桜井さんと中田さん、井上小百合さんが、一緒に同じ高校に通うなど絆が深かったメンバーの思い出を語り合い、また1人が欠ける寂しさをにじませながらも「なーちゃんを笑顔で送り出せるように盛り上げよう」と話し合った。

2020年令和2年 二宮和也 笑顔

2020年令和2年 二宮和也 笑顔

ユニークな家族写真で脚光を浴びた写真家・浅田政志の2冊の写真集を基に、主人公・政志の成長と彼の周囲の人々を温かい眼差しで描く本作。自由奔放で人間味あふれる主人公・政志役の二宮は、19歳からの約20年間を演じている。

二宮和也主演の映画『浅田家!』(10月2日公開)で監督を務めた中野量太が、主演に二宮を起用した理由やその魅力について語った。

『浅田家!』二宮和也、妻夫木聡、菅田将暉らの舞台裏ショット!

『硫黄島からの手紙』(2006)ではクリント・イーストウッド監督とタッグを組み、山田洋次監督の『母と暮せば』(2015)では第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、アイドルとしてだけでなく、俳優としても輝かしい経歴を積み重ねている二宮。内面的な役づくりをしないと公言していることでも知られているが、中野監督の目に俳優・二宮和也はどう写ったのだろうか?

現在37歳の二宮だが、19歳の政志を演じてもまったく違和感がない姿には驚かされる。監督は最初から「二宮さんならできる」と思っていたそうで、「30年間の物語で、二宮さんが演じるのは19歳からの20年間です。そこは髪型や髭といったヘアメイクを利用して年齢を変えていこうとプランを立てて、年代ごとにどう変えていくのかを計算してやりました。ヘアメイクとも二宮さん本人とも相談して。でも、二宮さんは(見た目が)若くて、そこもキャスティング理由の一つではあるんです」と振り返る。

*記事内に「12月に結婚を発表した二宮和也」とありましたが、正しくは「11月に結婚を発表した二宮和也」でした。訂正して、お詫び申し上げます(2020年1月3日5時20分修正)。

監督いわく、実際の浅田政志は「子どもが寄ってきたりする、人を惹きつける“人たらし”な人。いい加減なところもあるんですけど、助けてあげたかったり、期待したくなる部分がある」そう。そうした部分を表現できる人を探すなかで、“人を惹きつける魅力”を持っている二宮に白羽の矢が立った。

二宮和也(嵐)が出演する日清オイリオグループの新企業CM「笑顔にするエナジー 植物のチカラ篇」が、本日6月11日より全国で放送される。

日清オイリオグループ新CM「笑顔にするエナジー 植物のチカラ」より。

「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」彼が選んだのは、“家族”だった―。二宮和也(主演)×浅田政志(原案)×中野量太(監督)が贈る笑いと涙あふれる感動の実話!!幼いころ、写真好きの父からカメラを譲ってもらった政志(二宮和也)は、昔から写真を撮るのが大好きだった。そんな彼が、家族全員を巻き込んで、消防士、レーサー、ヒーロー、大食い選手権……。それぞれが“なりたかった職業”“やってみたかったこと”をテーマにコスプレし、その姿を撮影したユニークすぎる《家族写真》が、なんと写真界の芥川賞・木村伊兵衛写真賞を受賞! 受賞をきっかけに日本中の家族から撮影依頼を受け、写真家としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こる――。かつて撮影した家族の安否を確かめるために向かった被災地で、政志が目にしたのは、家族や家を失った人々の姿だった。「家族ってなんだろう?」「写真家の自分にできることは何だろう?」シャッターを切ることができず、自問自答をくり返す政志だったが、ある時、津波で泥だらけになった写真を一枚一枚洗って、家族の元に返すボランティア活動に励む人々と出会う。彼らと共に《写真洗浄》を続け、そこで写真を見つけ嬉しそうに帰っていく人々の笑顔に触れることで、次第に《写真の持つチカラ》を信じられるようになる。そんな時、一人の少女が現れる。「私も家族写真を撮って欲しい!」それは、津波で父親を失った少女の願いだった――。

そして、司会の宇賀なつみから、「このつながりは、一生もの。」という今年のキャッチフレーズにかけて「一生ものの関係だと思う人は?」と聞かれると、二宮は「嵐じゃないですかね。一生ものだと思うし…10代の前半から一緒にいるので」と即答。

「二宮さんは誰よりも普通になれるし、誰よりも人を引き付ける不思議な魅力もある。そこがキャスティングの一番の理由でした。今回は実在する浅田さんがいますが、モノマネをしてもらうつもりは全然ないです、という話を二宮さんにして。でも、ただいい加減で嫌なやつだけにはなっちゃいけない。いい加減なところもあるけど、皆が自然と笑顔になってどこか期待してしまうような浅田さんのそういう部分を表現しましょう、とずっと言っていました。二宮さんに話したのはそこぐらいですよ。他の部分はできるから、そこのところだけは絶対外さないようにしました」

2020年令和2年 藤原丈一郎 笑顔

2020年令和2年 藤原丈一郎 笑顔

藤原丈一郎くんのファンサは【確実リア恋】なのが特徴です。ファンサは「一人一人の目をみてしたい」というほど丁寧な藤原丈一郎くん。なにわ男子加入前からファンサの丁寧さや、悪い席でも見つけてくれる優しさがレポされていました。

なにわ男子:今年発表された4年ぶりに関西ジャニーズJr.にできたユニット。メンバーは、西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也。丈くんがユニット結成を初めて聞いた時の感想は「嬉しかった」。

中間淳太:ジャニーズWESTのツアーバックについた際や、番組で共演した際いつもやる「淳太応援したってなぁ〜淳太がんばってるからぁ〜」という師弟関係芸。それを言われた時の淳太くんチビジュさながらのどこ見ていいのかわからず微妙な笑顔する顔が秀逸。円盤にも残っているので是非。

2020年令和2年 深澤辰哉 笑顔

2020年令和2年 深澤辰哉 笑顔

一方のSnow Manは、2009年に結成された前身ユニット「Mis Snow Man」の6人により、2012年、正式に「Snow Man」となって数々のコンサートや舞台で活躍してきました。6人時代のメンバーは、岩本照(93年生まれ)、深澤辰哉(92年生まれ)、佐久間大介(92年生まれ)、渡辺翔太(92年生まれ)、宮舘涼太(93年生まれ)、阿部亮平(93年生まれ)。2019年1月に、新たに向井康二(94年生まれ)、目黒蓮(97年生まれ)、ラウール(03年生まれ)の3人が加入し、現在の9人体制に。華麗なアクロバットでファンを魅了する彼らは、今春、初座長舞台『滝沢歌舞伎ZERO』を成功させて話題になりました。

スーパー深澤タイム回!!!質問答える番の時にめちゃめちゃかっこつけてくれてて、笑いを取る感じでめっちゃキメキメにしてくれてるんだろうけどこっちからしたらご褒美ですよ眼福タイムですよどれだけスクショ撮ったか知ってます?

12月1日の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に、Snow Man・深澤辰哉、ラウール、宮舘涼太が出演する。番組内では「ガチチャレンジスペシャル!」で、体当たりの競技にチャレンジするようだ。これまでも、バラエティ番組に出演すると確実に爪痕を残してきた3人だからこそ、期待が募る。そこで今回は、この3人の中から深澤とラウールの“ふかラウ”コンビに注目してみたい。

Snow Man深澤辰哉「キスは同棲してからじゃないとダメ」

今か今かと待ち構える記者たちの前に、3時間の公演を終えたSixTONESとSnow Manが登場すると、会場からは割れんばかりの拍手が。その後のスチール撮影では、カメラマンたちからも「おめでとう!」という声が飛び、メンバーたちも最高の笑顔に。暖かい雰囲気のなか、会見がスタートしました。

【もし、もう一度映画化!となったら今度はどんな演目がやってみたいですか? (製作部スタッフ)】という問いに答えたのは、ラウール。「やっぱり背筋しながら太鼓を叩く“背筋太鼓”(笑) 。滝沢くんも『良いね』ってなりますよ。それか、“けん玉太鼓”。腹筋太鼓したあとに大皿に乗せれるか」と笑顔でコメントしメンバーからツッコまれていた。

深澤とラウールは、Snow Manの最年長と最年少コンビ。深澤は28歳、ラウールは17歳と11歳の差があり、その関係性を「親子」と称するファンも少なくない。実際“ふかラウ”に注目して様々な活動を見ていると、自由奔放なラウールをそっとサポートしている深澤の姿があったり、深澤がふざけているのを見て楽しそうに笑うラウールの姿があったり、2人の仲睦まじい様子がわかる。

そして深澤の方も、ラウールの著しい成長を見守り、喜んでいるように感じる。“ふかラウ”がパーソナリティを務めた2020年7月2日放送のラジオ番組『Snow Manの素のまんま』(文化放送)では、珍しくオープニングからラウールがトーク回しを担当。深澤は「新鮮!」、「楽しいね、ラウが仕切ってくれるの」と嬉しそうな声色で、喜んでいるようだった。『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系/Paravi)でもそうだ。3月25日の地上波スペシャルでオンエアされ、Paraviで公開されている「深澤&ラウール編~地上波SP【完全版】」では、上手く蓋を閉められないラウールを手伝ったり、いちごを持ってはしゃぐラウールを「可愛い」と褒めたり。その様子はまさに子を愛でる親のようであった。
ステージの上では、見紛うことなき“アイドル”である深澤とラウール。だが、“ふかラウ”としてワチャワチャと騒いでいる時は、それぞれ等身大の姿に戻っているのではないだろうか。深澤の面倒見の良さと視野の広さ、Snow Manの精神面を支えるキーマンであるところ、ラウールの無邪気さ、末っ子気質、自由奔放さ、それぞれがよく見える素晴らしいコンビだ。12月1日の『ウチのガヤがすみません!』でも、2人の関係性に注目してみると彼らのことがより一層見えてくるかもしれない。

2年連続で白組司会を務め、連覇を果たした嵐の櫻井翔は、両手を上げて喜び、白組のメンバーとハイタッチ。ゲスト審査員を代表して上沼恵美子から優勝旗を受け取ると、「単純にこれを持てたのがすごいうれしいのと同時に、白紅関係なく最高のパフォーマンスが見られたので胸がいっぱいです」と笑顔でコメント。

年長ふかさくでラウを挟んでる座り位置から好き。ふわふわいつも通りのふっかさんだけどやっぱりラウのことは気にかけてるだろうし、ふかラウ親子はもう並んでるだけで好きです。ママなふっかさんも楽しめるけどとにかく横顔が綺麗すぎて横顔とピアスのアングルになる度に恋だし、揺れるピアス見るだけでしんどいのに、ピアスを触るんですよ深澤辰哉という男は!フープピアスを人差し指と親指でくりくりいじるの反則です!プラス腕の血管がしんどさ倍増。そんなビシバシ出る方じゃないけどふっかさんも男なんだ〜…て頭抱えます。

当時の状況を聞かれた深澤は、「ふっと降りてきたの。あれはもともと無かったんです。スケジュールを見て、メンバーも衣装を着ていて、でも『時間に間があってもったいない』って滝沢監督と話しいて。僕が『じゃあ踊ればよくないですか?』ってボソッと言ったら、監督が『良いね』って話の流れであのシーンになりました」と深澤発信のアイデアであることを明かした。

例えば、YouTubeやISLAND TVにアップされている動画を見てみよう。もともと人見知りをする性格であるラウールは、加入して間もない頃の動画では緊張している様子がひしひしと伝わってくる。ISLAND TVに最初にアップされた「Snow Manのキャラクター誕生!」を見ると遠慮がちに発言しており、まだ慣れていない様子が伝わってくる。だが、その後徐々にグループにも馴染んでくると、ラウールが深澤に強めのツッコミを入れたり、深澤が笑顔でラウールの面倒を見ていたりするシーンも多くなってきている。10月24日に公式YouTubeチャンネルにアップされた「『君の彼氏になりたい。』振り付け講座」では、それが顕著に出ていた。深澤のボケに対してラウールは誰よりも笑っており、ずっと深澤の方に視線を向けているのだ。深澤に対して心を許しており、すっかり懐いているのだろう。

極めつきは、プロデューサー・チームからの【深澤さんの提案で、当初、台本にも撮影スケジュールにもなかった鼠小僧版「Crazy F-R-E-S-H Beat」を急遽、一発本番ワンカットで撮影。それぞれのキャラクターで細かい芝居を入れながら踊られていたのがとても印象的です】というコメントだ。

「Snow Man 深澤辰哉×ラウール、親子のような最年長&最年少コンビ 等身大の姿が見られる”ふかラウ”のポイント」のページです。ジャニーズ、高橋梓、Snow Man、SixTONES&Snow Man徹底解剖の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

12月1日の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に、Snow Man・深澤辰哉、ラウール、宮舘涼太が出演する。番組内では「ガチチャレンジスペシャル!」で、体当たりの競技にチャレンジするようだ。これまでも、バラエティ番組に出演すると確実に爪痕を残してきた3人だからこそ、期待が募る。そこで今回は、この3人の中から深澤とラウールの“ふかラウ”コンビに注目してみたい。
Snow Man【写真】
深澤とラウールは、Snow Manの最年長と最年少コンビ。深澤は28歳、ラウールは17歳と11歳の差があり、その関係性を「親子」と称するファンも少なくない。実際“ふかラウ”に注目して様々な活動を見ていると、自由奔放なラウールをそっとサポートしている深澤の姿があったり、深澤がふざけているのを見て楽しそうに笑うラウールの姿があったり、2人の仲睦まじい様子がわかる。
例えば、YouTubeやISLAND TVにアップされている動画を見てみよう。もともと人見知りをする性格であるラウールは、加入して間もない頃の動画では緊張している様子がひしひしと伝わってくる。ISLAND TVに最初にアップされた「Snow Manのキャラクター誕生!」を見ると遠慮がちに発言しており、まだ慣れていない様子が伝わってくる。だが、その後徐々にグループにも馴染んでくると、ラウールが深澤に強めのツッコミを入れたり、深澤が笑顔でラウールの面倒を見ていたりするシーンも多くなってきている。10月24日に公式YouTubeチャンネルにアップされた「『君の彼氏になりたい。』振り付け講座」では、それが顕著に出ていた。深澤のボケに対してラウールは誰よりも笑っており、ずっと深澤の方に視線を向けているのだ。深澤に対して心を許しており、すっかり懐いているのだろう。

2020年令和2年 重岡大毅 笑顔

2020年令和2年 重岡大毅 笑顔

人気アイドルの重岡大毅さんですが出演CMは意外に少なくハウス食品の「とんがりコーン」とアイスクリームの「サーティワンアイスクリーム」の2本だけ。

当然ながら重岡大毅さんはツイッターも未開設。しかしさすがというかこちらも熱狂的なファンによるアカウントが開設されていました。

2014年に「ええじゃないか」でCDデビューしたジャニーズのアイドルグループ・ジャニーズWEST。重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濵田崇裕、小瀧望が所属し、ドラマやバラエティ番組などでも活躍中。

ファンによると彼女は自身のツイッターに重岡大毅さんとの関係を匂わせる投稿をしているとの事。

重岡大毅さんのご家庭は父親、母親、お姉さん、ご本人の4人家族だそうです。重岡大毅さん以外の3人は一般人であり、個人的な情報は入手することは出来ませんでした。

重岡大毅さんは主演ではなかったものの重要な役を演じ、その演技が高い評価を受けました。こちらもSNSの声を拾ってみました。

(θヮθ) 「しげは溺れるナイフで大友を演じる時に重岡大毅に寄せた大友くんを演じてるんですよね、でもお客さんはみんな騙されてる、本当のしげはあんなんじゃないから! わざとセリフ噛んでたりするんですよ。俺にはわかる。あれが正解なんよ」

しかしどちらも重岡大毅さんの魅力の一つである笑顔が満載のCMになっています!

そのサイトでは重岡大毅さんの熱狂的なファンにより日々新しい物語が投稿されているようです。是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?
自分で物語を自由に作れるのも創作のいいところですね!誰にも迷惑がかかりません。

その名も「重岡大毅ジャニーズWEST」。ひたすら重岡大毅さんの写真が投稿されています。

また4月クールの『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)での演技は多くの人が心を揺さぶられた。W主演の二階堂ふみ、KAT-TUN・亀梨和也と共に二階堂演じる女性刑事・姫川玲子が率いる姫川班で最も若手の刑事・大塚真二役として参加した重岡。実直で人懐っこい性格の大塚は何と第1話で捜査中に犯人に銃殺されてしまう衝撃の展開。重岡の出演は1話だけだったにも関わらず、迫真の演技に放送後はSNS上で「大塚くんの死に涙が止まらない」などのコメントが多く寄せられた。

2020年令和2年 渋谷すばる 笑顔

2020年令和2年 渋谷すばる 笑顔

そして綾小路はコロナ禍の中で「みんながもっと元気になること」をするのが自分たちの役目だと気付いたと語り、「俺たちはもっと強くなれるし、いろんなものを愛おしく感じられる」と熱く語ったあと、「愛羅武勇」を力強く歌った。「One Night Carnival」のイントロでは綾小路が歌詞を「俺んとこGo Toキャンペーン!」と替えて歌うひと幕も。さらに氣志團は「氣志團万博」のテーマソング「No Rain, No Rainbow」を披露。フェス愛をロックンロールサウンドに乗せて歌った新曲で、来年以降の「氣志團万博」への願いをつなげた。「最後の最後は俺たちみんなが好きだった、あのロックスターの曲でお別れしましょう」という言葉のあと、最後は今年亡くなった志村けんのカバーで有名な「ウンジャラゲ」をメンバー全員が笑顔で踊る。エンドクレジットが流れたのち、画面には「来年は俺の街で会おうぜ。」というメッセージが映し出された。